無料ブログはココログ

« 孫文と辛亥革命 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2016年10月11日 (火)

山口良忠判事の死

2011624151638_2   1947年のこの日、東京地裁の判事、山口良忠は終戦後の食糧難の時代に、闇米を拒否して配給食糧のみの生活のため栄養失調で死んだ。死後20日ほど経って、朝日新聞で報道され、その存在が知られるようになった。

「帰りきてふるさとの空かくばかり 

 青かりしとは知らざりしかな」

これは山口判事の辞世の歌である。

   大正2年11月16日、佐賀県杵島郡白石町に生まれる。小学校教師の長男。京都大学卒業後、判事となる。昭和17年に東京民事裁判所に、転任後、昭和21年10月に東京区裁判所の経済事犯専任判事となる。この部署では、主に食糧管理法違反者を担当しているため、それを取り締まる自分が闇米を食べてはいけないのではないかと思うようになり、この頃から闇米を拒否するようになった。山口判事は配給のほとんどは二人の子供に与え、自分は妻と共にほとんど汁だけの粥などをすすって生活した。周囲の人はその身を案じて食糧を送ったり、食事に招待するなどしたものの、山口判事はそれらも拒否した。昭和22年8月27日、地裁の階段で倒れ、ようやく故郷の佐賀県白石町で療養したが、10月11日、栄養失調がもとによる肺浸潤(初期の肺結核)のため33歳で死去した。

   「食糧統制法は悪法だ。しかし法律としてある以上、国民は絶対にこれを服従せねばならない。自分はどれぼど苦しくともヤミ買い出しなんかは絶対にやらない」「自分等の心にいちまつの曇があり、どうして思い切った正しい裁判ができようか」「自分はソクラテスならねど、食糧統制法の下、喜んで餓死するつもりだ」などと綴られた病床日記が没後、報道されて大きな反響を呼んだ。

1947006

« 孫文と辛亥革命 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

山口判事さんのこと、興味深く読ませて
いただきました。同じ佐賀県白石出身で
谷風の好敵手、小野川を抱えた久留米藩の
地元で育ち、無法松の小倉に住んでいます。

おたよりありがとうございます。山口判事さんと同郷だそうですね。昭和史のことが好きで、山口良忠さんのことはかなり前から知っていますが詳しいことは自分もまだ調べたことが無いので一度時間があったら読もうと思う本があります。「われ判事の職にあり」という山形道文の著作で文芸春秋から以前出版されましたが、2010年3月に肥前佐賀文庫からも出されているそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孫文と辛亥革命 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31