無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

さらば夏の日

   今の季節にぴったりの音楽フランシス・レイの「さらば夏の日」を聴く。

Mellowhouse2001img600x4331464785756

地名が変わる

   私が少年の頃、ノルウェーの首都はクリスティアニアと呼ばれていた。しかしある時からノルウェー人はその美しい名前を捨て、オスロと呼ぶようになった。(ロアルド・ダール「少年」)

   オスロは1624年の大火で焼失し、クリスティアン4世によってルネサンス風に再建された。そして王にちなんで新都は「クリスティアニアKristiania)」と名付けられた。「オスロ」と改称されたのは1924年のことである。

   このように地名はしばしば改称されることがある。アラスカ州にある北米最高峰マッキンリー山(第25代大統領にちなむ)が、「デナリ」(「偉大なもの」の意)と変更された。アラスカの先住民がデナリと呼んでおり、改称を求める声が出ていた。

   これまで改称された代表的な地名をあげる。ニューアムステルダム(現在のニューヨーク)、江戸(:現在の東京)、ビザンティオンあるいはコンスタンティノープル(現在のイスタンブール)や長安(現在の西安)などは歴史的に有名な都市である。ロシア第2の都市サンクトペテルブルクは4回も名称が変遷している。二ーンシュタット→サンクトペテルブルク(1703年)→サンクトペトログラード(1914年、ドイツ風名称をロシア風に)→レニングラード→サンクトペテルブルク。ボルゴグラードもツァリーツィン(1589年)→スターリングラード(1925年)→ボルゴグラード(1956年)。またカザンがカザニ(ロシア)、コルシカがコルス(フランス)にように日本でも表記が変更されることがある。ベトナムのサイゴンは1976年に南北が統一されると、革命家ホー・チ・ミンの名に因んで「ホーチミン」と改称された。中国語では「胡志明市」。モアイ像で知られるイースター島はラパ・ヌイ島と呼ばれている。

Cover210300  主な地名の変更

ボンベイ→ムンバイ(インド)
マドラス→チェンナイ(インド)
カルカッタ→カルカタ(インド)
アレッポ→ハレブ(シリア)
コロンボ→スリジャヤワルダナプラコッテ(スリランカ)
西イリアン→イリアナジャヤ→パプア(インドネシア)
ボルネオ→カリマンタン(インドネシア)
セベレス→スラウェシ(インドネシア)
サイゴン→ホーチミン(ベトナム)
グルジア→ジョージア
ザイール→コンゴ民主共和国
南ローデシア→ジンバブエ
セイロン→スリランカ
ビルマ→ミャンマー
ラングーン→ヤンゴン(ミャンマー)
ビアフラ湾→ボニー湾(ナイジェリア)
オートボルタ→ブルキナファソ

三択クイズ雑学王

問1.歌川広重の浮世絵「東海道五十三次」は全部で何枚の絵からなる?①53枚②54枚③55枚

問2.マラソン2時間3分23秒の世界記録保持者はだれ?①ゲブレシラシェ②ムタイ③キプサング

問3.東京下町の菊の井のお力は落ちぶれた愛人の源七の手にかかり、非業の死をとげる。明治の女流作家樋口一葉の代表作。①にごりえ②たけくらべ③雁

問4.キリスト教その他の宗教の自由を認めたミラノ勅令を発したローマ皇帝。①デォクレティアヌス帝②コンスタンティヌス帝③テオドシウス帝

問5.世界で一番高い山はエベレストだが、2番目に高い山は?①カンチェンジュンガ②ローツェ③K2

問6.一ノ谷で戦死した平敦盛の父は?①家盛②頼盛③経盛

問7.学識をひけらかすさまを何という?①アナクロニズム②トリビアリズム③ペダンチック

問8.日本プロ野球で通算二塁打が最も多い選手は?①立浪和義②王貞治③福本豊

問9.法隆寺にあるこの仏像は?①弥勒菩薩②救世観音③阿修羅

Img_1650325_22412196_0

問10.面積が日本一広い市は岐阜県高山市。では2番目に広い市は?①日光②浜松③北見

問11.蝶がトレードマークの日本人デザイナーは誰?①森英恵②コシノヒロコ③花井幸子

問12.老中水野忠邦が断行した改革は?①寛政の改革②天保の改革③享保の改革

問13.「腎臓」を英語で①spleen②liver③kidney

問14.バビロンに強制移住させられていたユダヤ人を解放した王は?①ラムセス2世②ネブカドネザル2世③キュロス大王

問15.次のうち恒星はどれか?①月②太陽③火星

問16.次のうち最もスピードが速いのはどれか?①ハヤブサ②タカ③ツバメ

問17.湿った空気が山越えなどで下降気流になり、それに伴う乾燥した熱風によって山岳の風下側で高温となる現象を何というか?①エルニーニョ現象②フェーン現象③デリンジャー現象

問18.カール・シュナイダーによる火山地形の分類によれば、富士山は次のどれか?①コニーデ②トロイデ③アスピーデ

問19.メルカトル図法では高緯度地方が拡大されすぎてしかも極を表現できないため、改善する図法が考案された。メルカトル図法のように正角図法でなく、ランベルト図法のように正積図法でない。世界地図によく用いられるこの図法は次のどれか。①グード図法②ミラー図法③エッケル図法

問20.既に存在する事物の名に因んで二次的に命名された言葉をエポニムという。次のなかでエポニムはどれか。①ニコチン②ソラニン③コアセルベート

問21.「ユウタナジイ」とは何か?①安楽死②餓死③壊死

問22.芥川龍之介「戯作三昧」の主人公は?①井原西鶴②近松門左衛門③滝沢馬琴

問23.夏目漱石「坊っちゃん」の主人公の青年教師は次のうちどの子孫か?①藤原家②平家③源氏

問24.よいことをするのにためらうなという意で「善は急げ」という言葉がある。最も古い出典はどれ。①徒然草②今昔物語③毛吹草

問25.以仁王を奉じ、都で平家打倒の兵を挙げたが失敗した人物はだれか?①源頼政②源為義③源義賢

問26.世界で最初に運転免許証が発行された国はどこ?①アメリカ②イギリス③フランス

問27.フィリピンなど東南アジア熱帯を主産地とするフタバガキ科の巨大高木。加工しやすく、建築・家具材のほか、合板用に用いられる木材は?①マホガニー②ケブラチョ③ラワン

問28.大阪で蔵元による多くの収入を得て幕府に財産を没収(闕所)された商人はだれか。①奈良屋茂左衛門②淀屋辰五郎③鴻池善右衛門

問29.ただ単に関税を撤廃し通商上の障壁を取り除くだけでなく、投資や電子商取引、経済制度の調和など、経済領域でのさまざまな連携強化により締約国間で経済取引の円滑化をめざす国際協定を何というか。①TPP②EPA③FTA

問30.日露戦争後の講和会議はどこで開かれたか。①パリ②ワシントン③ポーツマス

問31.日本で初めて孤児院を創設し、生涯を孤児・貧児の保護事業に専念したのは誰か?①山室軍平②石井十次③留岡幸助

問32.2つの電荷間または磁極間に働く力は、距離の二乗に反比例し、両方のもつ電気量または磁気量の積に比例する。この法則とは?①フックの法則②オームの法則③クーロンの法則

問33.「因循姑息」「姑息な手段」姑息の意味は?①卑怯②古臭い③一時しのぎ

問34.有名人。名前だけでは性別がはっきりしないことがある。次のうち女性はだれ?①桜庭一樹②大森一樹③美水かがみ

問35.トウモロコシ粉の薄焼きで肉などの具をはさんだメキシコ料理。①パエリア②タコス③ピカタ

問36.漫画「サザエさん」の主人公フグ田サザエの結婚前の職業は?①看護婦②雑誌記者③漫画家

問37.英語のVの音を「ヴ」と表現することを考案したのは誰か?①中村正直②福澤諭吉③西周

問38.オセアニア諸国を中心に、南太平洋でのあらゆる目的の核の利用を禁止した条約を何というか。①ラロトンガ条約②マーストリヒト条約③ラムサール条約

問39.本州、北海道、九州、四国を除いた日本で面積がいちばん広い島は?①沖縄島②佐渡島③択捉島

問40.鎌倉時代、霜月騒動で滅ぼされた有力御家人は?①三浦泰村②安達泰盛③和田義盛

問41.気象庁は何省の外局?①総務省②国土交通省③文部科学省

問42.1921年に最高気温58.8℃という世界一高い気温を記録したバスラはどこの国にある?①サウジアラビア②イラン③イラク

問43.ポトラッチ・パーティーとは?①贈答パーティー②婚活パーティー③仮装パーティー

問44.女性参政権が世界で初めて実施された国は?①アメリカ②ニュージーランド③オーストラリア

K1508295250 

問45.寂しがり屋で可愛いロシアの人気キャラクター何という。①マトリョーシカ②カチューシカ③チェブラーシカ

問46.景気には波がある。景気循環を50年から60年の周期とした波動説を何という。①クズネッツの波②コンドラチェフの波③ジュグラーの波

問47.天智天皇が定めた日本で最初の令は?①飛鳥浄御原令②近江令③養老律令

問48.ナポレオンが生まれた島は?①セントへレナ島②コルシカ島③エルバ島

問49.日本最初の女性博士は誰?①辻村みちよ②津田梅子③保井コノ

問50.「鳩尾」何と読む①ぼんのくぼ②うなじ③みぞおち

問51.デフォー「ロビンソン・クルーソー」。私(クルーソー)の無人島暮しは何年間だった?①7年間②17年間③27年間

問52.初めて宇宙へ行った日本人は?①野口聡一②秋山豊寛③毛利衛

問53.カイロ郊外のギザの3大ピラミッドの中で一番大きいのは?①クフ王②カフラ王③メンカウラ王

問54.猫をイタリア語で?①ポポキ②マオ③ガット

問55.サザンカは何科?①バラ科②ツバキ科③キク科

問56.ZARDの「負けないで」。作曲は?①小室哲哉②織田哲郎③奥田民夫

問57.紅白歌合戦に出場したことがある歌手は?①及川三千代②愛川みさ③梢みわ

問58.ブリキは英語でティンプレート(timplate)。どこからの外来語か?①スペイン語②オランダ語③ポルトガル語

問59.「ちびまる子ちゃん」が掲載されている雑誌は?①ちゃお②りぼん③なかよし

問60.ピラミッドの守護神スフィンクス。3大ピラミッドのどれに一番近くにあるか?①クフ②カフラ③メンカウラ

問61.阪神タイガース川藤幸三の通算本塁打数は?①6本②16本③26本

問62.今年のインターネットランキングで好きなトランプ遊び第1位は?①ババ抜き②大富豪③ポーカー

問63.日本相撲協会の監督官庁は?①総務省②文部科学省③内閣府

問64.音楽で使われる速度標語で一番遅いのは?①アダージョ②ラルゴ③アレグロ

問65.スタビライザーとはどんな装置か?①揺れ防止②防音装置③防犯警備

問66.ノアの箱舟から最初にとびだしたのは?①ひつじ②ハト③カラス

問67.国際語、エスペラント語を発明したザメンホフの職業は?①眼科医②外科医③歯科医

問68.戸田恵梨香が子供の頃、父親に習っていたのは?①少林寺拳法②テニス③ヴァイオリン

問69.沖縄のヒージャー料理は、何肉を使った料理か?①ブタ②ヒツジ③ヤギ

問70.アメリカの医療ドラマ「ER緊急救命室」の舞台となっている都市は?①ニューヨーク②シカゴ③ロサンゼルス

問71.日本海に接している県はいくつ?①12②15③18

問72.フィギュアスケートを表す中国語は?①氷上舞踏②華麗滑水③花祥滑水

問73.日本で最も多く飼育されている乳牛の種類は?①ガンジー②ジャージー③ホルスタイン

問74.アニメ「アルプスの少女ハイジ」で、ハイジの友達でヤギ飼いの少年の名前はどれ?①マルコ②ペーター③ネロ

問75.世界最初の宇宙飛行士ガーガーリンのふるさとは?①ウリヤノフスク②スモレンスク③ヤースナヤ・ポリャーナ

問76.1950年に行われた第1回日本シリーズの優勝監督は?①三原脩②小西得郎③湯浅禎夫

問77.空気より軽い気体は、①水素②酸素③二酸化炭素

問78.日本の通貨を「円」と命名したのは、➀福澤諭吉②大隈重信③五代友厚

問79.1910年、家出をしたトルストイは、鉄道で移動中悪寒を感じて南ロシアの小さな駅で下車して駅長の官舎に泊まり82歳で永眠する。現在、レフ・トルストイ駅と改名しているが当時の駅名は?➀グロデコヴォ駅②アスターポヴォ駅③ヤースナヤ・ポリャーナ駅

問80.魚類が繁栄しはじめる古生代の期間は?➀デボン紀②ジュラ紀③白亜紀

答え問1③、問2③、問3①、問4②、問5③、問6③、問7③、問8①、問9②、問10②、問11①、問12②、問13③、問14③、問15②、問16②、問17②、問18①、問19②、問20①、問21①、問22③、問23③、問24③、問25①、問26③、問27③、問28②、問29②、問30③、問31②、問32③、問33③、問34①、問35②、問36②、問37②、問38①、問39③、問40②、問41②、問42③、問43①、問44②、問45③、問46②、問47②、問48②、問49③、問50③、問51③、問52②、問53①、問54③、問55②、問56②、問57①、問58②、問59②、問60②、問61②、問62②、問63②、問64②、問65①。問66③。問67①。問68①。問69③。問70②。問71②、問72③、問73③。 問74②。問75②。問76③。問77①。問78②。問79②。問80①。

( keyword;David Cameron,James Cameron,Enda Kenny,Patrick Makau,Haile Gebrselassie,Geoffrey Mutai,Constantinus,Theodosius,Diocretianus,Kangchenjunga,Lhotse,anachronism,trivialism,pedantic,RamessuⅡ,NebuchadnezzarⅡ,KyrosⅡ,foehn phenomene,Dellinger,Konide,Tholoide,Aspite,Miller,nicotine,solanin,coaservaite,mahogany,quebracho,lauan,Economic Partnership Agreement,Coulomb's law,Japan Meteorlogical Agency,potlatch,Kondratiev,Robinson Crosoe,blik,Adagio,Allegro,Largo,一般常識,教養問題)

清瀬市と結核療養との関係

Natinalsana  東京都清瀬市は面積10.23㎢、人口約7万5千人で、水と緑に恵まれた豊かな自然環境のまちである。まだ村であった、昭和6年、東京府立清瀬病院(現在の独立行政法人国立病院機構東京病院)の開設を足掛かりに、戦後にかけて相次いで結核療養所(サナトリウム)が開設され、清瀬の名は「結核のまち」として全国に知られるところとなった。サナトリウムや研究所は最終的に15か所を数え、その多くは現在の市の南西部に集中し、療養する患者は多いときで、5千人を超えたとされる。

張良、太公望の兵法をさずかる

Img_0002
黄石公張良図沈金鞍  室町時代
 木製黒漆塗 馬の博物館蔵   

    張良(?-前168年)は秦に滅ぼされた韓王室の一族であった。その仇を報いようと始皇帝の暗殺を企てたが失敗に終わる。下邳に身を隠していた時、川のほとりで一人の老人に出会う。その老人が誤って自分の沓を川に落とし、張良にその沓を拾わせた。その老人は黄石公といい、張良に太公望の兵法(『六韜』)を授け、これによって張良は漢の劉邦の軍師となった。司馬遷の『史記』留候伝に書かれたこの伝説は日本中世でも好まれ、室町時代以降、絵画や工芸品の題材として多く表わされている。画像の鞍(くら)には黒漆に沈金の技法で中国の故事を図案にしている。(引用文献:「本郷 2008.1」吉川弘文館)

Photo

「黄石公図」 方西園 江戸時代(1783年)

