無料ブログはココログ

« 田中絹代から始まった日本「投げキッス」史 | トップページ | アレクサンドル・ウリヤノフ »

2017年5月16日 (火)

彎窠羅鍼(わんからしん)

  伊能忠敬が大日本沿海余地図を作成すめために自ら発明した方位磁石が付いている杖のこと。深川八幡宮にある忠敬銅像の右手に持っている杖のこと。

E01

参考:「伊能忠敬の科学的業績」保柳睦美編著 古今書院 1974

« 田中絹代から始まった日本「投げキッス」史 | トップページ | アレクサンドル・ウリヤノフ »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田中絹代から始まった日本「投げキッス」史 | トップページ | アレクサンドル・ウリヤノフ »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30