無料ブログはココログ

« 韓国人の姓の話 | トップページ | 日本人の祖先はバイカル湖周辺に住んでいた民族が移動した!? »

2017年2月 7日 (火)

新島襄の名前の由来

Photo     新島襄は天保14年1月14日、江戸の上州安中藩屋敷で、下級藩士の新島民治の長男として生まれた。新島襄という名前は、アメリカから帰国して後に改名した名前で、幼名は「七五三太(しめた)」という。通説では、女子が4人続いた後の初の男子誕生に喜び「しめた」と言った話が伝わるが、誕生日がしめ飾りを外す日だったから「しめた」と名付けられたのである。元服の後、名を「敬幹(けいかん)」とする。アメリカ時代は「ジョセフ・ニイシマ」または「ジョセフ・ハーディー・ニイシマ」と名乗った。帰国後はジョセフに「約瑟」という漢字をあて、「新島約瑟」と名乗ったが、約瑟という漢字が難しいため、新島襄と改名した。ジョー(Joe)「襄」はジョセフ(約瑟)を縮めたものという。一時は「譲」の漢字を使用して「新島譲」としたが松山高吉の助言を受けて「襄」の漢字を使用するようになり、戸籍を群馬県から京都府へ移す時に「新島襄」とした。

« 韓国人の姓の話 | トップページ | 日本人の祖先はバイカル湖周辺に住んでいた民族が移動した!? »

苗字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国人の姓の話 | トップページ | 日本人の祖先はバイカル湖周辺に住んでいた民族が移動した!? »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30