ダイアナはもういない

Photo_6  70年代後半から80年代かけては現在活躍する大スターが成功の階段を上っていた時期である。シルヴェスター・スタローンは「ロッキー」(1976)で、アーノルド・シュワルツェネッガーは「コナン・ザ・グレート」(1982)でスターになった。ハリソン・フォード、リチャード・ギア、メル・ギブソン、ジャッキー・チェン、ケヴィン・コスナーらも80年代、90年代スターといっていいだろう。だが80年代~90年代、世界中で最も話題が多かったのは、1981年7月29日、イギリスのチャールズ皇太子と結婚したダイアナ・スペンサーである。子爵の三女として生まれ、7歳のとき両親が離婚。チャールズ皇太子と20歳で結婚した。ギリシア・ローマ神話のダイアナ(アルテミス)は処女神である。狩人のアクタイオンは、アルテミスが泉で水浴している姿を見てしまったために、鹿に姿を変えられ、連れてきていた猟犬に食い殺されるという話が伝わる。同じ名を持つ元英国皇太子妃ダイアナは、人々からの盗撮に悩まされたすえに、交通事故で急逝した。1997年8月31日、パリで狩猟の女神の名を持つ女性が死後もマスコミに追いかけられ事故死した。80年代を代表する世界的有名人といえばマイケル・ジャクソン。1982年「スリラー」はアルバムの売り上げの世界記録を更新した。だが2009年にマイケル・ジャクソンが、2012年にはホイットニー・ヒューストンが急逝している。(Diana,Charles,Michael Jackson)

キティ台風とハローキティ

Photo
 キティ台風(昭和24年)平井駅に押し寄せる住民

    終戦直後の昭和20年9月17日は枕崎台風が鹿児島に上陸した。昭和22年の9月14日はキャサリン台風が関東に襲来。死者2247人。昭和24年8月31日はキティ台風が関東地方に襲来。死者135人、行方不明25人。これから戦後の一時期、キャサリン台風、キティ台風など台風の呼び名には女性名が付けられるようになった。昭和28年の6月4日から気象庁がその年の発生順に台風に番号をつけるようになったそうだ。福田恒存の「キティ颱風」という戯曲があるが、なぜかその時代背景と結びついて記憶に残りやすいものである。昭和22年のキャサリン、昭和23年のアイオン、昭和24年のデラ、ジュディス、キティ、昭和25年のジェーン、昭和26年のルース、昭和27年のダイアナ台風等が来襲した。

    キティ台風の記憶も日本人から遠くなったころ、サンリオからキティという名のキャラクターがつくられた。いまでは文具からパジャマにいたるまで、世界中で多く製品に描かれている。最近、「ハローキティは猫ではない」という事実に世界が驚いているという。キティは「明るくて優しい女のコ」である。プロフィールを紹介すると、本名はキティ・ホワイト。1974年11月1日生れで星座はさそり座。血液型はA型。身長はリンゴ5個分。体重はリンゴ3個分。ロンドン郊外でパパのジョージ、ママのメアリー、双子の妹のミミィと暮らしている。そして本当の猫のペット、チャーミーキティを飼っている。好きな食べ物はママの作ったアップルパイ。

トリニダード・トバゴ

Photo_2     1962年のこの日、トリニダード・トバゴがイギリスから独立した。カリブ海の西インド諸島の南端に位置するトリニダード島はトバゴ島など5島からなる共和国。コロンブスが1498年に発見し、三位一体を意味する「トリニダード」と命名された。

   「そばにいるね」の青山テルマの祖父はトリニダード・トバゴ人という。日本人がトリニダード・トバゴを知るようになったのは1964年の東京オリンピックからだろう。陸上200mでエドウィン・ロバートが3位、陸上400mでウェンデル・モトリーが2位をとり、初参加ながら大活躍をみせた。実はイギリス領時代の1948年ロンドンオリンピックから参加していた実績があった。(8月31日)

2016年8月30日 (火)

読み間違いやすい人名

    大正デモクラシーの政治家・原敬は、正しくは「はらたかし」と読むが、「原敬記念館」や「原敬日記」のときには、「はらけい」と読むそうだ。小説家の菊池寛は平凡社の「世界大百科事典」(1972年版)では「きくちかん」とあるが、三省堂の「コンサイス日本人名事典」では「きくちひろし」で載っている。本名は「ひろし」で、筆名が「かん」という説もある。森恪(もりかく)は「もりつとむ」と読む。近衛文麿(このえふみまろ)も本当は「あやまろ」が正しい。菅原通済(すがはらつうさい)は「みちなり」が正しい。東洋史家の和田清は「わだせい」と読む。東洋史家の加藤繁(かとうしげる)は「しげし」が正しい。しかし、ウィキペディアによると「本人は「しげる」と称していた」と記している。緯度変化の式に「Z項」を発見した天文学者の木村栄は「ひさし」と読む。タレントではウッチャンナンチャンの内村光良(うちむらみつよし)ではなくて、「てるよし」が正しい。そのほか臨済宗の栄西は「ようさい」か「えいさい」か。胡適は「こてき」か「こせき」か。読み間違いえられやすい人名は他にもたくさんあるだろう。

神風号

   1937年、塚越賢爾と飯沼正明は東京・ロンドン間を94時間17分56秒の飛行により成功した。

漱石文学と味の素

Photo_7    夏目漱石(1867-1916)は、明治33年9月8日、横浜を出航、途中パリで万国博を見学して、10月28日ロンドンに到着した。ここで約2年4ヵ月を英語研究のため過ごした。文部省留学費が年1800円にとどまっていたことから、ケンブリッジなどの英国の大学生活が自己の目的にかなわないと知って、大学の講義を聞くことを断念した。ロンドンで、ウィリアム・ジェイムズ・グレイグの個人教授を1年あまりうけながら、下宿を5度変えて、学生街から西南の場末の新開地にうつり、衣食をきりつめて、高価な書籍の買入に留学費の大部分を傾けた。この間、美濃部達吉、長尾半平、大幸勇吉、土井晩翠らと多少の交渉をもったほかは、社交をさけ、下宿籠城主義をとり、古今の英文学書の耽読に過ごしたといってよい。ただひとつ、ドイツ・ライプツィッヒから帰途たちよった池田菊苗(1864-1936)との3ヵ月たらずの交友が、漱石に重大な影響を与えた。漱石は次のように書いている。

   「倫敦で池田君に逢ったのに、自分には大変な利益であった。御陰で幽霊の様な文学をやめて、もっと組織だったどっしりとした研究をやろうと思い始めた」

    化学者・池田との交友により、科学的研究方法による「文学論」の執筆を思い立った。明治34年5月5日から8月30日までのロンドンでの二人の交流が漱石文学と味の素を生んだともいえるのではないだろうか。(参考:瀬沼茂樹『夏目漱石』東京大学出版会 昭和37年3月)

最後の江戸戯作者、万亭応賀

Photo_6
 万亭応賀の墓がある良感寺

    江戸が廃れ、近代東京へと変貌していく時代に、江戸を愛し、懐かしんだ戯作者がいた。万亭応賀(1819-1890)本名は服部孝三郎。西洋合理主義を皮肉な目でながめ、何事にも茶々を入れる洒落を愛した。晩年の代表作は「明良双葉草」(明治16年から明治21年まで)。明治23年8月30日、72歳で死去。墓は入谷の良感寺(東京都豊島区)。

Photo_8
 「明良双葉草」初編上下 明治16年

2016年8月29日 (月)

今日の名画

Img_0007
ピサロ 「ルーアンの波止場」 1883年

   1883年9月から11月の間にルーアンで制作され、眺めは、ラクロワ島からセーヌ沿いに東側を見ている。そして河の彼方には、ケイ・ド・パリの工場群が見え、その背後の丘の上には、ノートル・ダム・ド・ボンスクール大聖堂のシルエットが現われている。カミーユ・ピサロ(1830-1903)は、1883年秋、ユージェーヌ・ミュレルの経営するホテルに3ヶ月間逗留した。ミュレルの本職はパン造りで、画家のアルマン・ギヨーマンの幼な友だちであったために、ギヨーマンを通じて他の印象派の画家たちとも知り合った。数年前、株式仲買人としての経歴を捨てて絵画に専念しようとしたゴーギャンも、1883年11月にルーアンにやってきてピサロと合流している。

あなたのお名前、なんていうの?

   人はそれぞれ生れたときに固有の名前がつけられる。だが歴史上の人物をみると、本名よりも愛称や筆名などのほうが広く知られる場合がある。アメリカの作家オー・ヘンリーの本名はウィリアム・シドニー・ポーター、イギリスの作家ジョージ・オーウェルの本名はエリック・アーサー・ブレア。魯迅は周樹人。ブラジルの「サッカーの王様」ペレの本名は、エドソン・アランチス・ドゥ・ナシメントという。アル・カポネは、アルフォンス・ガブリエル・カポネ。ソビエト連邦の政治家スターリン。スターリンというのは筆名であり、本姓はジュガシヴィリである。革命家ゲバラは「チェ(おい君)」が口癖でこの愛称で呼ばれた。本名はエルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。インドネシアでは姓がないことが多く、スカルノ、スハルトでフルネーム。フィンランドの作曲家シベリウス(1865-1957)は、スウェーデン系であり、出生時の洗礼名はヨハン・ユリウス・クリスチャン。名前は「ヤン」と表記されることもあるが、フランス語固有の綴りの名前であるため「ジャン」とする。

築山殿の怨霊

Photo_6     徳川家康の正室築山御前(瀬名姫)は、今川義元の養女とされるが、実は義元の姪になる(母は今川義元の妹、父は今川氏の重臣の関口親永)。駿河の今川館へ人質として来ていた松平元信(徳川家康)と、1557年に結婚。長男信康と亀姫が生まれた。今川義元が桶狭間で戦死すると、信康とともに岡崎城に入る。城の築山曲輪に館があったので、築山殿という。家康との不仲、甲斐の医者減慶との不倫など悪評があった。信康の妻に織田信長の娘徳姫を迎えるが、嫁と姑は不仲だった。徳姫は姑と夫を訴える手紙を出し「築山殿が武田勝頼に内通した」と父に通報した。信長は家康に彼女と信康の処分を迫る。1579年8月29日、築山殿は浜松城へ呼びだされ、途中、佐鳴湖畔の富塚(浜松市)で、家康の命を受けた家臣に殺害された。廟所が浜松市の西来院にある。ついで、信康に切腹を命じた。この事件の背後には、徳川家内の浜松派と岡崎派の争いがあり、家康が武田氏寄りの岡崎派を一掃するために、信康を処断したのではないか、という見方もでている。

   築山殿の死後さまざまな不吉がおこり、その殺害に加わった家臣が怨霊のために不幸にみまわれたという。そのため築山殿を殺害した家臣のひとり野中重政の子孫が、100年後、二基の石燈籠を寄進したという。八柱神社(岡崎市欠町)には築山殿の塚(画像)がある。(参考:久野仙雨「築山御前紅涙史」)

2016年8月28日 (日)

司馬遷の人間学

   前漢の司馬遷が著した『史記』。伝説時代の黄帝から前漢の武帝までの歴史を本紀・表・書・世家・列伝に区別して記述する列伝体がとられている。史記130巻には伯夷・叔斉・管仲・伍子胥・蘇秦・張儀・荊軻・商鞅・呂不韋・項羽・韓信などさまざな人物が登場するが、人間こそ歴史をつくる主体という確信にたっていたことがうかがわれる。しかし司馬遷は英雄・豪傑・ヒーローだけが歴史をつくるという一面的な見方をしていたわけではない。むしろ、本来能力を問題するにかぎり、どのような能力も、人間は本質的には同じという考えを持っていた。列伝の中にこのような面白い話しがある。斉の孟嘗君が秦に幽閉されたとき、食客のこそどろや、にわとりの物まねのうまい者に助けられて脱出したという「鶏鳴狗盗」の出典となる件がある。司馬遷は物まねが得意の小技をする人もくだらない技能を持つ人も、遊侠も、おべっかも、あくどい金儲けも、一種の能力であるとして、遊侠列伝や貨殖列伝などをつくっている。『史記』は単なる英雄たちの物語ではなく、郭解・淳于髠・郭舎人など複雑な社会を構成するいろいろなタイプの人間を観察していたのである。

青柳喜兵衛

Photo_2
 天翔ける神々(一部)

   青柳喜兵衛(あおやぎ きひょうえ)は明治37年、福岡市に生まれ、早稲田大学の商科に入学したが、関東大震災に遭遇。近代科学の崩壊を目のあたりにし、一個の人間という存在など大自然の中に蠢く虫けらに過ぎないと思い知らされら、なぜか絵が描きたくなり、親に内緒で川端画学校に通った。昭和6年、夢野久作の小説「犬神博士」の挿絵を描き、好評を博し、以後も福岡日日新聞連載小説の挿絵を担当した。これがきっかけで郷里の文学者たちとも交流がはじまり、火野葦平が芥川賞を受賞して勢いづく「九州文学」創刊の直前、昭和13年8月28日、肺結核で35歳の生涯を閉じる。

2016年8月27日 (土)

河内の風穴

20160404080355   滋賀県犬上郡多賀町河内にある鍾乳洞。芹川支流のエチガ谷沿いの渓流にあり、総延長が約7500mで国内第3位の長さ。その昔この洞窟に犬を入れたところ、山のむこうの三重県に現れたという伝説が残っている。

一本の爪楊枝の値段は?

4982014002330  歯の間に挟まったものを取り除いたり、食べ物を突き刺したりするための小形の楊枝。「爪楊枝」の「爪」は、「爪先の代わりに使うもの」の意味。「楊枝」の名はおもに「楊柳」が素材として用いられたため。楊枝の起源は古く、およそ10万年前からネアンデルタール人も楊枝を使っていたらしい。歯の化石に、縦の筋が見られ、これは堅い楊枝で歯をこすった跡だと推測される。歯木はいまでもインドやアフリカでは、市場で売られている。日本には、奈良時代に仏教とともに楊枝も伝来したらしい。仏教徒が木の枝で歯を磨くことをすすめたため、庶民にも楊枝の風習が室町時代には広まった。江戸後期には、楊枝を使う人々が増え、明治中期から河内長野で楊枝産業がおこった。河内長野市に「つまようじ資料室」(広栄社)が1990年に開設された。1本の楊枝の値段はいくらか?オリーブ爪楊枝(500本入り)で118円。1本当たり23銭。およそ4本で1円くらいである。

Shiryo02_img03

Shiryou03_img02_3
 ポルトガルの細工ようじ。ポプラでできている

超難問文学クイズ

Photo_9     夏目漱石の「三四郎」ってさあ~、「あの柔道のヤツ?」 こんな会話で恥をかいたことがあるあなた。クイズに挑戦して今日から名作文学と仲良くなろう。

問1.文豪夏目漱石が書き残した作品で「漱石三部作」といわれるのは?

問2.志賀直哉「小僧の神様」に登場する仙吉は神田の何屋の丁稚か?

問3.呉承恩の「西遊記」、玄奘がひきつれる従者たち。猿の孫悟空、豚の猪八戒、もう1人はだれか?

問4.「ハムレット」「リア王」「マクベス」と並ぶシェイクスピア4大悲劇は?

問5.有島武郎、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成など作家の自殺は少なくない。明治27年5月、作家の自殺第1号は誰?

問6.女性で初めてノーベル文学賞を受賞したスウェーデンの作家は?

問7.夏目漱石「三四郎」の主人公の姓は何か?

問8.小松左京「日本沈没」で、沈没の最後になる場所はどこか?

問9.スタンダール「赤と黒」。「黒」は僧侶を表す黒衣と考えられるが、「赤」は何か?

問10.世界三大文豪とは、ダンテ、シェイクスピア、もう1人はだれ?

問11.「太平記」40巻は作者未詳とされるが、成立事情が複雑なため高校古典では記していない。研究では誰の作といわれているか?

問12.女性初の芥川賞受賞者は?

問13.久米正雄の小説で「月よりの使者」と渾名された野々宮道子の職業は?

問14.シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリアの町は?

問15.NHK連続テレビ小説「繭子ひとり」の原作者は?

問16.「ワザリング・ハイツ」の作者はだれ?

問17.明治期、ビクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」を「ああ無情」と訳語したのは誰?

問18.松尾芭蕉「奥の細道」。元禄2年3月に江戸を出発してから、日光・中尊寺・酒田・羽黒山・出雲崎と旅して、9月に到着した場所は?

