無料ブログはココログ

« 石川五右衛門・釜ゆでの刑 | トップページ | 黄河の河口 »

2016年8月24日 (水)

芭蕉と杜甫

    唐の詩人、杜甫の数ある詩のなかで、「春望」という五言律詩が日本人に最も愛唱されている。芭蕉は「奥の細道」平泉で「国破れて山河在り。城春にして草青みたり」を引用し、「夏草や 兵どもが夢の跡」の句を残した。芭蕉は杜甫の影響を受けることが著しい。自らの泊船堂を杜甫の浣花渓の草堂に模している。「野分して盥に雨をきく夜哉」の句は杜甫「茅屋為秋風所破歌」にインスパイアーされたものである。(参考:伊古田陽子「芭蕉における杜甫」お茶の水女子大学中国文学会報6 1987年)

« 石川五右衛門・釜ゆでの刑 | トップページ | 黄河の河口 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川五右衛門・釜ゆでの刑 | トップページ | 黄河の河口 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30