無料ブログはココログ

« 本と読書に関する名言・ことわざ・文献集 | トップページ | ドストエフスキー「白痴」知ってる? »

2016年9月12日 (月)

おもしろい番組を見逃すな

Bv7xuscuaajqlz   BS-TBS開局10周年記念ドラマ「一年半待て」は夏川結衣の迫真の体当たり演技で面白かった。本来ならば地上波でも視聴率がとれる内容だがBSデジタルに力を注いでいるのだろう。「一年半待て」はこれまでドラマで11回製作されている。これまで一事不再理がテーマだったが、今回はDVをテーマにみせかけての計画的な犯行、そして裁判員制度、ブログ、携帯、男関係を週刊紙に漏らす(リーク)など現代的な要素が効果的にドラマを盛り上げている。なんといっても主役の夏川の熟れた姿態や年齢が須村さと子に似合う。悪女ものだが最後に花屋のイケメンに捨てられところが哀れさを漂わせ男心をそそらせる。弁護士の高森はいつもの市原悦子。34年前に市原は須村の役を演じている。同じ原作を対照的な役柄を演じるところが芸暦の古さを物語る。監督、脚本家も優れているからだろう。それと松本清張のもつ力は古びない。それにしても夏川結衣と鈴木京香、ともに48歳と絶好調ですね。夏川がユニチカ、鈴木がカネボウのキャンペーンガール、ライバル同士。

    秋からの新番組のラインナップ。「べっぴんさん」芳根京子、「逃げるは恥だが役に立つ」新垣結衣、「彼岸島」鈴木亮平、「地味にスゴイ校閲ガール」石原さとみ、「黒い十人の女」成海璃子、「運命に似た恋」原田知世、「砂の塔」菅野美穂、「家政夫のミタゾノ」松岡昌宏、「勇者ヨシヒコに導かれた七人」山田孝之。

« 本と読書に関する名言・ことわざ・文献集 | トップページ | ドストエフスキー「白痴」知ってる? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本と読書に関する名言・ことわざ・文献集 | トップページ | ドストエフスキー「白痴」知ってる? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31