無料ブログはココログ

« 神聖ローマ帝国のイタリア政策の功罪 | トップページ | 檸檬の話 »

2017年2月 2日 (木)

グアダルーペ・イダルゴ条約

Guadalupehidalgo

   スペインの支配を受けていたテキサス、カリフォルアなど米大陸西部は、1821年、メキシコに併合されたが、その後、東部からの開拓民の流入が始まり、米墨戦争(1846-1848)に発展した。1848年2月2日、アメリカの特命使節ニコラス・トリストとメキシコのルイス・G・クエバス、ベルナルド・コウト、ミゲル・アトリスタインの3名が全権としてイダルゴ市(現在のグスタボ・A・マデロ)で調印され、5月に正式に成立。アメリカに譲渡されたのは、テキサス、コロラド、アリゾナ、ニューメキシコ、ワイオミングの一部、およびカリフォルニア、ネバダ、ユタの全域である。1853年、ガズデン購入によりアリゾナとニューメキシコの一部が譲渡された。(Theaty of Guadalupe Hidalgo)

220pxwpdms_mexican_cession
赤:メキシコ割譲地
橙:ガズデン購入によりアメリカへ

« 神聖ローマ帝国のイタリア政策の功罪 | トップページ | 檸檬の話 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

広大なアメリカの分割歴史か。
昔から居る地元民には関係なく、土地を勝手にやりとりして線引き・・アイヌ地元民を無視した北海道の土地利用政策に同じ。
中国のチベット、モンゴル政策と同じ・・
一首献上。

  収奪の歴史を見れば昔より強者の勝手を推し進  めける  
              石塚邦男

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神聖ローマ帝国のイタリア政策の功罪 | トップページ | 檸檬の話 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30