無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月31日 (土)

年末年始必見番組

   お正月まであと12時間。本日は快晴。食材の買い物客でスーパーは大混雑。年末年始は特別番組も多い。観たい番組を見逃さないように事前にチェックしておきたい。テレ東で人気の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第25弾で太川&蛭子コンビが最終回。ルートは福島から秋田へ向かい、マドンナは新田恵利。三船美佳香港映画版は大晦日に放送。「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅」(30日)も面白い。新ドラマで注目は木村拓哉が外科医に扮する「A LIFE 愛しき人」。吉高由里子、大島優子の「東京タラレバ娘」。瀬戸朝香のサスペンス「女の中にいる他人」。金曜ドラマテン波瑠「お母さん、娘をやめていいですか?」。大杉漣ら6人の名脇役が結集した「バイプレイヤーズ」。黒木メイサが男装の剣士に扮する「花嵐の剣士」中沢琴は群馬県に生まれ利根法神流の達人。女ながらも浪士隊に参加。戊辰戦争では庄内戦争に参加。「世界の中心で、愛をさけぶ」ここの数年なぜか年末になると放送される。映画版とドラマ版を見比べ。どちらも死がテーマだが、年の瀬になると「ああ、今年もなんとか生きて年を越えられそうだ」と実感する。いくつになっても死は怖い。

   注目はやはり紅白。SMAP解散でピリピリムード感漂う。ピコ太郎、RADIO FISH、星野源、欅坂、土屋太鳳などダンス。三山ひろしのけん玉も必見。1日「殺人狂時代」「四谷怪談」(日本映画)。「奇跡のリンゴ」(BSジャパン)。「秀麗伝」。2日「陰日向に咲く」「お・と・な・り」(日本映画)。「スヌーピーと幸せのブランケット」(Eテレ)。2日「新宿スワン」(テレビ大阪)深夜1時30分.2日「二つの顔」「毒のある花」(BSTBS)。2日「天空の蜂」。4日「幸せを呼ぶミナの文房具店」(LaLa)。5日「美丘 君がいた日々」(ホームドラマ)。8日「おんな城主」(NHK)。「女の中にいる他人」。「しあわせの記憶」(MBS)。10日「監視者たち」(NECO)。12日「就活家族」「女の中にいる他人」瀬戸朝香。13日「下剋上受験」「お母さん娘をやめていいですか」。14日「花嵐の剣士」(BSプレミアム)。18日「東京タラレバ娘」。「レンタルの恋」。「朗読屋」。20日「奪い愛、冬」。「三国志 Three Kigdoms」。23日「突然ですが、明日結婚します」。

金大中のような左右対称の名前

030608_03    古くから鏡文字といって左右対称の文字は縁起がよいとされる。姓名学でも当然のこと、左右対称はよいとされるようだが、歴史人名を探すと意外と少ない。韓国大統領の金大中(1925-2009)が一番有名だろう。日本では山内一豊。ほかは田中王堂、森田草平、山本鼎、三木竹二、中山太一、大中寅二、高木東六、筒美京平、大西一、高市早苗、桂南天、大西一平、田中美里。西武・阪神に在籍した投手、谷中真二は2010年に引退した。演歌の山川豊、女優の吉田羊。

大晦日の餃子

   日本では大晦日の夜は年越しそばを食べるという習慣があるが、中国北方の北京では大晦日の晩に家族が集まって餃子をつくる。映画「妻への家路」(2014)にもそのようなシーンがある。ちなみに中国で餃子というば水餃子のこと。焼き餃子は「鍋貼(ゴーティエ)」と言う。年越しに餃子を食べるという習慣は明代のころから始まったといわれる。

「絆」その語感の変化について

303667_350935604990164_1238304966_n   最近、「家族の絆」というように「キヅナ」がよく使われる。わたしはこの言葉があまり好きではない。束縛感があるからだろうか。 思えば2011年「今年の漢字」は「絆」だった。東日本大震災で人と人とのつながりの大切さを改めて感じたという選定理由である。書道家の波多の明翠は日本一周マラソン「絆」一筆書きプロジェクトを実施している。「きずな」(古語では「きづな」)という少し古風な言葉は、その使われ方がここ50、60年で大きく変化していった。マス・メディアによる影響が強いと思われるが、あまりそのような指摘をされる人はいないようである。

   戦前「きずな」という言葉は今日盛んに使用されるほどに一般的な言葉ではなかったと思われるが、文献上は古くから見える。「沙石集」(13世紀後半)には「恩愛の絆を断ち」とある。おそらく戦前までは、「きづな」は「綱」であり、「断ち切る」という言葉と対になって、使われていたように思われる。いつごろから、「絆を大切に」となったのであろうか。

  世相を毎年恒例のように言葉で現す習慣は諸外国にもあるのだろうか。たとえば「絆」は英語になおせば「bond」あるいは「tie」だが情感がない。おそらく日本特有のものだろう。漢字の本家中国でも日本の今年の漢字が「絆」と報じられて違和感を感じたらしい。中国では「足をすくう」「わなにひっかかる」「からめつく」「拘束」「束縛」などの意味があるが、「人と人とのつながり」という意味はない。もともと「絆」は馬・犬など動物をつなぎとめるという意味である。それから「人を束縛する義理・人情」「夫婦の絆」などと意味するようになった。モームの小説の邦題が「人間の絆」である。むかしは「人間」と限定して初めて意味が通った。そして絆の本来の意味は「人と人とのつながり」ではなく、「自分を束縛する」という意味のほうが強い。言葉はビミョーに変化していく。そこで青空文庫で「絆」を検索して、文学作品中に「絆」がどのように使用されてきたか調べてみる。

1「数百年間の封建日本の重い絆」(宮本百合子「生活においての統一」)

2「わしを過去に結びつけていたあらゆる絆は断たれた」(豊島与志雄「故郷」)

3「愛欲の絆もあきらめられない」(坂口安吾「今後の寺院生活に対する私考」)

4「断とうとしても断てない執着の絆を思い」(種田山頭火「片隅の幸福」)

5「公転の絆を断ち切って自由軌道を採用することになろう」(海野十郎「予報者告示」)

6「私たちは、これからこそ、重苦しい過去の絆をふりはらって、思慮と勇気とに満ちた」(宮本百合子「婦人民主クラブ趣意書」)

7「そこには何か、捨て難い絆、縁のある証拠ではないだろうか」(宮本百合子「思い出すかずかず」)

8「見捨てることのできない深い絆にくくられる」(倉田百三「愛の問題」)

9「私を締めつけた多くの家族の絆」(伊東静雄「わがひとに与ふる哀歌」)

絆につく形容は「重い」「執着の」「重苦しい」「捨て難い」「深い」「締めつけられた」などである。とくに「糸」が語源なので「締めつける」(9)という表現は適切である。絆の語のあとに続くのは、「断つ」「断ち切る」「くくる」などである。おそらく戦前では「絆」は封建的な個人を束縛する「紐帯」であった。「絆」は断つものであった。戦後、家族関係が希薄になって、「絆」という語が逆に「人と人をつなぐ大切なもの」という正反対の意味で使われだしたことは不思議である。「家族の絆の大切さ」という表現は戦前ではありえなかった。NHKなどの放送でさかんに「絆」が使われ、東北大震災でも復興の合言葉となっている。言葉は生きものなので、是否を論ずるつもりはない。注視するだけである。「人と人との離れがたい結びつき」をメディアが連呼する現代こそ絆がない時代を反映しているのではないだろうか。

2016年12月29日 (木)

年末年始の東京の美術館展示

   国立西洋美術館「クラーナハ展」。江戸東京博物館「戦国時代展」。練馬区立美術館「粟津則雄コレクション」。鴎外記念館「賀古鶴所という男」。賀古鶴所は陸軍軍医で、日本における耳鼻咽喉科の基礎を築いた人物。鴎外より6歳年上で、「一切秘密無ク交際シタル友」と記している。

2016年12月28日 (水)

「わ」ファースト・ネームから引く人名一覧

Wattylersculpturebyrobertworley  「ワット・タイラー」イギリスの農民一揆の指導者。1381年、ロンドン市長の謀略によって斬殺される。▽「ワイアット・アープ」OK牧場の決闘で知られる保安官。▽「ワイナ・カパック」インカ帝国11代皇帝。▽「ワシーリー・ドクチャ―エフ」気候や生物の影響を受けて土壌が生成されるという近代土壌学を最初に提唱したロシアの地質学者。▽「ワヒディン・スディロフソド」インドネシアの医師、民族主義運動の先覚者。▽「ワン・ワイタヤコーン」タイ国の外相。1891-1976。Wan Waithayakon

ワイアット・アープ
ワイナ・カパック
ワイルド・ビル・ヒコック
ワシリー・アクショーノフ
ワシリー・カンディンスキー
ワシリー・ドクチャーエフ
ワシントン・アーヴィング
ワチラロンコン
ワーナー・バクスター
ワヒディン・スディロフソド
ワールター・グロピウス
ワルガシュ
ワレンチナ・テレシコワ
ワン・ビンナ
ワンへレーラ
ワン・ワイタ・ヤーコーン

名は人の運命を左右する

Photo_2
謎の戦艦陸奥(新東宝 昭和35年) 小畑絹子 天知茂

   天知茂といえば眼光鋭く眉間の皴と陰のあるニヒルな魅力で人気のあった大スター。本名は臼井登(うすいのぼる)といい、昭和24年京都の松竹の大部屋俳優だった。通行人ばかりで人からその名のとおり「陰がうすい」といわれた。昭和26年、新東宝のニューフェースに合格、芸名を天知茂に変えた。名古屋出身の天知は中日ドラゴンズの天知俊一と杉下茂投手から名前をパクった。以後、ニヒルな悪役で準主役級になり、「東海道四谷怪談」でスターとしての地位を築いた。テレビでは「非情のライセンス」のハードボイルドな刑事や明智小五郎シリーズで人気を不動のものにした。

