無料ブログはココログ

« 何と申しましょうか | トップページ | ラッフルズの日本侵略計画 »

2017年6月26日 (月)

ハーメルンの笛吹き男

Hamelinnewpiedpiper1992r

  1284年6月26日、まだら模様の服を着た男が笛を吹くと、まちの子供130人が踊りながらその男について行き、遠くに消えてしまった。親たちはわが子を探したが、ついに見つからなかった。あの子供たちはどこに消えてしまったのだろうか。これまで25もの学説が生まれた。舞踏病にかかった子供たちが踊りながら消えてしまったと考える人、子供十字軍に徴兵されて聖地へ出かけていったと考える人、ペストなどの病気による大量死、崖に落ちて死んだという事故説などもある。当時、ドイツ東部、チェコ、ポーランドなどで開発がさかんに進められた。領主である貴族たちが各都市に植民請負人を派遣して移住者を募っていた。この植民請負人こそが笛吹き男であり、消えた130人の子供たちは、ハーメルンを捨てて新天地へ旅立った若者たちだと考える説もある。「ハメルンの笛吹き男」の話はゲーテ、グリム、ロバート・ブラウニングの詩などで知られる。昔話はたいていは「むかしむかし」と、期日が明確でないが、この話ははっきりと日付が記されており、史実として残っている。

   アニメ映画「千と千尋の神隠し」のように日本にも「神隠し」といって、子供などが、にわかにいなくなって、どれだけ探してもついに戻ってこなかったという話が残っている。すなわち、天狗、鬼、隠し神、隠し婆、隠れ座頭など、さまざまな妖怪によって隠されるという。平田篤胤による寅吉少年の神隠しの物語もある。( The Pied Pier of Hamelin )参考文献;阿部謹也「ハメルンの笛吹き男伝説の成立と変貌」 思想581   1972.11

« 何と申しましょうか | トップページ | ラッフルズの日本侵略計画 »

「昔話・民話」カテゴリの記事

コメント

神隠しにあった若者。実は北朝鮮に拉致されていた・・・これが現代の神隠しの実態だった。何とも奇怪な<事件>であった。eye

Started up to date web throw
http://arab.sexy.girls.twiclub.in/?post.jaquelin
mathieu airab coloring astronaut homeschoolers

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何と申しましょうか | トップページ | ラッフルズの日本侵略計画 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30