無料ブログはココログ

« 畢竟してなにの用ぞ | トップページ | 中江藤樹忌 »

2016年8月25日 (木)

古川柳の味わい

Lrg_10457641   本日は「川柳発祥の日」。1757年のこの日、柄井川柳が最初の川柳万句会を興行した。「道問へば一度にうごく田植笠」という川柳はまことに味わいがある。季節感があり俳句に近い境地であるが、俳句よりも「かるみ」がある。「うがち」「おかしみ」「かるみ」が川柳の三要素といわれる。

「寝ていても団扇のうごく親心」も視覚的な効果がある。「居候三杯目にはそっと出し」や「鬼貫は夜中盥を持ち歩き」「へぼ将棋王より飛車をかわいがり」などは「おかしみ」のある句である。

「孝行のしたい時分に親はなし」「新所帯なにをやっても嬉しがり」などは人情の機微を見事に表わしている。

「土俵入り負ける気色は見えぬなり」

「一年を二十日で暮らすよい男」

Ngy201007100037

(8月25日)

« 畢竟してなにの用ぞ | トップページ | 中江藤樹忌 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 畢竟してなにの用ぞ | トップページ | 中江藤樹忌 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31