    実名と芸名と2つの名前を持つことは幸福になることが多い。実名は呪詛を封じるため忌み名として隠しておく。名前を変えることで、幸運をつかんだ事例は芸能界には枚挙にいとまない。「美空ひばり」「松田聖子」が本名のまま活動していたら、あるいはあれほどに人気はでなかったかもしれない。名は人の運命を左右する力がある。

   ドラマ「刑事コロンボ」も「刑事コロンブス」だとあれほど世界でヒットしなかっただろう。英語で Christopher Columbusと表記するが、イタリアでは Christoforo Colombo。つまりイタリア移民色を前面に出したことがヒットの要因の一つと考えられる。

2016年12月27日 (火)

チャオプラヤー・チャクリー

   今年10月、タイのプミポン国王が88歳でご逝去された。チャクリ朝のラーマ9世である。チャクリ朝の始祖はチャオプラヤー・チャクリー(1737-1809)である。アユタヤ朝がビルマに占領されると、1768年にタークシンがこれを駆逐して、トンプリー朝を起こして王位に就く。このときチャオプラヤー・チャクリーは部将として国王に仕えた。晩年、王が精神錯乱に陥ったとき、チャオプラヤーは国内の混乱をおそれて、王位に就く。これが現シャム王朝(チャクリ朝)ラーマ1世である。ルワンヨック・クラバット、プッタヨートファーチュラーローク、トーン・ドゥワンなど様々な名前で呼ばれる。ラーマ1世は首都をトンプリーからバンコクに移転した。熱心な仏教徒としてワット・プラケオなど多くの寺院を建立したほか、アユタヤ朝崩壊後に散逸した法典を新たに「三印法典」として編纂させた。

2016年12月26日 (月)

地下鉄で見かけた美女

   映画「彼が二度愛したS」(2008年)。ニューヨークウォール街で真面目に働く青年ユアン・マクレガー。遊び人のヒュー・ジャクマンと歓楽街へ。そこで彼のケータイを取り違える。ある日、そのケータイに見知らぬ女から誘いの電話がかかってくる。そこにはおそるべき罠があった。官能的な娼婦Sにミッシェル・ウィリアムが扮する。もう若くないが魅力的なムードをもつ。新作「フランス組曲」でもヒロインになっている。

 

 

美保関事件、水城圭次艦長の死

Navymizuki01     水城圭次(みずしろけいじ、1883-1927)は、長野県出身、海軍大佐。軽巡洋艦「神通」の艦長であった。大正10年のワシントン条約により、日本の海軍軍艦保有量が米・英の5に対して3に抑えられた。このハンディを猛訓練で補おうと、台風が近づく中、夜間演習を行っていた。昭和2年8月24日、島根県美保関沖で軽巡洋艦「神通」(水城圭次艦長)と駆逐艦「蕨」(五十嵐恵艦長)と衝突、「蕨」は火災をおこして船体が二つに折れ沈没、「神通」も艦首を大破した。駆逐艦「葦」も巡洋艦「那珂」と衝突し、両艦とも大破した。この海難事故(美保ヶ関事件)で「蕨」が92名、「葦」が27名の死者が出た。「蕨」の艦長は死亡したため、事故後の査問に対して、神通艦長・水城が、119名の犠牲者を出した事故の責任すべてを一身に背負うことになった。軍法会議の判決の出る前日、12月26日、水城は自宅で自決した。過重な訓練を課した連合艦隊司令長官・加藤寛治(1870-1939)や参謀への責任を問うことはなかった。帝国海軍最大の汚点といわれる。その後「神通」は船首をクリッパー型に代えて、太平洋戦争中で活躍したことがせめてもの救いであった。

2016年12月25日 (日)

チャンドラグプタ

   世界中の人名や地名には言いにくかったり覚えにくいものが無数にある。チャンドラグプタは古代インド・マウリア朝の始祖。アウラングゼーブはムガル帝国第6代の皇帝。ダルマトゥンガはシャイレンドラ朝の王でボロブドゥールを建設。ジャヤバルマン7世はクメール朝の王でアンコール・トムを建設。ペーダー・シューマッカ・グリッフェンフィルドは17世紀デンマークの宰相。タイの国王にはとても長い名前がある。ラーマ1世はプッタヨートファーチュラ―ローク。スリランカの首都スリジャワルダナプラコッテ、モーリタニアの首都ヌアクショット、ブルネイの首都バンタルスリブガワンは三大語呂の良い首都。

蕪村忌

    芭蕉、蕪村、一茶を三大俳人というが、それは明治になって正岡子規が蕪村を俳人として高く評価したからであって、それ以前は蕪村はむしろ画家として知られていた。
    与謝蕪村(1716-1783)。父母の名も明らかでなく、蕪村の幼時については不明な点も多い。姓を谷口といい、故郷は摂津国東成郡毛馬村(大阪市都島区毛馬町)と推定され、享保元年生まれで、幼時もそこで過ごしたらしい。17、18歳頃に毛馬を出て、江戸に下り、京都に永く住んで、再び郷里に帰ることはなかった。蕪村は大阪生まれであるにかかわらず、彼の句碑が大阪に少なく、大阪人に知られていないのが残念である。(12月25日)

800年カールの戴冠

Coronationofcharlemagne

    西暦800年のクリスマスは、ヨーロッパ世界にとっては忘れられない記念の日となった。この日、ローマのサン・ピエトロ大聖堂で教皇レオ3世はフランク国王カール1世に西ローマ皇帝冠を授けた。カールは戴冠式のためにアーヘン(仏名エクス・ラ・シャペル)からピレネー山脈を越えて、ローマに来たのである。カールは西ローマ帝国滅亡後324年にしてローマ帝国の再興を実現し、大帝と呼ばれ、古典古代の文化とキリスト教にゲルマン精神が融合した文化を花開かせる。それがカロリング・ルネサンスである。(世界史、12月25日)

2016年12月24日 (土)

ベツレヘムの星

    イエス・キリスト生誕の地はエルサレムの南方約8キロにあるベツレヘムとされている。一般にイエスの生年はヘロデ大王(在位前67年ー前4年)の死んだ紀元前4年の少し前とされる。誕生から間もなく救世主の誕生を祝う星が東方からやって来た3人の博士(マギ)たちを導いて、幼児イエスのいるベツレヘムまでゆき、その上でとどまった。ベツレヘムの星である。まさしくイエスはメシア・キリストという証明なのだ。東方三博士の名はガスパール、バルタザール、メルチョールの三人。ガスパールは金髪で白人の若い博士。イエスに乳香を贈った。バルタザールはひげの褐色の肌の壮年博士。イエスに没薬という高価な薬を贈った。メルチョールは白いひげの白人の老博士。イエスに黄金を贈った。黄金はイエスの生まれながらにもつ王権をあらわす。

    イエスが誕生したことを知ったヘロデはベツレヘムの2歳以下の男子を皆殺しにしようとした。ヨセフ、マリア、イエスたちは、危うくエジプトへ逃れた。

一行豆知識集

Trivia  人間は知りたがる動物である。「地下鉄の電車はどこから入れたの?」だれでも素朴な疑問はふっとわいてくる。雑学ネタは人類の好奇心の数だけ、つまり星の数ほどある。世界中の多くの雑学ネタを集めてみよう。ただし、ほとんど役に立たないものばかりだが。

赤坂サカス。赤坂には坂がたくさんある。「乃木坂」もその1つ。江戸時代、幽霊坂と呼ばれていた。明治時代、軍人の乃木希典が辺りに住んでおり明治天皇の後を慕って殉死したため、大正元年赤坂区議会が地名を乃木坂と改名した。▽カトリック教会の最高司祭であるローマ法王を元首とするバチカン市国。ここを警備する衛兵は、すべてスイス人である。▽「オーヴォ ovo」とはエスぺラント語で卵のこと。▽「学校をさぼる」などの「さぼる」は、もともと外来語で、フランス語の「サボタージュ(怠業)」を略して、語尾に「る」を付けたもの。労働者が木靴(サボ)で機械を破壊したのが語源である。▽キリスト教の祈りの結びに唱えることば「アーメン」は「まことに、たしかに」後に「かくあれ」の意味。▽天草四郎時貞の洗礼名は「ジェロニモ」もしくは「フランシスコ」。▽俳優の筒井道隆はよく小説家の筒井康隆の子と思い違いされる。実際は赤の他人。筒井康隆はエッセイで「道隆は息子にあらず」と書いている。▽ジャッキー・チェンがブルース・リーに勝っている所は?ジャッキーは器用に自転車をこいで逃げるシーンが映画でよくみるが、ブルース・リーは自転車に乗ることができなかった。▽リンカン大統領の妻メアリーは、目前で夫が暗殺されたショックから、死ぬまで精神病院で過ごした。▽イソギンチャクは英語で「海のアネモネ(sea anemone)」という。▽日本人で初めて鉛筆を使ったのは徳川家康。▽日銀短観とは、日本銀行が四半期に一度発表する経済指標で、正式名称は「企業短期経済観測調査」といいます。▽風呂敷はもともとお風呂の着替えを包んだ布のことをそう呼んだのである。

