無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月30日 (金)

XYZ事件

   18世紀のカリブ海は映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界。海賊も多いけど、アメリカとイギリス、スペイン、そしてフランスとの間で紛争が頻繁に起こっていた。アメリカの商船が拿捕されることも多かった。米2代大統領ジョン・アダムスが特使をフランスに派遣したとき、フランスの外相タレーランは特使になんと賄賂を要求した。怒ったアメリカ特使は経緯を暴露した。これをXYZ事件という。アダムスは防衛力を強化し、海軍省を創設、1798年には宣戦布告のないまま、フランスとの開戦を準備していた。驚いたフランス側は和平に向けて準備し、ナポレオンが政権の座につくと、1800年9月30日パリでモルトフォンテーヌ条約が締結された。フランスはアメリカ船舶の入港禁止を解き、両国は互いに捕獲した相手国の船舶を返還することになった。

2016年9月29日 (木)

ゾラ、ガス中毒で死す

E0061906_15484295_2   19世紀後半のパリ市民の生活を生々しく描写したエミール・ゾラ(1840-1902)は9月29日、パリで急死した。ゾラと妻ジャンヌ・ロズロはいつものように夏を過ごしたパリ近郊のメダンからパリのブリュツセル街に戻った。だがその夜、寝室の暖炉の故障が原因で夫妻は一酸化炭素中毒に倒れた。助けがきたときゾラはすでに死亡していたが、夫人は回復した。スキャンダルのためアカデミー・フランセーズ会員に19回も立候補して果たせなかったゾラであったが、彼の死は公葬の礼を与えられ、遺骸はパンテオンに埋葬された。ドレフェス事件でドレフェスの無罪が確定したのはゾラの死後4年経ってからであった。

   ゾラの急死を知った幸徳秋水は、「英国が一個のシェークスピアを有するはインドの宝庫を有するに優れりと。仏国のゾラを有する、またかくの如くなりき。・・・・しかも今や亡し・・・」と日記に書く。

2016年9月28日 (水)

孔子の誕生日

19492cab     紀元前552年(前551年の説もある)孔子は魯の都曲阜の郊外昌平郷陬邑に生れた。現在の山東省曲阜市城東南尼山付近。尼山の麓にある「夫子洞(坤霊洞)」は、孔子の出世地だといわれている。

孔子の出生年月日については、諸書で記述が異なっているため、キリストや釈迦のように盛大に祝うという習慣があまりない。中国や台湾では9月28日を孔子の誕生日(孔聖誕)として祝っている。(なぜかウィキペディアでは孔子の誕生日は10月9日となっている。)

  誕生日が一定しないのは周と魯とで暦が異なるため古来より幾人もの偉い学者が調べてみたがはっきりとわからないためである。春秋公羊伝では襄公21年(前552年)、史記・孔子世家では襄公22年である。今日、史記の説をとり、孔子の誕生年を紀元前552年とする記述が多い。ところが「史記集解索隠正義礼記」は周の正月は11月なので、22年は実際には21年になるという。つまり現在の暦法に換算すると、孔子の誕生日は紀元前551年9月28日とするのが妥当であろう。

朝日平吾、安田善次郎を暗殺

  巨富を作すと雖も富家の責任を果さず。国家社会を無視し、貪欲卑吝にして、民衆の怨府たるや久し。予、其の頑迷を愍み、仏心慈言を以て、訓ふると雖も改悟せず。由て天誅を加え、世の警めと為す。

Dscn0483   大正10年9月、国粋主義者・朝日平吾(1890-1921)は斬奸状「死の叫び声」を起草、遺書をしたため、9月28日午前9時20分、安田善次郎(82歳)を大磯神明町の別邸で短刀で刺殺し、その場で自殺した。善次郎は一代で巨富を築き安田財閥の祖となった。オノ・ヨーコの曽祖父である。

   犯人の朝日平吾は、東京の弁護士風間と称して善次郎に面会、寄付を要請して断られると短刀で切りつけ、安田が書院から逃げて庭に転落すると馬乗りになってさらに胸、咽喉を刺した。安田の死を確認した朝日は書院縁側にもどり、西洋カミソリで自分の首を切り自殺した。遺書で、朝日は富豪、元老、政治家、顕官、華族を激しく攻撃、「余ノ盟友ニ残ス」に始まる末尾の章では一人一殺のテロリズムを賛美した。この年は第一次世界大戦後の物価高騰で庶民は苦しい生活を強いられ、米騒動が全国に広がっていた。11月4日には、朝日を英雄視した19歳の中岡艮一が東京駅改札付近で総理大臣原敬を刺殺している。(参考:奥野貫「嗚呼朝日平吾」)

2016年9月27日 (火)

国号「日本」 二ホンか、ニッポンか

  壬申の乱とは大友皇子(天智天皇の子・弘文天皇)と大海人皇子(天智天皇の弟・天武天皇)との間に行なわれた皇位継承をめぐる争乱。672年、吉野宮に隠棲していた大海人皇子は、坐して死を待つよりは、東国で兵を集めて近江方と決着をつけようと、妃の讃良皇女(持統)らを伴いあわただしく吉野の宮を出ていった。

   吉野を脱出した大海人皇子は美濃に本拠をおき、大軍を近江・大和にくり入れた。1ヵ月に及ぶ決戦ののち近江朝廷方は敗退し大友皇子は山崎で自害、大海人皇子は飛鳥に帰り浄御原宮に即位し天武天皇となった。673年2月のことである。なお、「天皇」「皇后」号や「日本」という国号も、このころ定められたとする学説が有力になっている。701年に制定された大宝律令によって「日本」が明文化される。東洋史家、愛宕松男は「天皇という一見日本独自の元首号も、じつは唐の第三代皇帝たる高宗の尊称を襲用したものと推定できる」と説いている。

   このころは「日本」と書いて「やまと」とか「ひのもと」と読んでいたが、やがて漢字の知識が広がり、「にほむ」と発音するようになる。江戸時代はハヒフへホをファフィフフェフォと発音し、「ニフォン」はあるが「ニホン」という発音はなかった。「ニホン」「ニッポン」と両方の読み方が定着したが、1934年に文部省国語調査会が国号を「ニッポン」にする案を提出したが、ついに決まらなかった。その後、1970年7月14日には日本の呼称を「ニッポン」に統一することが閣議決定されている。しかし一般に浸透せずに終り、2009年麻生内閣のときは「ニッポンまたはニホンという読み方はいずれも広く通用しており、どちらか一方に統一する必要はない」と答弁している。つまり、どちらの読みでもよいとされる。

「ニッポン」とする例
日本橋(大阪)
日本鋼管
日本放送協会
日本銀行
日本共産党
日本教職員組合

「二ホン」とする例
日本橋(東京)
日本郵船
日本赤十字社
日本学術会議
日本棋院
日本大学

Nihonu_type1600

2016年9月26日 (月)

礒谷十郎左衛門

   NHK土曜時代劇「忠臣蔵の恋」。武井咲が扮するきよが思いを寄せる四十七士のひとり礒谷十郎左衛門とは。彼は非常な美男だったので、しばしば忠臣蔵では色恋話で脚色される。よく知られるのは、吉良邸の女中に近づき、広大な屋敷の絵図面を探った話である。また歌舞音曲を愛した。死後、遺品の中から、紫縮緬の袋に入った琴の爪が出てきた。

映像化された世界文学作品(戦後)

 戦争が終って、平和が訪れると、第一線の監督たちは腰をすえて仕事をはじめ、すぐれた作品を作るようになった。文芸作品では、スタンダール、ゾラ、ディケンズ、モーム、カミュなどの映画化にも優れた映画が生まれた。戦後第一作の文芸映画はアンドレ・ジッド原作の「田園交響楽」(ミッシェール・モルガン主演)。わがベストはトーマス・マンの名作をルキノ・ヴィスコンティが映画化した「ベニスに死す」。21世紀に入ると映像化文芸作品は激減する傾向にある。近年はテレビドラマで世界文学の映像化がさかんである。

「シーザーとクレオパトラ」 ガブリエル・パスカル監督 1945年(バーナード・ショー脚本)

「田園交響楽」 ジャン・ドラノワ監督 1946年

「子鹿物語」 クラレンス・ブラウン監督 1946年

「剃刀の刃」 エドマンド・グールディング監督 1946年

「大いなる遺産」 デーヴィッド・リーン監督 1946年

「肉体の悪魔」 クロード・オータン・ララ監督 1947年

「パルムの僧院」 クリスチアン・ジャック監督 1947年

「美貌の友」 アルバート・リュ―イン監督 1947年(モーパッサン「ベラミ」)

「凱旋門」 ルイス・マイルストン監督 1948年

「マクベス」 オースン・ウェルズ監督 1948年

「ハムレット」 アイリーン・ハーリー監督 1948年

「アンナ・カレニナ」 ジュリアン・デュヴィヴィエ監督 1948年

「情婦マノン」 アンリ―・ジョルジュ・クルーゾー監督 1948年

「オリヴァー・ツィスト」 デビッド・リーン監督 1948年

「忘れじの面影」 マックス・オフェルス監督 1948年

「カルメン」 チャールズ・ヴィダー監督 1948年

「若草物語」 マーヴィン・ルロイ監督 1949年

「ボヴァリー夫人」 ヴィンセント・ミネリ監督 1949年

「第三の男」 キャロル・リード監督 1949年(グレアム・グリーンの戯曲)

「シラノ・ド・ベルジュラック」 マイケル・ゴードン監督 1950年

「輪舞」 マックス・オフュルス監督 1950年

「令嬢ジュリー」 アルフ・シェーベルイ監督 1950年

「文化果つるところ」 キャロル・リード監督 1951年

「欲望という名の電車」 エリア・カザン監督 1951年(テネシー・ウィリアムズの戯曲)

「レ・ミゼラブル」 ルイス・マイルストン監督 1952年

「三文オペラ」 ピーター・ブルック監督 1952年

「キリマンジャロの雪」 ヘンリー・キング監督 1953年

「嘆きのテレーズ」 マルセル・カルネ監督 1953年

「青い麦」 クロード・オータン・ララ監督 1953年

「雨に濡れた欲情」 カーティス・バーンハート監督 1953年(モーム「雨」)

「黄金の馬車」 ジャン・ルノワール監督 1953年(メリメ「黄金の馬車」)

「雨の朝巴里に死す」 リチャード・ブルックス監督 1954年

「海底二万哩」 リチャード・フライシャー監督 1954年

「ロミオとジュリエット」 レナート・カステッラーニ監督 1954年

「ユリシーズ」 マリオ・カメリーニ監督 1954年

「カルメン」 オットー・プレミンジャー監督 1954年

「エデンの東」 エリア・カザン監督 1955年

「足ながおじさん」 ジーン・ネグレスコ監督 1955年

「女優ナナ」 クリスチャン・ジャック監督 1955年

「オセロ」 セルゲイ・ユトケーヴィッチ監督 1955年

「ロメオとジュリエット」 エリ・アルンシタム監督 1955年

「チャタレイ夫人の恋人」 マルク・アレグレ監督 1955年

「戦争と平和」 キング・ヴィダー監督 1956年

「罪と罰」 ジョルジュ・ランバン監督 1956年

「居酒屋」 ルネ・クレマン監督 1956年

「ジャイアンツ」 ジョージ・スティーヴンス監督 1956年(エドナ・ファーバーの小説)

「八十日間世界一周」 マイケル・アンダーソン監督 1956年

「武器よさらば」 チャールズ・ヴィダー監督 1957年

「陽はまた昇る」 ヘンリー・キング監督 1957年

「レ・ミゼラブル」ジャン・ポール・ル・シャノワ監督 1957年 

「ドン・キホーテ」 グリゴーリ・コージンツェフ監督 1957年

「悲しみよこんにちは」 オットー・プレミンガー監督 1958年

「老人と海」 ジョン・スタージェズ監督 1958年

「女の一生」 アレクサンドル・アストリュック監督 1958年

「静かなるドン」 セルゲイ・ゲラーシモフ監督 1958年

「白痴」 イワン・プイリエフ監督 1958年

「ベン・ハー」 ウィリアム・ワイラー監督 1958年

「カラマゾフの兄弟」 リチャード・ブルックス監督 1959年

「緑の館」 メル・フェーラー監督 1959年

「危険な関係」 ロジェ・ヴァディム監督 1959年

「小犬をつれた貴婦人」 ヨーゼフ・ヘイフイツ監督 1959年

「アッシャー家の惨劇」 ロジャー・コールマン監督 1960年

「オセロ」 セルゲイ・ユトケヴィッチ監督 1960年

「復活」 ミハイル・シュヴァイツェル監督 1961年

「尼僧ヨアンナ」 イェジー・カヴァレロヴィチ監督 1961年(イヴァシュヴィッチの小説) 

