無料ブログはココログ

« 世界一難しい雑学問題 | トップページ | 最後の江戸戯作者、万亭応賀 »

2016年8月29日 (月)

今日の名画

Img_0007
ピサロ 「ルーアンの波止場」 1883年

   1883年9月から11月の間にルーアンで制作され、眺めは、ラクロワ島からセーヌ沿いに東側を見ている。そして河の彼方には、ケイ・ド・パリの工場群が見え、その背後の丘の上には、ノートル・ダム・ド・ボンスクール大聖堂のシルエットが現われている。カミーユ・ピサロ(1830-1903)は、1883年秋、ユージェーヌ・ミュレルの経営するホテルに3ヶ月間逗留した。ミュレルの本職はパン造りで、画家のアルマン・ギヨーマンの幼な友だちであったために、ギヨーマンを通じて他の印象派の画家たちとも知り合った。数年前、株式仲買人としての経歴を捨てて絵画に専念しようとしたゴーギャンも、1883年11月にルーアンにやってきてピサロと合流している。

« 世界一難しい雑学問題 | トップページ | 最後の江戸戯作者、万亭応賀 »

今日の名画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界一難しい雑学問題 | トップページ | 最後の江戸戯作者、万亭応賀 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30