Buzn_de_correos__001▽スペインのポストは黄色。世界では赤色より黄色の郵便ポストの国のほうが多い。▽本の最終ページにある「奥付」は大岡越前が本の海賊版を取り締まるために1722年に出版者に義務づけたのが起源である。▽孔子は英語でコンフィーシャスConfuciusという。▽イチロー選手(本名は鈴木一朗)は次男。▽大相撲の行司の掛け声「ハッケヨイ(発気揚々)」は本来、易占いの「八卦良い」である。▽オードリー・ヘップバーンはインドの詩人ラビントラナート・タゴールを尊敬していた。▽夏目漱石24歳のときの身長と体重。158.8cm、53.3㎏。当時としては平均よりやや良好な体格である。▽東京渋谷にある「原宿」は駅名としてはあるが、地名は「神宮前」であり、原宿という町は存在しない。▽村田英雄と言えば「王将」だが、この歌がヒットした頃、彼は将棋の指し方を殆ど知らなかった。▽「さそり座の女」美川憲一。本当の彼は「おうし座の男」である。

Miyazakiyosiko▽1886年の夏、東京でコレラが大流行。新聞に「炭酸ガスがコレラの予防になる」という記事が新聞に掲載され、ラムネがコレラ予防になるというデマが広がり爆発的に売れ出した。▽「The かぼちゃワイン」のエルのモデルは宮崎美子である。▽北島三郎「風雪ながれ旅」は津軽三味線奏者の高橋竹山をモチーフにした曲である。▽小和田雅子さんの母、優美子さんのいとこが作家の江藤淳。本名は江頭淳夫で、タレントの江頭2:50は親戚。▽1906年チャールズ・スチュアート・ロールズとフレデリック・ヘンリー・ロイスが合同で自動車会社「ロールスロイス社」を設立した。▽公職選挙法では得票同数だった場合、くじ引きをやって決める、と定められている。▽「右」と「左」の書き順。右は「ノ」を書いてから「一」、左は「一」を書いてから「ノ」である。▽フランスのノーベル賞作家アナトール・フランスはパリのセーヌ川ほとりにある古本屋のひとり息子として生れた。▽夏目漱石が住んだ本郷西片町の家に、のち留学中の魯迅ら5人が移り住んだ。

視聴熱とは?

  エンタメ業界の新たな指標「視聴熱」。ツイッター上でつぶやかれた「テレビ番組名」「タレント名」「テレビ発信の新ワード」を集計し、人々が今、熱を持って注目していることを徹底解析したもの。2016年テレビ年間視聴熱ランキング。ドラマ部門では桐谷美玲主演「好きな人がいること」、バラエティーでは「SMAP×SMAP」が第1位だった。

ベトナムのチャン朝、蒙古軍を撃退

   鎌倉時代、日本には2度にわたりモンゴル軍が襲来してきたが、モンゴルから国を守り退却せしめたのは日本だけではない。ベトナムは1257年、1285年、1288年の3回モンゴルの攻撃を受けたが、いずれも撃退した。13世紀のベトナムは北の陳朝と南のチャンパ王国に分かれていた。チャン(陳)朝は蒙古襲来により衰退の一途をたどり、1400年に黎季犛(れいきり)によって滅ぼされる。

  1288年3月、興道王チャン・クオック・トゥアン(チャン・フン・タオ 陳国峻)が白藤江の戦いでドカン率いる元軍水軍を撃破。チャンは、内地から湾へ抜けようとする元軍を待ち受け、あらかじめ川の中に杭を打ち込み、草でおおい隠しておき、満潮時に戦闘を仕掛けて逃れるふりをして元軍をおびき寄せた。まんまと罠にはまった元の水軍は、杭に引っ掛かって壊滅的な打撃をこうむり、元の侵攻は失敗となる。

2016年12月23日 (金)

ボロブドゥール遺跡

   インドネシアのジャワ島中部のケドゥ盆地に所在する大規模な仏教寺院。シャイレーンドラ朝の時代、大乗仏教を奉じたシャイレーン王家によって、ダルマトゥンガ王(在位755年~782年)治下の780年頃から建造が開始され、792年頃に一応の完成をみたと考えられ、サマラトゥンガ(在位812年~832年)のときに増築されている。ボロブドゥールという名の由来は不明であるが、ストゥーパとみなすのが定説とされている。しかしインドには同様のストゥーパが皆無であることから、本来の使命である仏舎利の保存とは無関係のようである。シャイレードラ王家の霊廟として考える学者もいる。Borobudur

参考:「ボロブドゥール遺跡・ジャワ島;海のシルクロードで栄えたインドネシア王朝」邸景一、柳木昭信 日経BP出版センター

モンゴル族の南侵とタイ・スコータイ王国の成立

   13世紀に起こったモンゴル族の侵略は、東南アジアの歴史に大きな影響を与えることになる。中国に隣接するヴェトナムやチャンパは元の大軍に数度の侵略を受けたが、弱小国ながら国をあげての抵抗によって追い返している。これよりさき、1253年に元軍が雲南のタイ族の大理国を滅ぼしたことは、タイ族の南下を促した。タイ族はもともと中国の華南に居て小部族国家を建てていたが、次第に南下し、カンボディアのアンコール朝の衰弱に乗じて、1238年タイ族の指導者シーインタラーティットがラヴォ王国からの独立を宣言し、1257年にスコータイ王国を建国した。スコータイ王は独立後、大いに領土を広げ、第3代ラーマ・カムヘン王の時にその最盛期を迎え、クメール系文字を改良したタイ文字がこの王自身によって作られたといわれる。またビルマから上座部仏教(小乗仏教)が採り入れられたのもこのころである。

アイルランガ王

  インドネシア古代の歴史は文献資料が少ないため詳しくわからないことが多い。シュリヴィジャヤは7世紀にスマトラ島に成立し、海上貿易によって繁栄し、10世紀に全盛期を迎えたが、王都(一説にパレンバン)の位置や王名表すらわからない。10世紀後半、ジャワ島にクディリ王朝が起こった。13世紀シンガサ王国、14世紀マジャパヒト王国と続く。クディリ朝のダルマヴァンシャ(在位985?~1006)は、シュリヴィジャヤ国から攻撃を受け、王都を占領されて死去した。女婿アイルランガ(当時16歳、在位1019-1042)は、一時中部ジャワのウェノギリに避難し、1019年に即位した。その間領土は分裂し、またシュリヴィジャヤ国の介入の危険が彼の意図を妨げたが、1022年ごろ実夫の跡をついでバリ島の王を兼ね、チョーラ王国のスマトラ遠征(1025年)によって、シュリヴィジャヤの圧迫が弱まった機会に、しだいに旧領を回復した。1030年ごろ、シュリヴィジャヤ王はついに王女を彼に与えてその実権を認め、彼は再び東部ジャワを手中におさめた。臣下ナロッタマは終始彼を補佐し、その海港スラバヤ、トゥバンはスマトラをしのいで貿易の中心となった。宮廷詩人カンワが作った「アルジュナ・ヴィヴァハ」(アルジュナの結婚)は、マハーバーラタを翻案して、アイルランガとスマトラ王女との結婚をうたったジャワ最初の叙事詩である。彼は死去の数年前に退位し、領土は2人の王子に分割され、パンジャール(またはクディリ)およびジャンガラとよばれた。なおAirlanggaはラテン文字転写でジャワ語名前に近い。エルランガはサンスクリット語名前。

参考文献;深見純生「アイルランガ王碑文の怪 プララヤは1006年か1016年か」東南アジア史学会会報71、1999年10月

2016年12月22日 (木)

国木田治子忌日

    国木田哲夫(独歩の本名)は、佐々城信子(1878-1949)との恋愛と結婚、離婚によって独歩が生まれたといえなくもない。だが後妻の榎本治(1879-1962)が女流小説家であったことは今日ほとんど忘れさられているようだ。

    東京三鷹駅北口には独歩の代表的な詩の一編ともいえる「山林に自由存す」の碑がある。(昭和26年3月建立)武者小路実篤の書で刻まれ、独歩の子息で彫刻家の佐土哲二によるレリーフがはめ込まれている。

山林に自由存す

われ此句を吟じて血のわくを覚ゆ

嗚呼山林に自由存す

いかなればわれ山林をみすてし

あくがれて虚栄の途にのぼりしより

十年の月日塵のうちに過ぎぬ

ふりさけ見れば自由の里は

すでに雲山千里の外にある心地す

眥を決して天外を望めば

をちかたの高峰の雲の朝日影

嗚呼山林に自由存す

われ此句を吟じて血のわくを覚ゆ

なつかしきわが故郷は何処ぞや

彼処にわれは山林の児なりき

顧みれば千里江山

自由の郷は雲底に没せんとす

   明治27年、徳富蘇峰の勧誘に応じ、民友社に入る。明治28年8月16日から「国民新聞」にはじめて「独歩吟」と題する新体詩を発表する。同年、佐々城信子と結婚するが、翌年離婚。明治30年4月、宮崎湖処子編集し、松岡国男、田山花袋、太田玉茗、嵯峨の山人、湖処子らの合著『抒情詩』の刊行に国木田哲夫はこれまで新聞雑誌に発表した詩をまとめて「独歩吟」と題した。4月21日、田山花袋と共に日光照尊院に赴き、6月21日まで滞在。日光から帰京し、麹町一番町に住む。ここで隣家の榎本治子と知り合う。