「長距離ランナーの孤独」 トニー・リチャードソン監督 1962年

「審判」 オースン・ウェルズ監督 1963年

「三文オペラ」 ヴォルフガング・シュタウチ監督 1963年

「軽蔑」 ジャン・リュック・ゴダール監督 1963年(アルベルト・モラヴィアの小説)

「トム・ジョーンズの華麗なる冒険」 トニー・リチャードソン監督 1963年

「ハムレット」 グリゴリー・コーシンツェフ監督 1964年

「人間の絆」 ケン・ヒューズ監督 1964年(モームの小説)

「マイ・フェア・レディ」 ジョージ・キューカー監督 1964年(バーナード・ショー「ピグマリオン」)

「戦争と平和 第一部」 セルゲイ・ボンダルチュク監督 1965年

「ロード・ジム」 リチャード・ブルックス監督 1965年

「オセロ」 スチュアート・バージ監督 1966年

「ドリトル先生と不思議な旅」 リチャード・フライシャー監督 1967年

「異邦人」 ルキノ・ヴィスコンティ監督 1967年

「昼顔」 ルイス・ブニュエル監督 1967年

「アンナ・カレーニナ」 アレクサンドル・ザルヒ監督 1967年

「二十五時」 アンリ・ヴェルヌイユ監督 1967年

「ロミオとジュリエット」 フランコ・ゼッフィレッリ監督 1968年

「カラマーゾフの兄弟」 イワン・プイリエフ監督 1968年

「うたかたの恋」 テレンス・ヤング監督 1968年

「チップス先生さようなら」 ハーバート・ロス監督 1969年

「クリスマス・キャロル」 ロナルド・ニーム監督 1970年

「ジェーン・エア」 デルバート・マン監督 1970年

「嵐が丘」 ロバート・ヒューズ監督 1970年

「罪と罰」 レフ・クリジャーノフ監督 1970年

「マクベス」 ロマン・ポランスキー監督 1970年

「ベニスに死す」 ルキノ・ヴィスコンティ監督 1971年

「デカメロン」 ピエロ・パオロ・パゾリーノ監督 1971年

「三銃士」 リチャード・レスター監督 1973年

「人形の家」 ジョゼフ・ロージー監督 1973年

「華麗なるギャッビー」 ジャック・クレートン監督 1974年

「遠雷」 イェジー・ホフマン監督 1974年

「星の王子さま」 スタンリー・ドーネン監督 1974年

「ラスト・タイクイーン」 エリア・カザン監督 1976年(フィッツジェラルドの小説)

「ウイズ」 シドニー・ルメット監督 1978年

「テス」 ロマン・ポランスキー監督 1979年

「ブリキの太鼓」 フォルカー・シュレンドルフ監督 1979年

「チャタレイ夫人の恋人」 ジュスト・ジャカン監督 1981年

「スワンの恋」 フォルカ―・シュレンドルフ監督 1983年(プルースト「失われた時を求めて」)

「カルメンという名の女」 ジャン・リュック・ゴダール監督 1983年

「カルメン」 カルロス・サウラ監督 1983年

「インドへの道」 デヴィッド・リーン監督 1984年

「剃刀の刃」 ジョン・バライラム監督 1984年(モームの小説)

「赤毛のアン」 ケヴィン・サリヴァン監督 1985年

「肉体の悪魔」 マルコ・ベロッキオ監督 1986年

「危険な関係」 スティーヴン・フリアーズ監督 1988年(ラクロ「危険な関係」)

「恋の掟」 ミロス・フォアマン監督 1989年(ラクロ「危険な関係」)

「恋の掟」 ミロス・フォアマン監督 1989年

「ヘンリー五世」 ケネス・プラナー監督 1989年

「ボヴァリー夫人」 アレクサンドル・N・ソクーロフ監督 1991年

「ボヴァリー夫人」 クロード・シャブロル監督 1991年

「美しき諍い女」 ジャック・リヴェット監督 1991年(バルザック「知られざる傑作」)

「嵐が丘」 ピーター・コズミンスキー監督 1992年

「二十日鼠と人間」 ゲイリー・シニ―ズ監督 1992年

「愛人 ラマン」 ジャン・ジャック・アノー監督 1992年

「いつか晴れた日に」 アン・リー監督 1995年

「ジエイン・エア」 フランコ・ゼフィレッリ監督 1996年

「日陰のふたり」 マイケル・ウィンター・ボトム監督 1996年

「ロビンソン・クルーソー」 ロッド・ハーディ、ジョージ・ミラー監督 1996年

「アンナ・カレーニナ」 バーナード・ロス監督 1997年

「赤と黒」 ジャン・ダニエル・ヴェラーゲ監督 1997年(テレビ)

「レ・ミゼラブル」 ビレ・アウグスト監督 1998年

「虚栄の市」 マーク・マンデン監督 1998年

「オネーギンの恋文」マーサ・ファインズ監督 1999年(プーシキン「エヴゲーニイ・オネーギン」)

「真夏の夜の夢」 マイケル・ホフマン監督 1999年

「イザベル・アジャーニの惑い」 ブノワ・ジャコー監督 2002年(コンスタン「アドルフ」)

「飛ぶ教室」 トミー・ヴィガント監督 2003年

「ウォーク・トゥ・リメンバー」 アダム・シャンクマン監督 2003年

「カルメン」 ヴィセンテ・アランダ監督 2003年

「チボー家の人々」 ジャン・ダニエル・ヴェルハージェ監督 2003年(テレビ)

「きみに読む物語」 ニック・カサヴェテス監督 2004年

「ゴリオ爺さん」 ジャン・ダニエル・ヴェラーゲ監督 2004年(テレビ)

「悪女」 ミーラー・ナーイル監督 2004年(サッカレー「虚栄の市」)

「オリバー・ツイスト」 ロマン・ポランスキー監督 2005年

「プライドと偏見」 ジョー・ライト監督 2005年

「ベラミ」 フィリップ・トリボワ監督 2005年(テレビ)

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 デヴィッド・フィンチャー監督 2008年(フィッツジェラルドの短編)

「嵐が丘」 2009年(テレビ)

「ガリヴァー旅行記」 ロブ・レクーマン監督 2010年

「ジエーン・エア」 キャリー・ジョージ・フクナガ監督 2011年

「ファウスト」 アレクサンドル・ソクーロフ監督 2011年

「レ・ミゼラブル」 トム・フーパー監督 2012年

「危険な関係」 ホ・ジノ監督 2012年

「アンナ・カレーニナ」 ジョー・ライト監督 2012年

「ベラミ」 デクラン・ドネラン&ニック・オーメロッド監督 2012年

「華麗なるギャツビー」 バズ・ラーマン監督 2013年

「マクベス」 ジャスティン・カーゼル監督 2015年

「チャタレイ夫人の恋人」 2015年(テレビ)

「戦争と平和」 2015年(BBC)

日本の古人類の謎

Photo_3

    昭和6年4月18日、兵庫県の明石市大久保の西八木海岸で、直良信夫が拾い上げた腰骨を、縄文時代よりも前の原始人のものらしいと言い出したとき、人はだれも信用しなかった。出土した地層がはっきりしなかっためもあるが、世界の片隅の日本に、そんな古い時代から人類が住んでいたはずがないと信じられていたためである。昭和24年夏、群馬県桐生市の郊外岩宿で、当時無名の青年相沢忠洋がヨーロッパの旧石器時代に似た石を発見したときも、同じ運命が待っているかに見えたが、こんどは支持者があった。出土した地層が、もっとも古い縄文式土器のある地層よりも一段下の、赤土とよばれる関東ローム層であることがわかったからである。それなら直良信夫が発見した明石原人も日本人最古の化石とする可能性も捨てきれない。だが残念ながら骨自体は戦災で焼失してしまったので永遠に謎のままとなった。近年になって地層を調査したところ、更新世中期の地層は見当たらなかったことから明石原人骨が旧人であるという根拠はなくなった。ところが直良は「海岸にうちあげられた溺死者のもの」という記述があることから、瀬戸内海の海底にあった骨が打ち上げられたものであるとする可能性もないわけではない。

    現代型サピエンスの骨は昭和32年に牛川人が、昭和33年に三ヶ日人が、昭和37年に浜北人が発見された。これらの人骨は断片的で人類の全容を明らかにするには至らなかった。近年、牛川人はヒトではなくナウマン象の腓骨である可能性が指摘されている。日本列島で発見された化石の中で唯一詳しい特徴がわかるのは、昭和45年に沖縄県具志頭村で発見された港川人で、約18000年前の新人段階の人骨である。中国大陸南部で発見された柳江人やジャワ島東部で発見されたワジャク人と類似していることから、日本列島の初期の住人は東南アジアから流入したのであろうとする南方起源説が有力である。

参勤交代と大名行列

P_0039
歌麿「駿河路の大名行列」


   徳川家康は関ヶ原の役ののち、外様大名の江戸参勤や妻子の江戸居住を奨励した。1602年に前田利長が母の芳春院をたずねて江戸に参勤したのが、その最も早い例といわれる。家康が征夷大将軍に就任(1603)すると西国大名の江戸参勤が急にふえ、幕府も諸大名に江戸に邸宅を与え、刀剣・書画・鷹・馬などを参勤のときにおくり、大大名に対しては鷹狩に託して秀忠が東海道は高輪御殿、中山道は白山御殿、奥州街道は小菅御殿など迎えて優遇し慶長の末年には参勤が一般の風となった。はじめ幕府は参勤の供連れの人数を規定しただけで、参勤を命令することはなかったが、1634年に譜代大名の妻子を江戸にうつし、翌年の武家諸法度で毎年4月交代で参勤することを命じ、参勤交代は法制として確立した。通則は隔年交代、関東の大名は半年交代、対馬の宗氏は3年1度の参勤、水戸家や役付大名は定府(じょうふ)であった。大名行列は本来、軍事に備える移動形態であったが、太平が続くと大名の権威と格式を誇示するための華美なものに変容した。参勤の道中には武具一式、衣服、雨具、非常食糧、漬物、湯道具、娯楽道具、休憩用具(幕・床几など)、ろうそくなどに至るまで持って歩く。他家の行列とすれちがう場合には、道中では格式にかかわらす゜、乗り物のとびらあるいは窓をあけ、行列は止まらない。長途の旅行で病気におちいり、一命を失うという場合も少なくなかった。加賀藩では最盛期には4000人の従者がいたといわれる。

行列の際、先払いが「下に下に」と触れ声をかけ、庶民は土下座して道を譲る。ただし沿道の人を土下座させることができるたのは親藩だけで、譜代と外様は「片よけ片よれ」と命令して通行した。

参考文献;平山敏治郎「参勤交代する旗本」 人文研究大阪市立大学大学院文学研究科紀要7-8,1956

 

木田金次郎

Photo_2
  木田金次郎 「晩秋」 1924年

    「今日は何の日カレンダー」を見ると、9月26日は昭和34年、伊勢湾台風があった。昭和29年には青函連絡船洞爺丸沈没の事件があった。あれから61年が経った。同日に北海道ではもう一つ大きな災害があった。岩内町大火だ。台風15号のため避難した民家から出火し、約3500戸が焼失し、被災者は1万7500人という大火だった。死亡者35人、行方不明者45人。洞爺丸事故の陰にかくれたため、災害援助対策が軌道に乗らず、悲惨な状況だった。岩内で有名なことはもう一つある。木田金次郎美術館というのが平成6年に開館している。有島武郎の小説「生まれ出ずる悩み」(大正7年)のモデルが木田金次郎(1893-1962)である。有島は大正12年に軽井沢で波多野秋子と心中するので、木田金次郎の後半生を知らずに死んだことになる。木田は逆境にも負けることなく、自らの天分を生かして画業に務めた。これを有島武郎が知ればどんなに喜んだだろう。「生まれ出ずる悩み」も感動的だが、木田金次郎の人生そのものはもっと感動的である。木田は昭和29年の岩内大火で多くの作品を焼失したが、その後も精力的な創作を続けた。木田と有島との結びつきに猛烈な感動を覚える。

