無料ブログはココログ

« 日本人物キーワード事典 | トップページ | 刃傷松の廊下 »

2017年3月13日 (月)

ドラマ映画の中のクラシック

   曲名は知らなくても、どこかで聴いたことのある音楽がある。フランシス・フォード・コッポラ監督「地獄の黙示録」でのベトナム戦争のシーンに流れる勇壮な音楽。ワーグナーの「ワルキューレの騎行」である。いまではこのクラシックを聴くと、「地獄の黙示録」を思い浮かべるようになっている。小学生のとき音楽の時間にロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」が流れると、子供たちは一斉に「ローンレンジャー」と叫んだ。テレビの影響力は大きい。そのころ米国のドラマが日本でよく放送されていた。映画「ローンレンジャー」(2013)でもウィリアムテル序曲が使われているらしい。

「みじかくも美しく燃え」(1967)モーツァルトピアノ協奏曲第21番第2楽章

「プラトーン」(1986)バーバー 弦楽のためのアダージョ

「さよならをもう一度」(1961)ブラームス交響曲第3番第3楽章

「愛情物語」(1955)主題曲「トゥー・ラブ・アゲイン」はショパンの「夜想曲第2番」をアレンジしたもの。

韓国ドラマ「夏の香」の主題曲はシューベルトのセレナーデ(歌曲集「白鳥の歌」)

« 日本人物キーワード事典 | トップページ | 刃傷松の廊下 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人物キーワード事典 | トップページ | 刃傷松の廊下 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30