無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月29日 (火)

オレゴンの悲劇

   1945年5月5日、オレゴン州ブライに住む、アーチ―・ミッチェル牧師(27歳)は礼拝後、妻エルシーと日曜学校の生徒5人を車に乗せて、森林公園へピクニックに出かけた。到着地でかれらを降ろした牧師は、駐車場を探して、ようやく弁当などを運び出そうとしていた。「風船みたいなものが木にぶらさがっているよ」子どもたちの声を聞いた時、凄まじい轟音が反響した。爆発したのは日本から太平洋を越えて飛来した風船爆弾だった。風船爆弾は、蒟蒻糊で和紙を固めて出来た気球に水素ガスを入れて、爆弾を搭載して空に飛ばすという兵器である。日本軍は約9300発を放球し、うちアメリカ本土に到着したのは287件と推定される。犠牲者はこの日の民間人6名である。エルシー・ミッチェル(26歳)、ジェイ・キフォード(13歳)、エドワード・エンガ―(13歳)、シャーマン・シューメイカー(11歳)、ディック・パッチ(14歳)、ジョアン・パッチ(13歳)。太平洋戦争の勝利を確信しているアメリカ政府は、わざわざ恐怖をあおる必要はないと考えこの事件は極秘扱いされた。のちにこの事件は「オレゴンの悲劇」と呼ばれている。(参考:鈴木俊平「風船爆弾」)

昭和流行・世相史

O0384027212541879427

 

 

   1926年12月、大正天皇の死去で皇太子裕仁親王は第124代天皇となり、昭和がはじまった。「現人神」から「人間」宣言を行った64年はまさに激動の歴史であった。本日は遠くなった昭和を世相でふりかえってみる。

 

   昭和元年アッパッパが流行。女相撲の興行禁止。昭和2年 芥川龍之介自殺、モガ・モボ全盛、マッチ・ペーパー収集、円本ブーム。昭和3年 オカマ帽子、ラッパズボン。昭和4年 「大学は出たけれど」 パーマネント、マネキン、競馬、麻雀。昭和5年 キツネの襟巻、チンドン屋、コリントゲーム、カフェー全盛、マニュキア。昭和6年ショップガール、列車ガール、女給増加。昭和7年 坂田山心中、白木屋火事で婦人のズロース普及、人絹、向島八ッ斬り事件。昭和8年ネオンサイン、ヨーヨー。昭和9年 関西大風水害、東北凶作。昭和13年 阪神大水害、円タク、代用品流行。昭和14年パーマネント禁止。昭和15年サラリーマンの給与から税金の天引きはじまる。昭和17年 産めよ殖やせよ運動、殺人ウイスキー事件。昭和19年 風船爆弾を放流。昭和20年大空襲、進駐軍、ヤミ市、輪タク、踊る宗教、パンパン。昭和21年 アブレゲール、カストリ、「サザエさん」、発疹チフス流行。昭和22年 東京ブギウギ。昭和23年 鉄のカーテン、ストリップショー盛況、帝銀事件。昭和24年 洋裁学校激増、ヒロポン流行、ニコヨン。昭和25年 特需景気、アルサロ。昭和26年 パチンコ全国に流行、逆コース、「羅生門」、チャタレイ裁判。昭和27年「君の名は」ヒット。昭和28年 街頭テレビ、マンボブーム、赤電話。昭和29年 ヘプバーンカット、三種の神器、死の灰。昭和30年 ポロシャツ流行。昭和31年 神武景気、もはや戦後ではない。昭和32年 グラマー。昭和33年ミッチーブーム、ロカビリー、栃若時代、団地。昭和34年ボールペン。昭和35年ダッコちゃん、家つき・カーつき・ハバ抜き。昭和36年アンネ・ナプキン発売、歌ごえ喫茶、レジャーブーム。昭和37年ツイスト流行。昭和38年自動販売機登場、バカンス。昭和38年 マンションブーム、みゆき族。昭和39年、東京オリンピック、「氷点」。昭和40年 エレキギター、ミニスカート出現。昭和41年 丙午で出産が激減、交通戦争。昭和42年 ベトナム特需、ゴーゴー喫茶、マイカー族、昭和元禄。昭和43年 サイケ、ゲバルト。昭和44年 パンタロン流行、2ドア冷凍冷蔵庫登場。昭和45年 男性にロングヘア流行、三無主義。昭和46年 ホットトパンツ流行、ボーリング、アンノン族。昭和47年 パンダブーム、ロマンポルノ。昭和48年 オイル・ショック。昭和49年百恵ちゃん、オカルト。昭和50年 紅茶キノコ、赤ヘル。昭和51年 ディスコ、コマネチ、記憶にございません。昭和52年 カラオケブーム、ルーツ。昭和53年タンクトップ、ピンク・レディー、サラ金。昭和54年 インベーダーゲーム、関白宣言。昭和55年 漫才ブーム、家庭内暴力急増、竹の子族。昭和56年 ノーパン喫茶、ブリッ子、なめ猫。昭和57年 テレホンカード使用開始、ゲートボール、ネクラ・ネアカ。昭和58年 おしんブーム。昭和59年エリマキトカゲ。昭和60年CDプレーヤーが普及。昭和61年 おニャン子、プッツン。昭和62年 「サラダ記念日」。昭和63年 天皇の病状が悪化し自粛広がる。「ノルウェイの森」。オバタリアン

 

F0147468_123544

 

Pn2010031301000067___ci0003
  チャタレイ裁判

 

20080825_301b

 

Sot14011805020003p1

 

参考:20世紀のことばの年表 東京堂出版 2001年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラオの国旗がなぜ日の丸と似ているのか?

800pxflag_of_palau_svg    太平洋ミクロネシアの島パラオ。1994年10月1日、独立した。戦前日本統治下だったこともあり、日本語が話せる人も多く、親日的な国である。国旗は金黄色の円を配し、明るい青を背景にしたもので、日章旗とだいたい同じタイプである。名越二荒之助は、パラオ、バングラデシュの国旗を日章旗に由来する「日の丸三兄弟」と呼んでいる。しかしこの国旗をデザインしたジョン・ブラウ・スキーボングは日の丸とは無関係であることをインタビューで語っている。しかし次のような事実もある。太平洋戦争末期、パラオ諸島の1つペリリュー島で日米の激しい戦争があった。島民たちは、日本を尊敬していたので、日本軍と一緒に戦う決意をしていた。しかし、日本軍は「島民を戦火に巻き込んではならない」として全員をパラオ本島に移住させていた。ペリリュー島の民間人には、ただの1人も犠牲者はでていない。戦後、独立して国旗が定められた時、「太陽(日本)があってこそ、月(パラオ)の輝きがある」という意味が込められている」とある島民は語った。(John Blan Skebong,Palau)

ナポレオンと雪合戦

Brienne_boulesdeneige 

  コルシカ島はイタリア半島の西に位置するフランス領の島である。ナポレオン(1769-1821)が生まれる1年ほど前はジェノバ領であったが、1768年5月15日、コルシカはジェノバからフランスに割譲された。(したがってナポレオンは自らをフランス人であると主張している)翌年の5月9日、パスカル・パオリ(1725-1807)を指導者とするコルシカ独立軍はポンテ・ノーヴァでフランス軍に敗れ、パオリはイギリスに亡命した。

   ナポレオンの父カルロ・ブオナパルテ(シャルル・マリ・ボナパルト)(1746-1785)は、コルシカで判事をしていたが、コルシカ島独立戦争のときはパオリの副官を務めていた。敗戦によって、幼いナポレオンは父カルロと兄ジュゼッペとともにフランスに渡った。そして1779年3月15日、プリエンヌ陸軍幼年学校に入学する。オリーブ色の顔色とコルシカ語なまり、そして奇妙な名前(当時はナブリオーネ・ブオナパルテといった)をひやかされて孤独な少年時代であった。しかし、少年時代のナポレオンを物語る有名なエピソードがある。

