無料ブログはココログ

« 徳恵姫、李氏朝鮮最後の王女 | トップページ | カービン銃事件とアプレゲール犯罪 »

2017年6月13日 (火)

ユスト高山右近

Photo マニラにある高山右近の銅像

    戦国時代のキリシタン大名で知られる高山右近(1552-1615)。1564年、日本人修道士ペレイラから洗礼を受け、ユスト(ジュスト)と命名される。このとき右近は13歳だった。右近は山崎の合戦の前に豊臣秀吉につき光秀と戦った。1585年、秀吉から播磨国明石6万石を与えられた。だが、1587年6月、秀吉のキリシタン禁令により明石城を没収される。のち加賀前田家で、軍奉行をまかされ、自費で教会を建立した。1605年にはキリスト教徒は全国に70だが万人いた。1613年には徳川家康が禁教令を発布し、ついに国外追放を命じられた。右近ら148名のキリスト教徒はマニラ・マカオに追放された。悪天候のため1ヵ月以上の長い船旅の疲れから、1615年2月4日夜半、マニラのイントラムルスで客死した。享年64歳。現在、マニラ近郊のパコ駅前の公園ディラオに銅像が1978年に建てられている。デラオはスペイン語で「黄色い日本人」という意味で、昔は日本人町があったところだ。

« 徳恵姫、李氏朝鮮最後の王女 | トップページ | カービン銃事件とアプレゲール犯罪 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

キリスト教を信仰している戦国武将。その強い信仰心と行動力には感慨深いものがある。領民を大切にし全てを神に委ねる武将。あの時代にキリスト教を強く信仰し祈る姿を垣間見る。クリスチャンとしての証を私も伝えていきたいし祈る。アーメン

現在放送されている「軍師官兵衛」高山右近もクリスチャンですが黒田官兵衛も洗礼を受けたクリスチャンですが、あの戦国の世にさぞや葛藤したであろうと想像します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 徳恵姫、李氏朝鮮最後の王女 | トップページ | カービン銃事件とアプレゲール犯罪 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31