無料ブログはココログ

« 「君が代」初演奏 | トップページ | サンフランシスコ講和会議 »

2016年9月 8日 (木)

「ダビデ」にパンツは似合わない

Tumblr_ln8muhkoni1ql3umeo1_1280  1504年のこの日、ミケランジェロ・ブォナローティーが制作した「ダビデ」が初めて公開された。1501年、ミケランジェロは、「ダビデ」の制作のためにフィレンツェに戻ってきた。事務所の横に打ち捨てられていた大きな大理石の塊が彼に与えられた。40年ほど前に、別の彫刻家がそれで彫像をつくり始めたが、失敗して放置されたままになっていた、石の塊は丈高で幅がなく、かなりひび割れていた。それにもかかわらず、ミケランジェロはこうした障害を乗り越え、驚くほど解剖学的に正確な人物像を彫りあげた。ダビデが左肩にかけているのがスリング(投石器)である。

    1504年に「ダビデ」が完成してフィレンツェのシニョリア広場に設置しようとしたところ、市政長官ピエロ・ソデリーニ(1450-1522)がやって来て彫像の鼻が大きすぎると批評した。ミケランジェロは、足場にのぼってのみで鼻をなおしているようなふりをしながら、手に持つた大理石の粉を少しずつ落した。「これでどうでしょう?」「それでよくなった。生き生きとして来た」とソデリーニは答えた。(ヴァザーリ「美術家列伝」) 

  ところでダビデ像の後ろ姿を写した画像が少ない。お尻をとくとご覧あれ。Michelangrlo Buonarroti,Piero Soderini ,9月8日

Euro430

55276676_2   芸術か猥褻かは、見る人の感性によっても異なるが、先ごろ愛知県美術館の写真展示で男性器が写っていることから、猥褻物陳列罪にあたるとして布で覆われることになった。また島根県奥出雲町の三成運動公園にあるダビデ像のレプリカも一部町民から苦情が寄せられ、町議会で「教育上、ふさわしくない」という意見がだされた。その後、ダビデ像にパンツをはかせてほしいという要望があるそうである。この話題は海外メディアにも取り上げられ、「歴史的に有名な芸術作品にパンツをはかせるという考え方自体どうかしている」と笑われている。日本人の芸術への感性は低いといわざるをえない。

3ac4fd7e

   問題のダビデ像は高さ5mもある巨大なものだが、下から仰ぐと、チンコが目立ってみえる。町の偉いさんたちがあのチンコをどうするか相談している模様。「どうしたもんじゃろのう~」「白いブリーフは似合わないぞ」「ヒョウ柄の鬼のパンツはいいパンツ♪」「いっそダビデの巨根を少子化対策に生かし、生殖信仰にすべし」といろいろな意見がだされた。

« 「君が代」初演奏 | トップページ | サンフランシスコ講和会議 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

赤川次郎「幽霊列車」みたいな町おこしの狂言のような感じがする

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「君が代」初演奏 | トップページ | サンフランシスコ講和会議 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31