200pxharuko_kunikida   榎本治子は、明治12年8月7日、東京市神田区末広町に生まれた。父は榎本正忠といい旧幕臣で画家であった。士官学校助教授として図画を教えていた。母は米、治子はその長女である。榎本正忠と榎本武揚の関係についてはよく分からないが姻戚かもしれない。そうすると独歩の父である国木田専八(明治37年1月19日、病没)は播州赤穂藩の脇坂藩の家臣で榎本武揚討伐のために脇坂藩が仕立てた船の乗組員だったことが知られているが、不思議な因縁といわなければならない。

   榎本治子、9歳の時、麹町一番町に転居。明治31年独歩と治子結婚。同年、長女貞子が生まれる。当時「源おぢ」を始めとして短編、詩篇を発表していたが文名揚がらず、翌33年には定職たる報知新聞記者もやめ、生活は窮迫し、一時民声新聞に入社したがこれも半歳にしてつぶれ、独歩は治子と貞子を榎本家へ預け、神田駿河台の西園寺公望邸に寄寓した。治子が文筆に親しみ出したのは明治36年頃からで婦人雑誌などに発表した。「愁ひ」(明治39年)「破産」(明治41年)「小夜千鳥」(大正3年)「モデル」。独歩が明治41年死後、長女貞子、長男虎男、二女みどりをかかえて生計は苦しく、三越の食堂部に勤務しながら、女流作家、青鞜の同人として知られるようになった。晩年は、文壇から遠ざかり、昭和37年12月22日、二女柴田みどりの家で83歳の生涯を閉じた。

   黒岩比佐子著 『編集者国木田独歩の時代』に独歩が経営する雑誌社に愛媛県出身の日野水ユキエ(1887-1964)という女性写真家がいたことを記している(朝日新聞2010.3.17 夕刊)。名前のみであるが記すという行為が貴重だと思いたい。

2016年12月21日 (水)

かぼちゃと柚子湯

   本日は冬至。年中で昼がもっとも短く、夜がもっとも長い日である。冬至粥を食べ、カボチャを食べ、柚子湯に入る習慣がある。なぜカボチャを食べるのか?かぼちゃを漢字で書くと「南瓜(なんきん)」。つまり、「ん」のつくものを食べると「運」が呼び込めるという運盛りのひとつ。小豆(あずき)を使った冬至粥は、昔から小豆の赤は邪気を払うといわれているから。柚子風呂に入るのは、柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。こうした語呂合わせから柚子風呂に入る習慣があるが、もともとは運を呼び込む前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられている。柚子湯に入ると1年中風邪をひかないといわれる。

庭掃除すませ今宵は柚子風呂に  大原雅尾

2016年12月20日 (火)

辞典の最後の単語は?

Cd7f17fb27d3fd09c32bb34c3d2d4b7e  英独仏諸国の分厚い辞典の最後の単語はなにか気になる。「zzz 」ズーズーズー、漫画などで用いられるいびきの音。「Zytoplasma」(独語)細胞質。「zymosis」発酵。「zwieback」乾パン。ラスクの一種。「zwischen dem Essen」食間

「Zurich」チューリッヒ、スイス最大の都市。「Zunyite」ズニアイト、ズニ石。「zulu」ズールー族。

   最大の辞書Webster's New International Dictionaryの最後の単語は「zyzzogeton」。

  100年の歳月をかけて英国学士院が「英国の文典に基づく中世ラテン語辞典」を編纂した。全17冊にも及ぶ大部な本である。この辞典は、最初はもちろん「a」から始まるのだが、最終巻の最後の単語は「zythum」だということ。「古代エジプトのビール」の意味。「スタンダード仏和辞典」にも「zython」とある。

Pmqcjzitlyidwnwoqgzkncndshq


C4e388d9f084a1be88d3d5a62a39372e

のんべ安は作り話

  忘年会やクリスマスとお酒を飲む機会が多い季節である。中国には陶淵明、李白、杜甫、白楽天、蘇東坡などの詩人が飲酒を高らかに詠う伝統のようなものがあるので、偉人、文人は酒飲みという風潮がみえる。ところが西洋ではキリスト教の影響かあまり偉人が酒を好むという話は知らない。キリスト教とは無関係のシーザー、チンギス・ハーンも体質的に酒を好まなかったようだ。ナポレオンは高級ブランデーにその名がついていることから、さぞかし酒好きと思われるだろうが、実はあまり酒が飲めず、コーヒーを好んだといわれる。トランプ大統領もその過激な発言や行動から酒を好むタイプかと思いきや、実は全くお酒は飲まない。これは下戸というわけではなく、「飲まない主義」という方が正しいらしい。日本でも源義経、毛利元就、明智光秀、芭蕉らは下戸である。意外なところでは西郷隆盛、大久保利通、武市瑞山、近藤勇らもあまり酒は飲めなかったらしい。高田の馬場での決闘や吉良亭邸討入りで知られる堀部安兵衛は講談で「のんべ安」とされるが下戸である。「徳利の別れ」赤垣源蔵が大酒のみというのも作り話である。(8月24日)

2016年12月19日 (月)

ザ・ザ・ガボールのおしりのエクボ

  18日、ハリウッド女優のザ・ザ・ガボールさんが死去。99歳だった。代表作は「赤い風車」「黒い罠」。生涯9回結婚し、夫にはブルハン・アザス・ベルガ(トルコの政治家)、コンラッド・ヒルトン(ホテル経営者)、ジョージ・サンダース(俳優)などがいた。

   カーティス・クリーク・バンドに「ザ・ザ・ガボールのおしりのエクボ」というちょっと風変わりのタイトルの曲がある。

近世日本史の重要人物6人

   1751年のこの日、江戸町奉行の大岡忠相が死去した。享年75歳。

荻原重秀(1658-1713)は幕府勘定奉行を務め、元禄時代に貨幣改鋳を行った。新井白石の上書により歴史の悪役に貶められた。村井淳志の近著に「勘定奉行荻原重秀の生涯」がある。

田中丘隅(1662-1730)は農政家。通称、田中休愚。「民間省要」を著して吉宗に認められ、幕府普請役に任命されて多摩川などの治水工事を行い、大岡忠相のもとでは支配勘定役も務めた。

細川重賢(1721-1785)は江戸中期の熊本藩主。財政立て直しは「宝暦の改革」と呼ばれた。藩校「時習館」や医学校「再春館」を創設した。

レザノフ(1764-1807)は1804年ロシア皇帝アレクサンドル1世の親書を携えて長崎に来航した。しかし半年余りも待たされたあげく、親書は突き返され、交易は拒絶された。

光格天皇(1771-1840)は、第119代天皇で孝明天皇の祖父となる。現在の皇統は、光格天皇から続いている。

佐竹義和(1775-1815)は出羽国秋田藩主。「秋田藩における寛政の改革」と呼ばれる改革政治を実施した。(12月19日)

2016年12月18日 (日)

増え続ける資料

M2603

     国立国会図書館には、1日で何冊くらい増えているのだろうか?納本制度なので単行本なら300冊から400冊くらいは届けられる。雑誌・新聞ならダンボール約10箱分が届いている。(2007年の月報より)これらの資料が永く保存され、正確な目録が作成されて、いつでも利用できるようにされている。しかし、おそらくすべての資料に実際に目をとおしたり、読んで記憶したりする人は誰もいない。たぶんほとんどの資料は多くの人に目もふれることなく、書庫の奥深く保管されていく。いかなる読書家・収集家であろうと、これら資料の1パーセントも人の目にふれることはないだろう。だが図書館の基本的な使命は、利用者が必要とする資料を提供することにある。そして、現在の利用者だけでなく、未来の利用者に対しても資料を提供していかなければならい。あるとき、会議で本の背ラベルに受け入れ年、西暦の2桁を入れる提案がだされたことがある。理由は廃棄のときに5年以上前の本をぬきだす作業がしやすくなるというのである。効率的、機械的なことが優先される時代であったが、私は猛反対した。資料保存が未来の身だ見ぬ人のためであることを忘れてはならない。

熟字訓

  熟字訓(じゅくじくん)とは、本来の日本語に漢字をあてたものや、既成の漢字熟語に日本語をあてたもの。例えば、「明日」に「あす」という訓を当てているが、単字の「明」や「日」に「あす」の要素はない。

今日(きょう)、七夕(たなばた)、二十歳(はたち)、梅雨(つゆ)、土筆(つくし)、心太(ところてん)、下手(へた)、大人(おとな)、足袋(たび)、流石(さすが)

ハリウッドのイタリア女優

Photo  イタリア女優ヴィルナ・リージ2014年12月18日、ローマの自宅で死去。60年代ハリウッドに進出し国際派女優として活躍。イタリア女優がハリウッド進出の成功例が数少ないのは、ドイツのエルケ・ソマーのように語学が堪能でないと言葉の壁がある。ソフィア・ローレンやクラウディア・カルディナーレですら成功したとはいえない。

