無料ブログはココログ

« アマゾンの女戦士は実在したか? | トップページ | キナバル山 »

2017年1月11日 (水)

マット・モンロー「慕情」

P12383ej8ax    数多い映画音楽の中でもアルフレッド・ニューマン作曲の「慕情」は実に多くの歌手によって歌い継がれてきた名曲である。ザ・フォー・エイセス、フランク・シナトラ、ナット・キング・コール、アンディ・ウィリアム、コニー・フランシスなどが一般によく知られるがサントラ盤はマット・モンローである。私が買った初めてのシングルレコードはA面が「ロシアより愛をこめて」でB面が「慕情」のマット・モンローのものだった。声量ではシナトラより劣るものの、甘いバリトンが魅力だった。映画「慕情」の主題歌は当初シナトラにオファーがあったのに、彼はなんと断ってしまった。後でたいへん後悔したという。

   日本ではマット・モンローの名はもう忘れられただろうが、イギリスではいまも愛されているという。惜しい哉、1985年、54歳の若さで癌で亡くなっている。代表曲は「さらばベルリンの灯よ」「ロシアより愛をこめて」「野生のエルザ」

   慕 情

愛は多くの輝きに満ち溢れている

美しき恋が咲く四月のバラ

人は生きる喜びを知る

恋は人を王者とし、黄金の王冠を授ける

風吹く丘の上に立ちて朝霧の中

2人は口づけを交わせば

この世の時は止まる

君の指がふれる時

歌うよろこびを私は知る

そう、真の愛は人生に多くの輝きをあたえる

素晴らしいものである

« アマゾンの女戦士は実在したか? | トップページ | キナバル山 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アマゾンの女戦士は実在したか? | トップページ | キナバル山 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30