無料ブログはココログ

« ルソーとアポリネール | トップページ | 王貞治756号達成の花束プレゼンターは? »

2016年9月 3日 (土)

谷崎潤一郎偽作「誘惑女神」騒動

Kurata_kiji

    朝日新聞昭和60年9月3日付夕刊の1面に「谷崎潤一郎未発表の直筆・誘惑女神68年ぶりに発見、未亡人のもとに帰る」とスクープ。劇作家の豊田豊が家に保管していた原稿11枚の谷崎潤一郎の未発表作品が発掘されたという。内容は古代大和朝廷のころ、美男の仏師が愛欲に溺れるという話。3年後に分かった話だが、実はこの作品は倉田啓明(1892-没年不明)という大正期の小説家が谷崎の作風・筆跡を似せて書いた真っ赤な偽作。大正6年、倉田は東京日日新聞に谷崎の名を騙り、原稿料を詐取した。この件で倉田は大正6年、11月の実刑を受け、関東大震災後、関西に移住、晩年の消息は不明。朝日が原稿が松子夫人の元に戻ったことを美談にしたててガセ記事を載せたという、なんともお粗末な話であった。

« ルソーとアポリネール | トップページ | 王貞治756号達成の花束プレゼンターは? »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

画家は盗まれて一人前という。
作品が盗まれるくらいにならないと駄目だ、と言ったのは、青森の画家で国画会会員の渡辺貞一だった。

それを思い出した。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルソーとアポリネール | トップページ | 王貞治756号達成の花束プレゼンターは? »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30