無料ブログはココログ

« おしぼりの日 | トップページ | ハロウィンがやってくる »

2016年10月29日 (土)

喪服が黒色になったのはなぜ?

O0480036013585441908   朝の連続ドラマ「あさが来た」で実母のお葬式で女性の白い喪服の姿に驚いた視聴者も多かった。女性は明治から昭和初期まで、白の羽二重の無垢に白の帯、すべて白で統一されていた。白喪服は「二夫に見えず(もう再婚しません)」という意味もある。喪服が白から黒に変わったのはなぜか。乃木希典の大正元年の葬儀のとき、列席した世界各国の要人たちの服がみな黒であった。その時の服装が、日本の喪服文化に影響を与えたといわれている。

世界史で喪服を黒と定めたのは古代ローマ帝国。黒服をまとうことにより死者の霊が自分につくことを避けようとする恐怖心のあらわれでもあった。ところが古代中国では白色が来世での幸福を祈る色とされたため、葬式には白色の服を着ていた。この影響は韓国や日本にも及んでいる。ヨーロッパも中世の頃は白喪服だった。

« おしぼりの日 | トップページ | ハロウィンがやってくる »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おしぼりの日 | トップページ | ハロウィンがやってくる »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30