    1782年の冬のある日、プリエンヌ兵学校の校庭は一面に大雪が降り積った。ナポレオンは級友たちと塹壕と要塞をつくって、雪合戦を始めた。雪合戦といってもボールのなかに石をつめる激しい戦闘であった。ナポレオンは自軍を2隊に分けて、最初にその半数の部隊を攻撃させる。当然、敵軍は、いっせいに攻撃してくる。そこで先鋒隊はいったん退却して、相手を味方の陣地へおびき寄せる。相手の軍が陣地に攻めてきたとき、待ちかまえていた残りの半数の部隊が、先鋒隊と敵軍を取り囲んで、一斉に攻撃して、見事に勝利した。ボナパルトのあざやかな指揮ぶりをみて、顔色と奇妙ななまりを冷やかす者はもはや一人もなくなった。

王陽明、竜場の危難

485_1_org   1528年のこの日、陽明学の祖、王陽明の忌日。56歳。

   王陽明は、劉瑾の怒りにふれ、貴州省竜場駅に流讁され、刺客に殺されそうになったので、石室を作ってその中で日夜静座して瞑想し、思索した。そしてある夜更けに、「聖人の道は、吾が性自ら足る」すなわち格物到知の真の意味を悟った。37歳のときのことである。(11月29日)

2016年11月28日 (月)

高学歴芸能人

   ネプリーグ東大VS京大。高田万由子が漢字三文字の市、「名古屋」を正解。では、日本の県庁所在地で、漢字三文字の都市は4つある。宇都宮、名古屋、鹿児島とあと1つは何市か?答えは、「和歌山市」。モーリー・ロバートソンなど高学歴芸能人。だれも「億劫」を書けず。

進め、たまに逃げても

   ドラマ「逃げれば恥だが役に立つ」恋ダンスが社会現象になるほどのブーム。でもED「恋」もいいけど、OP「進め、たまに逃げても」の曲もいい。チャラン・ポ・ランタンは2009年に結成された実の姉妹によるユニット。

スティルウェル将軍と蒋介石

   ジョセフ・ウォーレン・スティルウェル(1883-1946)は第二次世界大戦中、中国・ビルマ・インド戦域のアメリカ軍総司令官として、対日作戦の指揮を執り援蒋ルートの確保に当たった。大胆な戦略家かつ辛辣な性格であり、「苦虫ジョー(ビネガー・ジョー)」のニックネームがつけられた。蒋介石とはたびたび作戦上の意見が合わずに衝突し2人の関係は険悪な状態であった。さらにスティルウェルはアグネス・スメドレーからの影響で共産党への共感を抱いており、共産党へ物資の配分などを行っていた。米国にもたびたび蒋介石の無能を訴えたため、1944年にはルーズベルトが蒋介石にスティルウェルに作戦の実権を手渡すように迫り、これに対し蒋介石はスティルウェルの解任を要求。結局はルーズヴェルトが譲歩してスティルウェルを解任した。

親鸞忌

    1262年のこの日、親鸞の忌日。親鸞は「ただ念仏して、阿弥陀に助けていただくと、よきひと(法然上人)の教えを受けて信じるほかに、特別のわけもない」と語っている。この親鸞の「信仰のみ」は、パウロの説く「エホバの名を呼び求める者は救われるのです」(ローマの信徒への手紙10-13)という考え方と、とてもよく似ている。西本願寺には「世事布施論」という本が所蔵されている。これは唐代に中国に伝わった景教、ネストリウス派キリスト教で、内容はいわゆる聖書である。親鸞は「世事布施論」を読んでいたといわれる。救いを求める祈りは、神仏の業であり、仏教もキリスト教も共通するものである。親鸞は聖書を読んでいたのかもしれない!?(11月28日)

2016年11月27日 (日)

「四本足のニワトリ」論争

   来年の干支は酉(とり)。1980年春に行われた旭川医科大学の入試試験に次のような小論文が出題された。受験生は、10分間で「にわとり」と「はえ」の絵を描くように指示され、その後、足が4本の「にわとり」や8本足の「ハエ」の絵が配布された。そして、「三歳、四歳児でも鳥の絵は描けるのに、日本では満足に描けない大学生がいる。配布されたような絵を描く学生が多く現れるにいたった背景について、現代日本の社会、生活、教育、学習環境などの問題を主体的に受け止め、所見を述べなさい」との課題が課せられた。これが、国公立大学の二次試験の内容を取り上げたいくつかの新聞記事の中で紹介され、追随的な調査結果が次々と発表された。それによると、各年代とも一割弱程度の人間が、四本足のニワトリを描いていたということである。医学教育だけでなく、初等・中等教育期の理科教育の問題として取り上げられ、「自然離れ」「理科離れ」と指摘された。坂元忠芳は「子供の認識能力の衰弱や歪み」を問題視し、蓑田源二郎は「直接的なリアル体験が非常に少なくなり、間接的な映像によるヴァーチャルな体験が多くなってきたから」と分析している。佐伯胖は「ニワトリを犬、牛のような家畜と意識したため、四本足のニワトリを描いた」とする。このように「四本足のニワトリ」論議は主に1990年代の教育界を沸かせたテーマだったが、近年では養鶏場で多肢症のニワトリは低確率ながら、一定比率の割合で誕生することが報告され、自然界に四本足のニワトリが存在しないわけでないことが知られている。(参考:栗田真司「四本足のニワトリ考」 世界思想26、1999年)

O0400038211295637955

バイキング料理の由来

  「バイキング」とは昔北欧で活躍した海賊のことだが、日本では様々な料理をひとつのテーブルに並べ、自由に取り分けて食べるスタイルのことを指す。食べ放題、飲み放題で大人から子供までみんなに好まれる。実は1958年、帝国ホテルでスカンジナビアの伝統料理「スモ―ガスボード」を採り入れた際、この名前が言いづらかったため、当時上映されていたカーク・ダグラス主演映画「バイキング」からヒントを得て名付けられた。smorgas bord

赤門と溶姫

180px1   東京大学本郷キャンパスにある「赤門」の名で親しまりている旧加賀屋敷御守殿門は文政10年(1828年)11月27日、前田斉泰が徳川家斉の第21女、溶姫(1813-1868)を迎える際に建てたもので、現在、国の重要文化財に指定されている。将軍家斉が諸大名に嫁がせた多くの息女は、実家を笠に着て夫をも凌ぐ勢いだった。しかし斉泰は、たとえ将軍家の娘だろうと妻は夫に従うべきであると、婚礼の翌日鷹狩りから帰るなり溶姫に自分の草履を脱がせるように命じた。これを断わるようなら離別するつもりでいたところ、溶姫が嫌がりもせず庭先に降り立って斉泰の草履を脱がせたため、以後2人は仲睦まじくなったという。画像は月岡芳年筆「徳川溶姫君」

 

 

2016年11月26日 (土)

本日の注目キーワード

朴槿恵、道重さゆみ、博多駅前陥没、フィデル・カストロ、デヴィッド・ハミルトン、鶴竜力三郎、夫は「ペット以下の存在」、ワチラロンコン

有名人の年齢

   外見から年齢は案外わかりにくいものですが、気なる有名人の年齢を調べてみた。ピコ太郎こと、お笑いタレントの古坂大魔王は43歳。さかなクン39歳、歌手のJUJU39歳、マツコデラックス41歳。名探偵ポワロを演じる英国俳優デヴィッド・スーシェは意外に若く70歳だ。

モンゴルの革命記念日と独立記念日

Post46711399381221   1921年7月11日、モンゴル人民党のホルローギーン・チョイバルサン(1895-1952)、スヘ・バートル(1894-1923)はクーロンに、ボグド・ハーン(活仏、化身ラマ)を元首とするモンゴル人民政府を樹立し、中華民国から実質的に独立した。1924年11月26日、活仏ボグド・ゲゲンが死去すると人民共和国の成立が宣言され、国号がモンゴル人民共和国となる。チョイバルサンはソ連元帥の称号を得たが、病気療養中らモスクワで死去。つまりモンゴルには革命記念日と独立記念日がある。

   日本とモンゴルとは大相撲などで文化交流がおこなわれているが、チョイバルサン(画像)のような重要人名を高校世界史で取り上げられないのは残念である。(Choibalsan)