   戦後、イタリアからハリウッドに進出した女優を年代順にあげてみる。

アリダ・ヴァリ 「パラダイン夫人の恋」  1947

ジーナ・ロロブリジーダ 「悪魔をやっつけろ」 1953

ピア・アンジェリ「傷だらけの栄光」 1956

ソフィア・ローレン「誇りと情熱」 1957

クラウディア・カルディナーレ「ピンクの豹」 1963

ヴィルナ・リージ「女房の殺し方教えます」 1965

シルヴァ・コシナ「キッスは殺しのサイン」 1967

モニカ・ベルッチ「ドラキュラ」 1992

よくある間違い

Img60223031   NHK連続クイズホールドオン(190回)の問題。主人公が天ぷらそばを食べる場面の「その晩は久しぶりに蕎麦を食ったので、うまかったから天麩羅を四杯たいらげた。翌日何の気もなく教場へはいると、黒板いっぱいぐらいな大きな字で、天麩羅先生とかいてある。」という一節が登場する夏目漱石の小説の題名は何でしょう?正解は「坊っちゃん」。ところがテロップの文字が「坊ちゃん」と、「っ」がぬけて表記されている。よくある間違いだが、「っ」がないのは「坊ちゃんかぼちゃ」だ。▽アイドルが青海駅(江東区)を青梅駅(多摩地区)と間違え公演に間に合わなかったというアクシデントが発生。▽流石景の新作コミックは「ドメスティックな彼女」。すぐにDVを連想してしまうが、ドメスティックとは「家庭的な」という意味。暴力的な何かと勘違いしてしまいそう。▽ポンペイはイタリア、ボンベイはインド。▽ボブ・ディランの名曲「ライク・ア・ローリングストーン」ローリング・ストーンズが好き、と勘違い。▽後鳥羽上皇の承久の乱は、長い間「じょうきゅうのらん」と読んでいたが、正しくは濁らずに「しょうきゅうのらん」という。▽ドラクロアの「民衆を導く自由の女神」1830年に起きたフランス七月革命を主題にしているが、ネットをみると1789年のフランス大革命と勘違いしている。

Img1f23f399zikdzj

2016年12月17日 (土)

おそるべしクミコ

  五木ひろしが司会するBS朝日「日本の名曲・人生歌がある5時間スペシャル」総勢47人が生で歌を披露する。菅原洋一・クミコのデュエット「今日でお別れ」とても良かったです。ところで今とても気になる歌手がシャンソンのクミコ。テレビの歌番組で、「一本の鉛筆」「誰のための愛」「黒い瞳」「風に吹かれて」など聞いた。それぞれジャンルや雰囲気の違う曲に果敢に挑戦している。クミコおそるべし。メッセージ性の高いものを好むようだ。むかしディック・ミネが歌った「黒い瞳」など歌いこなすなどその実力は並大抵ではない。

オンド・マルトノ

  1928年にフランスで発明された電子楽器。外見はオルガンに似ていて鍵盤があるが、単音しかだせない。ヘンリー・マンシーニ「刑事コロンボ」のテーマ曲でトランペットのあとに、指笛のようなメロディが流れるが、オンド・マルトノで弾いている。Ondes Martenot

2016年12月16日 (金)

アイドル戦国時代

  浪曲「天保水滸伝」でお馴染みの剣客「平手造酒」。墓は千葉県の延命寺境内にあり、れっきとした実在の人物。「平手」という苗字は珍しいが、欅坂46のセンターに「平手友梨奈」がいる。クールビューティーな美貌で注目を集めるが、現在女性アイドルグループは乱立気味でその顔と名前を覚えるのはたいへんである。紅白9度目の出場を果たしたAKB48も、メンバー48人は視聴者の投票によるのでまだ誰が出場できるかはわからない。AKBグループのほかに、モー娘。などのハロプロ、ももクロ、私立恵比寿中学、ふわふわ、アンジュルムなど数えきれない。次の女子はどのグループか?

須田亜香里、松岡はな、齋藤飛鳥、渡邊理佐。岩崎春果。

答え 須田(SKE)、松岡(HKT)、齋藤(乃木坂)、渡邊(欅坂)。岩崎(ふわふわ)。

シャボン玉の謎

Shabondama

  「シャボン玉」は野口雨情作詞、中山晋平作曲の童謡である。歌詞が雑誌「金の塔」に発表されたのは1922年のことである。そして翌年に中山晋平の譜面集「童謡小曲」に童謡「シャボン玉」が掲載された。野口雨情(1882-1945)が「シャボン玉」を書いたのは、幼児が急病で亡くなった悲しみから鎮魂の気持ちが込められているというのが通説である。最初の妻・ひろとの間に生れた長女みどりは一週間ほどで亡くなっている。1907年10月のことである。のちに雨情は再婚し、妻・つるとのあいだに恒子が生まれた。恒子が亡くなったのは1924年9月のことで「シャボン玉」の作詞より後のことである。他説では、雨情が四国に旅行中に、日ごろかわいがっていた親戚の男の子が急病で亡くなったとする説がある。しかし、これらを裏付ける決定的な資料は無い。また雨情自身が子どもの死との関係について触れている資料は一切ない。シャボン玉鎮魂説は憶測の域をでないのである。

読み方の紛らわしい名前「近衛文麿」 

Photo_2    1937年7月7日、近衛内閣が成立してからわずか1ヵ月で、盧溝橋事件がおこった。政府は不拡大方針をとなえたが、軍部は大規模な軍事行動を開始した。ここに日中戦争は全面的な展開をするにいたった。 1945年12月16日、服毒自殺した近衛文麿の名を、長い間「ふみまろ」とばかり思っていたのに、ある日ふと見た英字新聞に「AYAMARO」とあったのでびっくりした、という逸話がある。コンサイス日本人名事典などでは「ふみまろ」で記されているが、正式には「あやまろ」だった。「あやまろ」では語呂が悪いといことから通称名が知られるようになったらしい。「あやまろ、ともいう」と記されている事典もある。

  幕末長岡藩家老、河井継之助。読みは「国史大辞典」「コンサイス日本人名事典」等では「つぐのすけ」で記載されている。明治31年発行の戸川残花著「河井継之助」では「つぎのすけ」とルビがふられており、近年この説が有力である。

    三悪追放運動(三悪とは売春、麻薬、性病)などで知られた昭和の実業家・菅原通済(1894-1981)も「すがはらつうさい」と知られているが、本来は「すがはらみちなり」である。こちらは事典には「みちなり」で収録されている。

 むかし図書館で働いていて、図書目録カードの著者の読みを記入する作業のことをトレーシングといった。国文学者・折口信夫を「のぶお」を書いたが、先輩に注意された。正しくは、「しのぶ」である。

    明治の詩人・土井晩翠。当初は「つちい」だったが、1932年に「どい」と改称した。大正期、平民宰相で知られた原敬。「はらけい」とつい呼んでしまうが、「はらさとし」「はらたかし」、いったいどれが正しいのか紛らわしい。事典では一応「はらたかし」とある。ただし、原敬記念館、原敬日記は「はらけいきねんかん」「はらけいにっき」と読むのでますますややこしい。

 

戦艦大和の絵画と美保関事件

Photo_3  1939年12月16日、呉海軍工廠で戦艦大和は竣工した。1945年4月7日、大和が米空母機の攻撃により徳之島西方で沈没するまでの5年間、大和の艦長は5人いる。高柳儀八、松田千秋、大野竹二、森下信衛。そして最後の艦長が有賀幸作である。出航の前に取り外された絵画が呉市の大和ミュージアムに展示されている。中村研一の「美保関」(1941)という松江市内の風景画。大和には3枚の絵画があったが、その内の1枚で仕官室に飾られていたらしい。有賀には若い頃美保関事件(水城圭次自決)に遭遇しているのでこの絵画には深い思いがある。

2016年12月15日 (木)

明治のクリスマス

Tumblr_mfhf4o9lle1qbn3ato1_500   日本人が初めてクリスマスを祝ったのは、1874年、米国長老教会の宣教師の指導の下、原胤昭(1853-1942)が東京・築地湊の第一長老教会で催したクリスマス祝会で、戸田忠厚という者が裃をつけ、大小脇差を携えて、大森カツラをかぶったお殿様姿でサンタクロースとして登場した。同年中、この教会で受洗し後牧師となる田村直臣も、この祝会に参加したが、「さんたくろすがとんなものか見たことはなく、クリスマスとどう関係があるかも知らず、ただのその名前が大変奇妙に聞えた」と述懐している。1898年、進藤信義が日曜学校の子供向け教材として作成した冊子「さんたくろう」(三太九郎)の扉絵は、ロバを従えクリスマスツリーを抱えて、ややドイツ風のサンタクロースであった。

2016年12月14日 (水)

114106 裕木奈江

130321476599816420622_2005129134_20   「平清盛」のオープニングにサイコロが映しだされる。小学生が父親に「あれ、何?」とたずねた。父はサイコロは双六や人生ゲームで遊んだことを思い出したが、いまは家にサイコロはなくテレビゲームをする子供たちはサイコロを知らないことに驚いた。サイコロだけでなくトランプや将棋も知らないで大人になる子どもも多いという。もちろんトランプや将棋を知らない人は家庭の状況によるもので、むかしも多くいる。「♪吹けば飛ぶよな将棋の駒に~」は300万枚の大ヒットだったが、西条八十、船村徹、村田英雄は3人が共に全く将棋を知らなかった。1993年ドラマ「ポケベルが鳴らなくて」でアイドル的な人気だった裕木奈江も「実はポケベル・・・使ったことないんです」と告白している。ポケベルは当初、番号だけしか送ることができなかった。そのため文字を使って語呂合わせで様々なメッセージを送った。おやすみ(0833)、あいしてる(114106)

「今日は何の日」の特異日

Erick1

  12月14日は「今日は何の日」の特異日である。「快挙の日」とでもいうべきか。1911年、人類初の南極点到達を果たしたロアール・アムンセンに対して、スコットは翌年に南極点に到達するも隊ごと帰路に遭難し、全滅する。もちろん赤穂義士が吉良邸に討ち入りした日として「義士祭」が行われる(1702年)。ノストラダムスの誕生日(1503年)。そしてライト兄弟が世界初の有人動力飛行に成功した日(1903年)。ただしこれには注釈がいる。この日の飛行時間はわずか3秒半だった。もちろんライト兄弟も失敗したとして3日後の17日に再挑戦。ついに852フィート(255m)、59秒間の飛行に成功したので17日を「ライト兄弟の日」「飛行機の日」としている。ただし14日は日本人にとっては忠臣蔵の吉日として、7年後の1910年の12月14日に日野熊蔵(1878-1946)が60mの日本初の飛行実験に成功している。(Wilber Wright,Orville Wright,Roald Amundsen)

