無料ブログはココログ

« カミーユ・ピサロ | トップページ | 「君が代」初演奏 »

2016年9月 7日 (水)

日本の端を巡る旅 宗谷岬と佐多岬

    海辺の漁村から山に囲まれた町、古都から大都会まで、あるいは雪の降る北国の町から、黒潮洗う南国の島々まで、南北に長い日本列島、隅から隅まで、各地を実際には行かず、一日、書斎に籠り叙述する。では北と南の端を巡る旅。

0019380021_m

    日本最北端の地、宗谷岬。北緯45度31分22秒。東はオホーツク海、西は日本海、北には宗谷海峡をはさんで43㎞先にサハリンを望む。宗谷岬から知床岬、納沙布岬、尻羽岬、襟裳岬、地球岬、恵山岬、白神岬、尾花岬、積丹岬、雄冬岬と北海道をぐるっと一周。

Misaki01

    鹿児島県大隅半島、佐多岬は北緯31度線上に位置し、南端の断崖から50m沖の大輪島に佐多岬灯台がある。晴れた日には種子島、屋久島を見ることができる。

« カミーユ・ピサロ | トップページ | 「君が代」初演奏 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カミーユ・ピサロ | トップページ | 「君が代」初演奏 »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31