大覚寺統と持明院統 南北朝の動乱

Ryoutoukeizu    平安時代のはじめ、京都の大山田と呼ばれていた地に嵯峨天皇の離宮があり、天皇が譲位の後ここに住居して深く弘法大師に帰依し、五大明王をまっつたことが大覚寺のおこりである。嵯峨野という地名は天皇の離宮、嵯峨院から始まる。その後、清和天皇は876年離宮を寺に改め、大覚寺と号し、恒寂法親王に与えた。よって法親王を当寺の開山と仰ぐ。その後、寛空、定昭が寺主となり、定昭が南都に一乗院を開いてからは、約280年間、一乗院の兼務となった。鎌倉時代にいたり、後嵯峨、亀山、後宇多法皇が入御されたが、特に後宇多天皇の帰依が厚く、寺観も大いに整えられた。後宇多法皇は大覚寺法皇と称せられ、中興開山と仰がれる。

  南北朝の対立の源流をなした大覚寺統とは、1259年11月26日、後深草天皇が父である後嵯峨上皇により弟の恒仁親王(亀山天皇)に譲位させられ、皇位は大覚寺統と持明院統に分裂した。大覚寺統は亀山、後宇多、後二条、後醍醐天皇の皇統をいう。1392年10月5日、南北朝講和が成立し、後亀山天皇と後小松天皇とのあいだに神器の授受がおこなわれたのもこの寺であった。その後の兵乱その他によって古い建物は残っていないが、古図によれば当時の寺域は現在の20倍にも及んでいる。(11月26日)

 

 

2016年11月25日 (金)

洋楽カバーものがたり

  J'atten drai(ジャッタン・ドレー) 出征した愛する人が帰ってくるのを、ただ一人で待っているせつない気持ちを歌ったシャンソンの名曲「待ちましょう」はイタリア出身の歌手リナ・ケッティが歌ったことで知られている。しかし、この曲は純粋なシャンソンではなく、イタリアのカンツォーネ「トルネライ」(あなたは戻ってくるでしょう)という歌であることは知る人は少ない。ケッティはこれを1938年にカバー録音したが、わが国にもいちはやく紹介され、淡谷のり子らの歌手によって歌われた。最近でもカナダのジル・パーバー(1980年生まれ)がフランス語でカバーしている。

鋼鉄王カーネギー

    本日はアメリカにおける立身出世物語の典型的な人物・鋼鉄王アンドルー・カーネギーの誕生日。作家ドス・パソスは次のような簡潔な歌で表現している。

    アンドリュー・カーネギー(1835-1919)はスコットランドのダブリンで生まれ、移民船に乗って、合衆国にやってきた。紡績工場で糸巻運びの少年となって働き、ボイラーを焚き、週給二ドル半で、糸巻工場の事務員となり、ウェスタン・ユニオンの配達夫として、フィラデルフィアの町をかけまわり、モールス信号を習ってペンシルヴェニア鉄道の電信技師となり、南北戦争中には陸軍の電信技師となり、そしてつねに給料を貯え、一ドルでも手にはいると、それを投資した。アンドルー・カーネギーはアダムス・エキスプレスとプルマンの株をそれが下落したときに買いはじめた。彼は鉄道に望みをかけ、彼は通信事業に望みをかけ、彼は運輸事業に望みをかけ、彼は鉄鋼業を信じた。アンドルー・カーネギーは、鉄を信じ、鉄橋、べッセマー工場、デラスト溶鉱炉、圧延工場を信じた。アンドルー・カーネギーは石油を信じ、アンドルー・カーネギーは鋼鉄を信じ、つねに金を貯え、百ドルが手にはいれば、いつでもそれを投資した。アンドルー・カーネギーは世界一の富豪になり、そして死んだ。(ドス・パソス、並河亮訳「U・S・A」)

   カーネギーは、1901年鉄鋼大合同によって資本金10億ドルのUSスチール会社が成立すると、カーネギー製鋼会社を売却して引退した。晩年は慈善王として知られ、カーネギー工科大学、カーネギー財団などを設立して社会に貢献する一方、その莫大な資産を教育研究機関・平和機関に投じるなど、慈善事業家として有名になった。(11月25日)

2016年11月23日 (水)

薄幸の女流歌人、江口きち

Kichi     「女啄木」とも言われた薄幸の歌人・江口きち(1913-1938)。大正2年11月23日、江口熊吉・いわ(ユワ)の長女として、武尊(ほたか)山の麓、群馬県利根郡川場村谷地に生まれた。昭和2年5月にはアメリカから贈られた「青い目の人形」を学校代表として受け取るほど成績優秀な少女であった。昭和5年2月、沼田郵便局に勤めるが、6月には母がなくなり、肉・うどん・菓子等を商う「栃木屋」を継ぎ、そのかたわら短歌に精進する。昭和7年から河井酔茗・島本久恵が主宰する「女性時代」に投稿する。昭和11年頃からきちは、18歳年上で妻子もある宮田弥右衛門と恋仲になるが、そのことに苦悶する。父と障害の兄・広寿の面倒をみながら店の経営は苦労が多かった。昭和13年12月2日未明、兄と共に服毒自殺する。自分で仕立てた純白のドレスを身につけ、胸には赤いバラの花がつけられていたという。享年25歳。辞世は二首ある。

睡(ね)たらひて夜は明けにけりうつそみに 聴きをさめなる雀鳴き初む

大いなるこの寂(しず)けさや天地(あめつち)の 時刻(とき)あやまたず夜は明けにけり

    きちが自殺した翌年の昭和14年、「武尊乃麓」(江口きち著)が婦女界社から刊行され、昭和14年11月には肉筆版「江口きち歌集」が書物展望社から刊行された。

2016年11月22日 (火)

佐伯孝夫の昭和歌謡

10084085  佐伯孝夫(1912-1981)は歌謡曲作詞家として戦前は佐々木修一(1907-1957)、戦後は吉田正(1921-1998)とのコンビで数々のヒット曲をうんだ。歌手では戦前は藤山一郎、戦後は橋幸夫などのヒット曲に恵まれた。吉田正は「自分の歌の先生は佐伯孝夫氏だ」と言っていた。

    佐伯孝夫、本名・和泉孝夫は明治35年11月22日、東京・京橋の生まれ。宇都宮中学を経て、早稲田第二高等学院から早大仏文科に学び、西條八十に師事した。大正13年、同人誌「棕櫚の葉」を横山青蛾、加藤憲治、村野三郎、寺崎浩、渡辺修三らと創刊した。また吉江喬松が中心となっていた「青色の室」で詩作に励んだ。大正15年に大学を卒業すると、浅草のカジノ・フォリーの仕事もした。そして昭和4年に国民新聞学芸部記者をしながら、作詞家活動をはじめる。国民新聞(昭和19年まで)、東京日日新聞社に勤務。この間、ビクター専属となり、戦前「湯島の白梅」「鈴懸の径」戦後では「銀座カンカン娘」「有楽町で逢いましょう」「いつでも夢を」などがある。

   レコード歌謡曲のデビュー曲は、昭和6年12月に発売された、藤山一郎の「栄冠涙あり」である。若きボートマンをテーマにした青春讃歌。つづいて「青春グラウンド」「野球小僧」「若い力」などのスポーツソングを書いている。また作曲家・佐々木修一とのコンビのヒット曲に「僕の青春」「無情の夢」「燦めく星座」「新雪」「明日はおたちか」「月よりの使者」「桑港のチャイナタウン」「アルプスの牧場」「高原の駅よ、さようなら」などがある。このほか「思ひ出のギター」「チェリオ!」「赤い花」「さらば青春」「僕の銀座」などには佐伯歌謡の特色がよくでている。

2016年11月20日 (日)

瑳川哲朗

    瑳川哲朗といえば団塊の世代にとっては近藤勇、少し年齢が下がるとウルトラマンAの竜五郎隊長に「大江戸捜査網」の井坂十蔵か。時代劇から特撮ドラマと幅広く活躍した昭和の俳優だが、最近はテレビで見ない。とおもっていたら昨夜BSプレミアム「獄門島」に出演している。島の網元である鬼頭嘉右衛門に扮して、三姉妹の殺人計画を三つの俳句に見たてて亡くなってしまう。映画は少なく、舞台が多い。

正代正代

   熊本県宇土市出身の力士、正代直也。25歳。おばあさんの名前は正代正代(しょうだいまさよ)。正代関がNHKアナ松村正代さんと結婚すれば、2人目の正代正代が誕生する。このように苗字と名前がよく似ているケースは外国もある。ガリレオ・ガリレイ、サントーリォ・サントーリオ、エドワード・エドワード、アレッサンドロ・アレッサンドローニ、ビョルンスティエルネ・ビョルンソン、フランシスコ・フランコ、ホルスト・P・ホルスト。

2016年11月19日 (土)

「ものもらい」英語で何と言う?

