無料ブログはココログ

« おでん種ランキング | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2017年1月 4日 (水)

相馬翠

    相馬翠(1911-2003)は医学校を卒業し、将来は女医をめざしていた。昭和9年、泉正雄と結婚し、神奈川県二宮町に住んだ。昭和19年に夫は出征し、その後、シベリアで抑留生活を送る。昭和22年1月4日、樺太からの引揚者1013人を乗せた間宮丸が函館港に入港。ソ連からも2500余人が舞鶴に入港するという知らせがあった。

      昭和22年1月5日

「第ニ船が明後7日に入港する」と、今ラジオが言いました。これに乗っていて下さいますように、そしたら半ばごろには帰宅できますものね。ナホトカに残っていたら大変だと心配する。零下60度とか。ペチカが焚けないとか聞いたが、生きていられなくなりはしないかと限りなく心配になる。どうかお元気であって下さい。妻子母が待っていますよ。

   夫の泉正雄はこの年の5月に無事に帰国し、のち知足寺の住職となる。神奈川県二宮の浄土宗知足寺は、正式名・塩海山花月院知足寺といい、曽我兄弟の墓で知られる(ただし曽我兄弟の墓の所在地は全国に14ヵ所あるという)。この墓は当時の浩宮殿下も参詣したこともある。(参考;「戦場は星空の彼方に 夫の生還を祈る女医の日記」 相馬翠 毎日新聞出版 1980)

« おでん種ランキング | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おでん種ランキング | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30