無料ブログはココログ

« 恐怖の日 | トップページ | セッテ・ジューニョ »

2017年6月 6日 (火)

なぜ巨人は弱いのか?

   泥沼巨人、地獄の13連敗。プロ野球のワースト記録は1981年のロッテの18連敗がある。1日の楽天戦では好投池田を交代、長野バント空振り、重信牽制アウトと采配も乱れた。2日のオリックス戦では4-1が継投のミスで5-6の逆転負け。3日、男村田が満塁本塁打を放ったが4-5で惜敗。4日、新人の山岡に打線が沈黙。 6日、裏目の采配で42年ぶり11連敗、5位転落。8日、先発池田、外崎に満塁弾を浴び、完敗。なぜ巨人が弱いのか。一二番が固定しない。中軸の本塁打が少ない。中継ぎ投手の不在。陽岱鋼の故障。正捕手小林の貧打。長野のスランプ。さまざまな要因があげられるが、守護神カミネロを降格して、クルーズを抜擢したのが凶とでた。低迷する巨人をあたたかく見守り続けよう。ところでなぜ由伸はベンチで座らず立ったままなのか。監督が座らないとコーチも立つしかなく、ベンチの雰囲気が辛いと思う。男前の顔がテレビに映るのはファンサービスの一つだが、だれが名付けたか由伸を「地蔵監督」と呼んでいる。

« 恐怖の日 | トップページ | セッテ・ジューニョ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

実力でしょう。

スキャンダルの多かった時期に、監督をいきなり押し付けられた高橋由伸路も可哀想。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐怖の日 | トップページ | セッテ・ジューニョ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31