食欲     appetite

尿、小便  urine

大便     feces、turd

排便する   bowel movemet

処方箋 prescription

刑事コロンボ第1話は「Prescription:Murder」(邦題は「殺人処方箋」)

癌     cancer

結核  tuberculosis(T.B. と略す)

肝炎  hepatitis

やけど burn

はしか measles

痔    hemorrhoids

浣腸  enema

盲腸  cecum

十二指腸 duodenum

下痢   diarrhoea

頻尿   frequent urination

ものもらい sty

今年の流行語「トランプ旋風」

   「世紀の一戦」には得てして大方の予想に反して、兵の質も量も圧倒的に劣勢な方が勝利することがある。桶狭間における織田信長、ロシア遠征のナポレオン軍は冬将軍に敗れ、バルチック艦隊は対馬海峡に沈んだ。古くはペルシア戦争のサラミスの海戦やスペインの無敵艦隊がトラファルガーに敗れたこともあげられる。世界を揺るがしたヒラリーとトランプの米大統領選も大方の予測を裏切ったトランプの奇跡的な勝利といえるだろう。世の中はだれもがトランプを嫌い、下馬評でも劣勢であった。しかし結果はヒラリーが完敗した。これはオバマ政権の隠れた不満層がトランプ支持に流れたのであろうか。あるいはわれわれはトランプについてよく知らず、事実ではなく反トランプのプロパガンダが支配しているだけであったのだろうか。橋下徹は「一番の敗北者はヒラリーではなく、自称インテリだ」と有権者の動向を見誤ったメディアを批判している。疑り深い私はなんとなくヒラリーに一抹の不安を抱いていた。専門家は希望的観測も手伝ってほとんどヒラリー勝利を確信していたが、歴史を学ぶ者はどこか洞察力が働いて、アメリカ人の投票行動に変化が起こること予感していた。やはり歴史から学んだ知識は無駄ではない。主観的希望に基づいた思考や予測は過ちを産む。真理を探究するためには、大きな組織に属さず、客観的に事物を観察することが必要である。12日NHK「深読み」やスペシャルでも出演者は全員予想を外したのに今さらドヤ顔で解説しているが恥ずかしくないのだろうか。トランプを「悪質なナショナリスト」「反知性主義」と見下し、「歴史から学べ」という。東大教授のロバート・キャンベル(肩書は教授だがデーブスペクターと同様のタレント)は一貫して「トランプが勝つ」と正論を主張していた木村太郎に異議を唱えていた。日本文学専攻で政治学は専門外だから読み間違えても平気なのだろうが、木村太郎のように現地取材したわけでもなく、局に迎合した発言をするのみで信頼できない評論家だ。これからアメリカはグローバリゼーションから、国内問題優先(アイソレイショニズム)の政策が取られそうだ。isolationism

2016年11月16日 (水)

その言葉遣い、正しいですか?

Photo_2
植木等「日本一の色男」の主題歌「どうしてこんなにもてるんだろう」

   最近「べっぴんさん」を見ていて、不自然な言葉遣いが気になる。すみれの夫は出征から戻らず、ある日、夫の父から話があるという。「紀夫は戦死した可能性がある」という。ふつう「可能性」という言葉は期待値を込めた時にしか使わない。例えば「成功の可能性が高い」「生存している可能性もある」「無限の可能性を秘めている」というように。この場合は、「もう何の連絡もないのをみると、戦死した恐れがあるよ。紀夫に縛られなくてもいいよ」といったほうが適切であろう。

    NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」の放送(2011.4.21)で陽子(井上真央)が次兄の茂樹(永山絢斗)に向かって、「そんなこと言うと、(女の子に)もてないわよ」というセリフがある。「もてる」という言葉が「女(男)にもてる、好かれる」という意味で使われだしたのは何時頃だろうか。もともと「もてる」は「興味がもてる」「親しみがもてる」とか使うのが一般的である。それが「もてはやされる」から「人気がある」「好かれる」という意味が加わって俗語となった。青空文庫のグーグルで検索し、古い小説から引用例を調べてみる。「女にもてる」の用例は少ない。坂口安吾「花火」(サンデー毎日臨時増刊号 昭和22年5月1日号)に「いまにも自分たちが色男で女にもてる性で」とある。「もてる」は坂口が小説に使用しているからには一部の進んだ人は使っていたであろう。一説によると江戸時代から「色男」はよく使われていたから、「色男で(女に)もてる」という表現はあったとされる(「日本語俗語辞典」)が、使用例は不明。

    島崎藤村「家」(明治43年)に「大いにモテるネ」とある。また夢野久作「少女地獄」(昭和11年)に「私が一番モテたのは運動会の時だった」などがある。これには、「異性にモテる」というよりも「人気がある」「好かれる」に近い表現である。「大もて」という言葉はよく使われたようだ。

  そうするとドラマの舞台となった昭和15年前後には、すでに「もてる」という言葉は存在していた可能性は十分にあると推測されるのだが、信州の女学生が兄に対して、「そんなこと言うと、女の子にもてないわよ」という俗語が、やっぱりあの時代、有り得ないと感ずるのはケペルだけだろうか。「女にもてる」とか「もてない」とか女子が言うこと自体、はしたないとされていた時代である。そもそも男尊女卑の観念が支配的だった戦中に、男が女性から好意をもちれることを最優先するという観念は時代的にみて有り得ないように思う。しかし当時、海軍では「MMK」というハイカラな隠語があったそうだ。意味は「もててもてて困る」である。戦後、映画「銀座のお姐ちゃん」(昭和34年)で団令子が若い男に「あんたMMKね」というシーンがあり、ちゃん姐語として若い女性の間で大流行した。いまでは「モテる」ことが男子の行動の基本にあるようになった。「イケメン」とともに「もてる」は日常語であるが、派生語として「モテ髪」「モテ服」などファション誌には頻繁に登場する。

2016年11月15日 (火)

シネマに乾杯

  NHK放送のBSプレミアムシネマは誰もが知っている名作映画が中心だが、二度、三度みるとなお面白い。石坂浩二主演「悪魔の手毬唄」、ジュディー・ガーランド主演「スター誕生」、ローバート・レッドフォード「華麗なるギャツビー」。「華麗なる」は貧しい青年がお金持ちに愛する人を奪われるという古典的な筋は貫一・お宮と同じである。普通の人が毎晩映画やテレビを観続けてもせいぜい1万本程度である。ドラマ「東京タラレバ娘」で「もはや映画の知識は一般教養だ」というセリフがあった。脚本家を目指すヒロインの映画好きの新恋人は話が合うと思われたが、それが映画の好みがかみあわない。「ディスパレートな妻」たちが大好きなヒロインは彼から全否定される。

 

「カサンドラ・クロス」(1976)リチャード・ハリス、ソフィア・ローレン、バート・ランカスター

 

「ゆりかごを揺らす手」(1992) レベッカ・デモ―ネイ、アナベラ・シオン、ジュリアン・ムーア

 

「ただ君だけ」(2011)ハンヒョズ、ソ・ジソブ

 

「狩人の夜」(1955)ロバート・ミッチャム、シェリー・ウィンタース、リリアン・ギッシュ

 

「トニー滝谷」(2004)はイッセー尾形、宮沢りえが好演。原作は村上春樹の短編。

 

滝田栄主演火曜サスペンス「天使の居場所」(2000年) 宮崎あおいが出演している。15歳くらいで不登校の生徒役。絵が好きな大人しそうな少女。

 

 

 

 