答え;問1「三四郎」「それから」「門」。問2秤屋。問3沙悟浄。問4オセロ。問5北村透谷。問6セルマ・ラーゲルレーブ。問7小川。問8茨城県水戸市木葉下(あぼっけ)。問9軍人(軍服)。問10ゲーテ。問11慧鎮(円観)が制作に参画したといわれる。それを玄恵が校訂し、14世紀後半、小島法師らが修正を加え成立したとされる。問12中里恒子。問13看護婦。問14ベローナ。問15三浦哲郎。問16エミリー・ブロンテ。問17黒岩涙香。問18大垣(岐阜県)。

賢治と啄木と盛岡中学校

Img20110708135659791 Takup46

    宮沢賢治(1896-1933)は、明治29年8月27日、父政次郎、母イチの長男として岩手県稗貫郡花巻町大字里川口第一二地割字川口町二九五番地(現花巻市豊沢町四丁目一一番地)に出生(戸籍簿では8月1日出生)。但し実際に生まれた場所は母の実家である宮沢善治方(川口町四二九番地)。家業は政次郎の父喜助が開いて発展させた質・古着商。

  明治42年、全甲の成績で花城尋常高等小学校を卒業した賢治は、その年4月、県立盛岡中学校(:現在の盛岡第一高等学校)に入学する。当時の岩手県には、盛岡、福岡、遠野、一の関の4つしか中学校はなく、その中でも盛岡中学は特に難関として知られていた。同校出身者には、金田一京助、石川啄木、米内光政らがいる。明治43年、賢治二年のとき石川啄木の第一歌集「一握の砂」が出されたが、翌年頃から賢治は啄木を真似て三行割書きの短歌を創作している。

   もともと岩手県は教育の盛んな土地柄である。賢治とともに入学した135名のうち1年生たちも、ゆくゆくは高等学校をへて帝国大学へというコースだった。しかし石川啄木が退学しエリートコースを外したように、退学者がかなり多い。135名のうち88名しか残っていない。賢治は、大正3年3月、88名中60位の成績で盛岡中学を無事卒業した。一年間、受験勉強に励み、大正4年4月、盛岡高等農林学校(:現在の岩手大学農学部)農学科第2部に首席入学。宮沢賢治は詩人・童話作家で知られるが、職業的児童文学作家が困難な時代であるため、盛岡高等農林学校で学び農業技術改善の技師として、農民へ奉仕したことがその文学を開花させた要因であろう。宮沢賢治が石川啄木の「悲しき生涯」を知って、農業技術と文学を両立させる人生を選択したのかどうかは、あくまで推測であるが、啄木の影響は少なくないと思う。

クラカトア火山の大爆発

Photo

Krakatoa_01
 オランダ人が描いたクラカトア山

   恐ろしい津波は太平洋沿岸で起こることが多い。古くはインドネシアの火山島クラカトアで1680年に爆発し、その後、約200年間は休止していたが、1877年から地震が頻繁に起こり、1883年5月20日に大爆発を起こした。そして8月26日から再び活動が激しくなって、8月27日午前10時20分、大爆発が起こり、世界中に津波があり、ジャワでは36417人の犠牲者が出た。そして、ここ数年間でも、2004年のスマトラ沖地震、2010年のチリ地震、2011年の東北大震災と太平洋沿岸に住む人々は想像を超えた大きな津波の被害にあっている。津波は浅い大きな地震が海で起こると、断層のズレによって海底が隆起、沈降したため発生する。日本列島は、ここ数年間、東西方向に縮んでおり、この動きは当分続くと考えられるので、余震とともに地盤が沈下しているので津波の警戒をしなければならない。(Krakataw)

益軒忌

P1000861   儒学者、貝原益軒の1714年の忌日。徳川光圀の「桃源遺事」によるとキュウリは「穢多し。食して仏神へ参詣すべからず。又毒多くして能少し。何れにしても植えるべからず、食べるべからず」とある。キュウリは古い時代に渡来しているが、野菜として重要視されるようになったのは江戸時代末期になってからである。貝原益軒も黄門様と同様に毒があると言っているが、それは誤解である。キュウリの黄色い花が桔梗にも似ているのと、明智光秀の紋が桔梗なので三日天下ということから嫌われたともいわれる。近代になって、胃腸を整えるとか、利尿作用があって腎臓に良いということからキュウリが食べられるようになった。(8月27日)

2016年8月26日 (金)

明治2年、琵琶湖「一番丸」就航

N5_1banmaru

   江戸時代、木造和船「丸子船」が全盛だった琵琶湖に、明治になって蒸気船「一番丸」が登場した。明治2年3月3日「一番丸」就航。このとき一番丸就航に尽力したのが一庭啓二(1844-1911)である。彼は加賀大聖寺藩士石川嶂と長崎で造船技術を学び、大聖寺藩の援助をうけて「一番丸」をつくった。一庭は船長となって琵琶湖の南北をむすぶ大津・海津間に航路をひらいた。「一番丸」5トン、12馬力、速度は時速7.4キロ。
参考:「太湖汽船の五十年」太湖汽船株式会社 昭和12年

四字熟語について

   「あなたの好きな四字熟語は何んですか?」という質問に、「一発逆転」や「一期一会」と答える人が多い。「一発逆転」「一病息災」は四字熟語なのだろうか。「一発逆転」は広辞苑には見あたらない。四字熟語の定義はあいまいで、狭義では古来中国で使われていた四字の漢字、広義の解釈では日本語として広まった四字漢語も含める学者もいる。「一期一会」という言葉はさも意味ありげで茶道に由来するが、日本で広まったのは比較的新しい言葉である。そこで四字熟語を格付けしてみる。とくに「史記」から来た言葉はみな含蓄がある。「四面楚歌」「背水之陣」「傍若無人」など。

Aランク  絶体絶命 臥薪嘗胆  四面楚歌 汗牛充棟 万里同風 呉越同舟 心機一転 大風一過 切歯扼腕 切磋琢磨

Bランク 一期一会 大政奉還 我田引水 十人十色 合縁奇縁

Cランク 万里一空 成田離婚 一発逆転 無縁社会 偶像崇拝 天地無用 一球入魂

Dランク 国会中継 日露戦争 復興増税 三球三振

Eランク 仮免総理 柳腰外交 無印良品

理由は…

A 中国の故事に基づいて成語として中国でも使われる。

B 見た形が四字漢語で日本で広く使用されている言葉

C 熟語として未成熟なもの

D 複合しただけで特別の表現効果のないもの

E 死語

幻獣バジリスク

Fig_1_ancientbasiliskweb   蛇・トカゲ・竜のような形態をした伝説上の怪物。チョーサーの「カンタベリー物語」に登場するバシリスクが、コカトリスに変化して広まっていく。息や視線で飛んでいる鳥を殺したりすることができる。「図説ヨーロッパ怪物文化誌事典」。basilisk cocatris

崇徳院の怨霊

D774ce39e703726da347ll     保元の乱で敗れた崇徳上皇は讃岐松山に配流された。のち雲井御所で約3年間過ごし、鼓が岡の木丸御所(坂出市)で6年間苦難の日々を過ごした。院は指の先から血をしたたらせながら五部の大乗蔵を写経した。その経文を都のどこかに奉納したいと願ったが、信西のために送り返された。院はこの恨みをはらすため自分の血で願文を書き、魔道に生きようとした。1164年この地で崩御された。46歳であった。歌人の西行はかねてから院の知遇を得ていたが、その没後4年たって讃岐へ渡り、白峯(香川県坂出市青海町)の崇徳上皇の御陵を訪れている。そこで西行は真心をつくして院に諌めの言葉をかけるが、上皇の怒りを抑えることはでなかった。この話は上田秋成の『雨月物語』「白峯」にも伝えられている。平清盛の次男基盛の溺死、延暦寺の強訴、安元の大火、鹿ケ谷の陰謀など変事が起こり、上皇の御霊を鎮めるため白峰寺に頓証寺殿(画像)が建てられた。後世になっても、天変地異があればよく崇徳上皇の崇りとされた。崇徳上皇は歴代天皇の中で、最も恐れるべき霊とされたのである。(8月26日)

2016年8月25日 (木)

太田と大田

    紛らわしい姓の一つに「太田」と「大田」がある。江戸城を築いた「太田道灌」は点のある「太田」だが、狂歌の「大田南畝」には点が無い。太田牛一、太田水穂、太田薫には点のある「太田」である。大田錦城、大田洋子には点のない「大田」である。フェンシングの太田雄貴、巨人の大田泰示、ややこし、ややこし。

地名も群馬県太田市と東京都大田区、島根県大田市と紛らわしい。

法隆寺エンタシスのギリシア起源説の謎

Img_374207_26787226_351_2D151_22d1
    法隆寺          朝鮮「胴張り」         中国「梭柱」

  円柱の中央部に膨らみをつけて立体感を付ける建築技法はエンタシスと呼ばれ、ギリシアのパルテノン神殿の柱にみられる。法隆寺の柱にも同様のエンタシスがみられることを最初に指摘したのは伊東忠太といわれる。(近年の研究では石井敬吉が伊東より先に指摘しているという)ギリシアの技法がシルクロードをへて中国、朝鮮をへて法隆寺に伝わったとする「エンタシスのギリシア起源説」は和辻哲郎によって広く知られるようになった。しかし学術的には、かならずしも定説と認められていない。これを裏付ける実証的な論文はいまだなく、あくまで仮説にすぎない。中国では「梭柱」といい、韓国では「胴張り」といい、古い仏教社寺に見られる東アジアの建築技法とみなされている。法隆寺に六朝様式の影響は明らかであるが、仏像の「古拙の微笑」と同様に、それをギリシアの様式にまで広げるのは学術的にはかなり困難がともなうらしい。

没後に評価を高めた人

Yjimagest2jfp9m  全く無名に近い人物が、死後に評価されて有名になることがある。幕末期岡山の歌人・国学者、平賀元義(1800-1865)。人間性を率直に表現した万葉調の歌風。死後に評価を高めた人といえば円空、石川啄木、梶井基次郎やアルチンボルド、ゴッホ、ゴーギャン、シスレー、アンリ・ルソー、モディリアーニ、ムソルグスキー、スタンダール、メルヴィルなど芸術家、作家に多い。坂本龍馬の名が一般に知られるようになったのも死後数十年経てからである。平賀元義の事績も没後忘れられていたが、正岡子規が明治34年に「日本」に連載していた「墨汁一滴」によって、その名が広く知れ渡るようになった。中国史上では陶淵明や杜甫も死後に有名になった詩人である。安藤昌益の存在なども狩野亨吉による発見まで忘れられていた。宮沢賢治、新美南吉、金子みすず、など童話作家、詩人にも没後有名になる人が多い。

  ヴィヴィアン・マイヤー(1926-2009)は、21世紀になり再発見された米国人女性写真家である。2007年にシカゴの歴史家ジョン・マーロフが発見するまで、彼女の写真の存在は全く知られていなかった。死後に彼女の質の高いストリート写真は高く評価されるようになり、欧米で数多くの写真展が開催されている。

エンゲル係数

  エンゲル係数とは、家計の消費支出に占める食費の割合が、家計の所得が増えるにつれて小さくなるという法則。つまりエンゲル係数が高いほど生活水準は低くなる。終戦直後の昭和24年はエンゲル係数は63.0%もあったが、昭和28年には48.5%と50%を切り、その後生活水準の向上に伴って急速に低下し、平成26年は24.3%となっている。エンゲル係数はドイツの統計学者クリスチャン・エルンスト・エンゲル(1821-1896)が1857年に発表した。

縁切寺

   江戸時代、離婚を希望する女性が、そこで尼になれば夫と離縁することをみとめられた寺。かけこみ寺ともいう。当時は離婚の権利は夫だけがもっていたが、例外としてこのきまりがあった。最初はどの尼寺でもよかったが、のちに、東慶寺(神奈川県鎌倉市)と満徳寺(群馬県太田市)にかぎられ、尼になる期間は3年とされた。

いつ観るの、今でしょう

 映画「あした来る人」(1955)井上靖の新聞連載小説。月丘夢二、山村聰、三橋達也。

「赤い殺意」(1964)今村昌平監督 春川ますみ、露口茂

  映画「恋と花火と観覧車」(1997)。砂本量監督、秋元康企画・脚本。砂本は2005年に47歳で他界している。中年男の長塚京三と若い女性、松嶋菜々子の恋愛模様をトレンディーに描く。松嶋は朝ドラでブレイクしたのち映画初主演でういういしい。大杉漣は今回もタクシー運転手のワンシーンだけ。翌年「HANA‐BI」でブレイクの兆し。

近代スポーツのはじまり(明治事物起源)

Photo   アメリカで生まれた野球がいつ日本に紹介されたかは諸説ある。一番よく知られるのは、明治6年、開成学校の生徒が、アメリカ人教師ホーレス・ウィルソン、同校予備門のイギリス人教師ストレンジドらに教えられて行ったのが最初とされる。野球は明治18年、19年ごろから学生野球を中心として発展、普及し、明治36年には早慶戦が始まり、今日の六大学リーグに発達した。なおベースボールを初めて野球と訳したのは、中馬庚(画像)である。

サッカーは明治6年、工学寮教師イギリス人のライメル・ジョーンズが紹介した。

テニス競技が日本に導入されたのもいつかはっきりとわからない。明治11年ごろ、アメリカの宣教師によってもたらされたといわれる。

ラグビーは明治32年慶応義塾に赴任したエドワード・プラムウェル・クラークとケンブリッジ大学の留学から帰国した田中銀之助により慶応の学生に対して初めて指導が行われた。

ゴルフは、明治34年に神戸在住のイギリス人アーサー・グルームによって導入された。神戸ゴルフ倶楽部としてオープンした。

バスケットボールは、明治41年スプリングフィールドYMCA体育学校を卒業し帰国した大森兵蔵が日本に初めて紹介した。

マラソンは、明治42年、大阪毎日新聞社主催で神戸~大阪間の阪神国道で行われた。ただし距離は20マイル(32㎞)だった。

スキーは明治44年軍事研究のため来日していたオーストリアのテオドール・フォン・レルヒ少佐が高田連隊の青年将校のスキー専修員に技術を教授したことに始まる。

   陸上競技は明治7年に東京築地の海軍兵学寮で開催された「生徒競走遊戯会」が、日本で最初の運動会であるといわれている。明治16年にイギリス人教師ストレンジの指導によって東京大学で運動会が行われる。陸上種目は100ヤード、200ヤード、440ヤード、880ヤード、120ヤードハードル、クリケットボール投げ、走り高跳び、走り幅跳び、砲丸投げ、ハンマー投げ、棒高跳び、慰め競走の12種目が行われた。(参考:宮本孝「わが国における陸上競技の導入について」 彦根論叢人文科学特集35、1976年)

即席ラーメン記念日

Photo_5   むかしスーパーを視察するなど庶民派をアピールしていた麻生太郎が首相当時、民主党の牧山弘恵議員にカップめん一個の値段を聞かれ、「400円ぐらい?」と答弁し、あらためて庶民感覚のなさを露呈してしまったことがある。

    ちなみにカップめんの代表といえば日清食品のカップヌードル。昭和46年5月の発売で当初、関東地方のみの販売で当初価格は100円程度だった。発売翌年の2月に、浅間山荘事件が起きると、機動隊員らがカップヌードルを食べる場面が全国に中継された。これによって、カップヌードルは全国販売となった。新製品「日清チキンラーメン受験生応援カップ」「出前一丁受験生応援カップ」の価格は各170円。マルちゃんの「赤いきつね」「緑のたぬき」は100円ショップでも売っている。カップめんのスーパーでの小売価格は100円以下のものも多い。貧乏自慢するつもりはないが、ケペルにとってはカップめんは高級品であり、ゆで麺を買うことにしている。

    さて、元祖インスタントラーメン、日清食品の即席ラーメン「チキンラーメン」が発売されたのは昭和33年8月25日。定価35円だった。

中江藤樹忌

220pxnakae_toju_portrait   中江藤樹(1608-1648)は少年の頃から学問に心惹かれるようになった。そのころの学問というと、朱子学が主流であり、あえてそれに異を唱えるものはなかった。たが藤樹は37歳のとき王陽明の学問を知った。静かに瞑想して知る知ではなく、行動することによって知る知なのである。こうして彼は、陽明学に辿りつき、陽明学者として、わが国における最初の祖述者となった。

   あるとき、藤樹は帰宅途中、数人の盗賊にとりかこまれた。彼らは「身ぐるみぬいでおいていけ」と藤樹にせまった。藤樹は少しもあわてず、しばらく考えていたが、ややあってから、「着物はわたすことができん。ここでわしが着物を渡してやると、おまえさんたちは、ますます図にのって悪事をかさねるにちがいない。よって、このわしが成敗してくれる」というやいなや、持っていた刀の柄に手をかけ、あわや抜かんというすがたをみたが、盗賊たちは、その人がかねてから人々に慕われている藤樹先生と知り、無礼をわびただけではなく、これを機縁に門人になったという。

