無料ブログはココログ

« みずからの手で戴冠する皇帝ナポレオン | トップページ | 「永遠の0」と空母バンカーヒル »

2016年12月 2日 (金)

ラクロスの起源

  ラクロスと呼ばれる網の付いたスティックを用いて、10名編成の2チームが相手ゴールにボールを打ち込み得点を競う。もともと北米インディアン(スー族やチョクトー族)が「バガタウェー」と呼んで、戦勝祈願として舞や踊りのときの儀式として行っていた。現代競技はカナダの歯科医ウィリアム・ピアーズ(1843-1900)が1869年頃スポーツとして広めた。Baggataway、William Greorge Beers

« みずからの手で戴冠する皇帝ナポレオン | トップページ | 「永遠の0」と空母バンカーヒル »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みずからの手で戴冠する皇帝ナポレオン | トップページ | 「永遠の0」と空母バンカーヒル »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31