 

 

七五三

7m2   毎年11月15日に、3歳・7歳の女児と5歳の男児を、お宮詣りに連れていく慣習を七五三という。1681年11月15日に徳川綱吉が長男徳松(1679-1683)の健康を祈って始まったとされる。しかし徳松は1683年、5歳で夭折した。やがて武家社会の習俗として広まり、5歳の男児の祝いを「袴着」、7歳の女児の祝いを「帯解き」といっていたものが、明治以後一般化した。しかし、子供の成長段階のある時期に厄払いする習慣はかなり古くからあり、地方によっては男女3歳のときに「髪置きの祝い」と称して、身分を問わず頂髪を置く習慣があり、7歳の女児は「おびとき」「おびむすび」の祝いといい、部落の祭礼の日を選んでお宮詣りする風習もあったという。いずれにせよ、子供の死亡率の高かった昔は、3、4歳のころはじめて人別帳や氏子帳に登録をしたり、7歳前の子供の死亡は本葬を行わないという習わしもあったほどであるから、子供が3・5・7歳という幼児期の節目を無事に通過して成長したことを感謝し、将来の健康を祈ったということはうなずけることである。なお11月15日は霜月祭(氏神祭)に当たる。

2016年11月13日 (日)

女優岡田嘉子の帰還

Okada3    岡田嘉子(1902-1992)は昭和47年11月13日、ソ連から34年ぶりに一時帰国した。メディアは往年の人気女優をこぞって紹介した。懐かしむ世代、岡田嘉子を全然知らない世代にはっきりと分かれたのも珍しい光景であった。 

    昭和12年12月30日、新劇女優・岡田嘉子と新協劇団演出家・杉本良吉は、樺太を訪れ、翌13年1月2日、気屯(けとん)に入った。そしてこの日朝9時30分に馬橇で気屯を出発し、午後3時30分に半田沢警部補派出所を慰問したのち、国境標識の見学に出かけた。二人は半田沢の地で馬橇から降りると、杉本がピストルを持っているかのように装って、御者を脅かし、ひるむすきに手をとりあって越境、午後4時すぎソ連領土内に姿を消した。杉本はプロレタリア演劇運動の旗手で、6年前にも入ソを試みたが失敗している。二人の越境はかなり前から準備されており、杉本は弾圧で壊滅状態にあった共産党再建のために、コミンテルンと連携する任務が与えられていた。入ソ後、杉本はソ連当局にスパイ容疑で不当に逮捕され、昭和14年10月20日、銃殺されていた。岡田は太平洋戦争中はハバロフスクで対日ラジオ放送のアナウンサーをする。戦後はモスクワ放送に移ったのち、演劇大学で学び卒業公演で「女の一生」を演出した。1992年、モスクワの病院で、誰にも看取られることなく亡くなった。享年89歳。

2016年11月12日 (土)

ゴッホとイタリアの女

6808319452_0ed16116c1_zImage61

  1886年冬から1888年2月19日まで、ゴッホのパリ時代といわれる。パリではロートレック、エミール・ベルナール、ドガ、ピサロら印象派の画家たちと親しくなり、日本の浮世絵版画とも出会った。だがわずか1年ばかりで南仏アルルへ行ったのはなぜだろう。陰鬱なパリの気候、あるいは深酒の習慣を治したかったのか。それともう一つ考えられるのは、13歳年上のイタリア女性アゴスティーナ・セガトーリ(1841-1910)とのただならぬ愛人関係である。彼女をモデルとした数枚の絵が残っている。「カフェー・タンブランのアゴスティーナ・セガトーリ」(別名タンブランの女,1887)、「イタリアの女」(1887)である。クリッシー通りにあるいかがわしい酒場デュ・タンブラン(キャバレー)の女主人セガトーリはイタリア生れの46歳。「タンブランの女」(F370)には仕事を終えてほっとしている表情にどこか虚ろにみえる。煙草と飲酒によって疲れている様子がうかがえる。ゴッホもパリでアブサンを飲むことをおぼえ、健康を損なうようになった。「イタリアの女」(F381)もモデルはセガトーリとするのが定説である。ニューヨーク個人蔵の「草原に座る女」(F367)はモネの影響が見えるが、モデルはやはりセガトーリであるかもしれない。

 

Tumblr_ly6v6tsorc1qa8zi8o6_250
 草原に座る女

( keyword;van Gogh,Agostina Segatori,Paris Clicy,Femme au Tambourin )

80日間世界一周

    1889年11月14日、ニューヨークワールド紙の女性記者ネリー・ブライ(1864-1922)はニューヨークを出発し、72日と6時間で世界一周に成功した。フランスのアミアンではジューヌ・ヴェルヌにも面会している。ほぼ同時にライバル社はエリザベス・ビズランド(1861-1929)を世界一周の旅行に派遣(ネリーの東回りに対して、ビズランドは西回り)した。ビズランドは76日を要したためネリーを上回ることはできなかった。

2016年11月11日 (金)

鏡に映る自我

   アメリカの社会学者チャールズ・ホートン・クーリー(1864-1929)は、ある個人が自分がどういう種類の人間であるかという自画像をどのように発達させていくか説明するために「鏡に映った自己」(looking glass self)という概念を定式化した。彼によれば、自己についてのイメージは、次のようなことを通して形成されるのである。1)自分が他者にどうみえるかを想像すること,2)自分がどうみえるかという他人の判断についての知覚,3)こうした判断に対するわれわれの感情、われわれは、自分に向けられた他者の反応の知覚を通して、自己のイメージを形成する。美しい少女は、彼女がどんなに美しいかと人からいわれることによって、自分が美しいことをはじめて知るものである。もしこうしたことがたびたび繰返され、また常に評価が一貫していれば、こうした反応が彼女のパーソナリティに組み込まれ、その結果、ついには彼女は美しい女性として感じ、行動するようになる。たとえ美しい少女であっても、もし幼児期に両親が彼女の容貌に失望して、それを弁解するように振舞い、彼女が魅力的でもなく、ほめられるに値しないとうように取扱うと、彼女は平凡な少女だと信ずるようになるだろう。

クエーカー教徒とエスペランチストの抗議

Photo_5  1965年、アメリカの平和運動家アリス・ハーズ(1882-1965)は、ベトナム戦争に抗議して焼身自殺した。彼女はユダヤ系ドイツ人のクェーカー教徒で、スペイン国境近くの収容所で過ごした体験をもっていた。

   由比忠之進(1894-1967)は1967年11月11日、同様に佐藤栄作首相の北爆支持に抗議して、首相官邸前で、焼身自殺している。由比はエスペランチストだった。(Quaker,Alice Herz)

チーズの日

150   チーズは古くから中国より製法が伝来していた。700年に全国に現在のチーズに近い「蘇(そ)」の製造を命じたことから本日を「チーズの日」としている。

    日本に牛乳などの乳製品が伝えられたのは、百済の帰化人の子孫、善那(別名福常)が、天皇に献上したのが始まりといわれる。奈良時代に蘇、酪、生蘇、熟蘇、醍醐などという唐代の乳製品が、宮廷で薬として使用されていた。(11月11日,cheese)

2016年11月 9日 (水)

メラニア・クナウス

 アメリカ合衆国大統領選。共和党のドナルド・トランプが劣勢予想を覆して歴史的な勝利を収めた。そこで気になるのはファースト・レデイ。トランプの傍にいる長身の美女は24歳年下の元モデル、メラニア・トランプ。スロベニア出身で旧姓はメラニア・クナウス。Melania Knauss

90年代生まれのアジア注目の女優たち

   韓国映画ソン・スンホンの「情愛中毒」。ベトナム戦争でトラウマになった将校と部下の若い妻が愛し合う。大胆なヌードで韓国のタン・ウェイ(ラストコーション)として注目される新人女優イム・ジョン(1990年生れ)。清純さと官能美をあわせもっている。中国映画「妻への家路」でコン・リーの娘丹丹を演じたチャン・ウイウェン(張慧雯)。1993年生れ。ダンスで鍛えたプロポーションは抜群。新作は「世界の中心で、愛をさけぶ」の中国版リメイク作品。どんな広瀬亜紀を演じるのだろうか。最後、日本からは葵わかなを紹介する。引越しのCMで生歌を披露しているが、かわいい顔立ち。1998年生れ。広島発地域ドラマ「舞え!KAGURA」で初主演。さらなる飛躍が期待される。

