無料ブログはココログ

« モールス信号 | トップページ | 働かない生き方 »

2017年4月27日 (木)

世界の名歌

Img55314275

    マツリカはインド西部原産で、花は香りが強く、ジャスミンティーなどに使われる。マツリカはフィリピンやインドネシアの国花である。フィリピンではサンパギータ、インドネシアではムラティと呼ばれる。戦時中、日本兵はフィリピンでこの花をテーマにした歌をよく聴いたという。戦後、日本では「愛の花サンパギータ」としてハワイアンで歌われた。ユーチューブで調べると、大橋節夫の詩で、美空ひばりが歌っている。親しみやすい曲である。

あなたの夢を見て 思い出がゆれる

波の上を照らす あの月の光り

二人の口づけと あの恋の花びら

覚えているでしょ いつまでも

私のように

  世界にはそれぞれの国に名歌がある。平原綾香がイギリス民謡「グリーンスリーヴス」を、乃木坂46の生田絵梨花がフィンランド民謡の「イエヴァンポルカ」 Ievan Polkka を原語で歌っている。フィンランドの歌が日本に紹介されるのはとてもめずらしい。少し前の話だがアメリカ歌曲「大きな古時計」を平井堅が歌ってヒットしたことがある。ロシアの「モスクワの夜は更けて」をフランク永井がジャズ風に歌った。インドネシア民謡「ブンガワン・ソロ」松田トシ。「可愛いあの娘」もインドネシア民謡。「線路はつづくよどこまでも」の原曲は1863年から始まった大陸横断鉄道建設の労働歌。「我が悩み知り給う」の原曲は1860年代の奴隷制度時代に歌われた黒人霊歌。「ウォルシング・マチルダ」はオーストラリア民謡でペギー葉山が歌って日本にも広まった。八代亜紀「JAMAAS(ジャマ―ス)」真実はふたつ。生まれてきた運命と避けることができない死。モンゴルの歌。メキシコ第二の国歌といわれるほど多くの歌手によって歌われた「シェリト・リンド」。「美しい空」という意味で、美空ひばりも歌っている。

« モールス信号 | トップページ | 働かない生き方 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

サンパギータを最初に聞いたのは
日本に戦時中帰化したフィリピン人のバンド、
ゲイセプテットが最初でした。
歌詞も
「たそがれはせまりて・・」というもので
レイモンド・コンデのテナーな声が哀愁を帯びていて
とても心惹かれました。
「レイモンド・コンデとゲイセプテット」というcdに収められていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モールス信号 | トップページ | 働かない生き方 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30