   また藤樹は結婚も30歳のときであるから、当時としてはずいぶんと晩婚だった。律義にも「三十にして室(妻)有り」という礼記にならったものであろう。しかも、この妻にした女性は高橋某の娘だが、これがもう二目とは見られぬほどのひどい醜女だった。母親のほうでも「おまえ、弟子の出入りも多いことだし、なにも好き好んで、あのようなひどい面相の女をそばに置くこともないではないか。いまからでも遅くはない。離縁しなさい」と申し出たほどだったが、日ごろ母親のいうことはなんでも聞く親孝行息子の藤樹であるが、このときばかりは頑として母親の言を容れなかった。「あんな醜女のどこがいいんだ」母親があきれるように言うと、「女は顔ではありませぬ」藤樹はきっぱりと答えた。「たしかに、あの女は見てくれは悪い。しかし、性格がとてもいいんです。非常に利口で、気くばりもきき、考え方にまちがいがありません」息子にこういわれては、それ以上母親も口出しはできない。ついに、嫁を追い出すことをあきらめた。この藤樹と13歳年下の妻は、はじめの4年間に3人の子を生んだ。いずれも育たず、5年目に産んだ男の子がようやく無事に成長した。これが嗣子の直伯。ついで9年目に次男の仲樹を産んだが、産後の肥立ちが悪かったのだろう、26歳の若さで他界した。藤樹もそれから2年後の慶安元年8月25日に世を去っている。享年41歳だった。(参考:歴史読本29-1、負目聖人「近江聖人のブス・ワイフ)

古川柳の味わい

Lrg_10457641   本日は「川柳発祥の日」。1757年のこの日、柄井川柳が最初の川柳万句会を興行した。「道問へば一度にうごく田植笠」という川柳はまことに味わいがある。季節感があり俳句に近い境地であるが、俳句よりも「かるみ」がある。「うがち」「おかしみ」「かるみ」が川柳の三要素といわれる。

「寝ていても団扇のうごく親心」も視覚的な効果がある。「居候三杯目にはそっと出し」や「鬼貫は夜中盥を持ち歩き」「へぼ将棋王より飛車をかわいがり」などは「おかしみ」のある句である。

「孝行のしたい時分に親はなし」「新所帯なにをやっても嬉しがり」などは人情の機微を見事に表わしている。

「土俵入り負ける気色は見えぬなり」

「一年を二十日で暮らすよい男」

Ngy201007100037

(8月25日)

畢竟してなにの用ぞ

Photo
 栄西や道元が学んだ天童寺

  道元禅師の1253年の忌日。中国浙江省の寧波にある天童寺は北宋時代に多くの日本僧が来住した禅寺の名刹として知られている。道元(1200-1253)が天童寺で修行した時のはなしである。道元が禅院で古人の語録を読んでいたところ、ある僧が「一体何の役に立つのです」と問うた。「日本に帰って人を教化します」と答えたら、「それが何の役に立つのだ」と再問した。「衆生の利益のためです」と答えると、「さらに畢竟してなにの用ぞ」(結局のところ、何のためなのかという意味)と問うたという。

   のちに道元はこの言葉の意味を考え、語録や公案を読んだとて、それは自分や他人のためには無用のものである。ただひたすらに座禅して悟りを得れば、一字も知らなくても、他人を教える場合にも自由自在であろうということがわかり、その後は座禅に専念して大事を明らかにすることを得たという。この話は道元の弟子である懐奘(えじょう)が筆録した『正法眼蔵随聞記』にある。(8月25日)

   道元は如浄(1163-1228)に学び、帰国後曹洞宗を開いた。福井の永平寺は道元が天童寺をまねて建立したものである。

門倉岬鉄砲伝来紀功碑

102112

    種子島の最南端の地、門倉岬・前之浜に鉄砲伝来を記念して記念碑が建てられている。

Kanainoburu001_2     「鉄砲記」によると、1543年8月25日、台風の直撃を受けた南蛮船が種子島に漂着した。この船に乗っていたポルトガル人が鉄砲を所持していたことから、日本に鉄砲が伝わることとなる。ただし異説がある。鉄砲伝来の時期は、アントニオ・ガルバンが著わした「新旧大陸発見記」には1542年、3人のポルトガル人が中国船(ジャンク)に乗って台風で遭難し、種子島に漂着したと書かれている。

2016年8月24日 (水)

丹後国風土記の浦島伝説

Photo_3   浦島太郎の話は室町時代の「御伽草子」にみられるが、もとの話は7世紀後半の「丹後国風土記」逸文(釈日本紀所引)に見える「水江浦島子(みずのえのうらのしまこ)である。ふつう龍宮城から帰った浦島太郎は玉手箱をあけると白髪の老人になり、ツルとなって天にのぼり、浦島明神になったとあるが、これらは中世以降から登場するもので、丹後風土記では死んだところで終わっている。浦の嶋子、亀姫などの相違もある。以下、梗概を記す。

    雄略天皇の頃、浦の嶋子は漁に出たが不漁だった。ところが帰路、亀のような乗り物(五色の亀)と不思議な女に出会う。女は、「天上仙家」から来たという。女に誘われて、浦の嶋子はその五色の亀に乗るが、乗るとすぐに嶋子は、寝入ってしまう。目をさますと、海上の島が迫ってきた。そこは、これまで見たこともないきらびやかな宮殿と楼閣があった。中に入ると亀姫が現れ、嶋子はそこで亀姫と楽しい日々を送ることになる。そこには7人のスバル座星人と8人の牡牛座星人がいた。かれらはみな故郷に帰りたがっていた。そうこうしている内に、嶋子も故郷へ戻りたくなったので亀姫に暇乞いを願い出る。亀姫は、帰る嶋子に玉くしげを授ける。そして嶋子は、再び五色の亀に乗り、眠る内に故郷に着く。だが、そこには家もなく、知る人もいなかった。周りの人に事の次第を尋ねると、自分はだいたい300年も前に海で行方不明になっていたのである。なすすべを失った嶋子は、亀姫からもらった玉くしげを開ける。すると箱の中から、かぐわしい蘭のような体が、風雲に率いられて、蒼天にひるがえって飛んだ。そのあと、嶋子は、みるみる老人となり、その場で死んだ。

この説話は文章家の伊預部馬養(いよべのうまかい)が丹波国宰の時に採録したものと考えられている。

イースター島モアイ像の謎

  探検家ヤーコプ・ロッへフェーン(1659-1729)はオランダのミデルブルフに生まれた。1683年、公証人となる。1690年、ハルデルワイク大学で法律を修め、1707年から1714年までバダビアで裁判官となる。1715年、帰国。1721年から1722年、オランダからホーン岬経由で太平洋へはいる。ファン・フェルナンデス諸島に立ち寄り、さらに航海を続け、1722年4月5日、イースター(キリスト復活祭)の日に、小さな島を発見する。海岸にそって煙が立ちのぼり、遠くから緑なす丘が見える。ロッへフェーンは、この島にイースター島という名前をつけた。島のシンボルとなっている巨大な石造(モアイ像)に関して航海日誌にこう書いている。

「わたしたちはかれらが、建立したすばらしく高い石像のまえで、火をたくことに気づいた。そしてその後、像の足元に頭を下げてうずくまり、手のひらをあわせ、交互に上げたり下げたりすることも知った。大きな、あるいは太い木材もないのに、どうしてこんなものを立てることができたのか、わたしたちには理解できなかった」

    そのころはまだ島のモアイの半数ほどが、まだ直立していたとある。像の調査に関しては、後世の探検家たちに残されたのである。

    モアイ像の石切り場はラノララクにある。そこから80トンもあるモアイ像はどのようにして運搬したのであろうか?2011年、テリー・ハントとカール・リポはある学説を発表した。巨大なモアイ像はロープと人の力だけで左右に揺らし、直立で移動したという。この方法を実験によって証明した。18人で3方向からロープを引っ張ると、40分で100mの移動が可能であった。巨石像の遺跡のほかに、「ロンゴロンゴ」とよはせれる表意文字がのこされているが、いまだに解読されていない。

Cb99269ac970204584a37889b65ae53be5a

Moai_back_01367x550
モアイ像のは上半身だけでなく、下半身には褌のような下着をつけている

(Terry Hunt,Carl Lipo,Moai,Jacob Roggeveen,Easter Island )

芭蕉と杜甫

    唐の詩人、杜甫の数ある詩のなかで、「春望」という五言律詩が日本人に最も愛唱されている。芭蕉は「奥の細道」平泉で「国破れて山河在り。城春にして草青みたり」を引用し、「夏草や 兵どもが夢の跡」の句を残した。芭蕉は杜甫の影響を受けることが著しい。自らの泊船堂を杜甫の浣花渓の草堂に模している。「野分して盥に雨をきく夜哉」の句は杜甫「茅屋為秋風所破歌」にインスパイアーされたものである。(参考:伊古田陽子「芭蕉における杜甫」お茶の水女子大学中国文学会報6 1987年)

石川五右衛門・釜ゆでの刑

Img_0014

    「石川や浜の真砂はつくるとも 世に盗人の種はつきまじ」の辞世を残し、釜ゆでの刑に処せられた石川五右衛門。稗史では、伏見城の豊臣秀吉の寝所に忍び込んだが、仙石権兵衛に捕われたことになっている。江戸時代以降、浄瑠璃、歌舞伎でもてはやされた石川五右衛門であるが、歴史上では、全くその素性がわからない。当時の記録、「言経卿記」文禄3年(1594)8月24日の条には、京都三条橋南の川原で「盗人スリ、十人・子一人等釜ニテ煮ラレル」とういう記録がある。当時長崎に来ていたスペイン人のアヴィラ・ヒロンの「日本王国記」にも同様の記述がある。古浄瑠璃本「石川五右衛門」では次のような話がある。遠州浜松の真田蔵之介は石川五右衛門と名乗って進藤団右衛門らの陰謀と戦い、主家再興のために尽くす。しかし妻子もろとも捕らえられ洛中洛外を引き廻され、七条河原で釜ゆでの刑を受けることになる。五右衛門は息子五郎市とふたり釜にはいる。火を焚かれるにつれ、五右衛門は苦しむ6歳のわが子を膝の下に敷いて殺し、やがて自分も焼け死ぬ。それで民衆はみんな念仏を唱えたという。

古代のフライパン

   フライパンは毎日もっともよく使用する家庭用調理器具の一つであろう。最近では蓋つきの深めのフランパンが売られていて、鍋の代用になるし、蒸すこともできる。退職してからは、どんな料理もフランパン一つで簡単につくって温かくて美味しいランチを食べている。ところでこんな便利なフライパンはいつ頃できたのだろう。

Photo_2     原始的な鍋の類ならば火の使用した旧石器時代からあることが推測できるが、鉄製の取っ手のある今日みられるようなフライパンとなると、ラテン文化の黄金時代が築かれた帝政ローマ期にさかのぼるだろう。ローマでは木や炭を燃料として鉄製の柄つき平鍋がポンペイから出土している。フライパンの語源はラテン語の「フライゲレ(油であげる)」と、「パティナ(浅いなべ)」をあわせたもの。

    世界帝国をうちたてたオクタヴィアヌス以降の帝政ローマでは、貴族たちの屋敷で華美な宴会が催された。広いテーブルには各地の陶器やガラス器が並べられ、それに山海の珍味を盛ってパーティをすることが多くなった。古代におけるガラスの主な生産地はシリアとエジプトのアレクサンドリアであるが、やがてシドンがローマ領になると、ローマにガラス製法が移り、宙吹ガラスの製法も発明された。吹きガラスは造形が容易で、多量に生産できるため、ガラス器は家庭で実用化された。後1世紀ころにはガラス杯一個は銅銭1枚で買えたと伝えられる。食卓を飾る食器や調理器具の多くは古代ローマ時代に完成されたと言ってよい。

   西暦79年8月24日、イタリアのヴェスビアス火山が突如噴火し、ポンペイ、ヘラクラネウム、スタビアなどの町が火山灰により埋没した。ドメニコ・フォンターナという建築家が1599年にポンペイを発見したが、本格的に発掘したのは1748年からである。(Ponpei,Domenico Fontana)

聖バルテルミーの虐殺

Bartelemy

  フランスでは、1560年以降、新旧両教徒の対立が国民に黒い陰影を投げかけた。フランスの新教運動は、すでにカルヴァンの出現とともに本格化し、フランソア1世につづくアンリ2世時代には、ユグノーと呼ばれる信者の数も全人口の10%に達するほどの成長をしめした。かれらは王権からは依然白眼視され、たえず監視を受け、たえず迫害をこうむった。にもかかわらず、新教徒の情熱と団結はますますかたく、かれらは同志間で秘密な細胞を形づくり、互いに礼拝や教義の研究をおこなう反面、相互の連絡を緊密にし、王権と旧教徒からの攻撃に対しても、自己の信条を守りぬくため自衛手段まで講じはじめた。

   アンリ2世につづくフランソア2世(在位1559-1560)が、外戚で頑迷な旧教主義者であるギーズ公アンリ(1550-1588)の手車に乗り、さらに弾圧を強行しかねないのを見届けると、一部の新教貴族コリニ(1519-1572)らはアンボーワーズ城に参集し、国王奪還の陰謀を計画した。陰謀は不運にも中途で発覚し、事は成らなかった。が、事件を契機に、こんどはギーズ公アンリが王妃カトリーヌ・ド・メディシス(1519-1589)と結んで攻撃に転じ、1572年8月24日の聖バルテルミーの祭日にパリで集会中の新教徒に暴圧を加えた。これは聖バルテルミー(聖バーソロミュー)の虐殺といわれる事件で、ユグノーの指導者コリニら一千人が殺された。だが新教徒も当然これに呼応して反撃を試み、紛争はたちまち動乱と化して、各地に同胞相食む惨状を描きあげた。動乱のすすむにつれ、あまりの悲惨、あまりの非情と退廃に、『随想録』の作者モンテーニュは、「人間の正と不正がこれほど混同され、人間の正義がこれほど人間を無慈悲に、不寛容に、狂信的にしむけた世紀もない」と痛憤を発した。事実、内乱は型どおり、全フランスをニ陣営に両分し、宮廷・貴族層から都市・農村の住民まで、全人民を党派の情熱に包みいれ、全国土を戦雲の渦へまきこみ、1562年以後30年にもわたって継続されたのである。ギーズ公アンリに続いてフランス王アンリ3世が暗殺されてヴァロア朝は断絶し、ナヴァル王からアンリ4世(在位1589-1610)が即位した。(ブルボン朝の始祖)新教徒から旧教に改宗して宗教内乱の平定に努めたため、アンリ4世はナントの勅令を1598年に発した。これによってユグノーに信仰の自由が認められて、半世紀にわたるフランスの宗教戦争(ユグノー戦争)が収まった。(Massacre de  la Saint Barthelemy)

映画「遠すぎた橋」のテーマ音楽

Stillofrichardattenboroughinmareaev  YouTubeで「遠すぎた橋」の音楽を聴く。イギリスの映画監督、プロデューサー、俳優で知られるリチャード・アッテンボロー(1924-2014)が2014年8月24日、90歳で死去した。1942年に俳優としてデビューし、「大脱走」集団脱走計画の中心人物ビッグXの役が印象に残る。彼が監督した映画「遠すぎた橋」(1977)は上映時間176分。1944年6月6日のノルマンディー上陸作戦から3か月後の9月、連合軍が企てた「マーケット・ガーデン作戦」を豪華キャストで描く。超大作ながら「退屈な映画」という折り紙つき作品だが、家庭でくつろいで2日に分けてみれば十分に楽しめる。とくに実際にアルンヘムやナイメーヘンといった戦場となった町や村でロケが行われ、実話に近いものとなっている。ヒーロー物ではなく、戦史を知るうえで貴重な映像である。また見所はやはり14大スターの競演か。ローレンス・オリビエ、ダーク・ボガード、ショーン・コネリー、ジーン・ハックマン、アンソニー・ホプキンス、ロバート・レッドフォード、ライアン・オニール、マイケル・ケイン、エドワード・フォックス、ジームズ・カーン、リブ・ウルマン、リチャード・アッテンボロー、エリオット・グールド、ハーディー・クルーガー。音楽ジョン・アディソンの勇壮なマーチも良し。

2016年8月23日 (火)

