無料ブログはココログ

« 浅沼稲次郎の読書ノート | トップページ | 安藤昌益の墓 »

2016年10月12日 (水)

逃げるは恥だが役に立つ

Ossessione_f

  新垣結衣の新ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。契約結婚のコメディw@でタイトルはハンガリーの諺からきているらしいがちょっと意味不明。このように変わったタイトルの映画はむかしからある。「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(1942年)はジェームズ・M・ケインというアメリカの作家の同名小説をルキノ・ヴィスコンティが北イタリアに舞台を移してリアリズムで描いている。だが映画に郵便配達夫は一度も登場しない。映画を見たが、タイトルと内容がどう結びつくのか意味不明。イタリアでの原題は「OSSESSIONE」(妄執)という。
    「愛しのシバよ帰れ」(1952年)のタイトル中の「シバ」という愛犬も映画に登場しなかった。かつて可愛がっていた愛犬が失踪した。妻は過去のことばかり追い求める。過去の自分との決別がテーマになっているという解説があったが、シバがその象徴といわれてみればなんとなくわかる気がする。

« 浅沼稲次郎の読書ノート | トップページ | 安藤昌益の墓 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅沼稲次郎の読書ノート | トップページ | 安藤昌益の墓 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31