小泉八雲と富山

    小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)1904年の忌日。1890年来日。島根の松江中学校、熊本の第五高等学校での教師生活、神戸で英語新聞の記者などを経た後、東京大学、早稲田大学で英文学を講じ、1904年9月26日、狭心症により逝去している。ハーンの筆名「八雲」は松江に在住したため、出雲の枕詞である「八雲たつ」から号したというのが定説である。俗説には「ハーン」を漢字表記すると、「八雲」(ハウン)とシャレたのではとするものもある。

Mmankou     さて標題の「小泉八雲と富山」であるが、特に富山で過ごした時期があるわけではなく、ハーンの死後、関東大震災を契機として旧蔵書が旧制富山高等学校長・南日恒太郎(画像、1871-1928)によって購入された。(その莫大な資金は北前船の資産家・馬場はる子の出資だった) 大正13年にヘルン文庫が開設され、昭和2年に「ヘルン文庫目録」が作成された。ハーンの旧蔵書2,435冊を収録する。内容は英語、フランス語の文学関係図書を中心とする。他にも民俗学、歴史、宗教に関する図書や和漢書なども含む。『神国日本』の手書き原稿も同文庫で所蔵している。ハーン研究者にとって富山大学附属図書館所蔵のヘルン文庫は貴重なものとなるだろう。(参考:「富山大学附属図書館所蔵ヘルン文庫目録 改訂版」1999、富山大学ヘルン文庫所蔵小泉八雲関係文献目録 改訂版 1998)

2016年9月24日 (土)

義朝はなぜ「ヨシトモ」か?

    1192年のこの日、源頼朝が征夷大将軍に就いた。頼朝(よりとも)の父が義朝(よしとも)である。平治の乱で敗北し、尾張国で家人に裏切られ謀殺される。なぜ「朝」を「とも」と読むのか。名乗りはなかなか学者でも説明がつかないらしい。為朝、義朝、頼朝、実朝。源氏だけで平家には「朝」の字がつく人物は見当たらない。

   わからないのは「朝(とも)」だけではない。もっとも人名に使われる名乗りは「和(かず)」だ。関孝和(せきたかかず)という江戸の和算家がいた。いまでは「和夫」「和雄」「和郎」「和子」などありふれた名である。だが「和」を「かず」と読ませるのは面白い。「和(わ)」とは2つ以上の数字を合計した数(かず)である。ところで関孝和は海外でも広く知られているが「Seki Kowa」である。三上義夫が英文で「こうわ」と表記したためである。(9月24日)

維新の三傑、最期のことば

   「歴史には死人だけしか現れて来ない」と言ったのは小林秀雄であった。(「無常という事」) 歴史上の英雄・豪傑あまたいる中でも、とりわけ「維新の三傑」といわれる木戸孝允、西郷隆盛、大久保利通、かれら3人にしても、時の流れが、すべての過去を薄く刷毛をはくように消して行く。木戸・西郷・大久保、かつては明治維新のために、ともに手を結んで戦った同志であったが、最期は敵・味方に分かれて、ほとんど時を同じくして、世を去っている。彼らはどう生き、どんな言葉を遺して死んでいったのか。

   木戸孝允(1833-1877)は明治10年ころから、健康を害し、胃痛、頭痛、足の麻痺に悩まされるようになった。西郷が西南戦争を引き起こした頃、病状は、さらに悪化していく。5月26日、意識不明の状態に陥り、うわごで「西郷、もうたいていにせんか」という言葉を発して、亡くなったという。享年45歳。

  西郷隆盛(1827-1877)は、明治6年、征韓論を巡って大久保ら政府中枢と対立を深め、下野し、鹿児島に帰郷した。不平士族たちが西郷の下に集まり、明治10年、ついに西南戦争が勃発した。しかし、圧倒的な政府軍の前に敗走。明治10年9月24日、城山に立てこもって最期の時を迎える。「晋どん、もうここらでよか」という言葉は、部下の別府晋介に介錯を促した際の言葉とされる。享年51歳。

   大久保利通(1830-1878)は明治11年5月14日、太政官で行なわれる式典に出席するため、霞ヶ関の自宅を馬車で出た。紀尾井坂に差し掛かったとき、突然、島田一良他5人の賊が襲いかかってきた。大久保はなす術なく死亡する。享年49歳。暗殺される数日前、「嫌な夢を見た、西郷と崖の上で格闘して一緒に落ちるんだが、他の頭蓋骨は割れているのに中の脳髄がぴくぴく動いているんだ」と前島密に話したとされる。(参考:加来耕三「人生を見きわめた最期のことば」講談社)

2016年9月23日 (金)

日本人93%「中国が嫌い」

    ケペルの大学での専攻は東洋史である。いまでも院生の研究発表を聞くことを楽しみの一つとしている。流石に国際化により研究の領域は広がったように感じる。個別分野での深化は認めるが、総合的な研究をする人は少なくなった気がする。また中国史の場合、碩学といえる学者がいなくなった。戦前は碩学がキラ星の如くいたが、ここでは主に戦後の通史、通論を紹介する。最近は若い人の間では中国嫌いが広まっている。「言論NPO」の発表では、日中両国の世論調査で互いに対して、「良くない印象」を抱いていると回答したのは、日本側は91.6%、中国側は76.7%となっている。日本人にとって中国とは何か。日本が国際社会の一員となる時代は奈良時代であり、爛熟した唐風文化はまさにバラ色であった。

中国史概説 上下 和田清  岩波全書  昭和25年

東洋史概説 鈴木俊  吉川弘文館  昭和35年

東洋史  榎一雄 鎌田重雄  日照堂  昭和38年

中国の歴史 全3冊 貝塚茂樹 岩波新書 昭和39年

東洋史通論 外山軍治 三田村泰助 大島利一 日比野丈夫共編 創元社  昭和39年

東洋史入門 西嶋定生 有斐閣双書 昭和42年

大学ゼミナール東洋史 佐伯富 羽田明 山田信夫 布目潮渢編 法律文化社 昭和45年

アジアの歴史  松田壽男 日本放送出版協会 昭和46年

中国史 上下 宮崎市定 岩波全書 昭和52年

東アジア史概説  前田正名  文化書房博文社 昭和52年

アジアの歴史  大澤陽典、大庭脩、小玉新次郎  法律文化社 昭和53年

東洋史概説 愛宕元  学術図書出版社  昭和55年

東洋史概説 岩見宏、清水稔編 仏教大学 平成2年

ガラパゴス諸島

   諸島の総面積は約7900平方キロ。約500万年前、海底から噴き出したマグマによって最初の島が形成された。1832年にエクアドルが領有を宣言。ガラパゴスという名はスペイン語で「リクガメの島」という意味で、正式名称は「コロン島」。1978年に陸上部分が世界自然遺産に登録され、2001年に周辺の海洋保護区も追加された。

ロンドンのフロイト

Jones1021097

  心理学者ジークムント・フロイト1939年の忌日。フロイトはユダヤ系出自のためヒトラーのナチスからの迫害を受け、ウィーンを去るほかなかった。1938年6月、フロイト82歳のときだった。パリ経由でロンドン市マレスフィールド・ガーデン20番地の家に住む。ここが最後の地となった。翌年9月23日、癌で亡くなった。娘アンナ・フロイトは、1982年亡くなるまでこの家に住んだ。現在フロイト博物館になっている。フロイトの精神分析論ではエス(es)、自我(ego)、超自我(superego)の3つの心的装置を仮定している。室内に置かれた樹木は、生まれて間もない赤ちゃんにそなわる本能的欲求を表している。(9月23日)

( Sigmund Freud,20 Maresfield Gardens,Freud Museum,London )

2016年9月22日 (木)

ブルガリア独立記念日

   ブルガリア共和国は、ドナウ川の南岸に位置し、中央部をバルカン山脈、南部をロドピ山脈が東西に貫いており、東部は黒海に面している。古代トラキア王国が栄えたが5世紀に原ブルガール族が侵入、7世紀にはブルガール王国を建国した。ブルガール人の人口が極めて少なかったため、10世紀までにスラヴ人と混血し、現在のブルガリア人が形成された。1393年にオスマン帝国に滅ぼされ、以後500年間オスマン帝国の支配下におかれた。1908年9月22日、独立宣言し、翌年、国際的に承認され、ブルガリア王国が成立した。1941年、ドイツ軍が進駐し、三国同盟に加盟する。1944年、ソ連の侵攻を受け、王政が廃止され共和制となる。ゲオルギ・ディミトロフ(1946-1949)、ヴァシル・コラロフ(1949-1950)らが首相になる。ディミトロフは1933年のドイツ国会議事堂放火事件に関わり、戦後はスターリンの助手となった。

220pxgeorgi_dimitrov 220pxv_kolarov
   ディミトロフ                  コラロフ

(Bulgaria,Georgi Dimitrov,Vasil Kolarov,Thracia,Rhodpe)

2016年9月21日 (水)

ああ離婚

Divorce700x350

  イギリスの諺に、「結婚は悲しみを半分に、喜びを二倍に、そして生活を四倍にしてくれる」といっている。まさしくそうであるが、しかし、なかなかそういかないのが人生である。愛は永遠か、それとも儚なく脆いものなのか?ハリウッド一有名なカップル、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットは離婚の危機にあると報道されている。歴史を紐解くと、かの孔子は19歳で結婚したが、子供ができるとまもなく妻と離婚したという。釈迦も29のとき妻ゴーバーと子供を捨てて出家の道を選んだ。カエサルは不貞を働いた妻ポンペイアと離婚した。イギリスの皇太子妃ダイアナは1981年にチャールズと結婚したが、二児に恵まれたが、1996年、結婚生活15年にして、2人は離婚した。ローレンス・オリビエ&ヴィヴィアン・リー(1940-1960)、クインシー・ジョーンズ&ペギー・リプトン(1974-1990)、トム・クルーズ&ニコール・キッドマン(1990-2001)、リチャード・ギア&シンディ・クロフォード(1991-1995)、ジョニー・デップ&アンバー・ハード(2015-2016)。

145245dea3043f6b4058c5f90b4fce33

宮沢賢治の一日玄米四合は食べ過ぎか?