安倍マリオ

Photo  小学生時代に覚えた海外の政治家の名前はいつまでも忘れないものだ。フランスのド・ゴール大統領、インドのネルー首相、インドネシアのスカルノ大統領、ガーナのエンクルマ大統領、西ドイツのアデナウアー。そして最も子どもたちに人気が高かったのがアラブの指導者ナセル大統領。「成せばなる。ナセルはアラブの大統領」と林家三平やハナ肇が言っていた。ナセルのことをエジプトの国民たちは「アル・ライース」ん呼んでいたそうだ。もともとは「親方」「大将」という意味である。アラブを統一できるのは彼しかいないと感じていたのだろう。エジプト革命やスエズ運河国有化という事件もあったが、世界史にその名前は確実に刻まれた。そしてエジプトはナセル、サダト、ムバラクの3人の国家元首の名前を覚えれば事足りる。ところが日本の学生は大変である。佐藤栄作から安倍晋三まで24人いる。女性問題で辞任した宇野宗佑は僅か2ヵ月だった。リオ五輪の閉会式。スタジアムの中央に置かれた土管の中から、スーパーマリオのコスプレの安倍晋三が現われ、衣裳を脱ぎスーツ姿に変わるという奇抜なパフォーマンスが世界を驚かした。日本の政治家がこのような形で世界の視聴者の前に姿をみせるというのは異例中の異例であろう。(Nasser)

2016年8月22日 (月)

王昭君の生没年について

   漢の元帝の時代、後宮にはあまたの美女がいたが、王昭君はその清廉な人柄ゆえに賄賂など一切しない人だった。匈奴の呼韓邪は友好のため漢室の宮女を求めた。元帝は数多い後宮の女性の中から絵姿の醜い王昭君を選んで、その強要に応えることにした。別れに臨んで対面すると、画像とは似ても似つかない絶世の美女であり、人選の誤りを悔やんだが、すでに遅かった。賄賂を贈らなかった王昭君を偽って醜く描いた画家毛延寿は、帝の怒りに触れて首をはねられたが、王昭君もまた後に胡地において怨思の歌を作り、服毒自殺したと伝えられる。王昭君哀話は「西京雑記」にあるが、元代の馬致遠の「漢宮秋」により広く知られるようになった。ここでの王昭君は、匈奴におくられる途中、国境の大河に身をあげて死ぬことなっている。昭君悲話はかなりの部分は作り話であるが、偽りの絵筆を執ったとされる毛延寿の冤罪も哀れさを感じる。毛延寿の刑死の年が紀元前33年のことでクレオパトラの没年と同じ。王昭君の生没年を推定すると、紀元前53年から紀元前33年とみられる。

カール・ブッセは二流詩人

Photo  「山のあなたの空遠く 幸い住むと人のいう」 これはドイツの詩人カール・ブッセの「詩集」(1894)の中にある詩の一節。ブッセはドイツ本国ではほとんど忘れさられた19世紀の詩人だが、日本では上田敏の「海潮音」によりとても有名な詩として誰もが口ずさむ。石坂洋次郎の「若い人」など青春映画などにも、しばしば登場し利用しているほどである。Carl Hermann Busse

日本人が作った水豊ダム

Cd52e93bc21541e5ee02628409596376

  久保田豊(1890-1986)は、1937年に満洲国と朝鮮の電力確保のため、日本窒素の野口遵と共に、当時世界最大級の10万キロワットの鴨緑江にある水豊ダムをはじめ、朝鮮北部に大規模なダムを建設した。このダムと発電所は、「朝鮮の産業革命」といわれるほどで、戦後の北朝鮮の工業発展の原動力となった。「地図好きが実現させた朝鮮の巨大ダム」杉本幹夫 「教科書が教えない歴史」所収

リオから東京へ

   リオデジャネイロ・オリンピックが閉幕する。2020年東京へとバトンされる。会場におかれた土管の中から、マリオの姿をした安倍首相が登場するというユニークな演出。メダル獲得数は、金12、銀8、銅21、合計41個(21日現在)は大健闘といえる。とくにレスリング伊調選手の四連覇、バドミントン高橋・松友ペアなど女性軍の活躍が光る。男子では陸上400mリレーや水谷隼が卓球最初の個人メダルを獲得。むかし荻村伊智朗、小山ちれ、などの名選手がいたが・・・。調べたら卓球が五輪競技になったのは1988年ソウル大会のことである。テニス錦織圭がメダルを獲得したのはなんと96年ぶり。

   日本が初めてオリンピックに参加したのは第5回ストックホルム大会(1912年)のことだが、初めてメダルを手にしたのはそれから8年後の第7回アントワープ大会でのこと。競技種目は意外にもテニスだった。熊谷一弥(1890-1968)が健闘し銀メダルを獲得した。しかし御本人、熊谷選手は「金メダルでなければ意味がない」と、大変悔しがったといわれる。シングルスの雪辱を晴らそうと、柏尾誠一郎選手とともにダブルスに出場し、こちらも堂々2位になっている。

藤村忌

Toson01   昭和18年のこの日、島崎藤村(1872-1943)は71歳で世を去っている。明治29年9月、藤村は長く住みなれた東京を離れ、仙台の東北学院の英語教師になった。それは失恋、生家の没落、北村透谷の自殺など次々におとずれた不幸による孤独の道に徹するための旅であった。とくに想いを寄せる佐藤輔子の死(明治28年8月)の知らせに絶望した。そして藤村は宮城野の宿において、苛酷な人生体験は深く内に潜んで詩人の真の生命となり、まことの自我の声としての詩作が次々とうまれた。これらの諸作が明治30年、まとめられて「若菜集」として世に送られた。(8月22日)

       初恋

 まだあげ初めし前髪の

 林檎のもとに見えしとき

 前にさしたる花櫛の

 花ある君と思いけり

 数ある恋の詩の中でも、最も有名な、そしてすぐれた作品である。「まだあげ初めし前髪」というので、それまでお下げにしていた少女が、ようやく成熟期に達したばかりの年ごろとわかる。この少女は誰であろうか。一般には藤村の幼なじみ大黒屋の四女「おゆふ」といわれる。

Pa100597
 槌馬屋美術館に飾られた「おゆふ」の写真

   あるいは特定の女性ではなく、それまでの純情な悲恋が芸術として結晶したのかもしれない。藤村は22歳の時、明治女学校の教師となり、1歳年上の女生徒の佐藤輔子(さとうすけこ、1871-1895)にひそかな恋心を抱いた。輔子の郷里に近い仙台に移ったのは、輔子への思慕が藤村の胸中にあったのではないだろうか。

201203_20_35_d0170835_1634076     佐藤輔子は、岩手県選出の代議士・佐藤昌蔵の五女。異母兄の佐藤昌介(1856-1939)はのちの北海道大学の総長となり、北大育ての親といわれる。佐藤輔子は明治27年に明治女学校高等科を卒業し、父母のいる花巻に帰り、翌年5月、許婚の札幌農学校講師・鹿討豊太郎(ししうちとよたろう)と結婚し、札幌へ移る。輔子はその僅か3か月後の8月に、24歳で病死している。

   島崎藤村は、明治26年1月30日、雪の中を鎌倉の星野天知を宅を訪ね、創刊された「文学界」を手にして語りあかした後、植村正久の一番町教会からも離脱し、わずか4ヵ月の教職も辞し、関西へのあてどのない旅に出た。

2016年8月21日 (日)

太宰治の死について

Photo_2  「人間失格」「斜陽」「津軽」など死後68 年を経た今でも読み継がれ、日本近代文学作家の中でダントツの人気がある太宰治だが、昭和23 年6月13日、山崎富栄(画像)という戦争未亡人と玉川上水に入水自殺した。山崎富栄(1919-1948)は、日本で最初の美容学校の創立者である山崎晴弘、信子夫妻の末娘として、大正8年9月東京市本郷区東竹町に生まれた。小学校を優等の成績で卒業後、京華高女に進みのち錦秋高女に転じて同校卒業。その後もYWCAに進学して聖書、英語、演劇の研究に励み、さらに慶応義塾大学の聴講生として学ぶかたわら、銀座松屋前の美容院の経営を任されていた。

   昭和19年12月、三井物産本社の飯田富美女史の世話で、同社員・奥名修一と結婚したが、わずか二週間後に修一は単身マニラに赴任となり、そのまま現地入隊して戦闘に参加、激戦のさなか生死不明になってしまった。修一を羽田空港に身送ったあと、銀座の美容院が罹災し、お茶の水美容学校の講師として父母を援けていた富栄は、昭和20年の東京大空襲で学校が全焼してしまい、やむなく家族と共に滋賀県八日市町へ疎開した。

   昭和21年、富栄は義姉と一緒に鎌倉に戻って美容院を経営する。その年の秋、美容学校を再建するまで一時的に三鷹駅前の美容院に勤めることになり、下連雀の野川家に身を寄せた。敗戦直前、甲府から太宰治が、三鷹下連雀の旧居に戻ってきたのも、富栄が鎌倉から三鷹に移ったのと、ほぼ同じ頃であった。

   山崎富栄の住む野川家は、太宰の仕事場である小料理屋「千草」と、ほぼ正面に向かい合っていた。昭和22年3月27日の夜、三鷹駅前の屋台で、運命的な二人は出会う。

   その頃、太宰は太田静子の日記をもとに「斜陽」を書き初めていたのだが、静子の存在を出産まぢかの妻に知られ、もはや文通さえ困難になりつつあった。夏も終わりの頃から太宰の病状は悪化の一途を辿り、富栄は勤めを辞めて看病と秘書の仕事に専念することになった。この頃より、仕事部屋は富栄の部屋に移された。秋、静子に女児が誕生し、太宰は「治子」と命名した。養育費の送金は富栄がした。翌23年の冬、たび重なる喀血に死期近しとさとった太宰は、これまでの一切を傾けて「如是我聞」「人間失格」を書き上げる。6月13日の夜、二人は小雨降りしきる玉川上水に入水して心中する。

   病気と闘いながらの太宰の晩年の名作誕生の陰には、太宰治をめぐる三人の女性、津島美知子・太田静子・山崎富栄のそれぞれの愛があった。

参考文献:安藤宏「太宰治の恍惚と不安」国文学 平成元年三月号臨時増刊号

「太宰治氏の死について」座談会 椎名麟三、福田恒存、梅崎春生、楢崎勤、林芙美子、伊藤整、豊田三郎 「文芸時代1巻8号」1948年8月

「太宰治氏の死について」座談会 林芙美子、福田恒存、梅崎春生、伊藤整、豊田三郎、椎名麟三 「進路」1948年8月

辰野隆「太宰治の死について」(『凡愚問答』所収) 1955年

天気図に歴史あり

2012_10_4_watanabe_ran_02

   現在の天気図をみると、台風9号、10号、11号と、3つの台風が日本近海に襲来している。とくに台風9号は関東、東北を直撃するもよう。

   1929年のこの日、国民新聞が日本で初めて天気図を新聞に掲載した。気象予報の必要性を提唱したのはフランスのユルバン・ルペリエ(1811-1877)である。彼はヨーロッパ中の気象情報を収集して1858年に世界で初めて天気図を作成した。日本初の天気図は、ドイツの気象学者エリヴィン・クニッピングの指導のもとに1883年に作成された。

  大雨による被害が全国各地で発生している。気象情報、災害情報に注意して、慌てず落ち着いて身を守る行動をとることだ。(8月21日)

2016年8月20日 (土)

郵便に歴史あり

Img_575413_53912056_0
 楽浪出土の封泥

    4月20日は「郵政記念日」。昭和9年、逓信省によって「逓信記念日」と制定されたことに因む。手紙を運ぶ郵便制度は1635年にイギリスでできたが、通信の歴史は人間の歴史とともにある。最も古い記録では前1500年頃、古代エジプト第12王朝時代にすでに手紙を運ぶ飛脚を職業とする者がいた。しかし郵便が一定の組織をもち定期的な通信を行うように制度化されたのは、古代アケメネス朝ペルシアの駅制である。この駅制はアンガライオンと呼ばれた。前500年代にキュロス王が創設し、ダレイオス王が完成したこの駅制は広大な版図内に首府を中心として一定の距離に宿泊所を設けて、馬と馬丁を置き、騎馬による継走によって手紙を運ぶという通信機関であった。ペルシアに劣らず古い郵便制度をもっているのが中国である。周代の頃からあると推察されるが、漢の時代に整備された。のちに封泥が発見された。信書としてしたためた木簡に発送するとき封緘をした。それは木簡を縄で縛り、そのうえに泥を押しつけ、泥のうえに印を押捺する。封緘に用いられた泥だから封泥とよばれた。従って封泥のウラ側には縄のあとがくぼんで見られる。郵便物は郵亭をリレー式に運ばれた。angaraion

空の巣症候群

   からのすしょうこうぐん。エンプティ・ネスト・シンドローム。子どもが家庭から巣立って夫婦だけになった状態(空の巣)から生じる症状で、母親役割を中心に生きてきた女性が子どもという愛情対象を喪失して無気力になったり、アルコール依存症になったりすること。40代から50代の女性によく見られる抑うつ症状。寿命の延びや子ども数の減少などによってライフサイクルにおける子育て期間が短縮化し、それ以降の人生が長くなったことを背景にしている。子育て中心に生きてきた女性が新しい趣味や仕事などの生きがいをもちにくい現実がある。英語 empty-nest syndomeの訳語で1990年代以降、日本でも使われるようになった。

参考:関谷透『お母さん、もうがまんできない!』 プラネット出版 1990年

豆腐に歴史あり

Hiyayakko   森羅万象、世のいかなるものにもそれぞれに歴史がある。リオ五輪の日本勢のメダルラッシュも日本初ばかり。水谷隼の卓球男子シングルス悲願の銅メダル。奥原希望バドミントン女子シングルス初、荒井広宙は競歩初。

  毎日の食卓にみる豆腐は日本人に親しみのある食材のひとつ。夏は冷奴で、冬はお鍋で1年中食べる。木綿豆腐に醤油とカツオ節が一般的な食べ方。豆腐の発明は中国人のもので、前漢の淮南王劉安といわれる。彼は学者を集めて著書を刊行したが、そのなかに「淮南王万畢術」 という本がある。それに豆腐の製法が述べられていたという。

  豆腐が我が国に渡来した時期はあまりはっきりしない。日本に伝わったのはおそらく奈良時代だろうが文献には見えず、鎌倉・室町時代に中国に留学した僧侶が、製法を覚えてきて広まったと考えられる。文安元年(1444年)の『下学集』に豆腐という語がのっている。豆腐はとくに江戸時代になって庶民にまで広まった。

    徳川家光の慶安御触書では農民に飲酒、喫茶、煙草など禁止している。また衣類は木綿以外は着用しないこととある。贅沢禁止に関連して豆腐の製造を禁止している。家光自身は豆腐が大好物だったが、農民たちが豆腐を食べると大豆が高騰することを懸念したからであろうか。

女優の顔に歴史あり

  女優はいつまでも綺麗で華やかな印象がある。例えば岩下志麻。とても75歳には見えない。同じ年の倍賞千恵子は歳とともに劣化して痩せてひからびた感じがする。童顔とかベビー・フェイスといわれた人にはこのタイプが多い。国際派女優ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド(74歳)の最近の画像をみると完全な老婆である。とくに病気をしたわけでもなく、自然に年をとっていくのだけれど、どうしてこうなっちゃの、といいたくなる。やはり「まぼろしの市街戦」や「1000日のアン」の印象があるからか。30代以降はサイコ、スリラーのヒロインを演じていたが、近年は脇役の老婆として活躍している。60年代グラマーガールとして活躍したラクウェル・ウェルチもとても75歳には見えず、驚異の美貌を保ち続けている。

600fullgenevivebujold

Genevievebujolddutchbikefionafraser

721c5c09ddc1cca0e129a6f5ce096467_2

Dopbujol


Genevive_bujold_32477_medium_2

Sx_cordelia_gun

馬琴忌

Img_1724177_57895268_1
 鏑木清方「曲亭馬琴」 明治40年

  1842年のこの日、滝沢馬琴は「南総里見八犬伝」を完成した。滝沢馬琴は、明和4年(1767年)、父・滝沢興義、母・吉尾門左衛門の娘お門の五男として、江戸深川に生まれた。安永5年から天明7年の間、はじめ松平、次に戸田、水谷、小笠原、有馬の各家に仕えたが持前の傲慢な性格と不遜な野望が禍をして、いずれも短期で仕を辞している。寛政元年頃、亀田鵬斎に入門、石川五老から狂歌を学ぶ。翌年山東京伝を訪ねて知遇を得、京伝から貰った大栄山人の号で「用尽二分狂言」を刊行したのが戯作生活のはじめで、旺盛な創作活動が開始された。

  「南総里見八犬伝」(1814-1842)の第1輯が刊行されたのは、馬琴が48歳の時で、最後の第9輯帙下の下編の刊行を見たときは、馬琴は78歳に達していた。つまり八犬伝は28年という長年月を費やされて完成されたものであった。

