無料ブログはココログ

« 五大湖 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2016年9月 5日 (月)

法隆寺の玉虫厨子

Src_36110507   飛鳥時代、推古天皇のころの製作と考えられる。厨子は二重の基段の上にたっており、正面に階段がある。高さ23.7cm。板部は檜材、彫刻部にはクスノキがもちいられる。全面漆塗装。厨子の宮殿部台座周縁の金銅透彫金具の下に、いちめんに玉虫の羽をはりつめていたところから、玉虫厨子の名で親しまれている。しかし、いつごろからそう呼ばれていたのか、確かではない。鎌倉時代の「古今目録抄」に「玉虫の羽をもって、銅を彫り透した唐草の下に之を臥せた」と、この厨子の名の由来に結びつく記載がわかる。仏教的主題の絵画が描かれ、須弥座段には捨身飼虎の図が画かれている。

« 五大湖 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五大湖 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31