無料ブログはココログ

« リオ五輪はじまる | トップページ | 支那学文献目録 »

2016年8月 5日 (金)

夏王朝は実在した!

W020110218628986716771  1959 年、河南省援偃師市の二里頭村で古い遺跡が発見さけた。1960年には宮殿跡が発見され、二里頭遺跡として紀元前1800年から前1500年のものと推定された。この遺跡からわずかしか離れていない偃師商城は殷代前期に属する王城跡であり、殷に先行する夏王朝の都の一つと考えられてきた。

  NHKスペシャル「中国文明の謎」第1集「中華の源流 幻の王朝を追う」 司馬遷「史記」に記された中国最古の王朝「夏」については長い間その実在性が確認できず、伝説の王朝とされてきた。しかし近年、考古学の発掘成果によって、現代中国の史学界では夏王朝が実在したことはもはや常識となっている。黄河流域河南省の二里頭遺跡から夏の王宮跡と2万人以上の大集落跡が発見された。そこから銅爵(画像)や「トルコ石の龍」が出土している。紀元前2300年前後のことである。わが国の京都大学岡村秀典教授も「夏王朝 王権誕生の考古学」(2003)を刊行し、最古の夏文明を紹介している。夏は前1600年ころ、殷に滅ぼされた。だが殷は夏から宮廷儀礼など多くの文化をそのまま踏襲している。2016年アメリカのパデュー大学の研究チームによる放射性炭素年代測定によれば、大洪水がおこったのは、従来の説よりおよそ400年の遅い紀元前1920年のことと推定される。

« リオ五輪はじまる | トップページ | 支那学文献目録 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リオ五輪はじまる | トップページ | 支那学文献目録 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30