   天保4年の秋のある朝のことである。67歳の馬琴は右目が見えなくなっていることに気づいた。長年の執筆の疲労が表れたのである。それでも左目がみえるので、苦にすることもなく書き続けていると、天保9年からは左目もかすみだし、11年の夏になるとまったく朦朧たる状態になり、原稿も手探りで書くようになった。八犬伝の完成のため、息子の宗伯(天保6年死亡)の嫁お路(みち)に口述筆記させることで完成しようとした。ところが、お路は無筆に近く、まず字の書きようから教えねばならない。八犬伝は、普通の読本以上に難字僻句が多用されているから、これを教わるお路の苦労は並大抵のものではない。ついには辛さのあまり泣き出すほどである。その内にはお路も仕事になれて、八犬伝の名前くらいは空で書けるようになり、進度もはかどるようになった。そして天保13年(1842年)8月20日、「南総里見八犬伝」が完成した。日本で最も長い小説、いな、世界でも有数の長編小説である。八犬伝の完成のうらには、一人の寡婦の血のにじむような苦闘があったのである。(参考:「南総里見八犬伝」日本の古典16、世界文化社)8月20日

ハンガリー建国記念日

Photo

447pxstefanihongarije
 イシュトヴァーン1世

  ウラル山脈の遊牧騎馬民族マジャール人は、長い間の移動生活を経て、896年、アールバートを首長にした部族が現在の地に入り、イシュトヴァーン1世(在位996-1038)によって定住生活を営むようになった。セーケシュフェヘールヴァールはハンガリーの首都ブダペスト南西約60㎞にある歴史的な都市。初代ハンガリー国王イシュトヴァーンがここに聖堂を建設し、以後歴代国王が戴冠・埋葬されたところである。イシュトヴァーン1世はハンガリーを統一し、西暦1000年にローマ教皇シルウェステル2世から王冠を授けられ、ハンガリー王国が正式に成立した。現在も8月20日は「聖イシュトバーンの日」として祝日に定められている。(Hungrary,Szekesfehervar)

2016年8月19日 (金)

タンバリンか、それともタンブリンか

  アボガドではなく、アボカド、バトミントンではなくバドミントンが正しい。では手に持って皮を叩く小型の片面太鼓タンバリンは?。むかし水前寺清子が「♪タンバリン、タンバリン」(真実一路のマーチ)と歌っていたころ、教師が「本当はタンブリンという」と言っていた。なるほどウキぺディアにも「タンブリン」とある。タンブリンの起源には諸説ある。①古代エジプト説②西アジアの民族楽器でヨーロッパに伝わったとする説③フランス起源説。フランスではタンブラン、イギリスではタンブリンという。

Img_0007 95s95908c938ds82cc835e839383o838a83
   コニンク                百武兼行

 

怪しい歴史伝説

Moses     歴史に伝説はつきものである。日本には徐福伝説がある。秦始皇帝が不老不死の仙薬を求めて、徐福という方士を東方に使わした。日本各地に徐福漂流地といわれる伝説が残っている。いずれも信憑性はなく、ほとんど江戸時代に作られたものであろう。しかし西洋にあるトロイの木馬やノアの箱舟、大洪水を伝説として笑うわけにはいかない。シュリーマンは子供の頃に聞いた話を事実として、考古学者となってトロイの町を立証したのである。聖書に書かれていることは伝説ではなく、真実であるとする人は多い。イスラエル民族の指導者モーセはかつては伝説上の人物で実際にはいなかったという意見もあったが、今では実在したとする説が有力だという。だが彼の存在を証明する遺物が発見されたわけではない。おそらく西洋人のアイデンティテーに関わる問題が介在するのであろう。

    だがキリスト教と関係のない、アルキメデスが巨大な鏡を使ってローマの軍船を焼いたとか、ローマ皇帝の残虐な話とか有名人の逸話に関してはどこの国にも誇大なつくり話とみられるようである。日本では源義経が衣川を脱出して大陸に渡って、ジンギスカンになったという話が有名である。一休さんにも奇矯な逸話が多い。屏風の絵の中のトラ退治や正月に髑髏をぶらさげて歩いた話などである。むしろ晩年に盲目の美人を溺愛したという話が本当かもしれない。左甚五郎という名人にはとくに逸話が多い。右腕がなかったとか、トラに恋した甚五郎が、その姿を人形にして作ったら動いたという話など。最近では歴史ドラマの影響が大きい。高杉晋作は高下駄に着流し姿で戦場で指揮をとったというイメージが定着し、「おもしろくなき世をおもしろく」と三味線を弾きながら、肺結核で血を吐きながら戦うという話になっている。数年前の「新撰組」では近藤勇は大口でゲンコツを口に入れるポーズをとっていた。映像で見る坂本龍馬や秋山真之もあくまでフィクションなのである。

「義経=ジンギス汗新証拠」 鹿島昇 新国民社  1987

読めない漢字「聶」

   耳が三つの漢字を何と読む。「聶崇岐」という名前の歴史学者がいる。「じょうすうき、1903年から1962年」。「聶」は「ことばを口中に含んで小さな声ではなす。ひそひそとささやく」の意味。読み方「ショウ、ジョウ」。「巫山戯る」、「ふざける」と読む。巫山は重慶市巫山県と湖北省の境にある名山。

鈴ヶ森の受刑者たち

Photo_3

    1832年のこの日、鼠小僧次郎吉が鈴ヶ森刑場で処刑された。慶安4年(1651)、高輪如来寺前にあった処刑場を品川鈴ヶ森(品川区南大井2丁目)に移した。最初の処刑者丸橋忠也をはじめ、平井権八、八百屋お七、天一坊、山県大弐、白木屋お駒たちがここで処刑された。丸橋忠也(慶安4年処刑)は由井正雪の陰謀に連座して磔刑、平井権八(延宝9年処刑、歌舞伎では白井権八)は追いはぎなどの罪で磔刑。恋仲の小紫は権八の墓前で自害。比翼塚が目黒不動尊前の虚無僧寺東昌寺跡にある。八百屋お七(天和3年)は生田庄之介と再会したいため放火を企てた。天一坊(享保14年処刑)は吉宗の落胤と称したが詐欺が発覚。山県大弐(明和4年処刑)は尊王思想のため。白木屋お駒(歌舞伎では城木屋お熊)は髪結才三と共謀し喜茂を殺害したため。(8月19日)

中山義秀忌

Photo_2   福島県出身の芥川賞作家といえば三春町の玄侑宗久が知られているが、中山義秀は明治33年、福島県岩瀬郡大屋村字下小屋(現・白河市)生れで、昭和13年「厚物咲」で受賞、福島県初の芥川賞作家である。人間の孤独の寂寞の底をくぐり、人生の悲苦に立ちむかう姿を描いて絶妙である。真杉静枝(1901-1955)と昭和18年に結婚したが3年後に離婚。戦後は戦国武将や戦国史記に筆を致し、数多く発表した。代表作「テニヤンの末日」「魔谷」「少年死刑囚」「散りゆく花の末に」「古老譚」「闇に浮く睡蓮」「霧にゆらぐ藤浪」「寂光の人」「高野詣」「月魄」「原田甲斐」「寿永の春」「春雨秋雨」「天保の妖怪」「相学奇談」「平手造酒」「根岸菟角」「北条早雲」「松永弾正」「物ぐるい」「戦国史記」、中山義秀(河上徹太郎)「現代日本文学5 中山義秀集」筑摩書房。(8月19日)

牧水の妻・若山喜志子

   1968年のこの日、若山喜志子の80歳の忌日。

白玉の歯にしみとほる秋の夜の

酒はしづかに飲むべかりけり

(白珠のような美しい歯にしみとおる酒、秋の夜の灯の下でくむ酒は、しずかにひとりしみじみと味わいながら飲むのがよいものだ)

Pht_04     若山牧水(1885-1928)、26歳の作である。前田夕暮はこの歌に対して、「彼の行くところ山河あり、山河あるところ彼と酒とがあった。酒によって彼は彼の悲しみを深め、彼の純情一路の心境を研いた。秋の夜の孤独感が酒によって如何に慰められているか、冷たい響きと匂とを持っているこの歌によく流露されている」(「現代短歌全集」月報「若山牧水の歌」)といっている。

   牧水は大正5、6年ごろになると、人生的な詠風から、旅を中心とした自然詠や、日常生活の淡い感情を歌った歌などが多くなり、自然歌人としての道に徹してゆくことになる。酒と旅のうちに44歳の生涯をつねに支えたのは妻の若山喜志子(1888-1968)であった。

    明治44年7月、若山牧水は、歌人の太田水穂(1876-1955)方で、のちに妻となる太田喜志子と出会う。喜志子は明治21年5月28日、長野県東筑摩郡広丘村吉田に太田清人の四女として生まれた。喜志子も歌人で、「信濃毎日新聞」の選者だった太田水穂を頼って上京し、水穂の家に住み込んでいるところへ、牧水の訪問を受けた。

   このあと牧水は、旅先でもどこでも喜志子に近づき、手紙を送り、過去の恋愛や秘すべき病のことまで、洗いざらい打ち明けた。長男の旅人が「それでよく結婚したね」と言うと、母は「あの澄んだ瞳の持ち主に悪い人のいるはずはないと思ったから」と答えたという。(8月19日)

2016年8月18日 (木)

七卿落ちと専崎弥五平

Img鐡屋弥五郎 (専崎弥五平)

   1863年(文久3年)8月18日、松平容保、稲葉正邦、近衛忠熙、二条斉敬、徳大寺公純、近衛忠房が参内。あわせて、薩摩・会津・淀などの諸藩兵が御所の九門を固めた。開かれた朝議では、行幸の延期、尊攘派公家の参内禁止、国事参政・国事寄人の停廃止、長州藩の堺町御門警護解除、毛利慶親父子の入京・長州藩士の九門出入り禁止などを決定し、公武合体派が朝廷の主導権を握った。そのため、三条実美、三条西季知、東久世通禧、壬生基修、四条隆調、錦小路頼徳、沢宣嘉の七卿は東山の妙法院に逃れて善後策を練り、翌朝に寺を発ち、蓑笠、草で編んだ草履ばきの農民姿に身をやつし、長州藩兵らおよそ2300人に守られて一路、西国街道を西へ西へと長州藩を目指して都落ちした。七卿らは摂津国八部郡の二ツ茶屋村の「鐡屋(鉄屋)」の弥五平の屋敷で旅装を整え、楠木正成の墓に詣でた後、弁天浜(現在の神戸ハーバーランド)と兵庫の湊から小船に乗り込んで鞆浦(広島県福山市)に立ち寄り、長州藩の塩田地の三田尻へ落ち延びていった。

   七卿たちに船を提供した二ツ茶屋村の「鐡屋」弥五郎は、幕末長州藩が摂海防備に当った時の御用達商人で、元治元年の長州藩兵上洛の際、自宅を宿舎に提供し、負傷者の看護に当ったため、兵庫の大坂町奉行兵庫勤番所の幕吏の追及を受け、投獄された。維新後、神戸で旅館、廻漕業を営み、陸海軍の用達を勤めた。明治には、専崎弥五平(1831-1901)と名のり、晩年は明治天皇御用邸番であった。

2016年8月17日 (水)

杜甫の持病について

   杜甫の有名な詩「登高」の一節、「萬里悲秋常作客 百年多病獨登臺」。「都を万里も離れて悲しい秋に、わたしは旅人の身、生涯病気がちの体で、今日はただ一人高台に登っている」の意味。旧暦九月九日には、小高い所に登り、邪悪から身を守り健康を祈るという風習があった。この詩を作ったとき、杜甫は56歳で巫山に登り、その3年後には病没している。巫山は重慶にある名山で、壮健でないと登れない。詩中に「百年多病」とあるが、杜甫にはどのような持病があったのだろうか。当時、杜甫は風痺(関節炎)と喘息があったが、持病の消渇(しょうかつ)のため数年後、歩行も不自由になる。消渇とは現在の糖尿病のことである。

続編に傑作無し

804716_1    「続・ある愛の詩」(1978)を観る。オリバーは大学の図書館でジェニーと出会い、結婚する。貧しいが幸福な日々。しかし、ジェニーは白血病で死ぬ。続編はジェニーの葬儀のシーンから始まる。やがて2年が経ち、オリバーはマーシーという女性と知り合うが、結局はジェニーのことを忘れることができない・・・。前回当たった作品の続編は難しい。アリ・マッグローの新鮮な魅力に対して、今回はキャディス・バーゲンの大人の魅力。ラブストーリーよりも親子愛にスポットをあてて観賞すると好感がもてる作品である。

    一般に「大ヒットした映画の続編に傑作は無い」と言われる。「続・世界残酷物語」「続・荒野の七人」「続・猿の惑星」「続・フレンズ ポールとミッシェル」「続・エマニュエル夫人」「続・青い体験」「続・個人教授」「ポセイドン・アドベンチャー2」「ジョーズ2」などいずも前作を越えることはできなかった。だが「ゴッド・ファーザー2」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」など、例外的に面白い続編映画も存在する。「続・愛と誠」(1975)も前作よりも面白い。大番長・高原由紀に多岐川裕美が扮し、太賀誠(南条弘二)をバンドしぶきの拷問シーンが圧巻。原作に忠実なのがよい。

2016年8月16日 (火)

ガッツポーズ論争

   ロジェ・カイヨワ(19913-1978)によると、「遊び」はアゴン(競争)、アレア(運、偶然)、ミミクリ(模倣)、イリンクス(めまい)の4種類に分類されるという。

   アゴンとは競争の形をとる遊びで、徒競走、競泳などが含まれる。アレアとは偶然にゆだねる遊びで、じゃんけん、サイコロ、賭博などが含まれる。ミミクリとは別の人格をよそおう遊びで、ごっこ遊びや演劇などが含まれる。イリンクスとは意識の混乱を求める遊びで、ブランコ、メリーゴーランド、ジェットコースターなどの疾走感をともなうものなどが含まれる。

    スポーツとは、本来、遊びが発展し、一定の共通した規則に従って身体的諸能力を競い合う、アゴンのカテゴリーの一つである。現代におけるスポーツという活動の解釈は多様であり、広義にとらえると、健康・体力の維持向上を目指した身体活動やレクリェーションなどの身体活動としてとらえられるが、狭義にとらえると、スポーツとはアゴン(競争)の原理によって構成されるプレイであり、身体技量の競争としてとらえられる。

   このことから、スポーツの原動力は「アゴンの欲求」であるといわれる。アゴンは自己の優越性、つまり自分がすぐれていることを他人に認めさせ、客観的な承認を得ようとする欲求であり、通常、オリンピックなどのように高度なスポーツ技術を大勢の観衆が見物するスタジアムで競い合うイベント形式で行われる。自己の優越性を誇示することが動物本来の欲求であり、今日の選手の「ガッツポーズ」や「雄叫び」などはその自己表現であろう。またすぐれたものを選び出し、栄誉を与えるのも社会的な機能のひとつである。例えばマラソンはオリンピックの華といわれるが、優勝者には月桂冠が授けられる。月桂冠とは、古代ギリシアで月桂樹をアポロ神の霊木とし、その枝葉を輪にして冠とし、優勝者の栄誉をたたえるために授けるのである。

   リオ五輪もアゴンの欲求、つまりガッツポーズが目立つ。太田選手のフェンシングでも2人の競技者がほぼ同時にガッツポーズをして自分の優位性を誇示する。卓球やテニスも得点が入る度にガッツポーズがでる競技の1つである。評論家の張本勲が銅メダルを獲得した卓球選手に対して、「あんなガッツポーズはダメ。手は肩より上げてはいけない」と指摘した。しかし、王貞治が756号ホームランを打った瞬間の写真では、張本は大きくジャンプしながら右手をあげてガッポーズしている。

Photo

蘭亭序

Lanting_p3rd   王羲之の「蘭亭序」は古来彼の作品の中でも最高作といわれ、後世書道史上、特に行書の発展に影響するところが非常に大きい。蘭亭というのは会稽郡の紹興市の南西13㎞にあった別荘の名である。永和9年(353年)の3月3日、42人の紳士たちがここに集まり、みそぎをして、酒を飲み、詩を作り合う集まりが行われた。この「蘭亭序」という作品は、ここで詠まれた参会者の詩の冒頭に、彼が書きつけた序文の草稿である。このとき王羲之は酔っていて、その出来栄えに不満があったので、後に何度も書き直したが、ついに最初の草稿以上の書はできなかったと伝えられる。

2016年8月15日 (月)

