無料ブログはココログ

« 明治のうさぎブーム | トップページ | 東京タワーの名付け親は11歳の女の子だった »

2016年12月 7日 (水)

新吾十番勝負

Ps_ctoe0302_0001_011   大川橋蔵、1984年の忌日。まだ55歳の若さだった。「新吾十番勝負」(1959)の葵新吾は彼以外には考えられず、橋蔵にとって最大の当たり役となり、二十番勝負、そして番外勝負と1964年まで5年間に8作品が作られた。公開当時リアルタイムで見た映画だ。第1部、第2部の出演者をみると、大川橋蔵、岡田英次、山形勲、大友柳太郎、大河内伝次郎、月形龍之介など主なキャスト男優陣はすべて故人となっている。若き山城新伍も町人で出演しているが2009年に逝去している。それに比べ女優陣はいまだ健在で花の命の長いことである。完結編の丘さとみの扱いをみると、当時彼女がトップだったらしい。(12月7日)

« 明治のうさぎブーム | トップページ | 東京タワーの名付け親は11歳の女の子だった »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

大川橋蔵さんといえば「銭形平次」のテレビシリーズ、子供の頃に父親がよく見ていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治のうさぎブーム | トップページ | 東京タワーの名付け親は11歳の女の子だった »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30