無料ブログはココログ

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | 荘周胡蝶之夢 »

2017年4月30日 (日)

聖徳太子怨霊伝説

Img3d187ec6zik7zj

    670年のこの日、法隆寺は落雷により全焼した。かつて607年に聖徳太子が創建した法隆寺が、再建されたものか学界で論議されたが1939年に西院伽藍の南東部から火災に遭ったとみられる伽藍跡が発見され、これにより現在では法隆寺は711年頃に藤原氏によって再建されたと考えられている。藤原氏が再建に尽くしたのは、かつて鎌足が聖徳太子の息子である山背大兄王の命を蘇我入鹿に殺させ、中大兄皇子を利用して、乙巳の変を成功させたという謀略があったからである。しかし737年、四兄弟が相次いで病死すると、太子怨霊の崇りであると恐れ、太子一族を鎮魂するため、夢殿のある東院を再建した。つまり法隆寺は怨霊封じ込めのための寺だった。(4月30日)

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | 荘周胡蝶之夢 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

聖徳太子伝説、怨霊伝説ですね。(*^m^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | 荘周胡蝶之夢 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31