2016年12月11日 (日)

ディエゴ・ロペス・デ・セケイラ

   ポルトガル人の航海者。Diego Lopez de Sequeira(1465-1530) 1508年4月、4隻の艦隊を率いてリスボンを出発し、マダガスカル島を経て、1509年4月インドのコチンにつく。船団のなかにはマゼランおよびフランシスコ・セランがいた。1509年9月マラッカについた。国王マフムード・シャーに貿易の開始と商館設立の許可を求め、いったんは認められたが、イスラム商人の進言により10月20日頃マフムード・シャーはポルトガル人に奇襲をかけた。約60人が殺され、24人が捕虜となった。セケイラはそのまま本国ポルトガルに向かい、マゼランたちはコチンへ戻った。

2016年12月10日 (土)

龍馬、総司の墓所

Photo_5 J1000010

  幕末青春群像のなかで圧倒的人気は坂本龍馬と沖田総司であろう。対照的な二人の青春の軌跡であるが、若くして燃え尽きた点では共通している。享年龍馬31歳、総司27歳(一説では25歳)である。坂本龍馬(1835-1867)は慶応3年12月10日京都近江屋で中岡慎太郎とともに惨殺された。墓は京都霊山護国神社。

  沖田総司(1842-1868)は龍馬より7つ年下である。沖田は不幸なことに、胸を患い、千駄ヶ谷池尻橋の植木屋平五郎の離れで慶応4年7月19日に病没。享年は25歳説と27歳説がある。一般に知られている25歳説は、沖田の口碑として伝えられている。27歳説は、小島鹿之助の「両雄実録」と、文久3年の浪士組上洛時の名簿が早川文太郎、千葉弥一郎のもの、とともに22歳と記していることによる。25歳説では弘化元年(1844年)、27歳説では天保13年(1842年)の生まれということになる。東京・元麻布の専称寺に墓がある。

   龍馬の妻楢崎龍、一説によると総司にも石井秩という妻がいたらしい。身長は龍馬が大柄、総司が小柄と対照的である。もし2人が明治まで生きていれば日本はどのようになっていたであろうか。

20101202_1534554
 坂本龍馬、中岡慎太郎の墓

 

Img_1761358_61343163_4
 沖田総司の墓

三億円事件

Img_785584_61955498_0     1968年12月10日午前9時20分頃、東芝府中工場従業員のボーナスのための現金約3億円を積んだ日本信託銀行の現金輸送車が府中刑務所北側の路上で後を追ってきた白バイ警官に止められた。白バイ警官は爆発物らしき物を発見、行員たちが車外へ出て避難すると、運転席に乗り込みそのまま走り去った。このようにして3億円はまんまと奪われてしまったのである。1968年当時の3億円は現在の貨幣価値に直すと約10億円にあたる。1988年12月に民事時効が成立。戦後最大の未解決事件となった

2016年12月 8日 (木)

神の7人

80f4e48f3bf9381f6c47c52ab0e7c61a_vi   2005年12月8日、東京・秋葉原に「秋葉原48劇場」(現:AKB劇場)がオープンし、第1回公演が行われた。収容人数250人の同劇場に入場者72人中、65人が関係者で一般の観客はわずか7人であった、この7人の観客は「神の7人」と呼ばれている。12月8日という日は真珠湾攻撃から66年を経て、AKB48の記念日となった。

ジョン・レノンの眼鏡

Yokoonogunslennonglasses    1980年のこの日、ビートルズのメンバーだったジョン・レノンがニューヨークの自宅アパート前で、マーク・チャップマンに撃たれて死亡した。アメリカで銃規制強化をめぐる論議が高まる中、オノ・ヨーコはジョン・レノンが射殺された際に掛けていた眼鏡をツイッターに投稿した。「1980年12月8日にジョン・レノンが射殺されて以来、米国で105万7000人以上が銃によって殺害されました」「私たちはこの美しい国を戦場にしようとしています」「力を合わせて平和なアメリカを取り戻しましょう」と呼びかけている。眼鏡は1979年夏に来日したとき白山眼鏡店で購入した日本製。メイフェアの色はクリア。ガラスレンズはニコンのソフルックスS1。

Photo

2016年12月 7日 (水)

日米開戦前夜

   開戦・・・。昭和16年12月8日、午前3時19分(ハワイ時間12月7日午前7時49分)、日本海軍第一次攻撃隊がハワイ・オアフ島の真珠湾に集結していたアメリカ太平洋艦隊の主力部隊を攻撃開始。三分後、渕田美津雄第一次攻撃隊長は「トラ トラ トラ」と奇襲成功電報を打つ。第一次攻撃は一時間あまりつづく。奇襲攻撃は山本五十六連合艦隊司令長官の発案で、緒戦にアメリカ太平洋艦隊の主力を撃破して、南方作戦をスムースに展開させるとともに「米国の海軍および国民の士気を救うべからざる程度に阻喪させる」意図のもとに決行。つづく第二次攻撃171機の攻撃が約一時間つづく。日本海軍は、戦艦六隻(オクラホマ、アリゾナ、カリフォルニア、ウェストバージニア、ネヴァダ)、重巡1隻を撃沈、戦艦2隻(メリーランド、テネシー)、重巡1隻、軽巡6隻、駆逐艦3隻、補助艦3隻を大中破、飛行機300~400機を撃破する戦果をあげた。

   この日ハワイは、日曜日で休日を楽しもうとしていた矢先であり、多くの人が初めは演習と思った。米軍は「真珠湾攻撃さる、演習にあらず」と各方面に打電。アメリカの被害は史上空前で、逆にアメリカ軍民の士気を一気に高め「リメンバー・パール・ハーバー」となる。野村・来栖両大使はハル長官に最後通牒を渡す。米英両国に対して宣戦布告。午前7時、臨時ニュース放送「大本営陸海軍十二月八日午前六時発表。帝国陸海軍は本八日未明西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れリ。」

   あの日から77年。安倍首相はオバマ大統領とハワイで会談し、真珠湾攻撃の犠牲者を追悼する。ハワイ訪問は安倍が現職初ではなく、1951年に吉田茂が真珠湾を訪問している。

貧乏人は麦を食え

   むかし中国で生まれつき暗愚な皇帝(西晋の恵帝)がいて、飢饉で多くの餓死者が出ているのに、「飯が食べられないなら肉のおかゆを食べればよいのに」といった話が残っている。

    古い話だが、日本でもこんな話があった。昭和25年12月7日、池田勇人が大蔵大臣の時代、木村禧八郎の米価値上げに関連する質問で、「ご承知の通り戦争前は米100に対して麦は64%ぐらいの割合であります。そして今は米100に対して小麦95、大麦は85ということになっております。そうして日本の国民全体の、上から下と言っては何でございますが、大所得者も、小所得者も同じような米麦の比率でやっております。これは完全な統制であります。私は所得に応じて、所得の少ない人は麦を多く食う、所得の多い人は米を食う、というような、経済の原則にそういうほうへ持って行きたいというのが、私の念願であります」と答弁した。これが「貧乏人は麦を食え」という見出しで新聞に載り、各方面から強い批判が出された。

    最近では玄米や麦は健康にいいという。また野菜中心のベジタリアンは本当に健康的なのかも疑問がある。家内は10年間野菜中心のダイエット食だが、お腹が空くらしく間食が多く、どうみても不健康だ。

東京タワーの名付け親は11歳の女の子だった

Photo_3   1958年のこの日、東京タワーの公開がはじまる。東京タワーの正式名称は日本電波塔(にっぽんでんぱとう)。愛称は1958年10月9日に開かれた審査会で決定した。86,269通の応募のうち、一番多かった愛称は「昭和塔」で、続いて「日本塔」「平和塔」だった。審査委員のひとり徳川夢声が「ピタリと表しているのは東京タワーを置いて他にありませんな」と推挙し、その結果「東京タワー」に決定した。「東京タワー」と応募した223通のうち、抽選で当選した神奈川県の小学5年生、高田幸子さんに賞金10万円が贈られた。(12月7日)

新吾十番勝負

Ps_ctoe0302_0001_011   大川橋蔵、1984年の忌日。まだ55歳の若さだった。「新吾十番勝負」(1959)の葵新吾は彼以外には考えられず、橋蔵にとって最大の当たり役となり、二十番勝負、そして番外勝負と1964年まで5年間に8作品が作られた。公開当時リアルタイムで見た映画だ。第1部、第2部の出演者をみると、大川橋蔵、岡田英次、山形勲、大友柳太郎、大河内伝次郎、月形龍之介など主なキャスト男優陣はすべて故人となっている。若き山城新伍も町人で出演しているが2009年に逝去している。それに比べ女優陣はいまだ健在で花の命の長いことである。完結編の丘さとみの扱いをみると、当時彼女がトップだったらしい。(12月7日)