5bc164731039a0578d2e47be9b98a70d_vi   岩手県花巻出身の童話作家・宮沢賢治1933年の忌日。宗教と科学の融合による宇宙観から生まれた奔放な詩と童話がある。手帳に書かれた「雨ニモマケズ」は賢治の名を広めたが、戦争のためにも利用された。また戦後の食べものが不足しているときには国定教科書で「一日ニ玄米四合」を食べるという詩を「三合」に直されたりした。また1日ひとり玄米4合は、現代人の感覚ではお茶碗8杯分にあたり多すぎるのではないか、という指摘がなされる。戦前の農家の肉体労働に必要な量は1日ひとり6合以上といわれた。つまり1日玄米4合は、粗食の比喩であると考えられる。

  多くの作品の舞台となった岩手県には著名な文学者が多くでている。石川啄木は「かにかくに渋民村は恋しかり おもいでの山おもいでの川」と詠っている。渋民村は1954年まで存在していた村。現在、啄木記念館がある。遠野を有名にした「遠野物語」は佐々木喜善の記録を柳田国男がまとめた民話集である。紫波町には「野村胡堂・あらえびす記念館」がある。井上ひさし「吉里吉里人」、関口尚「君に舞い降りる白」。(9月21日)

2016年9月19日 (月)

レイ・ミランド

  ヒッチコック監督「ダイヤルМを廻せ!」。トニー(レイ・ミランド)は妻を殺害する完全犯罪をたくらむ。だが少しの狂いで犯罪は未遂に終わる。家の鍵はどこでもよく似ていてトニーはミスを犯す。後年のドラマ「刑事コロンボ」を思わせる犯罪心理劇である。

   さて主演のレイ・ミランドが出演した作品は古くてもどれも面白い。とくに野球映画の「春の珍事」(1949)。化学専攻の大学教授ヴァーノンは、ある日、木材に反発する性質を持つ液体を発見する。彼は、これを野球のボールに塗って投げると、バットをよけて空振りが取れることを思いついた。そして大リーグに入団する。このアイデアの漫画「巨人の星」にも取り入れられている。あるスポーツ紙の企画で、飛雄馬に三振を喫したパ・リーグの三選手、野村克也、ジョージ・アルトマン、張本勲を招いた座談会が開かれた。席上、張本が「バットをよけて通る魔球」の話に及ぶと、映画の「春の珍事」のことがでてきた。これに対して、アメリカ人であるアルトマンは昔この映画を観たらしく、共感を示していた。

九官鳥

   ドラマチック艶歌路線でカラオケ愛好家に広いファンを持つ川野夏美の新曲は「九官鳥」。鳥名をタイトルとする歌謡曲は岡晴夫の「啼くな小鳩よ」(1947)以来いくつもあるがキュウカンチョウとは珍しい。春日八郎「別れの一本杉」で、「山のカケスも鳴いていた」とあるが、タイトルに鳥名はないが鳥の声が印象的に描かれている。

別れの磯千鳥 近江俊郎 1952年

青いカナリヤ 雪村いづみ 1954年

浅草の鳩ポッポ こまどり姉妹

かもめはかもめ 研ナオコ 1978年

かもめが翔んだ日 渡辺真知子 1978年

すずめ 増田恵子 1981年

冬のかもめ 石川ひとみ 1982年

越冬つばめ 森昌子 1983年

恋するニワトリ 谷山浩子 1985年

冬の孔雀 柏原芳恵 1987年

ヒバリのこころ スピッツ 1991年

真夜中のナイチンゲール 竹内まりや 2001年

鴎の海峡 杜このみ

2016年9月18日 (日)

秦始皇帝と万里の長城及び文献目録

Imageca9gxuul    中国を統一した秦王政は、王の称号をやめて皇帝と称した。彼が秦の始皇帝である。始皇帝は匈奴の侵入にそなえるため、戦国時代に北辺の燕・趙などが築いていた長城修復・連結した。いわゆる万里の長城といわれるものであるが、現在の長城は明代のもので、始皇帝の長城は版築とよばれた工法で、現在よりもはるか北方に位置し、煉瓦と石で築かれた明代の長城に比べて低い城壁であった。

Ryuumon
 龍文空心塼    陝西省咸陽市秦咸陽宮1号宮殿遺蹟出土

 始皇帝は貴族制度を打破し、法家思想を採用し、中央集権国家の確立に努めた。

皇帝制度 始皇帝が「王」という称号を改めて「皇帝」を名乗り始めた。煌々と輝く帝、すなわち「北極星」を意味する。(NHKスペシャル「中華文明の謎」) 三皇五帝から「皇帝」と称したとする説は誤り。一人称を「朕」といい、命令を「制詔」といい、墓を「陵」、居処を「宮」という。

郡県制度 全国を36郡に分け、それぞれの郡に長官として守、副長官として丞、軍の指揮官として尉、監察官として監(御史)などの官吏が中央から派遣される。この36郡は、その後さらに新領土が加わったことや、大郡を分けることによって増加し、48郡にされたといわれる。

思想統一 法家李斯の献策で、焚書坑儒を断行。

貨幣の統一 半両銭に統一。1個の重さは半両(1両は24銖、半両は12銖、約8g) 中央に四角の穴のある銅銭は基本形となった。

文字の統一 篆書には大篆と小篆の二種があり、前者は籀文ともいわれ、石鼓文はこの字で書かれている。李斯によって新たに制定されたのが小篆である。

度量衡の統一 秦量と秦権

交通路の整備 車軌を6尺(1.4m)に統一し、天子や貴人の通る馳道を巾50歩(70m)とする。また駅や亭を置き伝送に整備をおこなった。

対外政策 北方に将軍蒙恬を派遣し、匈奴を討伐。さらに旧六国の長城を補修して、東は遼東から西は臨洮までの万里の長城を築いた。南方では越を攻め、安南を平定し、桂林・象・南海の3郡を設置。

optin なぜ正月は1月か?

Img_0027

    一年の最初の月を正月というのは、当たり前と思われるでしょうが、国土の広い中国では始皇帝の統一以前、各地でそれぞれの暦が存在していました。また時代によっても異なります。だいたい古代中国の暦は、夏暦、殷暦、周暦を三正といって、それぞれ歳首(としはじめ)、朔日(つきのはじめ)など違います。秦と楚とは3カ月ズレています。最初、秦は南部の楚を統治するにあたって旧習俗を許容する柔軟な姿勢で臨んでいましたが、やがて始皇帝の全国統一で当然「暦の取り込み」が行われました。中国では歳首は「夏正」のごとく、立春をとっていますが、「秦正」は10月が歳首です。漢代になって、前103年以後はおおむね夏正が用いられました。唐の則天武后のとき「周正」を用いて冬至が1年のはじまりとなった例外もあります。

 

参考文献
長城雄游記 大鳥圭介 丸善 1894
長城の彼方へ 後藤朝太郎 大阪屋号書店 1922
万里の長城 上・下 中野江漢 支那風物研究会 1923
中国長城沿革考 王国良編 商務印書館 1933
内蒙古・長城地帯 江上波夫・水野清一 東亜考古学会 1935
秦始皇帝伝 馬元材 1937
万里の長城 植村清二 創元社 1944
「長城のまもり」藤枝晃 ユーラシア学会研究報告2  1955.07
秦始皇 楊寛 上海人民出版社 1956
万里の長城 大世界史3 植村清二 文芸春秋 1967
万里の長城 世界史研究双書13  青木富太郎 近藤出版社 1972
秦始皇 洪世滌 上海人民出版社 1972
秦皇長城考 黄麟書 九龍・造陽文学社 1972
「万里の長城・その盛衰小史」小倉芳彦 土木学会誌57(7) 1972.06
万里の長城 攻防戦史 渡辺龍策 秀英書房 1978
万里の長城 中国小史 中公文庫 植村清二 中央公論社 1979
秦始皇陵与兵馬俑 無戈 西安・陝西人民出版社 1982
万里の長城 ジャック・ジュネ、ディック・ウィルソン J.P.ドレージュ、ユベール・ドラエほか 田島淳訳 河出書房新社 1984
秦始皇帝伝 馬非百 江蘇古籍出版社 1985
秦始皇帝 新始皇兵馬俑博物館双書 呉梓林・郭興文 西安・西北大学出版社 1986
萬里の長城 サンデー毎日別冊写真集 幻の西端を求めて 矢口篤雄 毎日新聞社 1991
万里長城の歌 日本の詩歌2 土井晩翠 中央公論社

ビール、ワイン、コーヒー飲み過ぎ注意!

0020469948_large   石原裕次郎といえば「タフガイ」の愛称で知られる戦後最大のスター。だが朝からビールを飲むほどの酒豪で、その暴飲暴食ぶりはひどかった。「太陽の季節」(1957)から10年過ぎると、「夜霧も今夜も有難う」あたりから、誰の眼にもあきらかなほど顔がむくみ、肥満体型となってしまった。死因は若い頃からの食生活にあったようだ。川島なお美の20代後半のビデオをみると、すでにワインを瓶のままがぶ飲みするシーンがある。演出は自らの発案と思われるがやはり元来蒲柳の体質である彼女のワインの大量摂取は死期を早めた感がある。タバコの喫煙やコーヒー党もやはり飲み過ぎは体によくない。近年の研究によるとカフェインの致死量は5gで、缶コーヒー39本以上飲むと危険といわれる。

ファショダ事件

Photo_2   1898年のこの日、キッチナー指揮の英軍とマルシャン指揮の仏軍がアフリカ分割をめぐってスーダンのファショダで衝突した事件が起きる。ファショダはハルツーム南方約600㎞にあり、現在の地名はコドクに変更している。

    この事件は、一時英・仏間の戦争をも危惧する大問題として国際的な波紋を呼んだ。しかし、当時の国際情勢のなかで、ドイツの強力な進出を恐れた両国の間で外交的な歩み寄りがおこなわれ、結局フランスが妥協した。これによって1904年フランスはエジプトにおけるイギリスの優越権を認め、一方イギリスはモロッコにおけるフランスの優越権を認める英仏協商が結ばれ、最終的な解決がはかられた。(Fachoda,Kitchener,Marchand,9月18日)

チリ独立記念日

200pxohiggins   1810年のこの日、チリのサンチアゴに自立政府が樹立されたのでチリ独立記念日としている。ベルナルド・オイギンス(1778-1842)率いるスペインからの独立軍が、1817年スペイン軍に大勝する。1818年に独立を宣言し、オイギンスが初代大統領となった。国土は南北約4,329㎞にわたって細長く延びている。(Chile,Bernardo O'Higgins,Primera Junta Naclond de Gobierno,オヒギンス,9月18日 )

グレタ・ガルボ

Img_0001    グレタ・グスタフソンは、1905年9月18日、ストックホルムの貧しい家庭に生まれた。両親は正式な結婚ではなく、14歳の時に日雇労務者の父が病死すると、学校を中退して、理髪店で髯剃り見習いをやっていたという。(この世の中には少女時代のガルボに髯を剃ってもらった男がいたという驚きの歴史的事実)その後、姉の友人の紹介でデパートに就職。帽子売り場の売り子をした。やがて、その美貌を買われて帽子カタログのモデルを努める。1924年、スウェーデン映画の立役者マウリッツ・スティルレル(1883-1928)に見出されて、「イェスタ・ベルリングの伝説」のヒロインに抜擢される。1925年6月6日、二人はニューヨークに着いた。メトロの重役ルイス・B・メイヤーはハリウッド中の美容師を動員して泥臭い女優を磨きあげ、「グレタ・ガルボ」という芸名をつけた。またスティルレルは、ガルボに礼儀作法から服の選び方まであらゆるたしなみを教えた。こうして理想の女性は男たちによって創りあげられた。

   主演第2回作品「明眸罪あり」の初日あいさつで、司会者が「こちらがミス・ガルボです。一言も英語がしゃべれません」と紹介し、ガルボもスウェーデン語で答えたが、観客はなんとなく笑ってしまった。以来ガルボは決して、初日の招待試写会に出席しなくなった。言葉の問題と、生来の社交嫌いは、ガルボの神秘性を際立たせ、効果的な魅力となった。ロン・チャーニーはガルボにこう言った。「神秘はぼくに役立っている。しかし、きみにはもっと役立つだろう」ガルボ伝説のはじまりである。華やか名声とは裏腹に、倹約家で香水や化粧品のたぐいを持たなかったという。その謎めいた私生活のゆえに、ガルボはいっそう永遠の面影を人々に与えた。日本ではむかしから永遠に冒すべからざる女神として「神聖ガルボ帝国」とよく呼んでいる。(これは映画評論家の筈見恒夫の造語である。)36歳の若さで引退し、何度もカムバックの噂はあったが、長い隠遁生活に入る。1990年、85歳で永眠する。

2016年9月17日 (土)

啄木の妻・節子

   「歴史秘話ヒストリア」再現映像は啄木に溝端淳平、その妻節子に川島海荷という豪華なキャストだった。石川節子(1886-1913)。明治19年10月14日、岩手県南岩手郡上田村新山小路に堀合忠操の長女として生まれる。父は、岩手郡役所に勤務し、のち玉山村村長になった。明治35年3月私立盛岡女学校を卒業。38年5月に啄木と結婚したが、生活苦のため茨の道を歩み、啄木という一個の天才の陰に幸薄き短命の生涯となる。

