無料ブログはココログ

« エレベーターの日 | トップページ | ポッキー&プリッツの日 »

2016年11月10日 (木)

与謝野晶子と関東大震災

   関東大震災が発生したとき、与謝野晶子は44歳で夫の鉄幹とともに、神田駿河台の文化学院で教鞭をとっており、近くの逓信病院付近に住んでいた。晶子は、この震災に対し、こんな短歌を詠んでいる。

もろもろのもの心より搔き消える天変うごくこの時に遭ひ

天地崩(く)ゆ生命を惜む心だに今しばしにて忘れはつべき

 また文化学院に預けておいた「新新源氏物語」の原稿も焼失してしまった。

十余年わが書きためし草稿の跡あるべしや学院の灰

« エレベーターの日 | トップページ | ポッキー&プリッツの日 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エレベーターの日 | トップページ | ポッキー&プリッツの日 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31