無料ブログはココログ

« 朝日・毎日の全国制覇(大正末期) | トップページ | 妻を娶らば陰麗華 »

2017年1月 2日 (月)

一富士二鷹三茄子はなぜこの順番か?

   古来から目出度い夢の順序をいったものに「一富士、二鷹、三茄子」が夢に現れれば吉兆とされているが、科学的にはなんの根拠もない。その由来についても諸説ある。「一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭」で駿河国の名物をうたったものだという説がある。また曽我兄弟の富士の裾野の仇討ち、鷹の羽根のぶっちがいを紋所とする赤穂浪士の仇討ち、荒木又右エ門の伊賀上野の仇討ちを暗示しているという説もある。近頃の説では、「一富士」は「不死」に通じ、「二鷹」は「高・貴」に通じ出世栄達、「三茄子」は「成す」に通じ子孫繁栄を読み取り、人間の三大欲望が叶えられる吉兆としての初夢縁起とするものである。「扇」は末広がりで、「煙草」は煙がたち昇る、「座頭」は髪をそった盲人のことをいい、毛がない、つまり「怪我ない」に通じる。

また、単純に、富士は日本一の山であり、鷹は強い鳥、茄子は物事が「成す」にひっかけたものという説もある。ちなみに、このあと四は葬式、五は火事という説もある。一見、縁起が悪そうだが、夢で出会えば、実人生では出会わない、と解釈されている。(1月2日)

« 朝日・毎日の全国制覇(大正末期) | トップページ | 妻を娶らば陰麗華 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝日・毎日の全国制覇(大正末期) | トップページ | 妻を娶らば陰麗華 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31