    明治41年4月28日、石川啄木は上京した。5月4日、金田一京助の友情により本郷区菊坂町82番地の赤心館に同宿。上京後の一ヶ月余に「菊池君」「病院の窓」「母」「天鵞絨」「二筋の血」等、五つの作品三百枚余の原稿を書き、その小説の売り込みに奔走したが失敗だった。ために収入の道なく生活に困窮。しかしこのような生活難のなかで名作は生まれた。6月23日夜、歌興とみに湧き、この夜から暁にかけて55首、24日午前50首、翌25日141首と多くの歌を作った。「東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて蟹とたはむる」「たはむれに母を背負ひてそのあまり 軽きに泣きて三歩あゆまず」「己が名をほのかに呼びて涙せし 十四の春にかへる術なし」などの歌がある。啄木が東京で家族と別れて単身生活をしていたころ、妻節子、長女京子は北海道にいた。厳冬の北海道の冬、障子も襖も売り払い吹きさらしになった部屋で小さな京子といつまでも啄木の文学的成功を夢みて待っていた。だが明治45年4月13日午前9時30分、啄木は父、妻、友人の若山牧水にみとられながら26歳と2ヶ月の人生を閉じた。啄木は亡くなるとき日記を燃やせと言い残したそうだ。「私の愛着が結局そうさせませんでした」と節子は宮崎郁雨に語った。節子は「吾れはあくまで愛の永遠性なると言ふ事を信じ度候」と手紙に書き残している。節子も、翌大正2年5月5日、肺結核のために28歳の若さで死んだ。啄木の死におくれることわずか1年である。

2016年9月16日 (金)

エルトゥールル号遭難

De66ab7f50487157cc968644b881b6eb   1890年のこの日、和歌山県串本沖でオスマン帝国の軍艦エルトゥールル号が遭難し、587名の犠牲者を出した。付近住民らが救助と介抱に当たった結果、69名が生還することができた。近年、海底から1000点以上のエルトゥールル号の遺品が引き揚げられて話題をよんでいる。(Ertugrul Firkateyni) 9月16日

トルコライスの謎

Turkeyricez    9月16日は「トルコライスの日」である。トルコの軍艦エルトゥールル号が和歌山県沖で沈没し、沿岸住民が救助したことから、日本とトルコとの友好が始まったとして、2010年に制定された。ところでトルコライスとはどんな料理なのだろうか。

    トルコライスは長崎市では知名度の高いご当地グルメ。ピラフにスパゲッティがそえられ、トンカツがのっていて、サラダがある。これらを大皿に盛ったのが一般的。昭和30年代に神戸で働いていたシェフが考案したトルコ風料理を改良して、長崎でトルコライスとしたという説が有力である。ただしイスラム教で禁忌とされる豚カツがあるのは不自然である。肉類を串焼きにするケバブ、ピラフの語源となったピラヴがトルコ料理にある類似性もみられる。一説によると、明治時代、すでに「土耳古めし」という名の料理があり、これに豚カツとスパゲッティが追加されて現在のトルコライスになったといわれる。母国トルコではイスラム教で禁忌とされる豚肉があるトルコライスというネーミングに難色を示している。(Kebabi)

マッチ物語

Mizu01kao    本日は「マッチの日」。1827年にイギリスの薬剤師ジョン・ウォーカー(1781-1859)が、塩素酸カリウムと硫酸アンチモンを頭薬とする摩擦マッチを考案した。1830年、フランス人化学者シャルル・ソーリアが頭薬に黄リンを用いた黄燐マッチを発明し、急速に普及した。日本のマッチ工業は、清水誠(1846-1899)がフランスで習得した技術により1875年に東京で黄燐マッチを製造したのに始まる。John Walker、9月16日

「マッチと清水誠」関崎正夫・米田昭二郎著 金沢大学薬学部 1996年

P2_photo07

林倭衛と大杉栄

Photo
 「出獄の日のO氏」 信濃美術館

    大正8年のことである。秋の二科展に林倭衛(1895-1943)は「出獄の日のO氏」を出品することにしたが、直前に東京検事局の係官が事前検閲にやってきて、検事控訴中のアナーキストの肖像画が展示されるのは好ましくないとして撤回命令が出された。O氏とはアナーキスト大杉栄のことで林倭衛とは親交があった。東京監獄から出所した際、駆けつけた林倭衛は、その場で大杉の肖像画を描いた。日本の近代美術史上で思想問題で権力が介入した初めての事件といわれる。大杉は4年後、関東大震災時の戒厳令下に憲兵らに虐殺される。(9月16日)

2016年9月15日 (木)

堂々人生

   民進党初の女性党首蓮舫。バナナ娘、クラリオンガールなどさまざまな過去があるが、祖母は駐日華僑の陳杏村。「花の82年組」のアイドル歌手・三田寛子は堂々の梨園の奥様。トップアイドル高田みづえは名門二所ノ関部屋のおかみさん。10代の彼女を知っている人は今日をだれが想像できるだろうか。

2016年9月13日 (火)

吾猫の墓

 1908年のこの日、夏目漱石が飼っていた「吾輩は猫である」の主人公のモデルとなった猫が死亡した。漱石は親しい人たちに猫の死亡通知を出した。また猫の墓を立てて、書斎裏の桜の樹の下に埋めた。のち妻・鏡子によって、雑司ヶ谷の漱石の墓地に猫の骨は移された。漱石公園(早稲田南町7)にある猫塚は遺族が飼っていた犬・猫・小鳥の供養のために建てたもので、「吾猫」とは関係がない。(9月13日)

ジョン・ブレンダン・ケリー

200pxjohnbkellysr20061024002x300

   1982年9月13日、モナコ王妃グレース・ケリーは自ら運転中に脳梗塞を発症、崖下に転落。すぐに病院へ搬送されたが、翌日に死亡。女優から王妃へ、20世紀のシンデレラは52歳の短い人生だった。クール・ビューティと呼ばれ、世界中の羨望をうけたが何故か幸せそうに見えなかった。

   父のジョン・ブレンダン・ケリー(1889-1960)は貧民層の出身だが、ボート競技でオリンピック金メダリスト。その後、一代で建築業の億万長者となった。

10017741535

Gracekelly3

2016年9月12日 (月)

ドストエフスキー「白痴」知ってる?

   Qさま。世界に影響を与えた日本人ベスト25。第1位は作家の村上春樹。最終問題は村上春樹が翻訳した原作者を答えよ。「ライ麦畑でつかまえて」「偉大なるギャツビー」「ティファニーで朝食を」サリンジャー、フィッツジェラルド、カポーティー。優勝したのは猛追した天明麻衣子。文学問題としてはそれほど難問ではなく常識的な範囲か。オスロ国立美術館のムンク「生命のダンス」も美術好きなら誰でもわかるとおもう。黒澤明の問題で「白痴」を1巡目で正解者がいなかったのがおどろき。やはり若い回答者なので知識が教科書からのつめこみのような浅薄な感じがする。

おもしろい番組を見逃すな

Bv7xuscuaajqlz   BS-TBS開局10周年記念ドラマ「一年半待て」は夏川結衣の迫真の体当たり演技で面白かった。本来ならば地上波でも視聴率がとれる内容だがBSデジタルに力を注いでいるのだろう。「一年半待て」はこれまでドラマで11回製作されている。これまで一事不再理がテーマだったが、今回はDVをテーマにみせかけての計画的な犯行、そして裁判員制度、ブログ、携帯、男関係を週刊紙に漏らす(リーク)など現代的な要素が効果的にドラマを盛り上げている。なんといっても主役の夏川の熟れた姿態や年齢が須村さと子に似合う。悪女ものだが最後に花屋のイケメンに捨てられところが哀れさを漂わせ男心をそそらせる。弁護士の高森はいつもの市原悦子。34年前に市原は須村の役を演じている。同じ原作を対照的な役柄を演じるところが芸暦の古さを物語る。監督、脚本家も優れているからだろう。それと松本清張のもつ力は古びない。それにしても夏川結衣と鈴木京香、ともに48歳と絶好調ですね。夏川がユニチカ、鈴木がカネボウのキャンペーンガール、ライバル同士。

    秋からの新番組のラインナップ。「べっぴんさん」芳根京子、「逃げるは恥だが役に立つ」新垣結衣、「彼岸島」鈴木亮平、「地味にスゴイ校閲ガール」石原さとみ、「黒い十人の女」成海璃子、「運命に似た恋」原田知世、「砂の塔」菅野美穂、「家政夫のミタゾノ」松岡昌宏、「勇者ヨシヒコに導かれた七人」山田孝之。

2016年9月11日 (日)

曹雪芹

  南京で有数の富豪の家に生まれたが、巨富を積んだ生家の没落で10歳の頃から北京に移った。性格は豪放で詩・画に巧みであったが、不遇のなかで酒に溺れ、自分の子供の早世を悼むあまりに病を得て45歳で没したという。晩年の10年間、心血を注いで長篇口語小説「紅楼夢」(全120回)を1792年著したが、前80回が曹雪芹の作で、後40回は高学鶚の続作といわれる。この小説は自らの体験をふまえて貴族の家庭の没落ぶりを詳細に描写したもので、その雄大な構成と写実性・優れた心理描写などで、「金瓶梅」と双璧をなす近世中国文学の最高傑作の1つである。物語は貴公子・賈宝玉と従妹の林黛玉との悲恋や多くの美しき女性たちとの物語である。

貧困女子という現象

   NHKの番組で貧困女高生が取り上げられた。神奈川県のうららさんは高校三年生。将来はデザイン系の仕事につくのが夢というが、家庭の収入が少ないため進学が断念せざるを得ないという。たとえばパソコンの授業で家にPCがないため、母親が練習のためにと1,000円ほどのキーボードを買ってくれたという。最近、貧困女子や引きこもりの女性を描いた作品がやたらと目に付く。前田敦子の「もらとりあむタマ子」や安藤サクラの「百円の恋」。岩波新書の新刊は『ルポ貧困女子』飯島裕子である。

2016年9月10日 (土)

サムバディ・ストール・マイ・ギャル

   卒業式の定番ソング「仰げば尊し」は研究者の調査によると、1871年にアメリカで作られた曲であることがわかった。このように原曲が外国でつくられ、本国では忘れ去られても極東の島国ではポピュラーとなっている楽曲はほかにもいくつかある。「サムバディ・ストール・マイ・ギャル」アメリカの作曲家レオ・ウッドが恋人を奪われた男性の失恋の曲を作った。30年代にはベニ―・グッドマンが演奏しジャズのスタンダードとなった。この楽曲には歌詞も付けられ、ディーン・マーチンなどが自分のショー番組で歌っている。トロンボーン奏者ピー・ウィー・ハントが1954年に発売されたLPの一曲はデキシ―ランドジャズ風にアレンジされ、吉本新喜劇のテーマとして長く使われ、日本人にはとてもお馴染みの曲となっている。Somebody Stole My Gal

田園交響楽

   アンドレ・ジイドの「田園交響楽」。盲目の少女ジェルトリュードは、牧師に拾われ、その教育の下でしだいに美しく知的になっていった。しかし待ち望んでいた開眼手術の後、彼女は川に身を投げて死んでしまう。牧師と盲目の少女、牧師の妻と息子との4人の愛憎を描く。少女ジェルトリュードの翻案物は戦前には原節子が演じたが、東芝日曜劇場で倉本聰脚本で仁科明子が演じている。19歳くらいで初々しい。有珠山ロケも見所。この当時、売れっ子女優といえば内藤洋子、榊原るみ、吉沢京子あたりだが、みな声がイマイチだ。仁科は意外と声が綺麗な女優さんだった。木村功と仁科との会話はラジオドラマのような快感を感じる。

原作はスイスのアルプスを望む山村である。ある日、牧師はジェルリュードを初めての音楽会に連れて行った。曲目はベートーベンの田園交響楽だった。会場を出てからも、ジェルトリュードはずっと黙り続けていて、深い法悦にひたってる様子だった。「あなたがたの見てらっしゃる世界は、本当にあんなに美しいのですか?」彼女はやがてこう言った。「あんなに、って言うのは?」「あの『小川のほとりの景色』のように」私はすぐには答えられなかった。牧師はジュルトリュードに悪や罪の死のことをまだ教えていなかった。そのため、彼女は音楽会での美しい諧調が実世界を表わしたものと思い込んだのだ。

