無料ブログはココログ

« バレーボールの歴史 | トップページ | クロエ・モレッツを知っていますか? »

2017年2月 9日 (木)

神に頼るな。自力で突破せよ!

  大津波に襲われ転覆した豪華客船からの決死の脱出劇を描く「ポセイドン・アドベンチャー」(1972年)。「神に祈って頼るな。自力で苦難を突破せよ」と説くスコット牧師に率いられ生残った9人が自らの手で運命を切り拓く。サミュエル・スマイルズいわく「天は自ら助くる者を助く」(自助論)。この格言は聖書には見当たらず、ラテン語以来の古いことわざで、英語での初出は1475年頃となっている。またイソップには次のような話が見える。嵐で船が難破し乗客がみな海に投げ出された。その中の一人の金持ちのアテナイ人がいて、彼は何もせずにしきりに女神アテナに祈っていました。そこでそばにいた人は「アテナの助けを受けて、あなたも手を動かしなさい」といった。

« バレーボールの歴史 | トップページ | クロエ・モレッツを知っていますか? »

「昔話・民話」カテゴリの記事

コメント

「ポセイドン・アドベンチャー」まだ中学生の頃に映画館で見ました。皆を励まし、統率して脱出に全力を尽くしたジーン・ハックマン演じる神父が、あと一歩で助かる場で、犠牲になって命を落とすシーンでは熱く感動したものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バレーボールの歴史 | トップページ | クロエ・モレッツを知っていますか? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31