無料ブログはココログ

« ヒッパロスの風 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2017年2月 1日 (水)

アイヌ人のルーツは縄文人か?

Img_4

              悪魔払い(ウニエンテ)の儀式

   アイヌ語は、大きくは北海道方言、樺太方言、千島方言とに分かれる。北海道の多くの地名や、トナカイ、ラッコ、オットセイ、シシャモなどの単語など、知らないうちに日本語になったアイヌ語も多い。アイヌ語は文字のない言語で、表記はローマ字やカタカナが使われる。文法面では、否定辞が動詞の前にくる以外は、日本語とほとんど語順が同じで、学びやすい言語の一つである。

 アッシ(着物)

 イコロ(お金)

 イトウ(神にささげる祭具)

 イヨマンテ(熊送り)

 ウタリ(仲間)

 カムイ(神)

 カムイワッカー(酒)

 キムンカムイ(ヒグマ)

 ク(弓)

 コタン(村)

 チセ(家)

 チャランケ(なんくせ)

 ヌブリ(山)

 ノンノ(花)

 ハボ(母)

 ピリカ(美しい)

 ベツ(川)

 ミナ(父)

 メノコ(女)

 ユーカラ(詩曲)

 ワッカー(水)

« ヒッパロスの風 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒッパロスの風 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31