特攻隊員と太平洋戦争

  ドラマ「空よ雲よ息子たちよ」を見る。太平洋戦争末期、南方諸島の日本軍が次々に玉砕し、本土決戦が叫ばれていた頃、鹿児島県の知覧飛行場に特攻隊として派遣された若者たちと残された妻や家族の姿を描く。知覧には「富屋」と「永久」という2軒の旅館があり、それぞれの女将、鳥浜とめ(渡辺美佐子)と吉沢アイ(吉永小百合)が、出撃を前にした隊員たちの世話をしていた。山上少尉の妻、古手川祐子は当時21歳と若く、悲劇を前にして精神を病んでおり、飛行場まで出かけて夫に縋りつく話が一番印象深い。三浦友和の話は安部正也がモデルなのであろうか。

O0314021712584814871

    知覧特攻平和会館が1987年から開館される。当時の戦闘機よりも、隊員たちの遺影と遺書に時間をかけて立ち止まる人が多い。1036柱の特高隊員の遺影が紹介されている。近年は「永遠の0」で来館者数が増えているという。(参考:「若き特攻隊員と太平洋戦争」森岡清美著 吉川弘文館)

20140619_1165234

2016年8月14日 (日)

高いところがすきだった漱石

Photo_3     夏目漱石といえば英国留学でロンドン塔。だが途中でフランスにも寄ってパリ万国博覧会を見物している。1900年9月8日に横浜港を出てから、10月21日にパリに到着。10月23日エレベーターに乗ってエッフェル塔の展望台まで行った。「名高きエフエル塔に登りて四方を見渡し申候」と妻鏡子に手紙を送っている。漱石にエッフェル塔は不似合だが、実は漱石は高いところが大好きだった。1911年8月14日、漱石は和歌浦の奠供山エレベーター(和歌山市)に乗っている。写真の様な簡易で粗末なものだったが、よほど好奇心が旺盛なのだろう。いまなら遊園地の絶叫マシンにハマルかも。

2016年8月13日 (土)

ポンテ・ヴェッキオ

Pontevecchio1_2

   ローマとミラノのほぼ中間の位置にルネサンスの発祥地フィレンツェがある。市街の中央にはアルノ川が流れ、ポル・サンタ・マリア街とグッチャルディ二街を結ぶポンテ・ヴェッキオの古橋が有名である。河川の氾濫で何度か建てなおされており、 1220年にポンテ・ヴェッキオ(新しい橋)と呼ばれるようになった。現在に残るその橋は、1345年タッデオ・ガッディまたはネリ・ディ・フィオラヴァンテ作ということであるが定かではない。橋の両岸には2階建ての貴金属商の店舗付き住居が並び、その片側はパラッツォ・ヴェッキヨからパラッツォ・ピッティに至る渡り廊下(コリドイオ)が架けられている。桂冠詩人ダンテが、この橋のたもとでべァトリーチェを見染めたという話は、よく知られているが確証はない。アルノ川の傍らには、「神曲」の一文が記された石碑がある。(タッデオ・ガッデー Taddeo Gaddi 1290-1366)

なぜ鄭成功は台湾を征服したのか

   鄭成功(1624-1662)は父は明人鄭芝龍、母は日本人、田川七左衛門の娘。平戸に生まれた。父は福建省安海を本拠にした海賊だった。時代は明末清初で、鄭芝龍は降清したが、子の成功は抗清復明の決意をいっそうかため、厦門、金門をうばって根拠地にした。そして1661年には25000の兵をひきいてオランダ人の占拠していた台湾を攻略約した。鄭はなぜ台湾を選んだのだろうか。台湾海峡を渡るには、海流が速く高度な航海術がいる。つまり中国から台湾を攻めることはできないが、台湾からは鄭らの高い航海術があれば攻めることができるので根拠地としてもつともふさわしい場所だったのだ。鄭成功の台湾占拠は、明らかにこの地を大陸進行の拠点とするものであったが、実現することなく3ヶ月後、急死した。38歳の若さであった。(寺尾善雄「明末の風雲児鄭成功」 東方書店 1986)

水巴忌

   1946年のこの日、俳人・渡邊水巴が64歳で死去する。

 天渺々 笑ひたくなりし 花野かな

7452a3b044b8af464e63b4ec971f46df    渡辺水巴(1882-1946)は、花鳥画の大家・渡辺省亭の長男として明治15年東京浅草区(現在の台東区)で生まれた。その生い立ちゆえに洗練された江戸趣味と唯美的な情緒をもち、恵まれた環境で育ったが、父の死による経済的痛手と関東大震災に被災したことにより、関西に移住した。

   作者は震災の体験を「もはや、興味中心、趣味本位の俳句は東都から亡んでしまった」といっている。この句はその時の複雑な心境が含まれている。大正12年作。(8月13日)

ニーチェとワーグナー

Wagner     リヒャルト・ワーグナー(1813-1883)の歌劇「ニーベルングの指輪」の初演が1876年8月13日からバイロイト劇場で始まった。ルードヴィヒ2世、ドイツ皇帝ウィルヘルム1世、ブラジル皇帝ペドロ2世、フランツ・リスト、アントン・ブルックナー、ピョートル・チャイコフスキーなどヨーロッパ中から名士が集まり、音楽祭は盛大に行なわれた。

   フリードリッヒ・ニーチェ(1844-1900)もこの祝祭劇に大きな期待をよせて劇場におもむいたが、ニーチェがそこで見たものは、大衆に迎合してその好意を買おうとする堕落した芸術家の姿であった。ニーチェは悲しい幻滅を感じてワーグナーから去った。

    しかしニーチェは若い頃ワーグナーとの交際から決定的な影響を与えられたことを晩年まで感謝していた。発狂する直前に書いた自伝「この人を見よ」の中で次のように書いている。

    「わたしの生活の保養について語っているこの場所で、わたしをもっとも深く、また心から慰めてくれたものに感謝するために、わたしは一言する必要がある。それは疑いもなく、リヒアルト・ワーグナーとの親密な交わりであった。わたしは、これ以外の人間関係は無くしてもかまわないが、トリプシェンで過ごしたあの、親愛と快活と崇高な日々、あの深い瞬間の日々だけは、どんなことがあってもわたしの生活から取り去らせはしない。他の人々がワーグナーとの交わりで何を経験しようと、わたしの知るところではない。だがわたしどもの天空には、一片の雲すらもかすめ過ぎたことはなかったのである」(参考:工藤綏夫「ニーチェ」) Richard Wagner,Ring of the Nibelungs

2016年8月12日 (金)

洋画のタイトル:原題と邦題

   最近の洋画界は原題をそのまま公開することが一般的なようである。ロバート・ダウニー・ジュニアの「シビル・ウォー」、ジェラルド・バトラーの「エンド・オブ・キングダム」、シャーリーズ・セロンの「スノーホワイト」、マット・デーモンの「ジェイソン・ボーン」、レオナルド・ディカプリオの「レヴェナント」。記憶するのにちょっと一苦労だ。むかしは日本で封切りされるとき、ほとんど邦題がつけられた。たいては原題を踏襲しているが、なかには変えている映画もある。「駅馬車」は名訳として知られている。ヒッチコックの「断崖」(1941)の原題はサスピション。つまり「疑惑」だが、邦題は「断崖」と変えられた。夫に対して疑惑の念に取り憑かれた妻の心理を描いた作品で、邦題のほうがサスペンス映画に相応しい雰囲気がでている。クロード・ルルーシュ監督の「パリのめぐり逢い」(1967)。不倫の話しだが、原題は「Vivre Pour Vivre」で直訳すれば、「生きるための生活」。最近公開の映画の中での名訳は、シャーロット・ランブリングの「さざなみ」。原題は45Years。結婚45周年を迎えた夫婦にかすかに起こる嫉妬の「さざなみ」が、静かに波紋を広げていく。

教養小説論

Thomasmannum1939     1955年のこの日、トーマス・マンは80歳で没した。マンはゲーテ、ショーペンハウエル、ニーチェ、ワーグナーの影響を受けた現代の叙事詩人ともいうべき作家で、人生と芸術に関する多くの問題を呈示した。代表作に「ヴェニスに死す」「ブッテンブローク家の人々」「ヨーゼフとその兄弟たち」などがある。世界文学では、ドイツ語で「ビルドゥングス・ロマンス Bildungsroman」というジャンルがある。日本語では適当な訳語がないため、一般には「教養小説」「人間形成小説」という語が使用されている。

    若い主人公が自己をとりまく外的世界と戦ったり、その影響をうけたりしながら、固有の人格を完成し、一定の生活理念を形成していく過程を描いていく。ゲーテの「ウィルヘルム・マイスター」、ケラーの「緑のハインリッヒ」、ヘッセの「ペーター・カーメンツィント」、トーマス・マンの「魔の山」などが典型的な作品である。新しくは、社会の底辺に差別されて生きることを宿命として受け入れていた無教養な黒人女性が目覚め、成長していく姿を描いた「唇のふるえ」(A・ウォーカー)も、やや通俗ではあるがこのジャンルに入れることができるであろう。

    日本では、志賀直哉「暗夜行路」、島崎藤村「夜明け前」、下村湖人「次郎物語」、宮本百合子「伸子」、芹澤光治良「人間の運命」などがあげられる。(8月12日)

2016年8月11日 (木)

おなじ町でも・・・見晴らしの数だけ町がある

   哲学者ライプニッツは、それ以上分割できない究極の実体として「モナド」を想定した。物質界の原子アトムではなく、精神的な単子である。原子との違いは、モナドは非空間的でその内部に多様な「表象」と、「欲求」をもつ精神的な存在である。ライプニッツの有名なことばに「おなじ町でも・・・見晴らしの数だけ町がある」がある。野球場で、座席を一つずつずらしていくと、眺めが少しずつ変わっていく。同じ試合なのに、異なる視点の数の分だけ、異なる試合を観ることができる。無数のモナドがそのようにして、たがいに他のすべてのモナドを映し出す。しかしその「無限」は、同時に「一」なのである。

犬だって暑いんです!犬小屋にエアコンを

Wanko_title   犬を愛した5代将軍綱吉が「生類憐れみの令」を発布したのは1687年のこと。以来この法令は何回となく出され、1707年の8月11日の法令には、どじょう、うなぎ、鳥を扱う商売なども禁止された。蒲焼や焼き鳥まで喰えなくなっては不満もでるだろう。2年後に生類憐れみの令は廃止された。でも動物愛護の精神はこの風土に根づいている。近ごろ、エアコン付きの犬小屋が発売された。お値段は49,800円。1ヶ月つけっぱなしでも月額1000円程度の電気代だという。犬は全身が毛で覆われているうえ、四足歩行で地面に近いため、アスファルトからの放射熱を受けやすい。また汗腺がないため汗で体温を調節できず、熱中症にかかりやすいとされる。

アノミア「MOUNTAIN」

 本日は「山の日」。人にそれぞれの名前があるように、山にも古くから名前がつけられている。富士山は古来から日本の鎮守の神、霊峰と考えられていたので、「不尽」「不二」などの表記が万葉集に見える。「不尽」は、「つきることのない」という意味で、不死の信仰に通じる。

    山形県と宮城県のちょうど県境に位置する面白山(標高1264m)がある。もとは「つらしろやま」と呼ばれていた。この山には遅くまで雪が残り、山の面が残雪で白いところから、名づけられたが、いつしか読み替えられて「おもしろやま」となった。

  山形県の南西端にある「飯豊山」は「いいでさん」(標高2105ぶm)と呼ぶ。

  雑誌「山と渓谷」で選ばれた日本一難読の山となったのが大分県の「一尺八寸山」。その読み方は「みおうやま」である。

    チベット高原の南側を走るヒマラヤ山脈。ヒマラヤ(Himalayas)とはサンスクリット語で「雪のある所」の意。アメリカ東部にあるアパラチア山脈Appalatian。アパラチェンApalachenとはインディアン地名で、「山の向こうの土地」の意。シエラネバダSiera Nevadaとはスペイン語で「雪のある山」の意。西ヨーロッパの大山脈アルプスAlpsは、先住民ケルト人のケルト語アルプalp「山、岩石」が、ローマ時代に固有名詞化した。フランスとスペインの国境地帯にあるピレネー山脈Pyreneesは、バスク語のピレンpyren「山」が語源。イタリア半島中央のアペニンApenninesは、ケルト語のペンpen「山頂、峰、尖ったもの」が語源。ブリテン島のペニン山脈と同語根である。

「山」のアノミア(失名辞)。日本のおもな山。富士山、白根山、穂高岳、槍ヶ岳、荒川岳、赤石岳、御嶽山、塩見岳、仙丈岳、乗鞍岳、立山、聖岳、剣岳、駒ヶ岳、白馬岳、八ヶ岳、白山、浅間山、男体山、妙高山、大雪山、鳥海山、岩手山、吾妻山、石鎚山、月山、谷川岳、戸隠山、大朝日岳、蔵王山、赤城山、磐梯山、大山、霧島山、阿蘇山、箱根山、御岳、三原山、昭和新山、栗駒山、水晶岳、甲斐駒ケ岳、木曽駒ケ岳、白馬岳、薬師岳、野口五郎岳、鷲羽岳、大天井岳、西穂高岳、白馬鑓ヶ岳、赤岳、笠ヶ岳、広河内岳、鹿島槍ヶ岳、別山、龍王岳、旭岳、蝙蝠岳、赤牛岳、空木岳、真砂岳、双六岳、常念岳、三ノ沢岳、三ツ岳、三俣蓮華岳、南駒ケ岳、観音岳、黒部五郎岳、横岳、祖父岳、針ノ木岳、大沢岳、兔岳、五竜岳、東天井岳、抜戸岳、杓子岳、中盛丸山、阿弥陀岳、小河内岳、アサヨ峰、蓮華岳、薬師岳、高嶺、熊沢岳、剣御前、赤岩岳、横通岳、大龍岳、小蓮華山、地蔵岳、燕岳、硫黄岳、西岳、樅沢岳、スバリ岳、駒津峰、仙涯嶺、笹山、將基頭山、檜尾岳、烏帽子岳、小太郎山、権現山、南真砂岳、白山、北荒川岳、唐松岳、安倍荒倉岳、鋸岳、赤沢岳、蝶ヶ岳、東川岳、赤沢山、爺ヶ岳、新蛇払山、飯豊山、天保山、茶臼山、六甲山、雨飾山。

Chimborazo世界のおもな山
エヴェレスト、K2、カンチェンジュンガ、ローツェ、マカルー、チョ・オユー、ダウラギリ、マナスル、ナンガ・バルパット,アンナブルナ、ゴッドウィンオースチン、ハンテングリ、エルブルース、ユイ、モンブラン、モンテローザ、マッターホルン、ユングフラウ、マラデッタ、ベズビオ、キリマンジャロ、ケニア、メルー、カメルーン、マッキンリー、ローガン、オリサバ、ポポカテペトル、レーニア、アコンカグア、コトパクシ、チンボラソ、ジャヤ、マウナケア、マウナロア、キラウニア、ビンソンマッシーフ、エレバス、クック、ルウェンゾリ、オリンポス、エトナ、レニア。(8月11日)

2016年8月10日 (水)

宇宙エース

T02100304_0210030412230496094   Ace(エ-ス)とは本来はトランプや采の目などの1、1の札のことである。転じて名人、ぴか一、第一流、第一人者、を意味するようになった。スポーツでは特に野球チームの一番手の先発投手をさすことが多い。第一次世界大戦時、「空の勇士」「撃墜王」という意味で「Ace」という語が用いられた。スティーヴン・スピルバーグ原案「大空のエース」(1973年)の原題は、ACE ELI AND RODGER OF THE SKIES。ところでタツノコプロのアニメ「宇宙エース」は大空を宇宙に拡大したものだと思っていたが、実は「エース」という名前の少年のことであった。

エクアドル独立記念日

20070520_275307 101231_21580001
        キトの赤道標識            カンバラの赤道標識

    1822年のこの日、スペインから独立した。エクアドル(Equator)とは「赤道」のこと。地球の南北両極から90度を隔てた地域。緯度0度。アフリカ大陸の中西岸に、赤道ギニア共和国という国があるが、赤道より約100km北に位置しており、領域内に赤道は通っていない。ケニアの首都ナイロビもガボンの首都リーブルビルも赤道から少し距離がある。実際に赤道が通っているのは、南米エクアドルの首都キト、ウガンダの首都カンバラ郊外には赤道が通っている。小さな村ではカリマンタン島のポンティアナク、バリ島のウブドゥなど。

