無料ブログはココログ

« 現代社会と情報化 | トップページ | お風呂誕生のルーツは? »

2017年5月 1日 (月)

謎のナゾーニ

Nasone   ヨーロッパの都市はだいたい水に恵まれたところは少ない。 ローマの街角にはナゾーニと呼ばれる変なものがたくさんある。とくに暑いことで知られるローマにはトレヴィの泉やナヴォナ広場など大きな噴水があるが、近代的な都市水道が整備されたころから、1874年からナゾーニと呼ばれた小さな水飲み場が数多く設置された。ナーゾ(naso)はイタリア語で鼻。それが大きいものを表わすoneがさらに複数形になってナゾーニ(nasoni)。独特な飲み方があり、指先で水を跳ね上げるようにして飲んでいる。

 パリでは1867年の万国博覧会以後、鋳鉄製の公共給水泉が広場の一角に多数設置された。これらヴァラス給水泉という。イギリス人の金融家リチャード・ウォーレスが1872年に寄贈したことにちなむ。(fontaines Wallace)

Fontaine_wallace
  パリのヴァラス給水泉

« 現代社会と情報化 | トップページ | お風呂誕生のルーツは? »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 現代社会と情報化 | トップページ | お風呂誕生のルーツは? »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31