無料ブログはココログ

« 犬だって暑いんです!犬小屋にエアコンを | トップページ | 日航ジャンボ機墜落31年 »

2016年8月11日 (木)

おなじ町でも・・・見晴らしの数だけ町がある

   哲学者ライプニッツは、それ以上分割できない究極の実体として「モナド」を想定した。物質界の原子アトムではなく、精神的な単子である。原子との違いは、モナドは非空間的でその内部に多様な「表象」と、「欲求」をもつ精神的な存在である。ライプニッツの有名なことばに「おなじ町でも・・・見晴らしの数だけ町がある」がある。野球場で、座席を一つずつずらしていくと、眺めが少しずつ変わっていく。同じ試合なのに、異なる視点の数の分だけ、異なる試合を観ることができる。無数のモナドがそのようにして、たがいに他のすべてのモナドを映し出す。しかしその「無限」は、同時に「一」なのである。

« 犬だって暑いんです!犬小屋にエアコンを | トップページ | 日航ジャンボ機墜落31年 »

「哲学・思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬だって暑いんです!犬小屋にエアコンを | トップページ | 日航ジャンボ機墜落31年 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30