無料ブログはココログ

« 三択クイズ雑学王 | トップページ | さらば夏の日 »

2016年8月31日 (水)

地名が変わる

   私が少年の頃、ノルウェーの首都はクリスティアニアと呼ばれていた。しかしある時からノルウェー人はその美しい名前を捨て、オスロと呼ぶようになった。(ロアルド・ダール「少年」)

   オスロは1624年の大火で焼失し、クリスティアン4世によってルネサンス風に再建された。そして王にちなんで新都は「クリスティアニアKristiania)」と名付けられた。「オスロ」と改称されたのは1924年のことである。

   このように地名はしばしば改称されることがある。アラスカ州にある北米最高峰マッキンリー山(第25代大統領にちなむ)が、「デナリ」(「偉大なもの」の意)と変更された。アラスカの先住民がデナリと呼んでおり、改称を求める声が出ていた。

   これまで改称された代表的な地名をあげる。ニューアムステルダム(現在のニューヨーク)、江戸(:現在の東京)、ビザンティオンあるいはコンスタンティノープル(現在のイスタンブール)や長安(現在の西安)などは歴史的に有名な都市である。ロシア第2の都市サンクトペテルブルクは4回も名称が変遷している。二ーンシュタット→サンクトペテルブルク(1703年)→サンクトペトログラード(1914年、ドイツ風名称をロシア風に)→レニングラード→サンクトペテルブルク。ボルゴグラードもツァリーツィン(1589年)→スターリングラード(1925年)→ボルゴグラード(1956年)。またカザンがカザニ(ロシア)、コルシカがコルス(フランス)にように日本でも表記が変更されることがある。ベトナムのサイゴンは1976年に南北が統一されると、革命家ホー・チ・ミンの名に因んで「ホーチミン」と改称された。中国語では「胡志明市」。モアイ像で知られるイースター島はラパ・ヌイ島と呼ばれている。

Cover210300  主な地名の変更

ボンベイ→ムンバイ(インド)
マドラス→チェンナイ(インド)
カルカッタ→カルカタ(インド)
アレッポ→ハレブ(シリア)
コロンボ→スリジャヤワルダナプラコッテ(スリランカ)
西イリアン→イリアナジャヤ→パプア(インドネシア)
ボルネオ→カリマンタン(インドネシア)
セベレス→スラウェシ(インドネシア)
サイゴン→ホーチミン(ベトナム)
グルジア→ジョージア
ザイール→コンゴ民主共和国
南ローデシア→ジンバブエ
セイロン→スリランカ
ビルマ→ミャンマー
ラングーン→ヤンゴン(ミャンマー)
ビアフラ湾→ボニー湾(ナイジェリア)
オートボルタ→ブルキナファソ

« 三択クイズ雑学王 | トップページ | さらば夏の日 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

ビルマがヤンマーとなったとき、「えっ、?ヤンマーという国はいつ出来たんだ?と思ったんですが・・そんなもので、サンクトペテルブルグなど、世界史の中で何度も変るので、迷いましたよ。(・∀・)ニヤニヤ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三択クイズ雑学王 | トップページ | さらば夏の日 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31