上杉謙信と武田信玄

Img_990104_21908785_9   1561年のこの日、上杉謙信と武田信玄の川中島の戦いで両雄の一騎打ちがあったとされる八幡原の戦いがおこなわれた。川中島の戦いは1553年から1564年にかけて合計5回あったが、謙信と信玄の一騎打ちは、4回目の永禄4年(1561)9月10日のこの戦とされる。妻女山に陣取った謙信に対して、武田勢は海津城に入った。信玄は一手をもって妻女山を攻め、上杉勢が退くところを残る一手と挟み撃ちにする作戦を立てた。ところが謙信はその裏をかいて、あらかじめ山を降りた。朝霧が晴れてみると、両軍は接近しており、乱戦となった。謙信が馬上から信玄に三太刀斬りつけ、床几に掛けた信玄が、軍配団扇には七つの傷跡が残ったと、「甲陽軍鑑」にはある。(三太刀七太刀之跡)(参考:「日本歴史伝説傑作選」学習研究社)

世界自殺予防デー

186794_9123  本日は「世界自殺予防デー」2003年に自殺防止のための行動を促進するために制定された。2015年の自殺者数は2万4025人で、1998年から3万人を超えていた自殺者数が3万人を4年連続で下回った。だが近年、若者の死因の半数近くが自殺という驚くべき結果がでている。心理的に追い込まれた若者が、気軽に相談を打ち明けられるような人間関係もなく、社会とつながっていない孤立の実態が浮かび上がる。いまは大学を出ていてもなかなか就職先がない。それに一旦、会社を辞めると、再就職でくなくなる。そんな若者が当面の生活費に困窮したとしても、生活保護を受けさせてもらえない。基本的な生存権すら奪われて、自殺に追い込まれるというケースが目立っている。ゲートキーパーの整備が早急に必要である。World Suicide Prevention Day,9月10日

ジブラルタル

Gibraltar   1967年のこの日、ジブラルタルで住民投票が行われ、イギリス領のままとなることが決定した。イベリア半島の南端、地中海と大西洋と結ぶ狭いジブラルタル海峡は、古来から軍事上の要衝地であったが、1713年のユトレヒト条約によってイギリスの領有となる。以来イギリスはスペインの度重なる返還要求を頑として拒み続けている。 Gibraltar,9月10日

フランス最後のギロチン刑

Prison20baumettes    1977年のこの日、マルセイユのボーメット刑務所で女性を殺害した罪を問われたハミダ・ジャンドゥビ(1949-1977)というチュニジア人労働者がギロチンで死刑が執行された。これがフランスでギロチンが使用された最後の例である。Guillotine,Prison des Baumettes,9月10日

2016年9月 9日 (金)

タジキスタン独立記念日

Taji_map    中央アジアに位置する内陸国で、国土の9割はパミール高原で、7000m級の山々がそびえる。1991年のこの日、タジキスタンはソビエト連邦から独立した。

   1998年7月、国連タジキスタン監視団の秋野豊政務官ら4人がドゥシャンベ東方の山岳地帯ガルムを走行中、武装集団による襲撃に遭い、射殺された。2000年7月、ガルムに4人を記念する公園が完成、追悼式典を行った。(9月9日)

2016年9月 8日 (木)

望月靖之

    1964年東京オリンピック開会式などで日本選手団が着用した赤と白の公式服をデザインしたのはアイビールックで知られたデザイナーの石津謙介と定説化されていた。しかし本当は公式服をデザインしたのは東京神田で洋服店を営んでいた望月靖之(1910-2003)であった。

同姓の俳優たち

Img_0005    2012年逝去された中原早苗主演の日活映画「人形の歌」(1959)を見る。奔放なヒロイン惠子を取りまく男優たちには、小高雄二、金子信雄、二谷英明、青山恭二ら。中原の明るく屈託のないパーソナリティーが魅力。同時期50年代に活躍した女優に中原ひとみがいる。日本の映画界にはこれまで同姓の俳優が同時期活躍するという現象がみられる。単なる偶然の一致ながら不思議である。1940年代は高峰三枝子と高峰秀子だった。60年代は浜美枝と浜木綿子、70年代には岡田可愛と岡田奈々。80年代は斉藤由貴と斉藤慶子。そして現代は酒井若菜、酒井彩名、酒井法子。黒川智花と黒川芽以 、高畑淳子と高畑充希etc.。

相楽樹には相楽晴子がいたが、最近あまりみかけない。大泉洋には大泉晃がいたがすでに故人になっている。

「ダビデ」にパンツは似合わない

Tumblr_ln8muhkoni1ql3umeo1_1280  1504年のこの日、ミケランジェロ・ブォナローティーが制作した「ダビデ」が初めて公開された。1501年、ミケランジェロは、「ダビデ」の制作のためにフィレンツェに戻ってきた。事務所の横に打ち捨てられていた大きな大理石の塊が彼に与えられた。40年ほど前に、別の彫刻家がそれで彫像をつくり始めたが、失敗して放置されたままになっていた、石の塊は丈高で幅がなく、かなりひび割れていた。それにもかかわらず、ミケランジェロはこうした障害を乗り越え、驚くほど解剖学的に正確な人物像を彫りあげた。ダビデが左肩にかけているのがスリング(投石器)である。

    1504年に「ダビデ」が完成してフィレンツェのシニョリア広場に設置しようとしたところ、市政長官ピエロ・ソデリーニ(1450-1522)がやって来て彫像の鼻が大きすぎると批評した。ミケランジェロは、足場にのぼってのみで鼻をなおしているようなふりをしながら、手に持つた大理石の粉を少しずつ落した。「これでどうでしょう?」「それでよくなった。生き生きとして来た」とソデリーニは答えた。(ヴァザーリ「美術家列伝」) 

  ところでダビデ像の後ろ姿を写した画像が少ない。お尻をとくとご覧あれ。Michelangrlo Buonarroti,Piero Soderini ,9月8日

Euro430

55276676_2   芸術か猥褻かは、見る人の感性によっても異なるが、先ごろ愛知県美術館の写真展示で男性器が写っていることから、猥褻物陳列罪にあたるとして布で覆われることになった。また島根県奥出雲町の三成運動公園にあるダビデ像のレプリカも一部町民から苦情が寄せられ、町議会で「教育上、ふさわしくない」という意見がだされた。その後、ダビデ像にパンツをはかせてほしいという要望があるそうである。この話題は海外メディアにも取り上げられ、「歴史的に有名な芸術作品にパンツをはかせるという考え方自体どうかしている」と笑われている。日本人の芸術への感性は低いといわざるをえない。

3ac4fd7e

   問題のダビデ像は高さ5mもある巨大なものだが、下から仰ぐと、チンコが目立ってみえる。町の偉いさんたちがあのチンコをどうするか相談している模様。「どうしたもんじゃろのう~」「白いブリーフは似合わないぞ」「ヒョウ柄の鬼のパンツはいいパンツ♪」「いっそダビデの巨根を少子化対策に生かし、生殖信仰にすべし」といろいろな意見がだされた。

「君が代」初演奏

250pxkimigayo1   1870年のこの日、英国公使軍楽隊長フェントン作曲の「君が代」が初めて演奏された。前年にフェントンは吹奏楽を薩摩藩士に教え、薩摩軍楽隊と呼ばれた楽隊30余名が連日連夜の練習の末、9月8日には横浜市中区山手公園において演奏会で「君が代」を初披露した。妙香寺には「国歌君ヶ代発祥之地」の記念碑が建てられた。だが、この洋風の曲は日本人には馴染めず、後に雅楽調の「君が代」が作られる。現在の「君が代」は1880年の林廣守作曲によるもの。ただし、旋律は奥好義が付け、西洋風和声はフランツ・エッケルトが付けている。1880年11月3日、天長節祝賀の宮中で初めて披露された。

Phajime1

2016年9月 7日 (水)

日本の端を巡る旅 宗谷岬と佐多岬

    海辺の漁村から山に囲まれた町、古都から大都会まで、あるいは雪の降る北国の町から、黒潮洗う南国の島々まで、南北に長い日本列島、隅から隅まで、各地を実際には行かず、一日、書斎に籠り叙述する。では北と南の端を巡る旅。

0019380021_m

    日本最北端の地、宗谷岬。北緯45度31分22秒。東はオホーツク海、西は日本海、北には宗谷海峡をはさんで43㎞先にサハリンを望む。宗谷岬から知床岬、納沙布岬、尻羽岬、襟裳岬、地球岬、恵山岬、白神岬、尾花岬、積丹岬、雄冬岬と北海道をぐるっと一周。

Misaki01

    鹿児島県大隅半島、佐多岬は北緯31度線上に位置し、南端の断崖から50m沖の大輪島に佐多岬灯台がある。晴れた日には種子島、屋久島を見ることができる。

カミーユ・ピサロ

Img_0003
 ピサロ
 「朝のコーヒーを入れる農家の娘」1881年
 シカゴ・アート・インスティテュート蔵

    ピサロは、この作品と「棒切れを持って坐る農家の娘」を一時最高の出来栄えの作品と言っている。息子に宛てた手紙には次のようにある。「お前は、私がもし再び出品するなら最高の作品をロンドンに送るべきだという。…しかし最高作が何かと自問するとき、誰でも大いに困るのだということはお前にもわかるだろう。「朝のコーヒーも入れる農家の娘」と「棒切れを持って坐る農家の娘」をロンドンに送っているのかというが、もちろんこれ以上完成された会心の作品を私には送れない。けれどもこれらはロンドンでは無器用とみなされた。…私が、田舎者の気質をもち、陰気な人間で、絵が荒削りの野性味をもっていることを思い出してくれ…」

    カミーユ・ピサロ(1830-1903)は西インド諸島のセント・トーマス島に生まれた。1855年、画家を志してパリに出て、アカデミー・シュイスに学ぶ。万国博覧会の美術展でコローの作品に感激してから、風景画一筋の制作を始め、サロンに出品するがいずれも落選。1863年の落選画展にはじめて並んだ。1870年の普仏戦争の時はロンドンに難を逃がれ、そこでモネとともにターナーらのイギリスの風景画を研究。戦後パリ北西郊外のポントアーズに居を構えて、ふたたび質朴な田園風景を連作。モネらと印象派グループ展に参加し、以後同派の最年長者としてただ一人毎回これに出品しつつげた。その作風は、印象派独特の技法を用いながら地味な堅実さを示し、モネやシスレーよりいっそう構成的な点に特色がある。

Photo
   「川のほとり」

Pikouen
 「公園」

健康のためには

Photo   長生きの秘訣は何だろうか。運動をよくすることや野菜をたくさん食べることだろうか。ストレスをためず、余り何事に悩まいないこと、などメンタルなことも大事だろう。お風呂に入って身体を清潔にし、ぐっすり眠ることも大事。清潔な寝具で決まった時間に眠り、決まった時間に起きる。個人的には籾がらの枕を愛用している。適正サイズの枕カバーで硬さ、柔らかさを調節すると快眠できる。無理に寝ようとせず、かすかな明かりと小さな怨霊で静かなBGMを流すと自然と眠りにつくことができる。部屋を綺麗に掃除しておき、ほこりなどないようにしておく。目覚めて一番に、お通じがあるとうれしい。日中でも便意をもよおしたら我慢せず、すぐにトイレに行く。また便意がなくても、毎日決まった時間にトイレに行くように、排便の習慣を守る。つまり快眠・快食・快便が大切である。

泉鏡花忌

4143803082_f808c984af_o   小説家・泉鏡花、1939年の忌日。鏡花は多作だった。生前の春陽堂版の全集で15巻、没後の岩波版で28巻別巻1巻ある。最近刊行された「新編泉鏡花集」全10巻は、東京、相州・伊豆、京阪、伊勢・名古屋、信州飛騨、北陸、東北と地域別で構成している。作品内容やテーマも多岐にわたる。鏡花世界という表現がよく使われるが、精神科医からは離人症状やノイローゼも指摘している。胃腸疾患や伝染病恐怖症でもあったが、67歳と当時の年齢でいえば天寿をまっとうしたといえる。

