無料ブログはココログ

« ヘッセ忌日 | トップページ | 西鶴忌 »

2016年8月 9日 (火)

平和への願い

091ktanaka1 0101 061213_222827 0104

   田中キヲ(1915-2006)は昭和20年8月9日、長崎の爆心地から2キロほど離れた水田で被爆した。翌日、長崎市内の臨時救護所で、放心した表情で生後4か月の次男に授乳しながら、治療の順番を待っている姿が撮影された。写真は旧日本陸軍の報道部員、山端康介が8月10日、長崎市で撮影し、「苦痛にたえながら治療の順番を待つ母子」として長崎原爆資料館に展示されている。

18145530614358495900    8月は戦争や平和について考える機会が多くある。私は戦後生まれで、戦争体験はないが、日本がアジア諸国に対しての軍事行動や、また唯一の原爆の被爆国であることを、世代の違いに関わらず、記憶していかなけれならないと考える。8月はドキュメンタリーも数多く放送される。「我が闘争」(1960年スウェーデン)は第一次世界大戦の混乱からナチスの台頭、ナチスの政権奪取から敗戦、ヒトラーの死までを、描いている。「夜と霧」(1955年)はアウシュビッツの大量虐殺の悲劇をミシェル・ブーケの静かな語り口の中で映像化している。最近、自民党の議員の発言がエスカレートしている。安保関連法案に反対する学生らのデモを「戦争に行くたくないという利己的な考え」とツィッターで批判している。70年前、国民は不戦の誓いをしたのに、このような思想が体制側の人に多いことに憂う。

« ヘッセ忌日 | トップページ | 西鶴忌 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘッセ忌日 | トップページ | 西鶴忌 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30