無料ブログはココログ

« フルトンの蒸気船 | トップページ | 平和への願い »

2016年8月 9日 (火)

ヘッセ忌日

11030608hermannhesse     ヘルマン・ヘッセの小説に『青春はうるわし』という短編がある。夏休み、ふるさとに帰った若者が両親や弟妹とひと夏をすごす。青年は美しい少女に夢中になるが、彼女には婚約者がいることを知る。やがて妹の友だちの、あたたかい心の少女にひかれていくが、この恋もやぶれて、傷心のまま、故郷を去る。すべて美しいものは、はかなく、過ぎてから気がつくものなのだろうか。あの夏の暑さのように。1962年8月9日、ヘッセは85歳でこの世を去った。(Herman Hesse)

« フルトンの蒸気船 | トップページ | 平和への願い »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

何故、若い日の強い憧れのような恋はいつまでも忘れずに心に残るのでしょうか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルトンの蒸気船 | トップページ | 平和への願い »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31