キケロとカティリナ事件

Cicero_verrine
 元老院で演説するキケロ(左)  マッカリ筆のフレスコ画

   紀元前43年のこの日、マルクス・トゥッリウス・キケロが暗殺される。雄弁家キケロといえば。カティリナ事件が知られる。没落貴族カティリナは、エトルリアを中心として各地に植民しているスラの退役兵など不平分子を戦力基盤としてクーデターを計画していた。前63年、執政官キケロは元老院でカティリナを激しく非難し、死刑にするように提案した。カトも賛意を示したが、カエサルはカティリナが有罪であることには同意したが、懲役にするべきと主張し二人は対立する。カトはカエサルがカティリナ派と共謀したとして攻撃した。カティリナはイタリア北部へ逃れて挙兵したが、ローマ軍との戦いで敗死した。キケロは三頭政治の混乱期に共和制擁護に努めたが、前43年アントニウスの部下に暗殺されて首と手はローマに曝された。(Marcus Tullius Cicero,12月7日)

2016年12月 6日 (火)

水戸黄門の旅行は一番遠くて鎌倉まで

Img_0017
 加賀邦男 月形竜之介 大友柳太朗 千原しのぶ

 水戸藩第2代藩主・徳川光圀(1628-1701)の1700年の忌日。光圀は黄門様として庶民に親しまれている。映画やテレビでは助さん格さんを連れて旅に出たことになっているが、実際には、諸国はおろか、ほとんど旅に出たことはなかった。唯一旅らしいのは、延宝2年江戸参府の途中、水戸から江戸に直行せず、上総、安房へ回り、そこから船で鎌倉へ渡ったことがあるだけだった。ではなぜ漫遊したことになってしまったのだろうか。学問好きの光圀は「大日本史」の編纂のため、家臣を諸国に派遣し、資料の収集をさせている。この家臣の旅が光圀自身の旅として誤って伝えられたという。水戸黄門の役者といえば渋さでは月形竜之介が天下一品であった。なんと昭和29年には「水戸黄門漫遊記」「副将軍初上り」「地獄極楽大騒ぎ」「闘犬崎の逆襲」の4本の映画が作られている。助さんは第1作は徳大寺伸、第2作は大友柳太朗、第3作は月形哲之介。格さんは3作とも加賀邦男だった。加賀は志賀勝の父。(12月6日)

中村是好は生没同日

Image00055   「エノケンのちゃっきり金太」(1937)などで知られる俳優の中村是好は1900年12月6日生まれで1989年12月6日に亡くなっている。坂本龍馬や小津安二郎と同様にいわゆる生没同日である。また満鉄総裁の中村是公(1867-1927)とは似ている名前で紛らわしいが、生没同日と一字違いの同姓同名の2つを有する著名人はひじょうに珍しい。その趣味の盆栽は有名である。

2016年12月 5日 (月)

ヒュースケン暗殺

Photo   1860年12月5日、プロイセン使節のもとからアメリカ公使館への帰途、三田でハリスの秘書兼通訳ヘンリー・ヒュースケン(1832-1860)が薩摩の浪士(伊牟田尚平、神田橋直助、樋渡八兵衛ほか4人)に暗殺された。攘夷派がはじめて外国使節を殺傷した事件であった。ヒュースケンはオランダ人で、蘭・英・仏語を操る上に、明るく社交的な性格から、日本語もすぐに習得した。語学力を買われ、イギリス・プロイセン両国の条約交渉にも通訳として協力している。ヒュースケン暗殺前後にプロイセンとの交渉にあたっていた幕府高官、堀利熙(1818-1860)が自決している。ヒュースケン殺害は、各国の駐日外交団に大きな衝撃を与えた。主謀者、伊牟田尚平(1832-1862)は鬼界ヶ島に流刑される。幕府はオランダのヒュースケンの母ジュアンネに、賠償金として洋銀1万ドルを支払い事件を落着させた。(Henry Heusken)

引き揚げ船

Img_0030_2

    敗戦後、外地に居住する日本の軍人軍属、一般日本人は祖国に引き揚げた。その数およそ660万人といわれる。とりわけ旧満州を含む中国・朝鮮方面からの引き揚げは凄惨をきわめた。NHKドラマ「どこにもない国」は旧満州に取り残された在留邦人引き揚げのために貢献した一民間人、丸山邦雄の半生を描く。「国家の品格」で知られる数学者・藤原正彦(昭和18年生れ)もその一人だ。母ていのベストセラー「流れる星は生きている」に描かれるように、幼い子どもを抱えて途方にくれる引き揚げ者も多かった。また引き揚げ者のなかには、途中で親と死別し、無縁故者となった子どもを多くいた。写真は樺太からの引き揚げ船第1号「雲仙丸」が函館から品川駅に着いた引き揚げ孤児。(昭和21年12月5日)先頭のおかっぱ頭の少女は両親の遺骨を抱いている。引き取り先が決まるまで、上野の同胞援護婦人連盟ホームに収容された。「♪霞む故国よ小島の沖じゃ夢もわびしくよみがえる」なつかしの写真館。誰もが生きたあの時代を写真でたどる。

Photo_2

2016年12月 4日 (日)

最後の脱盟者・毛利小平太に萌え

 只今、放送中の「忠臣蔵の恋」。なぜか脱盟者で知られる毛利小平太の扱いが大きいような気がする。注目の若手俳優、泉澤祐希が演じている。来年の朝ドラ「ひよっこ」でさらにブレイクの予感がする。

   毛利小平太は二十石三人扶持の微禄だが、吉良邸探索には最も活躍し、大きな功があった。だが、兄のもとに暇乞いに行った際、うっかり大事をもらしてしまった。この兄は内匠頭の従弟にあたる三河国畑村の領主の戸田弾正氏成の家臣であったから、主家に迷惑の及ぶのを恐れ、お公儀に訴え出ると脅迫した。進退きわまった小平太は、討入りの数日前に、一書を残して姿を消した。同志たちは彼の脱落を、殊に惜しんだそうだ。(参考:一条明「脱盟の浪士」『仇討ちと騒動』所収)

肉体の悪魔

Photo_3

   第1次世界大戦下のパリ近郊のリセ。17歳の青年フランソワ(ジェラール・フィリップ)は看護婦マルト(ミシュリーヌ・プレール)と出会い、ひと目で恋に落ちる。軍人の婚約者がいるマルトも、年下のフランソワにどんどん惹かれていく。だがマルトの母の反対や、フランソワの両親の心配もあり、二人は別れる。しかし半年後、偶然の再会をきっかけに以前にも増して、二人の恋は燃え上がる。夜の桟橋で逢う約束をした二人。そこにはすでに一時間もフランソワを待つマルトの姿があった。二人は肉体の悪魔にひきずられていく。この許されぬ愛もやがて戦争が終結すれば断ち切らねばならないのだ。マルトが妊娠した。それが隠せなくなった時、ついにマルトは夫にすべてを打ち明ける決心をする。フランソワには、それに反対する勇気もなかった。別れのひとときを思い出のレストランですごした二人は、はじめてランデブーをしたカフェに出かけ、そこで終戦を知らせる国歌を聞いた。だがマルトは力つきて倒れ、フランソワは駆けつけた母によって引き離されてしまった。凱旋した夫に見取られ、死の床のマルトは、フランソワの名を呼びながら、愛の結晶を残して死んでいた。

   クロード・オータン・ララ監督「肉体の悪魔」(1947)は、レイモン・ラディゲの有名な恋愛小説をロマンティックに脚色した戦後フランス映画を代表する作品。当時24歳だったジェラール・フィリップは17歳の少年の繊細な心を完璧に演じあげた。彼は1922年12月4日南仏カンヌで生れた。女性たちのため息をあつめたフランス映画界のプリンスは1959年、36歳の若さで世を去った。墓は南仏サントロペ近郊の美しい村ラマチュエルにある。

Gf34

金玉均のクーデター

Photo     韓国歴史ドラマには反対派による残酷な拷問や刑罰シーンがある。これは現実の話であり、李朝末期まで行われた。朝鮮の開明派の指導者、金玉均(キム・オクキュン 1851-1894)は近代化の殉難者といえる。金は日本の明治維新を模範として清朝からの独立、朝鮮の近代化を目指した。1884年清仏戦争が起こり、清は連戦連敗、このみじめな敗戦の情報が朝鮮につたわると、清国の権威は下落し、かわって親日派の勢力が台頭してきた。12月4日、金らは閔氏政権打倒のクーデターを起こした。しかしこのクーデターはかんたんに失敗し、金玉均らは日本へ亡命した。その後、再起計画のため上海に赴いたところを、刺客洪鐘宇(ホン・ジョンウ)のためホテル東和洋行の一室で暗殺された。遺体は朝鮮に送還されたが、凌遅刑(肉を少しづつ切り削がれていくという残酷な刑)に処された。その遺体はバラバラにされ、胴体は川に捨てられ、首は京畿道竹山、片手片足は慶尚道、他の手足は咸鏡道で晒された。

2016年12月 3日 (土)

恐怖の人喰いサメ

   1916年7月1日、米国ニュージャージー州のリゾート地の海岸で、遊泳中の男性がサメに襲われて死亡した。しかし、当時の認識では鮫が人を喰うということは考えられなかった。それから2週間の間に4人がサメに喰われて死んだ。この事件を新聞が大々的に報じたため、海水浴客が来なくなり、現地のリゾート地は大きな打撃を受けることとなる。この事件はのちにピーター・ベンチリーが「ジョーズ」の題材として取り上げられた。

ワン・ツー・スリーの日

T008a  数字1・2・3が並ぶ日は1年に2度しかない。1月23日と12月3日。123という連番で有名なのは1985年の日本航空123便墜落事故と大正天皇が歴代123代であること。キャンディーズのヒット曲「アン・ドゥ・トロワ」(1977)。バレエのレッスンで、1、2、3と数えるがフランス語。懐かしの漫画家・山根一二三(ひふみ)。将棋の加藤一二三。国道123号は栃木県宇都宮市と茨城県水戸市を結ぶ幹線道路。東京都足立区の郵便番号は「123」の連番である。ローマ教皇第123代ヨハネス10世(在位914-928)は獄死。

