無料ブログはココログ

« 戦争の世界史・早わかり年表 | トップページ | すきなことは散歩と雑学 »

2017年1月14日 (土)

地球を測る

   地球の赤道一周は約4万キロといわれている。子午線一度の長さを測ることは古く紀元前三世紀にギリシャ人のエラトステネスがかなり正確に測っているが、近代になってから南米チリで測量した学者がいる。フランス人の地理学者シャルル・マリー・ド・ラ・コンダミーヌ(1701-1775)である。日本ではほとんど知られていないが欧米では彼に関する研究書も多い。コンダミーヌは1735年、ピエール・ブーゲらとチリ測量隊に加わり、赤道付近のチリの子午線を正確に測量した。その成果は1749年に Figue de la terre determineとして発表された。

« 戦争の世界史・早わかり年表 | トップページ | すきなことは散歩と雑学 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦争の世界史・早わかり年表 | トップページ | すきなことは散歩と雑学 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31