    ある席で、佐藤春夫が鏡花と同席した。春夫が子供をもうけたことを話すと、鏡花は大いに祝福し、その名を問うた。春夫はそれを告げたが、鏡花が、どのような字を書くのかと、さらに問い返したので、側にあった座布団の上に、指で書いて示すと、鏡花はたちまち機嫌を損じて、人の尻にしくものに、文字を書くとは何事ぞと強くそれをとがめた。鏡花にとって、文字は神聖なものであったのである。

    また恐怖症でカミナリが怖くて、蚊帳の用意が必要だった。生ものはあたるからと一切食べず、酒もぐらぐら煮立てて飲む。飯を喰うのは早くて、大きな茶碗で息もつかず、ザクザクと喰ってしまう。ことに蕎麦等は大概三口半で平らげる。(9月7日)

2016年9月 6日 (火)

アアラ島

   日本の地名を50音順に並べると、日本大地図帳地名索引のトップは「アアラ島」である。「ああらじま」香川県のオリーブの島で小説「二十四の瞳」の舞台にもなっている小豆島の周囲にある小豊島。その南に浮かぶ岩礁のような小島がアアラ島である。

与謝蕪村

   京都国立博物館では与謝蕪村生誕300年という節目を記念して、「生誕300年与謝蕪村」展を開催している。蕪村は大阪で生まれ、35歳を過ぎてから京都に居を定めた。蕪村は今日でこそ俳人として知られているが、それは明治期になって正岡子規が、俳人としての蕪村を評価したから。むしろそれ以前の蕪村は画家として知られていた。

ネルチンスク条約

   1689年のこの日、清とロシアの間の国境を定めたネルチンスク条約が調印された。清・康熙帝、ロシア・ピョートル大帝である。清のソンゴトゥ(策額図)とロシアのゴロヴィンの両全権が、ネルチンスクにおいる2週間あまりの交渉の末、両国間初の条約に調印した。このとき未決とされたウタ川一帯は、その後も国境が画定されず、1858年のアイグン条約で清がアムール川以北の領土を奪われる遠因となる。

    なお調印の日は露暦8月27日、康煕28年7月24日あるいは23日説があり、9月6日と7日の両説がある。(Nerchinsk,尼布楚,F・A・Golovin,9月6日)

Nerchi

エルカーノの世界一周

   1522年のこの日、マゼラン一行のビクトリア号がスペインのセビリヤのサンルカール・デ・パラメーダ港に到着し、世界一周を達成した。1519年9月20日に5隻の軍艦が出航し、マゼランは1521年4月27日フィリピンのマクタン島で住民に殺され、スペインに帰港したのはファン・セバスティアン・エルカノ(生年月日不詳~1526)のビクトリア号1隻だけであり、出航時で265名いた乗員は帰還時にはエルカーノを含め18名だった。Juan Sebastian Elcano、9月6日

2016年9月 5日 (月)

法隆寺の玉虫厨子

Src_36110507   飛鳥時代、推古天皇のころの製作と考えられる。厨子は二重の基段の上にたっており、正面に階段がある。高さ23.7cm。板部は檜材、彫刻部にはクスノキがもちいられる。全面漆塗装。厨子の宮殿部台座周縁の金銅透彫金具の下に、いちめんに玉虫の羽をはりつめていたところから、玉虫厨子の名で親しまれている。しかし、いつごろからそう呼ばれていたのか、確かではない。鎌倉時代の「古今目録抄」に「玉虫の羽をもって、銅を彫り透した唐草の下に之を臥せた」と、この厨子の名の由来に結びつく記載がわかる。仏教的主題の絵画が描かれ、須弥座段には捨身飼虎の図が画かれている。

五大湖

Photo   アメリカ合衆国及びカナダの国境付近に連なる5つの湖を五大湖、英語ではGreat Lakesと呼ぶ。西側から順に、スペリオル湖、ミシガン湖、ヒューロン湖、エリ―湖、オンタリオ湖が並ぶ。五大湖の覚え方は、それぞれの頭文字をとって「スミヒエオ」と覚える。五大湖のうち最大の面積をもつのはスペリオル湖。またアメリカ合衆国の領内にのみ位置するのはミシガン湖である。有名なナイアガラの滝はエリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にある。

ポーツマス条約調印

Seiji11_detail_ph01

  小村寿太郎(1855-1911)は安政2年、日向国飫肥藩の下級武士・小村寛平、梅子の長男として生まれる。文久元年、安井息軒が教える藩校振徳堂に入学。大学南校に入学し、明治8年にはハーバード大学に留学。帰国後、美人のマチと結婚する。しかし新妻は裁縫、料理など家事は一切しない女性だった。近くに実家があり、その仕送りで女中を雇い、すべて家事をやらせる。浪費家であり、趣味は芝居見物だった。子供ができても妻の生活態度は変わらなかった。小村の家庭は高官にもかかわらず、貧窮にあえいでいた。高級官僚にしてなお貧乏暮らしを余儀なくされたのは、妻の浪費癖のほかに、父から受け継いだ莫大な借金が原因ともいわれる。ともかく、小村は家庭的には恵まれなかったようだ。

   しかし小村は多くの先輩たちに見出されて、明治顕官への道を順調に歩んだ。小倉処平(1846-1877)、陸奥宗光(1844-1897)、桂太郎(1847-1913)たちである。桂内閣のとき、外務大臣を二度務めている。今日の霞ヶ関外交の基礎をつくったのは小村寿太郎といわれている。

  セオドア・ルーズベルト大統領の斡旋を得て、明治38年8月9日、ポーツマスの海軍工廠において非公式に講和談判予備会議が開かれた。(第1回本会議は翌10日から開かれた)

   会議の列席者は日本側が、小村寿太郎(1855-1911)、高平小五郎(1854-1926)両全権と佐藤、安達、落合の三書記官。ロシア側はセルゲイ・ウイッテ(1849-1915)、ローゼン両全権とブランソン、コロストヴェツ、ナボコフの三書記官であった。

    9月5日、日露講和条約(ポーツマス条約)の調印によって、ロシアは樺太全島及び遼東半島の日本への移譲を認め、実質的に日露戦争は日本の勝利に終わった。しかし、増税に耐えて戦争を支えてきた多くの国民は、日本の戦争継続能力について真相を知らされないままに、賠償金が得られないなどポーツマス条約の内容が期待以下だったので、激しい不満を抱いた。9月5日には「屈辱的講和反対、戦争継続」を叫ぶ群衆が、政府高官邸、交番、国民新聞社などを襲撃したり、放火したりした。いわゆる日比谷焼打ち事件である。桂太郎内閣は戒厳令を発し、新聞を発禁処分にすることで辛うじて事態を収拾した。

   とくに全権委員の小村寿太郎に対しては国民の非難が集中し、「露探」(ロシアのスパイ)と罵られ、小村邸の窓ガラスが割られ、雨戸がたたかれる日々が続いた。小村寿太郎の妻・小村マチ(小村町子)は、精神的に打ちのめされ、ノイローゼ寸前に追い込まれた。帰国した小村はホテル住まいで家族との別居を余儀なくされた。

   小村寿太郎は明治44年8月25日、桂内閣が総辞職にともない政治を引退した。小村は葉山の粗末な貸家に住んだが、わずか3月後には病に倒れた。皇太子(大正天皇)も慰問にこられたという。侯爵を授けられ57歳で没した。しかし臨終の場に小村マチの姿はなかったという。(Portsmouth)

2016年9月 4日 (日)

台風情報と「避難準備情報」

   日本の自然は、四季があり、美しいものですが、反面厳しい季節や風や雨などにも備える必要がある。いま台風12号が九州北部を北東に進んでいる。大雨にも警戒が必要である。台風10号は東北・北海道に甚大な被害をもたらした。気象庁などの台風情報があるが、施設管理者は「避難準備情報」の意味を理解しておらず、岩手県の高齢施設では多数の高齢者が亡くなった。また北海道の帯広や富良野ではジャガイモやタマネギの農作物が被害をうけた。食卓からカレーが消え、おやつのポテトチップスも生産中止になるらしい。ああ、カラムーチョが食べたい!

須崎のミョウガ

1g20110128ttt0700057g300000

  本日放送のNHKのど自慢は高知県須崎市。須崎はミョウガ栽培で知られ、出荷量は全国の6割を占める。ミョウガは生で刻んで、かつおのたたきなどの薬味として食べても美味しい。全国各地にはさまざまな特産品がある。

   諏訪地方で寒天の製造が始まったのは、茅野市玉川が発祥の地である。天保年間に小林粂左衛門が、丹波地方で寒天製造を知り、気候風土が諏訪地方と共通していることや農家の冬の副業として適していると考え、寒天製造を広めた。角寒天は、毎年12月中旬から翌年の2下旬ごろまで製造される期間限定の特産品である。冬の寒い気候を利用した茅野の角寒天は全国一のシェアを誇っている。

   日本の特産品一覧
メロン(夕張)
笹かまぼこ(仙台)
さくらんぼ(寒河江)
将棋の駒(天童)
のこぎり(長岡)
めいせん(伊勢崎)
狭山茶(埼玉県)
納豆(水戸)
下仁田ネギ(群馬県)
醤油(野田)
だるま(高崎)
洋食器(燕)
ちぢみ(小千谷)
琥珀(久慈)
かまぼこ(小田原)
金箔(金沢)
漆器、輪島塗(輪島)
メガネ(鯖江)
土管・火鉢(常滑)
ちょうちん(岐阜)
カーテン(江南)
刃物(関)
うなぎ(浜名湖)
墨(鈴鹿)
そろばん(小野)
下駄(松永)
オリーブ油(香川)
うちわ(丸亀)
カツオ節(高知)
ミョウガ(須崎)
タオル(今治)
匹見わさび(島根)
かまぼこ(宇部)
しいたけ(大分)
壺屋焼き(沖縄)

「ま」 ファースト・ネームから引く人名一覧

011231413   「マリー・アントワネット」1793年にギロチンで処刑された。民衆が貧困と食糧難に陥った際、「パンがなければお菓子(ブリオッシュ)を食べればいいじゃない」などの発言は、彼女を妬んだ貴族たちの作り話で、彼女自身は豪華な暮らしよりもルソーの思想の影響で質素を好み、飢饉の際に宮廷費を削って寄付するなど、国民を大事に思う心優しい人物であったといわれる。 ▽「マーカス・ガーウェイ」北アメリカで黒人の権利を主張した先駆者で、ジャマイカの国民的英雄。公民権運動にも影響を与えた。

マイケル・アージル
マイケル・J・フォックス
マイケル・ジョーダン
マイケル・ファラディー
マイケル・フェルプス
マイケル・ランドン
マイルス・ディヴィス
マウリ・ウコンマーンアホ
マウリッツ・エッシャー
マーカス・ガーヴェイ
マーガレット・サッチャー
マーク・トウェイン
マーク・ハミル
マーク・レスター
マコーレー・カルキン
マザー・テレサ
マーサ・スコット
マザッチョ
マーシャル・マクルーハン
マシュー・アーノルド
マシュー・カルブレイス・ペリー
マージョリー・キナン・ローリングス
マックス・アドラー
マックス・ヴェーバー
マックス・エルンスト
マックス・ペヒシュタイン
マッテーオ・マリーア・ボイアルド
マット・ビオンディ
マット・デイモン
マット・ディロン
マティアス・エルツベルガー
マティアス・フラキウス・イリリクス
マティアス・グリューネヴァルト
マテオ・リッチ
マーティン・ハンドフォード
マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
マドンナ
マーナ・ロイ
マニュエル・ルイス・ケソン
マヌエル・デオドロ・ダ・フォンセカ
マハティール・ビン・モハマド
マララ・ユスフザイ
マリー・ジョゼフ・ド・ラファイエット
マリー・タッソー
マリー・ド・メディシス
マリー・ローランサン
マリア・ウォルポール
マリア・シャラポワ
マリア・テレジア
マリア・モンテッソーリ
マリリン・モンロー
マール・オベロン
マルカントーニオ・ライモンディ
マルキ・ド・サド
マルク・シャガール
マルクス・トゥッリウス・キケロ
マルクス・ユニウス・プルートゥス
マルグリット・デュラス
マルゲリータ・ディ・サヴォイア・ジェノヴァ
マルコ・ビュッヘル
マルコ・ポーロ
マルコムX
マルセル・デュシャン
マルセル・マルソー
マルチェロ・マストロヤンニ
マルチナ・ヒンギス
マルティーヌ・キャロル
マルティン・ハイデッガー
マルティン・ファン・ヘームスケルク
マルティン・ブツァー
マルティン・ルター
マレーネ・ディートリッヒ
マーロン・ブランド
マン・レイ
マンフレッド・ベニントン・リー
マンフレート・フォン・リヒトフォーフェン

