無料ブログはココログ

« 点字記念日 | トップページ | コーヒー、紅茶と日本人 »

2016年11月 1日 (火)

秦氏とネストリウス派キリスト教

   西暦603年のこの日、秦河勝が聖徳太子から仏像を譲り受けたとされる。

   聖徳太子を「厩戸豊聡耳皇子」というが、太子をキリストに擬したのは景教(ネストリウス派)の信徒がいたという説は古くから存在する。佐伯好郎は渡来人の秦氏がキリスト教であったと考えた。京都にある秦氏の本拠地「太秦」には秦氏創建の広隆寺があり、広隆寺はもともと「太秦寺」と呼ばれキリスト教の教会であった。日本書紀には「弓月国の王が127県の民を引き連れて百済からやったてきた」とある。弓月国は3世紀から6世紀にかけて西域に栄えたキリスト教国だった。西突厥に滅ぼされ、弓月国の子孫である秦河勝が聖徳太子の側近となって、多くの神社を建てた。河勝は、太子亡き後、蘇我入鹿の迫害を避け、海路をたよって赤穂の坂越浦に逃れ、647年、80余歳で亡くなっている。現在、赤穂大避(おおさけ)神社には秦河勝が祀られている。(11月1日)

« 点字記念日 | トップページ | コーヒー、紅茶と日本人 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 点字記念日 | トップページ | コーヒー、紅茶と日本人 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31