葉山日陰茶屋事件

    新らしき女の道      伊藤野枝

 新らしい女は今までの女の歩み古した足跡を何時までもさがして歩いては行かない。新らしい女には新らしい女の道がある。新らしい女は多くの人々の行止まった處より更に進んで新らしい道を先導者として行く。新らしい道は古き道を辿る人々若しくは古き道を行き詰めた人々に未だ知られざる道である。又辿らうとする先導者にも初めての道である。新らしき道は何處から何處に到る道なのか分からない。従って未知に伴ふ危険と恐怖がある。(「青鞜」大正2年1月号)

20121106223903   伊藤野枝(1895-1923)は、明治28年1月21日、福岡県糸島郡今宿村で、瓦職人の父伊藤亀吉、母ウメとの長女として生まれた。明治43年4月、上野女学校に入学する。上野女学校は、私立の5年生で、当時としては自由主義的な気風に満ちた学校だった。教頭の佐藤正次郎は、女性の地位向上を教育方針に掲げ、バーナード・リーチや英語教師の辻潤がいた。野枝は親からしいられた結婚に反発して、辻潤と結ばれた。野枝は青鞜の平塚らいてうに宛てて身の上相談の手紙を出している。数日後らいてうを訪ね、強制されている結婚を破棄する決意を述べ、助言を求めている。らいてうは野枝を励まし、援助を約束した。大正元年、野枝は青鞜社の編集員として働くようになる。野枝は、「新しき女の道」「この頃の感想」「染井より、あるいは中篇「動揺」などをつぎつぎに発表している。この年、野枝は18歳である。大正2年、木村荘太(1889-1950)は青鞜に発表した野枝の詩が気に入り、ラブレターを出した。野枝は木村の求愛をことわった。このころ社会主義者の大杉栄が「近代思想」に平塚らいてうと伊藤野枝とを比較した時評を書いている。

    こういっては甚だ失礼であるかも知れないが、(野枝が)あの暮らしでしかも女という永い間無知に育てられたものの間に生まれて、あれ程の明晰な文章と思想とを持ちえたことは、実に敬服に堪えない。

    辻潤は野枝にとってはシュティルナーなどの思想で近代的自我をめざめさせてくれた師ではあるが、しょせんは書斎と放浪のニヒリストにすぎなかった。そうした点で野枝は大杉栄の革命的理論と行動力につよくひかれるようになっていく。

   大杉栄には妻の安子(旧姓・堀安子)と「東京日日新聞」記者だった愛人の神近市子がいた。ここに伊藤野枝が現れたわけであるが、自由恋愛論者であった大杉は、三人に、経済的におたがいに自立すること、同棲せずに別居生活を送ること、たがいの自由を完全に尊重すること、三条を示して同意をとりつけ、大杉は保子と別れて麹町の福四万館に移り住んだ。

    大正5年4月、長男の一(まこと)を残し、二男の流二を背負って辻家を出た野枝は、千葉県御宿の上野屋旅館に移り、小説を書きはじめる。そこに腰を据えたのは、大阪毎日新聞の菊池幽芳から、野枝の作品を採用するという言質を得ていたからであった。しかし、執筆生活への野枝の期待は裏切られた。幽芳に送った原稿が、称賛の辞とともに送り返されてきたのである。大杉も原稿依頼がとだえるようになった。金がなくなったため二人は、本郷の菊富士ホテルに同棲するようになる。その年11月9日の夜、いわゆる日陰茶屋事件が起こった。神奈川県葉山の旅館「日陰茶屋」で神近市子(1888-1981)は伊藤野枝の出現による嫉妬から大杉栄の喉部を刺したという事件である。この刺傷事件が、主義者の堕落と乱脈を象徴する大スキャンダルとして、ジャーナリズムの好餌となったことはいうまでもない。

    しかし、この無残な結末は、大杉と三人の女たちの四角関係に決着をつけた。翌年、市子は4年の刑に服して下獄し、保子は大杉と正式に離婚した。結果、伊藤は愛の勝利者となったが、そのために、彼女はいっそう社会からも友人からも孤立しなければならなかった。しかし、彼女に後悔はなかった。大杉とともに歩く将来をかたく信じていたからである。その死が訪れるまでの6年間に、大杉との間に、野枝は一男四女をもうけている。野枝は「愛の夫婦生活」という記事で「私共を結びつけるもの」として大杉を「寛大な愛人であり、思いやり深い友人であり、信頼すべき先輩であり、同志」であると評している。

2016年11月 8日 (火)

J.F.ラザフォードと「ものみの塔」

Jfrutherford1911   ジョセフ・フランクリン・ラザフォード(1869-1942)は、1869年11月8日、米国ミズーリ州モーガン郡のある農家で生まれた。1892年、ミズーリ州で法律事務に携わるための免許を得る。ラザフォードは学生時代、学費の足しにするため、百科事典の戸別セールスをしていた。それはやさしい仕事ではない。断わられることも多かった。農場を訪問し、氷の張った小川に落ちて死にそうになったこともある。彼は、弁護士になった時、だれかが事務所に本を売りに来たら絶対に買ってあげよう心に誓った。その誓いとおりに、ラザフォードは、1894年の初めに事務所にやって来た二人の聖書文書頒布者(コルポーター)から、「千年期黎明」を3巻受け取った。数週間後、本を読んだラザフォードはすぐに、ものみの塔協会に手紙を書き、その中でこう述べた。「愛する妻と私は非常な興味を抱いてそれらの本を読みました。そして、私たちがこれらの本に接する機会を得たことは神から授けられた大きな祝福であると考えております。」

  1906年、ラザフォードはバプテスマを受け、1年後にはものみの塔協会の法律顧問となった。 Joseph Franklin Rutherford

2016年11月 7日 (月)

荒木又右衛門「三十六人斬り」

Meiji_067     寛永11年(1634年)11月7日、伊賀上野で渡辺数馬が弟の源太夫の仇を討つため、河合又五郎らを討った。仇討ちは君父に限られているため、弟の仇討は違法である。そのため主君の池田忠雄の遺恨を晴らすという上意討ちの形をとった。このとき荒木又右衛門(1599-1638)は数馬の姉・みねの夫であり、義弟の助太刀をしたのである。

    鍵屋の辻(伊賀市小田町)の決闘は6時間にも及んだ。死者は敵方は河合又五郎、河合甚左衛門、桜井半兵衛、三助の4人。数馬方は河合武右衛門の1人である。このとき又右衛門は敵を36人斬ったといわれているが、それは講談の上での話。実際に又右衛門が斬ったのは河合甚左衛門、桜井半兵衛の2人。後に又右衛門は鳥取池田家に招かれ、寛永15年8月28日、41歳で急死している。墓は玄忠寺(鳥取市新品治町176)にある。

2016年11月 5日 (土)

長たらしいタイトル・書名

20060305120322    フジテレビで「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」(実写版)という長いタイトルのドラマが放送されたことがある。映画には、スタンリー・キューブリック監督、ピーター・セラーズ主演で、1963年制作された、「博士の異常な愛情または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」というやたらと長い題名のものがあった。

    書物の世界でいちばん長い題名のものは正確にはわからない。一説では17世紀のベストセラーで、「古代および現代の哲学者、自然の秘密、また算術、幾何学、宇宙形状学、時計学、天文学、航海術、音楽、光学、建築、統計学、力学、化学、噴水、花火等の実験により抽出された、現在までに一般には明らかにされていない数学の娯楽および雑多な問題集、大部分の原典はギリシャ語およびラテン語で書かれ、近年フランス語でヘンリー・ヴェン・エッテン・ゲントにより編纂され、そして現在、検証、訂正、付録を加えて英語版で登場」というものである。(野口悠紀雄「超勉強法」)

