無料ブログはココログ

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | トルクメニスタン独立記念日 »

2016年10月27日 (木)

わたし作る人、ぼく食べる人

Img

    ハウス食品初の即席めん「シャンメンしょう味」のCMがテレビで放送されたのは昭和50年8月末のことだった。

「今なんどきですか?」

「ハイ、ラーメンどっきっよ!」

そして結城アンナがラーメンをテーブルに座った佐藤祐介に運ぶ。

「わたし作る人」(結城アンナ)、「ぼく食べる人」(佐藤祐介)と言いつつラーメンを食べる。そして町田義人の歌が流れ、「結果!、♪ハウスシャンメン、しょうゆ味!」と終わる。

   このCM開始から1ヵ月余り過ぎた9月30日、「国際婦人年をきっかけとして行動を起こす女たちの会」のメンバー7人は、ハウス食品の本社を訪れ、「男は仕事、女は家事・育児という従来の性別役割をより定着させるもの」としてCM中止を要請した。ハウス食品では消費者の声を無視できないとして、10月27日CM中止を決定した。新聞や週刊誌はこぞってこの問題を取り上げた。「言葉狩り」「重箱の隅をつつく行動」など、抗議に批判的な論調も少なくなかったが、これが、日本で始めて性差別広告として批判された事例として画期的な意味を持つものとなった。これを契機に性差別広告批判運動は高まりを見せ、「男女の性別役割分業」という言葉を、世に広めた結果となった。

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | トルクメニスタン独立記念日 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント


こんにちわ、ジョブ板と言う求人情報サイトの運営局です。
http://jobbang.comをリリース致しましたので、ご報告させていただきたいと思います。

ジョブ板は求人情報をあなたのブログにブログパーツとして貼り付ける事によって
クリック単位、ページビュー単位で広告収入を得ることの出来るサイトです。

なかなか広告収入を得る事の出来ないブロガーの皆さんのお役立てが出来ると考えております。

是非一度遊びに来ていただければ幸いです。
http://jobbang.com
よりアクセスいただけます。
どうかよろしくお願い致します。

アリエールのコマーシャル。草薙さんは子供と戯れ、奥さんだけが洗濯する。これはどうなの?

男女の社会的役割を固定化する表現は今でも見られますね。ただ現代は草食系男子、強い女子といったワンパターンも問題。阿部サダヲ、サトエリの「離婚同居」などあまりにもリアルで笑えない男性も多いのでは。昭和50年当時はウーマン・リブ、中ピ連などの勃興期でまだ男性の側に余裕があったのではないでしょうか。「ゲゲゲの女房」に癒されるという女性が多いというのは興味のあるところです。

お疲れ様です。BSで世界のアラフォー10人の物語という番組を興味深く拝見しました。確かにかのCMの頃とは比ぶべくも無いでしょうが社会における女性の立場は強くなったとは言えないと思います。特にこの国では…これまでの社会が不当な男性社会だっただけ、穏当な平等社会に向かう過渡期に過ぎぬと実感しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | トルクメニスタン独立記念日 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31