 

Annex2020scott20martha_01
  マーサ・スコットは「十戒」ではモーセの産みの母、「ベンハー」でもヘストンの母親役。50年にわたる芸能歴で出演作品も多い。

こけし子守唄

Photo_4    可愛いく、素朴で、愛らしい木彫りのこけし人形。起原は意外と新しく、文化・文政(1804-1830年)の頃という。そんな東北の伝統こけしに魅せられる若い女性たちが増えている。戦前の第一次ブーム、高度経済成長期の第二次に続く、平成の第三次こけしブームが到来。子供の頃、松島トモ子主演の母もの映画「こけし子守唄」(1957)をみた。主題歌はコロムビアの少女歌手、君和田民枝。「♪こけし人形は母恋い人形 里が恋しと首をふる 母の住む町あの空あたり 山が高うて高うて エー見えはせぬ」。君和田民枝はその後も「空中ぶらんこ」(1957)「オリーブの花咲く島」「遊覧船マリンガール」(1958)とヒットさせたが、のちに「東條民枝」という名で女優として活動していた。今頃どうしているだろう。

2016年9月 3日 (土)

凡愚問答

 テレビのクイズ番組は今も高視聴率だそうだ。いまやクイズ番組で欠かせないのが林修さん。専門は国語教師であるが、幅広い教養もありそう。スマホ時代で誰でも簡単に情報は得られるが、幅広い教養を身につけることはなかなか努力のいることである。

問1.生ゴムに多量の硫黄を加え、長時間加硫して得られる黒色光沢をもつ合成樹脂を何というか?

問2.無人島に漂流したのちロビンソン・クルーソーのモデルとなったスコットランドの水夫の名前は?

問3.アルミニウムの原料となる鉱物は?

問4.葉書や切手に、使ったというしるしにおす日付けの入ったスタンプを何という?

問5.ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルはどこの国の人?

問6.広辞苑でいちばん最後に載っている漢字2文字の熟語は?

問7.米軍のグァンタナモ海軍基地はどこにある?

問8.日本にキリスト教を最初に伝えた宣教師は?

問9.中国語は漢字で、韓国語はハングルで表記される。ではロシア語は何文字で表記されるか?

問10.雪や氷の上を走るときに使うタイヤのことを何という?

問11.太陽系の惑星は全部でいくあるか?

問12.沖縄の県花は?

問13.ヨーヨー・マが演奏する弦楽器は?

問14.座禅の時に眠気をさまさせるため打つのに用いられる棒は?

問15.アメリカの星条旗などにある、左上部の四角く区切られた部分を何という。

問16.「アラモ砦」はアメリカ合衆国の何州にあるか?

問17.「蛍雪の功」の故事成語の話はよく知られている。本を読むのに貧しくて油を買えず、夏に蛍の灯りで勉強したのは車胤。では冬に雪明かりで勉強したというのは誰?

問18.音楽用語で「だんだん速く」は、アッチェレランド(accelerando)。では、「だんだん遅く」は?

問19.70歳のことを一般に「古希」という。この語の由来となった「人生七十古来稀なり」とは誰の詩の一節か?

答え・問1エボナイト。問2アレキサンダー・セルカーク。問3ボーキサイト。問4消印。問5.スウェーデン。問6還礼(わんれい)。意味は返礼。問7キューバ。問8フランシスコ・ザビエル。問9キリル文字。問10スタッドレスタイヤ。問11全部で8つ。問12デイゴ。問13チェロ。問14警策。問15カントン(canton)。問16テキサス州。問17孫康。問18リタルダンド。問19杜甫。(ritardando)。

ケーテ・コルヴィッツ

D0043213_22231861    貧困にあえぐ農民や労働者、そして戦争に翻弄される民衆の苦しみを表現主義的な作風で描きだしたドイツの女流画家ケーテ・コルヴィッツ(1867-1945)。ドイツはもちろんのこと世界中でもその名は広く知られている。彼女が、ベルリンの自由劇場に上演されたハウプトマンの「織工」を見たのは1893年2月のことであった。これは労働者階級のストライキを取り扱ったものであるが、ケーテは「織工」を見て深く刻まれた感動を6枚の連作版画「織工たちの蜂起」(1897)として描いた。その後もケーテは二つの大戦を経験し、ナチスへの抵抗を貫いて不条理な戦争や死に対する悲しみや憤りを力強い造形へと昇華させ、見る者の魂を揺さぶるような作品を生み出した。代表作品「死んだ子供を抱く母」(1903)「農民戦争・蜂起」(1906)「種を粉に挽いてはならない」(1941) Kathe Kollwitz

新井白石と康熙帝

   中国歴代皇帝のなかでも名君とされるのが清朝第4代皇帝の康熙帝である。61年にわたる在位のなかで、税金を安くして国民生活を安定させ、黄河の治水工事や大運河を修理した。18世紀初め、江戸幕府はオランダと清とだけは長崎で貿易を認めていた。またそれ以外にも、朝鮮に対して対馬藩、琉球に対して薩摩藩、アイヌ民族に対して松前藩が外交関係を結んでいた。とくにオランダ・中国は「通商の国」であり、輸入超過の状態が続いていた。清の康熙帝が統一をとげると、海上の平和が回復し、日本に来航する中国商船が激増した。このため新井白石は1715年に正徳新例とよばれる貿易統制を行なった。「信牌」とよばれる証明書を発行し、これを持参する者に限り貿易を認めるものである。だが中国では、伝統的に信牌とは朝貢国に対して与えるものであったため、清当局の一部で問題になった。白石は信牌は「日本の政府が交付したものではなく、唐通事が交付するものである」と抗議を行った。康熙帝もまた「これは通訳と商人の間で取り交わされた民間の証文にすぎない」として問題にしないとの裁可を下し、1717年には落着した。

赤道付近一帯における頭蓋崇拝

Schade1    葬法には死者に対する2つの基本的態度があり、1つは死体の滅失・破壊であり、他方には死体の保存がある。古代エジプトにみられるミイラのように死体への尊敬から、死者との関係をできるだけ保存しようする方法があるが、死体の一部分を永久的に保存することは赤道付近に帯状にみられる習俗である。とくに遺骨崇拝は、頭蓋骨が多くみられる。これは他の部分に比べて骨の保存が容易で、彼らには部分が全体を現すという考えも広くみられているため、頭蓋骨の保存や頭蓋骨製の仮面を作る習俗が生まれた。敵の頭蓋は、戦士の武勇の象徴であるとともに農作物の豊作をもたらすとされる。首狩りはアッサムの民族集団ナガからボルネオのダヤク、マダガスカルのマダガッセンに至る東南アジアの古層諸民族において行われていた。フィリピンのルソン島に住むボントック族は首狩り、頭蓋崇拝、生贄などの習俗がある。このほか、頭蓋崇拝はアフリカや太平洋諸地域、南北アメリカの諸民族の間では最近までみられた。赤道付近に帯状にみられるのは、古い栽培民文化に基礎をもつと考えられている。(Schadelkult,シャーデルカルト,Bontocs) 参考;池田末利「中国における頭蓋崇拝の系譜試探 祖神崇拝の祖型として」宗教研究59(1) 1985.06)

谷崎潤一郎偽作「誘惑女神」騒動

Kurata_kiji

    朝日新聞昭和60年9月3日付夕刊の1面に「谷崎潤一郎未発表の直筆・誘惑女神68年ぶりに発見、未亡人のもとに帰る」とスクープ。劇作家の豊田豊が家に保管していた原稿11枚の谷崎潤一郎の未発表作品が発掘されたという。内容は古代大和朝廷のころ、美男の仏師が愛欲に溺れるという話。3年後に分かった話だが、実はこの作品は倉田啓明(1892-没年不明)という大正期の小説家が谷崎の作風・筆跡を似せて書いた真っ赤な偽作。大正6年、倉田は東京日日新聞に谷崎の名を騙り、原稿料を詐取した。この件で倉田は大正6年、11月の実刑を受け、関東大震災後、関西に移住、晩年の消息は不明。朝日が原稿が松子夫人の元に戻ったことを美談にしたててガセ記事を載せたという、なんともお粗末な話であった。

2016年9月 2日 (金)

ケーニヒスベルクの橋渡り

Ke2   東プロシアの首都ケーニヒスベルクの町(現在はロシアのカリーニングラード)にあるクナイプホッフ島のまわりを流れるプレーゲル川には七つの橋がかかっていた。あるとき、市民のひとりが「同じ橋を2回わたらないで、すべての橋をわたることができるか」という問題をだした。この問題に対して、だれもうまく説明できなかった。これを18世紀の数学者レオンハルト・オイラー(1707-1783)が1736年に一筆書きの問題になおして証明することを考え、「そのようなことは不可能」と答えた。この問題をケーニヒスベルクの橋の問題という。ケーニヒスベルクは哲学者カントが生まれた町として知られ、島の中央ケーニヒスベルク大聖堂の北東の角にある。このためカントの墓参りのためこの問題が生まれたというまことしやかな話があるが、実際はカントよりもオイラーのほうが古い人で、この橋渡しはカント以前からあったものである。

2016年9月 1日 (木)

ビアードと関東大震災

Cbeard2

  「暗くならなければ星は見えない」

 この言葉はアメリカの歴史学者・政治学者、また卓越した教育者であるチャールズ・オースチン・ビアード(1874-1948)の言葉である。ビアードは1948年9月1日に世を去ったが、日本の「防災の日」と深いかかわりがある。

    ビアードは、1874年11月27日、インディアナ州ナイツタウン近くに生まれた。デ・ボー大学卒業後、オックスフォード大学に留学。法制史の大家メイトランド教授やウェッブ夫妻の知遇を受けた。メアリー・リッターと結婚し、夫婦での協同研究が始まった。専門はアメリカ憲法発達史であったが、市政学、都市学にも開拓者的研究を始めていた。ビアード夫妻による歴史の全体的把握への協同的研究は、その代表作というべき「アメリカ文明の興起」(1927)に結晶した。これに続いて「航行半途のアメリカ」(1939)と「アメリカの精神」(1942)が刊行された。このかたわら、ビアードは、アメリカ外交史の再検討を試み、過度の対外干渉がアメリカ文明を危機に陥れることを「国家的利益の観念」(1934)「国内に向けられた門戸開放主義」(1934)で明らかにした。とくにルーズベルト大統領の越権行為が三権分立をたてまえとする合衆国憲法を破壊するものであると批判した。晩年、ビアードは合衆国憲法がアメリカ文明にとっていかに貴重なものであるかを国民に周知させるために「わが共和国」(1942)「アメリカ合衆国史要」(1944)を刊行した。

    また、ビアードは日本に対しておおくの愛情を注いでくれた学者である。東京市長・後藤新平は、大正11年9月4日、ニューヨーク市政調査会専務理事ビアードを招聘した。半年間、夫婦で日本に滞在し、講演と調査を精力的に行なった。翌年の関東大震災の直後、後藤新平復興院総裁の要請で再び来日し、「モータリゼーションの時代」の到来を予想して、多くの幅広い幹線道路建設を含む大規模な東京市復興計画の立案のため、寝食を忘れて想を練り、政府に提出した。しかし、彼の構想が遠大でかつ巨額の経費を必要とするため、不幸にも為政者のいれるところとはならなかった。(Charles Austin Beard)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31