無料ブログはココログ

« 中国漢籍図書目録 | トップページ | 毎晩シネマで1万本 »

2017年3月 7日 (火)

ハワイのキャプテン・クック

Photo     1778年のこの日、キャプテン・クックはハワイ諸島でに到達した。ジェームズ・クック(1728-1779)はイギリス・ヨークシャー県マートンにスコットランド出身の農場労働者の息子として生れた。食料品と小間物を扱っている商人のところへ見習い奉公に出された。しかし、逃げ出して、18歳のときホイットビの船主ジョン・ウォーカーのところで働くようになった。東海岸で石炭船やその他の船に乗り、何年もの経験を積んだあと、1755年、海軍に志願して有能な水夫となり、ついで一等航海士に昇進した。1766年、王立協会はクックを金星の日面通過(トランシット)の観測を目的に南太平洋へ派遣する。1768年7月30日、エンデヴァ号でイギリスを発したクックは翌年タヒチ島に達し金星のトランシットの観測を行なった。1772年からレゾリューション号とアドヴェンチャー号を指揮してニュージーランドを周航、測量しこれが南北両島よりなることを明らかにし、さらにオーストラリア東海岸を探検した。1776年には南インド洋を経て、ニュージーランドから北上の途上クリスマス島・サンドイッチ(ハワイ)島を発見。継いで北アメリカの太平洋沿岸をアラスカまで探査し、カナダのヌートカ入江を発見。アリューシャン列島・ベーリング海峡を探索したが失敗におわる。1779年2月14日、帰途ハワイで原住民とのトラブルに巻き込まれ、そこで惨殺される。クックと平賀源内は生没年が同じ。(James Cook、3月7日)

« 中国漢籍図書目録 | トップページ | 毎晩シネマで1万本 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。科学に於ける西洋の本物さを改めて再認識しました!有意義なブログを何時も有難う御座います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国漢籍図書目録 | トップページ | 毎晩シネマで1万本 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31