無料ブログはココログ

« 同姓の俳優たち | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2016年9月 8日 (木)

望月靖之

    1964年東京オリンピック開会式などで日本選手団が着用した赤と白の公式服をデザインしたのはアイビールックで知られたデザイナーの石津謙介と定説化されていた。しかし本当は公式服をデザインしたのは東京神田で洋服店を営んでいた望月靖之(1910-2003)であった。

« 同姓の俳優たち | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

質問に対し、石津関係者は「デザインしてない」と言っているようだが、くろすとしゆき氏はあたかも作ったかのように証言している。
http://www.joc.or.jp/column/sportsandart/20070726.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同姓の俳優たち | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30