無料ブログはココログ

« 学校知と日常知 | トップページ | サボテンの語源 »

2017年3月10日 (金)

1杯のコーヒーと電話

Photo

    ボストン大学の音声生理学教授だったグラハム・ベルは1876年3月10日、いつものように助手のトマス・ワトソンと一緒に電磁石の実験をしていた。ベルは側においてあったコーヒーをこぼしてしまった。すると隣の部屋にいたワトソンがあわててモップをもってやってきた。ベルは「ワトソンくん、どうして、わたしがコーヒーをこぼしたのを知っているんだい?」とたずねるた。「えっ、わたしの部屋の電磁石から先生の声が聞こえてきたんです。あっ、コーヒーをこぼしちゃった、と」

「わたしたちは声を送る機械を発明したんじゃないか」「きっとそうですよ、先生」こうして偶然にも1杯のコーヒーがこぼれたおかげで、電話が発明された。

« 学校知と日常知 | トップページ | サボテンの語源 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

ものごとの裏にはエピソードがありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学校知と日常知 | トップページ | サボテンの語源 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31