 ダニエル・デフォーの「ロビンソン・クルーソー」の原題名は小説の中で世界一長いことで有名である。トマス・モアの「ユートピア」も著名なタイトルだが、原題は「最良の社会体制ならびにユートピア新島について。いとも著名にして、雄弁なるトマス・モアによる、機知に富むばかりか、効能もある、真の黄金の書物・・・・」と長たらしい。

   日本語文献では、「クレーム・パワハラ・理不尽な要求を必ず黙らせる切り返し話術55の鉄則」神岡真司 TAC出版 2010年刊行、がある。(33文字)

「日本映画のほんとうの面白さをご存知ですか?」白井佳夫 講談社 1981年刊行(20文字)

「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」マックス・ウェーバー 岩波文庫(21文字)

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら」 岩崎夏海 (35文字)

「分ければ見つかる知っている漢字白川静先生に学んで漢字の学習システムをつくる宮下久夫遺稿集」 宮下久夫 太郎次郎社 2000年刊行(44文字)

Tky201304130469「成功する人は生姜焼き定食が好きだ」笠井奈津子(16文字)

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹(19文字)

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」黒井勇人(25文字)

大原美術館と大原社会問題研究所

_11    1930年のこの日、倉敷紡績社長・大原孫三郎(1880-1943)は、倉敷市に大原美術館を開設した。その前年に死去した画家の児島虎次郎(1881-1929)を記念するために建設した。エル・グレコの「受胎告知」や印象派の名作を集めた美術館して知られている。大原孫三郎は社会事業にも大きな功績を残している。父・大原孝四郎が創立した倉敷紡績を継ぎ、これを倉敷レイヨンに発展させたが、かたわら社会事業に熱心であった。18歳のとき二宮尊徳の「報徳記」をくり返し読み、事業の利益の何割かは社会へ還元すべきであって、私腹をこやしてはならない、という訓えに心をうたれた。そして20歳のときキリスト教の熱心な感化を受けた。孫三郎は、まず彼にキリスト教を教えた石井十次の経営する岡山孤児院を援助した。この他郷里の倉敷市に、病院・美術館・民芸館・考古館・天文台・農業研究所などをつくって一般に開放した。なかでも、大正8年に設立された大原社会問題研究所は、大正・昭和初期の社会科学のメッカであった。所長の高野岩三郎の下に、櫛田民蔵、久留間鮫造、森戸辰男、大内兵衛、細川嘉六、笠信太郎などの学者が、ここから輩出した。この研究所がわが国の社会科学や労働運動に投げかけた影響は測り知れないものがある。大阪市天王寺区伶人町にあった大原社会問題研究所は昭和24年に財政難のため廃館となったが、現在は法政大学大原社会問題研究所として継承されている。(11月5日)参考文献:「児島虎次郎研究」松岡智子

ヴィヴィアン・リー

Vivienp3 1913年のこの日、女優ヴィヴィアン・リーが生れる。茶の産地として知られるダージリンはインドとネパール、ブータン、シッキムを結ぶ交通の要地である。1911年12月2日、アーネスト・リチャード・ハートリーは若い花嫁ガートルード・ロビンスン・ヤクジェとジョージ5世とメリー王妃が着いたと同じ日にインドに着いた。フランス人とスコットランド人の先祖の血をひく新妻はセーヴル焼きの陶器のように手をふれると砕けそうに弱々しく、妖精のようにいたずらっぽい女性であった。翌年の4月になって彼らは汽車で北へ行き、ダージリンの山岳地帯の避暑地に向かった。二階のその家はハートリーが勤める金融業ピゴット・チャップマン商会の同僚のもので、街を見降ろす丘の斜面に建っていた。1913年11月5日の夜、カンチェンジュンガとエヴェレストの雪に覆われた頂に太陽が沈み、ダージリンの街に灯かりがつき始めたとき、英国人の医師は、二階から降りてくると、ハートリーに此の世にめったとないほどの美しい女の子の父になったことを告げた。インド人の女中が、母親がカンチェンジュンガを見た直後に生れた子は完璧な美貌を保証されるといった。やがてこの女の子が、映画史に最も輝かしいスカーレットとブランチの女優、そしてジュリエット、アンチゴーヌ、クレオパトラで絶賛を博した舞台女優で知られた伝説の女優ヴィヴィアン・リーとなるのである。 (Vivien Leigh)

ユトリロの信仰心

Img_0001
 郊外の教会  1917年

Img_2
 コルシカ島の教会 1912年頃

   1955年のこの日、モーリス・ユトリロは71歳で没した。ユトリロは1883年12月26日、パリのモンマルトルのポトー街3番地に、女流画家シュザンヌ・ヴァラドン(1865-1938)の私生児として生れた。ユトリロの前半生において、およそ10回におよぶアルコール中毒治療のための精神病院への入院がよく知られている。入院中、懸命に絵を描いては医師や看護婦たちにそれを見せ、自分が正常であることを示そうとした。作品のほとんどが風景画である。それもありふれたパリの街並み。なかでも注目されるのが教会が多いことである。サント・マルグリート教会、セント・セブリン教会、ドウィユの教会、モンマルトルの教会、サン・ジェルヴェの教会、シャティヨン・シュル・セーヌ教会、クリニャンクールのノートルダム教会など名作が多い。

   ユトリロは少年期から信仰に心ひかれるものがあったらしい。しかし母親のヴァラドンは少女時代の体験から聖職者たちに深い憎悪を抱いていた。母はユトリロに洗礼を受けさせず、彼の手から説教の本をとりあげることもたびたびあった。にもかかわらず、ユトリロの神への希求は衰えなかった。

    また、少年時代からジャンヌ・ダルクに魅せられていた彼は、第一次世界大戦の始まった1914年、ランスの聖堂(百年戦争の時、ジャンヌ・ダルクがフランス国王を即位させた場所)が、ドイツ軍に爆撃されたことを知って逆上し、その怒りを作品「炎上するランスの聖堂」として残している。1933年、49歳の年にようやくリヨンで洗礼を受け、4年後に聖体拝受をしたユトリロは、ますます狂信的ともいえる信仰の生活に入っていく。アトリエに祭壇を設け、教理問答書も暦の聖人の名もすべて暗記し、1日に6時間も祈りを続けた。ジャンヌ・ダルクが処刑された水曜日と、キリストが十字架にかけられた金曜日は仕事をせず、聖母マリア像の足や聖人の聖脾に接吻したりして過ごしたという。晩年のユトリロにとって、信仰は、若き日の絵と酒に代わる最後の心の拠り所であった。(11月5日)

2016年11月 4日 (金)

あああああああああ

   世の中、わけが分からない。ピコ太郎「PPAP」の動画が世界的なブームを呼んでいる。でもどこが面白いのか、意味不明。「恋ダンス」をみんなが歌い踊る。メディアや世論調査が勝利を報道しても国民の審判はトランプ。金沢工業大学の大澤敏学長の「達人プロジェクト」に掲載された「ああああああああ・・・・」も意味不明だ。学長の謎のコメントは「松島や ああ松島や 松島や」風の心境なのかもしれなが、すぐに当局によって削除された。これに対して、「雑すぎる」と批判的意見もあるが「面白い」という声もある。学長が実際に書いたものではなく、学生のイタズラとする説もある。「あ」の文字列はインパクトがあり、石崎虚空の詩集には「あああああ」がある。

ノルデンショルドの日本図書コレクション

 探検家アドルフ・ノルデンショルドは1878年ヴェルガ号でスウェーデンを出発射して北極海に入り、ベーリング海から太平洋に抜けて横浜に入港。日本滞在中に日本の文化や歴史に興味を持ち、大口正之という青年に依頼し、東京横浜の書店から約1050点、7000部近い図書や新聞雑誌を購入する。帰国後スウェーデンの王立図書館に寄贈、日本研究の一大コレクションとなる。収集された書物は、十分な時間がなかったためか、特にテーマは無く、当時流通していた本が集められたらしい。(参考;饗場徳衛「ノルデンショルド日本図書コレクションの展示について」地学雑誌90-2、1981)

