無料ブログはココログ

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | ガンジーは何故ノーベル平和賞を授与されなかったのか? »

2017年1月30日 (月)

チャールズ1世の処刑

King_charles_i_1628_ad   ヘンリー王子がアフガンでタリバンを殺害したことが話題となっている。兄の名がウィリアム、父がチャールズ。映画「英国王のスピーチ」はジョージ6世。英国王の名前は、1000年の歴史でもリチャード、エドワード、ヘンリー、ウィリアム、チャールズ、ジョージ、ジョンなど10種類くらいしかない。1649年のこの日、チャールズ1世が清教徒革命で処刑された。12年後、王政復古によりクロムウェルの墓が暴かれ、遺体の首が刎ねられたのも今日である。チャールズ1世は英国史でも有名な国王の1人で、関ヶ原合戦の年に生まれたので、1600年から1649年と生没年が記憶しやすい。

    王権神授説を信じたイギリス王チャールズ1世は、議会を解散し、以後11年間にわたって議会を開くことなく、専制政治をおこなった。1639年、カルヴァン派(長老派)の強いスコットランドに国教を強制したことから反乱が起こった。1642年国王は北部のヨークに逃れ、ノッティグガムで兵を挙げた。1642年10月、エッジ・ヒルの戦いは勝敗なく終わったが、議会派にオリヴァー・クロムウェルが現れると、鉄騎兵を編成し、1644年7月2日、マーストン・ムーアの戦い、1645年6月、ネーズビーの戦いで国王派は敗れ、第1次内戦は終結した。

   1647年12月、チャールズ1世はスコットランドへ逃亡し、これと軍事同盟を締結して革命軍に対抗し、第2次内乱が始まった。革命軍は国王軍ならびにスコットランド軍を破り、1648年3月再び国王は囚われた。一旦は脱出したものの、1648年11月、国王はワイド島のカリスブルック城に難を避けた。しかるに議会の多数派なる長老派は王との妥協を決議した。ここにおいて、クロムウェルはプライド大佐(?-1658)に命じて長老派議員140名を議会から締め出して、わずか60名の独立議員(ランプ議会という)で1649年1月1日、国王チャールズ1世の特別裁判所設置法案が可決された。反逆罪で裁かれたチャールズ1世は、1月27日に死刑の判決が下され、1月30日ロンドンのセント・ジェームズ宮殿からホワイトホールの門を出て、ホール前につくられた処刑台に登った。最後まで身につけていた宝石と勲章をカンタベリー大司教に渡し、首切り台に身をかがめると、群衆のうめき声のうちに、チャールズ1世の首がころげ落ちた。(Charles,Henrry,William)

 

7341903111t

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | ガンジーは何故ノーベル平和賞を授与されなかったのか? »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | ガンジーは何故ノーベル平和賞を授与されなかったのか? »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30