 

Jal123_001

Photo

ルノワールと印象派の仲間たち

20100124_1372889     本日はフランスの画家ピェール・オーギュスト・ルノワールの1919年の忌日。1841年2月25日、中仏リモージュで5人兄弟の第4子として生まれた。父のレオナールは仕立屋、母のマルグリットはお針子だった。ルノワールが4歳のときに一家はパリに移ったので、彼は首都で育つことになる。13歳のとき、ルノワールは小さな陶磁器工場の絵付け見習いとなった。工場に勤めていた時代、昼休みにルーヴル美術館にたびたび通っていた。彼の好んだ絵は、ヴァトーやブーシェやフラゴナールの描いた宮廷生活の目も綾な18世紀名画であり、劇的で鮮やかな色彩に富んだドラクロワの油絵だった。

   1862年、21歳のルノワールは、パリで有名な私立画塾シャルル・グレールのアトリエ学生となった。画塾の性格は伝統を重んじ保守的だったが、おかげでルーヴルに行って昔の巨匠たちに学ぶ時間がたっぷりでき、それが彼に良い影響を与えた。だが、グレールはまた戸外でスケッチすることの大切さも強調し、ルノワールにフォンテンブローの森へ行くように強くすすめた。

   学生仲間であったクロード・モネ、アルフレッド・シスレーやフレデリック・バジールらを通じてルノワールはエドガー・ドガやエドゥワール・マネをはじめ、多くの作家や批評家を知った。彼らはしだいに友情で固く結ばれ、定期的にパリのカフェで会っては自分たちの方法論を語り合ったのが印象主義という考え方であった。さらにピサロ、セザンヌ、ギョーマンらとも交わり、のちの印象派運動に向かう若い革新画家の一団に仲間入りした。こうして初期にはコロー、ドラクロア、クールベからの影響を受けた。ところが、1870年に普仏戦争が起こり、ルノワールも従軍し、仲間たちとの交遊も突然の休止を余儀なくされた。(12月3日)

F0152837_15135110
 眠る少女
Photo
  眠
る裸婦

香川県独立記念日

37

    本日は香川県の独立記念日。香川は面積が1876k㎡と、47都道府県の中で一番狭い。1888年12月3日、愛媛県から分離独立し、現在の都道府県がすべて確定したのである。1876という数字と因縁があるのは、愛媛県に1876年に編入されたからである。江戸以来、讃岐とよばれ独立の気風が強く、県民には単独の県の設置を望んだ。奇しくも面積と屈辱の年とが同一の数字。

2016年12月 2日 (金)

「永遠の0」と空母バンカーヒル

Photo_4

    映画「永遠の0」はフィクションであるが、太平洋戦争中のいろいろな実話がたくみに取り入れられている。そのひとつが空母に特攻するラストシーン。宮部久蔵少尉が海面スレスレの低空飛行して接近し、急上昇して急降下して敵艦に突入した。これは1944年5月11日、沖縄侵攻の支援中のバンカーヒルが大破した事実と酷似する。鹿屋基地を特攻機95機が飛び立っていった。その中の2機が沖縄南西諸島沖東方122kmに空母を発見、「ワレ突入ス」との無電の後、安則盛三中尉(21歳)搭乗の零戦が体当たり特攻し、空母は大火災を引き起こした。続いて小川清少尉(22歳)の零戦が対空砲火を通り抜けて、500㎏爆弾を投下後、艦橋に激突。ガソリンに引火し戦死者402名、負傷者264名。大破した空母バンカーヒルはその後、真珠湾経由でワシントン州ブレマートンに帰還した。

ラクロスの起源

  ラクロスと呼ばれる網の付いたスティックを用いて、10名編成の2チームが相手ゴールにボールを打ち込み得点を競う。もともと北米インディアン(スー族やチョクトー族)が「バガタウェー」と呼んで、戦勝祈願として舞や踊りのときの儀式として行っていた。現代競技はカナダの歯科医ウィリアム・ピアーズ(1843-1900)が1869年頃スポーツとして広めた。Baggataway、William Greorge Beers

みずからの手で戴冠する皇帝ナポレオン

   1804年のこの日、ナポレオン・ボナパルトの戴冠式がローマ教皇ピウス7世臨席下、パリのノートルダム大聖堂で行われフランス皇帝に即位した。慣例では、フランスのランス大司教が王冠をかぶせるところ、ナポレオンはみずから戴冠し、皇后ジョセフィーヌに自分の手で王冠を授け、自己の権力を誇示した。ナポレオンは、みずからを、1000年前にローマ皇帝として戴冠したカール大帝になぞらえていた。皇帝の依頼で大作を制作した画家ダヴィッドは完成に手こずり、実際に出来上がったのは戴冠式から3年の後のことであった。(12月2日)

龍田丸、最期の航海

Img_0005_2
 海の女王・龍田丸

Tattamaru
 司厨長・板倉作次郎による料理は評判だった

   日米開戦が噂される中、昭和16年12月2日、日本郵船の豪華客船龍田丸(16955トン)が静かに横浜港を出航した。行く先はロサンゼルス経由バルボア(パナマ)である。大本営は龍田丸の出航停止を検討していた。しかし、それでは日米開戦を知らせることになってしまう。そこで当初11月20日であった出航日を、12月2日に変更させることにした。11月20日の場合、ロス着12月3日、バルボア着17日、18日ごろになる。真珠湾攻撃日が決定されている以上、バルボアでは確実にアメリカ軍に拿捕されることが明らかである。そこで、日程をずらした。12月2日に出航した龍田丸は、12月8日は、まだ180度あたり(日付変更線)なので、敵に拿捕されないギリギリの地域でUターンし、全速力で横浜に向かい、12月14日横浜に寄港した。この計画を知っていたのは、乗船した海軍軍務局の市川少佐と本村船長だけだった。

    龍田丸は航海運航終了後は海軍に徴用された。昭和18年2月8日、風速20mの暴風雨の中、トラック島に向けて横浜港を出航した龍田丸は、米潜水艦ターホンの雷撃を受け、御蔵島近海で沈没した。乗組員198名、乗船員1283名、全員死亡、生存者は一人もいないという悲劇的な最期を遂げた。太平洋横断を100回以上を超えた龍田丸Ⅰ世(1930-1943)は今も東京湾から南西約200㎞の御蔵島沖に静かに眠っている。

スーラとマリア・カラス

481seurat Photo
   ジョルジュ・スーラ         マリア・カラス

    今日は画家ジョルジュ・スーラとソプラノ歌手マリア・カラスの誕生日。スーラは1859年12月2日、パリのド・ポンディ通りで生れた。マリア・カラスは1923年12月2日、ニューヨークで生れた。2人にはもう1つ共通点がある。パリ東部にあるペール・ラシェーズに埋葬されていることである。

   この墓地はパリ最大の広さをもち、ほかにも多くの著名人がここに眠っている。アベラーズとエロイーズ、バルザック、コンスタン、アポリネール、ラディゲ、オスカー・ワイルド、プルースト。作曲家ではショパン、ビゼー、ロッシーニ。イブ・モンタンやエディット・ピアフなどシャンソン歌手。画家ではダヴッド、コロー、アングル、ドラクロワ、ピサロ、モディリアーニ。

Lrg_10144027_2
  ショパン

2016年12月 1日 (木)

ラ・サール卿の非業の最期

   1682年フランスの探検家ラ・サール卿は五大湖からミシシッピ川を下って探検を進め、ミシシッピ流域の領有権を主張し、その領土をルイ14世に因んで「ルイジアナ」と名付けた。しかし彼は1687年本国からの物資が途絶えるなか、テキサス州ナバソタ付近で部下のピエール・デュオ―によって殺害された。参考;「トンティによるラ・サール踏査行の記録 1678~1690」 ロベール・カブリエ・ド・ラ・サール、Robert Cavelier de la salle、Pierre Duhaut

カイロの日

Sp1030979    日本使いすてカイロ同業会が1991年に制定した記念日。日本製カイロが中国でよく売れているとか。カイロは戦国時代、忍者が携帯していた「胴火」がそのルーツと考えられる。第二次世界大戦中、対日本基本政策を決定するためエジプトのカイロで行われたカイロ会談、フランクリン・ルーズヴェルト、ウィンストン・チャーチル、蒋介石の会談が行われた。使い捨てカイロとエジプトのカイロが同日というのは偶然の一致なのだろうか。カイロとは本来「勝利」という意味であるがこれも偶然なのだろうか。(Cairo conference,12月1日)

Cairo_conference

標語誕生

Img_1494464_51243906_0  1972年のこの日、交通安全標語「せまい日本そんなに急いでどこへ行く」が最優秀となる。戦時中は勇ましいスローガンが巷に氾濫していた。「欲しがりません、勝つまでは」「撃ちてし止まむ」「進め一億火の玉だ」など。1939年8月、国民精神総動員本部は「ぜいたくは敵だ」、1940年8月1日には「日本人ならぜいたくは出来ない筈だ」の立看板1500本を東京市内に立てた。

Ph_shouwa_08 Photo

   戦後は交通安全のスローガンが有名だ。「注意一秒、ケガ一生」「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」「とびだすな車は急に止まれない」「せまい日本そんなに急いでどこへ行く」せまい日本の標語は高知県警土佐署の現役巡査だった岡本定之助の作品で、道の駅梼原に石碑が建てられた。(slogan,12月1日)

20091108_1178669

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31