無料ブログはココログ

« 本当は幸福な晩年だった小野小町 | トップページ | モハメド・アリと自転車 »

2017年3月19日 (日)

林十蔵(はやし じゅうぞう)

 1817-1896 幕末の武士。文化13年12月生まれ。伊藤博文の父。周防東荷村(山口県大和町)の農民だったが、嘉永7年39歳で妻子をつれて長門萩藩の中間伊藤直右衛門の養子となる。文久元年京都にでて藩邸の会計事務をつとめる。禁門の変で萩藩が敗れ、帰藩後南園隊に属した。明治29年3月19日死去。81歳。

« 本当は幸福な晩年だった小野小町 | トップページ | モハメド・アリと自転車 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当は幸福な晩年だった小野小町 | トップページ | モハメド・アリと自転車 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31