戦艦大和誕生

Dscn0487   1937年のこの日、戦艦大和の起工式が呉海軍工廠でおこなわれた。さすが軍機の戦艦の起工式だけあって厳かではあったが、機密保持のため少数の関係者だけで華やかさはなかった。大和建造の実質的な現場責任者は、西島亮二海軍技術大佐(当時35歳、1902-1995)。大和が完成するのは4年後の1942年10月16日である。西島は戦後、その口を閉ざして多くを語らなかったが、建造の記録を手記にしてひそかに残していた。2005年、大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)開館。10分の1サイズの戦艦大和が展示されている。

O0575038312632557589

2016年11月 3日 (木)

ホラズム、ブハラ・ハン国などイスラム国家のその後

250pxkhwarezmian_empire_1190_1220

  中央アジアに位置するホラズム(Khorazm)はアム・ダリヤ下流域の肥沃なデルタ地帯で、アラビア語ではフワーリズムという。ホラズムはその地理上の位置から東西文化の交流点となり、イランと北方遊牧民との仲介貿易の拠点となった。1077年にセルジューク朝から独立しホラズム・シャー朝を樹立したが、1219年、蒙古軍チンギス・ハーンに破れた。なかにはホラズム人で蒙古の官吏となったものもいる。最後の皇帝ジェラール・ウッディーンは抵抗したが、ディヤルバクルでクルド人に殺害され、1231年、ホラズム・シャー朝は滅びた。やがてモンゴル帝国も滅び、1505年にはウズベク族に支配され、16世紀初頭ムガール帝国の支配下にあった。ウズベク族はブハラを首都として、シャイバー朝に始まり、アストラハン朝・マンギット朝と続いた。18世紀中期は、ドゥラニー朝の成立によって近代アフガニスタンの基礎が築かれた。19世紀になって、ロシアとイギリスの勢力の接点となり、二度にわたるアフガン戦争によってイギリスの保護国となる。

19世紀ガージャール朝王名表

ムハンマド・シャー(在位1834-1848)

ナースィル・アッディーン・シャー(在位1848-1896)

ムザッファル・アッディーン・シャー(在位1896-1907)

2016年11月 2日 (水)

ヨタカの由来は?

ヨタカはインドからインドシナ、中国を経てウスリー地方にかけて分布している種で、日本には夏に飛来して繁殖する。江戸時代、辻で客引きをする娼婦のことを「夜鷹」と呼ぶが、この鳥名につられられたのはなぜか。この鳥が夜に活動して、何の変哲もない場所にしとねするという習性を併せ持つからそう呼んだにちがいない。榮川省造「異説鳥名抄」には「この鳥が夜行性で羽毛の斑点や飛び形が鷹に似ていることからヨタカとよぶ。古書には、蚊母鳥、蚊吸鳥、鴟とある」と記されている。

大鵬と柏戸

D4bf53b3   1961年のこの日、大鵬と柏戸が同時に横綱に昇進。柏鵬時代の幕開け。通算の両者の対戦成績は大鵬の21勝16敗。(11月2日)

織田信行

  織田信長の同母弟。1556年、林秀貞・柴田勝家らに擁立され稲生の戦いを引き起こすも大敗し、降伏する。1557年11月2日、清洲城にさそいだされて殺された。

2016年11月 1日 (火)

20世紀初めのイタリア

Antonio_salandra   最近イタリアで大きな地震があった。イタリアは地震国だが、20世紀初めにも2つの大地震が発生した。1908年12月28日、イタリア南部シチリアからカラブリアにかけて発生した。マグニチュード7.2、死者は約8万2千人。メッシーナ地震である。そして1915年1月13日には中部イタリアのアヴェッツァーノで発生した。マグニチュード6.9、死者3万3千人という大災害だった。ローマ市内では路面電車が脱線するなど大混乱に陥り、サン・ジョバンニ聖堂の被害も大きかった。アヴェッツァーノ州では交通が途絶え、17ヵ村が完全に破壊された。

   前年7月に第一次大戦が勃発し、大戦中の出来事である。イタリアはドイツ・オーストリアと三国同盟で結ばれていたが、ジョリッティを継いだアントニオ・サランドラ(画像)内閣は中立を宣言して戦局の推移を見守った。政府は秘密裏に英仏とロンドン条約を結んで、協商側につく見返りとしてトレンティーノ・トリエステ・ダルマーツィァを取得する約束を得た。この秘密条約にもとづいてイタリアは三国同盟を破棄し、1915年5月24日オーストリアに対する宣戦を布告する。オーストリアとの戦争は、一進一退を繰り返したが、1917年のロシア革命後、独墺軍はロシア戦線の兵力をイタリア戦線に投入できるようになった。イタリアはカポレットの戦いで大敗し、超党派の集団として議員国防ファッショが結成される。これによって1918年10月のヴィットーリォ・ヴェーネトーで決定的な勝利をおさめて戦局の逆転に成功する。11月に休戦協定。翌年3月ムッソリーニはミラノで「イタリア戦闘ファッシ」を結成する。その4年後、日本では関東大震災が勃発する。大災害からファシズム国家というコースは共通する。(世界史)

Messina_d0
 メッシーナ

201_001
  アヴェッツァーノ

28063_t_w630_h354_m4


Avezzano_2


A1915i

Terremotoavezzano


Photo_2

「ゆとり世代」の現代若者たち

   「ゆとり世代」とか「さとり世代」という言葉が流行語になっている。19歳から30歳までの人たちをいい、「失われた20年」の中で育ってきた現代の若者たちである。主に2002年~2010年度の学習指導要領に基づく「ゆとり教育」を受けた世代に当たる。具体的特徴として、「車やブランド品に興味がなく、テレビをあまり観ず、欲がなく、ほどほどで満足する」「恋愛に淡泊」「海外旅行に関心が薄く、休日を自宅やその周辺で過ごすことを好む」「節約志向で無駄遣いはしないが、趣味にはお金を惜しまない」「様々な局面に合わせて友達を選び、気の合わない人とは付き合わない」などが挙げられる。

  しかし歴史的にみてこのよう特徴が顕著に表れるの、あるいは一過性のものなのかわからない。歴史の上で明確に表れるのは1920年代の「失われた世代」(ロースト・ゼネレーション)である。第一次世界大戦での犠牲者は低くみれても2000万人以上。このなかのほんどが20代の若者だった。年代ピラミッドをみればある世代が本当に少なくなっている。つまり「失われた」とは比喩的な意味ではなく、ほんとうに死んでこの世からいなくなっているのである。そしてわずかに残された同世代があの戦争の死と恐怖を記憶に封印しながら、繁栄と平和の時代を生きるというギャップに多くの矛盾を感じたのである。

秦氏とネストリウス派キリスト教

   西暦603年のこの日、秦河勝が聖徳太子から仏像を譲り受けたとされる。

   聖徳太子を「厩戸豊聡耳皇子」というが、太子をキリストに擬したのは景教(ネストリウス派)の信徒がいたという説は古くから存在する。佐伯好郎は渡来人の秦氏がキリスト教であったと考えた。京都にある秦氏の本拠地「太秦」には秦氏創建の広隆寺があり、広隆寺はもともと「太秦寺」と呼ばれキリスト教の教会であった。日本書紀には「弓月国の王が127県の民を引き連れて百済からやったてきた」とある。弓月国は3世紀から6世紀にかけて西域に栄えたキリスト教国だった。西突厥に滅ぼされ、弓月国の子孫である秦河勝が聖徳太子の側近となって、多くの神社を建てた。河勝は、太子亡き後、蘇我入鹿の迫害を避け、海路をたよって赤穂の坂越浦に逃れ、647年、80余歳で亡くなっている。現在、赤穂大避(おおさけ)神社には秦河勝が祀られている。(11月1日)

点字記念日

Photo_9   1890年4月22日、東京盲唖学校訓導、石川倉次(画像、1859-1944)がフランスの6点式点字をアレンジして日本式点字を考案した。同年11月1日、石川案が日本語用の点字として正式に採用された。19221年には、大阪毎日新聞社の中村京太郎らが「点字毎日」を発刊している。公共図書館で最初に点字図書を設置したのはどこであるかはっきりとしていない。市立名古屋図書館の館長、阪谷俊作(1892-1977)は昭和4年に点字文庫を開設しているが初期の活動して高く評価してよい。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30