無料ブログはココログ

« 妻を娶らば陰麗華 | トップページ | 年賀状の由来 »

2017年1月 3日 (火)

鴎外、漱石の墓

    明治29年1月3日、根岸の子規庵で俳句会が催された。第1回には夏目漱石、内藤鳴雪、高浜虚子、五百木瓢亭、河東可全、第2回には森鴎外、河東碧梧桐らが加わった。つまり子規、漱石、鴎外の3人が揃ったのはこの時だけであろう。記録によれば、漱石と鴎外が会ったのはこれが初めてであり、両者は互いに言葉をかわすことはなかったという。実際に5歳の年の差があり、漱石が作家となったのも鴎外の存在があったからであるという江藤淳の指摘がある。表面冷ややかで無関心を装い、鴎外と漱石の親しい交友は生まれなかったがお互いに敬意を抱いていたと思われる。

Photo_3
三鷹禅林寺 鷗外墓 隣に後妻の志げ子の墓がある

Img_1038371_25558995_0
 雑司ヶ谷霊園 漱石、鏡子、ひな子(五女)

« 妻を娶らば陰麗華 | トップページ | 年賀状の由来 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妻を娶らば陰麗華 | トップページ | 年賀状の由来 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30