無料ブログはココログ

« 聖書の「カエサル」はカエサル(シーザー)ではない | トップページ | イサクの犠牲 »

2017年3月20日 (月)

ニュートンとリンゴの木

Photo_3   もっとも偉大な物理学者と称えられるアイザック・ニュートン(1642-1727)は1727年のこの日、死去した。ニュートンが万有引力を発見したのは、死の直前の1726年ごろと思われるが、リンゴの落下から重力を発見したという話は本当であろうか。

   この有名な逸話は1665年に起こったとされる。ニュートンはケンブリッジ大学を卒業したが、疫病の流行によって大学が閉鎖され、故郷のイングランドのウールズソープに戻った。このときリンゴの実が落ちることがきっかけで重力の法則につながる理論を思いついたと友人の古代研究家ウィリアム・ステュークリー(1687-1765)に語ったとされる。時は1726年4月15日のことで、場所はロンドンのケンジントンのニュートン家のリンゴの木の下である。リンゴの逸話の伝聞の主であるステュークリーは牧師で医師でもあったが、地震学からストーンヘンジの研究、考古学に至るまで広い分野の学者であった。逸話の真偽の程は明らかではないが、生涯独身だったニュートンと45歳年下のステュークリーとはどのような関係だったのだろうか。(Isaac Newton、3月20日)

« 聖書の「カエサル」はカエサル(シーザー)ではない | トップページ | イサクの犠牲 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

何事にも伝説的逸話はついてまわるもので、事実かどうかは二の次のことであろうと思いますが・・wobbly

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書の「カエサル」はカエサル(シーザー)ではない | トップページ | イサクの犠牲 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31