   ギニア湾にあるサントメ島、プリンシペ島などからなる共和国には赤道が通っている。本島サントメではなく、南にある周囲12㎞ほどの小島ロラス島である。ポルトガル海軍のガーゴ・コーチニョ(1869-1959)がロラス島に赤道が通っていることを発見した。(8月10日)

Gago_coutinho_17_02_12

Photo_2    南米の国エクアドルはウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジの亡命を認めると発表。2010年に公表された米外交公電話に米国の駐エクアドル大使によるエクアドルに批判的な公電があったのが発端となり、コレア大統領がアサンジを称賛しているらしい。いまネットでエクアドルを検索するとこんな美女がでてくる。ロンドン五輪のサポーター、いまや世界の恋人。(Julian Assange)

西鶴忌

27010654_1253_1

  1693年のこの日、「好色一代男」など大阪町人の生活を描いて名を馳せた井原西鶴が死去。享年52歳。芭蕉も翌年に没する。西鶴の墓所は長い間わからなったが、1889年、幸田露伴が誓願寺(大阪市中央区上本町)の境内の無縁塔にまじっていたのを発見した。この墓の銘により生没年が明らかとなった。墓石には「仙皓西鶴 元禄六年八月十日」とある。寺の日牌と月牌との記載に「鑓ヤ町 松寿軒井原西鶴 五十二」とある。(8月10日)

2016年8月 9日 (火)

フルトンの蒸気船

Article125733308ac9753000005dc892_4
ノルマン人のバイキング


P1010024
 コロンブスのサンタ・マリア号

03bruegel041_l
 ブリューゲルの版画(16世紀)

6a0120a66819d8970b012875687abe970c5
 クリッパー

    船は世界を大きく変えた。大洋をせばめ、国と国、人と人とを密接に結びあわせた。各地に起こった造船技術はしだいに融合して、いろいろな船舶が生まれたが、帆がふつうに使われるようになって大洋を航海することが盛んになった。現在の水準からすると、コロンブスの旗船サンタ・マリア号も、インド洋に達したヴァスコ・ダ・ガマの旗船サン・ガブリエル号も同じようにおそろしく小さかった。帆船はその後ますます進歩し、1850年ころからイギリスから中国、オーストラリアへ航海した帆船は大型で速力が速く、クリッパーの名がそのころから起こった。当時すでに汽船が発明されていたが、帆船の時代が長く続いた。

  蒸気で船を走らせるという着想は、18世紀の終わりころから現実味をおびてきた。フランスのクロード・ジュフロイは、1783年に、長さ45mのバイロスカーフ号を造り、フランスのリヨンに近いソーヌ川を遡ることに成功した。しかしフランス革命直前で財政的に余裕のない政府の補助が得られず実用化にはおよばなかった。その後、アメリカのロバート・フルトン(1765-1815)が1803年8月9日パリ・セーヌ川で蒸気船の試走に成功した。その後、外輪式蒸気船のクラーモント号を造り、1807年8月17日、時速8kmの速度で、ハドソン川のニューヨークからオルバニーまでの240kmを32時間で遡行するのに成功した。ペンシルヴァニアの農家に生まれたフルトンは、はじめ画家をめざしたが、潜水艇、水雷、蒸気船に関心を持つようになり、駐仏大使リヴィングストン(1746-1813)の支援を受けて蒸気船を完成させた。彼は起業家としても成功し、蒸気船を定期就航させることで財をなした。

2016年8月 8日 (月)

そろばんの日

Img_476536_9115357_9
毛利重能の顕彰碑(兵庫県西宮市)

    西宮市の熊野神社に「算学神社」がある。毎年8月8日は「そろばんの日」でソロバン供養祭が開催される。算盤は中国では2世紀に作られた。日本に伝来したのは安土桃山時代の頃。「日本風土記」(1570年代)には「そおばん」と表記されている。豊臣秀吉の家臣の毛利重能が明から伝来したとも言われる。重能は京都でそろばん道場を開いて、多くの塾生を育てた。吉田光由、今村知商、高原吉種などの弟子が輩出した。江戸時代、商業が盛んになると算盤は普及した。

   三国時代の関羽が算盤を発明したと信じられ、華僑によって商売の神となり、世界各地に関帝廟が建てられている。本当の算盤の発明はギリシャ・ローマ人であろう。ローマ帝国時代にシルクロードを通って中国に伝来したと考えられる。

06_abacus
  古代ローマの算盤

コートジボワールの首都は?

Map_of_cote_divoire     1960年のこの日、コートジボワールはフランスから独立した。資源はコーヒー、カカオ、石油。国旗は左からオレンジ、白、緑の三色旗で、天地をひっくり返すとアイルランドの国旗になる。

   さて首都は学生時代の記憶ではアビジャン(人口366万人)だが、1983年以降ヤムスクロ(人口20万人)が首都に定められている。これはあくまで憲制上の首都で事実上の首都機能はアビジャンが果たしている。ヤムスクロが首都となったのは初代大統領フェリックス・ウフェボワニ(1905-1993)の生誕地だからとの説が有力である。(Cote d'lvoire,Abidjan,Yamoussoukro,8月8日)

2016年8月 7日 (日)

世界は216の国と地域からなる

4160041colourfuliconmadeupofdiverse   現在開催中のリオ五輪の参加国は207ヵ国の国と地域である。しかしオリンピックの参加国は香港や難民などのチームも参加できるし、バチカン市国などは参加していないので、207が世界の国の数ではない。外務省による日本が承認している国は194ヵ国である。つまり、プラス日本で、195ヵ国。これには朝鮮民主主義人民共和国と中華民国が入っていない。ほかにも世界には国際的に承認されていない国やグレーゾーンの地域も多い。世界の国と地域はいくつあるのだろうか。数え方により異なるが、ボーイスカウトによると「現在、世界216の国と地域に広がる」とあるのが一つの目安となっている。世界の人口は2016年現在でおよそ73億4386万人。

明治初期からの世界に関する地誌・地理書、歴史書などを集める。

地球萬国山海與地全図説 赤水長玄珠
萬国海上信号書 海軍省  1877
改正萬国地誌略図一覧 伊東正貫編 1877
萬国史略画入字引 乙葉宗兵衛編 1877
万国地誌略2 師範学校編 1877
古今萬国沿革一覧図 飯田定編 1878
小学用地図 萬国地誌詳図 三村房次郎 梅楓交枝軒 1884
世界文明史 帝国百科全書 高山樗牛 博文館 1898
世界地理教育図冊 地図出版社 19XX
通俗世界地理 渋江保 博文館 1901
二十年来経済世界ノ景況 田尻稲次郎 専修学校 1901
世界文化史大系 全12冊 ウェルズ著 北川三郎訳 大鐙閣 1927-1928
世界地理風俗大系1(支那1) 仲摩照久編 新光社 1931
世界地理風俗大系2(支那2) 仲摩照久編 新光社 1931
世界地理風俗大系6(中央アジア篇) 改造社編 新光社 1931
      世界地理風俗大系 誠文堂新光社 1962-1965
世界史論講 坂口昂 岩波書店 1931
世界人類史物語 上下 岩波文庫 コフマン著 鈴木厚訳 岩波書店 1934
世界文化史大系 鈴木艮編 誠文堂新光社 1937
世界精神史講座 全8巻 理想社出版部 1940-1941
世界文明史 博文館文庫 高山樗牛 博文館 1942
世界の歴史 1 西洋 毎日新聞社 1949
世界の歴史 3 東洋 飯塚浩二ほか 毎日新聞社 1950
世界通史 下 瀬川秀雄 冨山房 1953
世界史要 島田正郎 三和書房 1953
世界史要説 尾鍋輝彦 三省堂 1956
世界史要図集 前川貞次郎・池田誠編 ミネルヴァ書房 1956
現代地理学大系 古今書院 1958-1966
世界人類史物語 上下 新潮文庫 コフマン著 神近市子訳 新潮社 1958
世界短篇文学全集 全17冊 奥野信太郎編 集英社 1962-1964
世界の文化地理 講談社 1963-1964
世界史用語集 全国歴史教育研究協議会編 山川出版社 1965
世界人物事典 旺文社編 旺文社 1967
世界地誌ゼミナール 全8冊 大明堂 1971-1985
世界宗教史叢書 全12巻 山川出版社 1977-1987
中国の歴史 全15巻 陳舜臣 平凡社 1980-1983
世界帝王系図集 増補版 下津清太郎編 近藤出版社 1987

終身犯ジェレミー・バンバー

240pxwhite_house_farm_essex   イングランド東部エセックス州南部のモールドンの富裕な農夫ネビル・バンバーの屋敷、ホワイトハウス・ファーム(土地160ha所有)で、1985年8月7日、一家5人がライフルで射殺されるという凄惨な事件が起こった。警察は、当初、自殺した元モデルの義姉シーラ・キャフェルの犯行とみなしたが、その後、世間の注目を集めた裁判で、1986年10月、遺産目当ての犯行として、義弟ジェレミー・バンバーに終身刑が言い渡された。しかし2011年になって新証拠が出されジェレミー・バンバーは無実ではないかというキャンペーンが起こっている。2013年に欧州人権裁判所は終身刑の廃止を決定した。

   ところで、ホワイトハウス・ファームで起こった惨劇は最初のものではなかった。以前のオーナー、フランク・ペイジという農夫は、1946年に馬用の水槽で溺れるという奇妙な死に方をしている。ペイジの前のオーナーの死に方も尋常ではなく、家の中で首吊り自殺をしたという。シーラ、ジェレミーは生後3ヵ月で、バンバー夫妻の養子として、このホワイトハウス・ファームで育てられた。しかし、ことあるごとに聖書の言葉を引用し、家庭内に何冊も聖書を置いておくという母親の好みに、ジェレミーとシーラは反発した。ジェレミーがあらゆる宗教を軽蔑したのに対し、シーラは神秘宗教に迷い込み、精神病者となった。2人は養父母の期待どおりには成長しなかった。そしてホワイトハウス・ファームに悲劇が起こったのである。(参考:「疑惑の遺産相続事件」省心書房) White House Farm,Jeremy Bamber

ガダルカナル島

Gato6   ソロモン諸島最南端にあるガナルカナル島は昭和17年5月に日本軍が占領した。だが8月7日には米軍の侵攻が始まり、激戦が繰り広げられた。ガ島における日本軍の撤退以後、米軍の優越した空軍力により、日本の太平洋上のある拠点は次々と攻略された。ガ島に上陸した総兵員は31,404名で、うち撤退できた者は10.652名、それ以前に負傷・後退された者740名、死者・行方不明者は約2万人とされる。このうち戦死者は約5000名、残り約15000名は餓死と戦病死だった。兵士たちは島の名を「餓島」と呼んでいた。

2016年8月 5日 (金)

カウラ大脱走と豊島一

1401367  1944年のこの日、オーストラリア東部のカウラ捕虜収容所から1104人の日本兵が集団で脱走を図り、警備兵に機関銃で撃たれ231人が死亡した。多くの者は虜囚の恥辱を避けるため偽名を名乗った。先頭にたって突撃ラッパを吹きながら真っ先に死んでいった男がいた。名前を「南忠男」といった。「南の国で忠義を尽くす男」という意味の偽名である。ゼロ戦のパイロットだった。本名は豊島一(1920-1944)。彼は本当に事件の首謀者なのか?(8月5日)

2016年8月 4日 (木)

英文一日一文

He said to me one day,as if in jest and earnest.

彼はある日冗談ともまじめともつかずに私に言った

別れのテープ

Photo


別府埠頭 

春風のテープもつれる別れたのしく 

出てゆく汽船の、入りくる汽船の、うららかな水平線 

                   種田山頭火

   ドラが鳴って、タラップは外され、船と岸壁を結ぶロープも解かれ、船が動き出す。見送る人と見送られる人との間には、色とりどりの紙テープで結ばれている。やがて、船は港を離れ、テープはプチっと切れていく。この別れのテープが考案されたのは、今からおよそ100年前の1915年のこと。サンフランシスコで博覧会が開かれ、日本から出品された包装用の紙が大量に売れ残った。サンフランシスコで近江屋商店というデパートを経営していた日本人移民の森野庄吉は、余った紙で、船出のテープにするアイデアを思いつく。これがサンフランシスコで大当たりして、またたくまに世界中の港で「別れのテープ」が習慣として広まっていった。(参考:杉浦昭典「海の慣習と伝説」 1983年)

アンデルセンの実らぬ恋

An     1875年のこの日、アンデルセンの忌日。ハンス・クリスチャン・アンデルセン(1805-1875)は、デンマークのフェーン島のオーデンセの貧しい靴屋の子として生まれた。父はナポレオン崇拝家で軍隊に入るが、皇帝の没落で心身ともに衰弱して死ぬ。14歳の時、コペンハーゲンに出て、学校に行きながら作家として出発する。「即興詩人」の世界的な成功によって穏やかな晩年であったが、恋多き人にもかかわらず生涯独身で、彼の恋はなかなか実ることはなかった。とび色の瞳をした大学の友人の妹。庇護者コリンの末娘ルイセ・コリン。エールステズの娘。ある若い伯爵令嬢。すべて失恋に終わっている。彼の自伝で特筆大書されているのがスウェーデンの歌姫イェニイ・リンド。むかしダニー・ケイのミュージカル映画「アンデルセン物語」(1952年)という映画があったが、ジジ・ジャンメールが扮するバレリーナはイェニイ・リンドをモデルにしているようだ。ハンスとリンドとの恋は実らなかったが、ふたりの友情はその後も永く続いたそうだ。(Andersen,8月4日)

みだれ髪

46 Tekkan

    与謝野寛(鉄幹、1873-1935)と鳳しょう(晶子、1878-1942)がはじめて会ったのは、大阪北浜の平井旅館、明治33年8月4日のことであった。晶子は鉄幹をひと目みたとき、好きだ、と思った。鉄幹28歳、晶子23歳。そのとき鉄幹には林滝野という内縁の妻がおり、一児・萃(あつむ)をもうけていた。また山川登美子(1879-1909)とも恋愛関係にあった。そんな中で山川登美子は山川駐七郎と結婚し、滝野は実家の山口へ帰り鉄幹と離別した。やがて晶子は鉄幹と結婚。与謝野晶子の誕生である。明治34年8月、歌集「みだれ髪」を刊行するや、その浪漫的な歌風によって一世を風靡し、与謝野晶子はたちまち歌壇にゆるぎない地位を築くものとなった。「みだれ髪」は明治33年より刊行時までの「明星」掲載歌を中心に399首を収録。「臙脂紫」「蓮の花船」「白百合」「はたち妻」「舞姫」「春思」の6章よりなる。

夜の帳にささめき尽きし星の今を下界の人の鬢のほつれよ

髪五尺ときはなたば水にやはらかき少女ごころは秘めて放たじ

清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき

やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君

なにとなく君に待たるるここちして出でし花野の夕月夜かな

乳ぶさおさへ神秘のとばりそとけりぬここなる花の紅ぞ濃き

2016年8月 3日 (水)

さすらいの航海

59468cbf2b55765294d3aad986e29dfd  スチュワート・ローゼンバーグ監督の「さすらいの航海」(1976)。1939年5月、ナチスの迫害を逃れた900人余りの難民が、ドイツ・ハンブルクを出航し、キューバに向かう。だがハバナで入港を拒否され、大西洋をさまようことになる。セントルイス号の実話をもとにした大作。フェイ・ダナウェイ、リー・グラント、マックス・フォン・シドー、オスカー・ウェルナー、オーソン・ウェルズ、ジェームズ・メイソン、ベン・ギャザラ、ジュリー・ハリス。キャサリン・ロスが高級娼婦。そしてその母親役がマリア・シェル。マルコム・マクダウェルと心中するユダヤ人の娘リン・フレデリックがとても美しい。Lynne Frederick

英文1日1文

Man's personality is,after all,the final key to everything he wants to attain in the world .

人がらは、けっきょく、この世で得たいと思うすべてのものを得る最後の鍵だ。

 

カレーの市民6人の名前

Scalais    1347年のこの日、英仏百年戦争でカレーを英軍が占領、エドワード3世はカレー市民の6人が自主的に人質となれば市民は救うと提案する。6人の男たちが犠牲となって出頭する。ユスタッシュ・ド・サン・ピエール、ジャン・デール、ジャック・ド・ヴィッサン、ピエール・ド・ヴィッサン、ジャン・ド・フィエンヌ、アンドリュー・ダンドル。6人の命は、エドワード王妃フィリパ・オブ・エノーの嘆願により助命された。

   これまでの百科事典解説ではロダンの彫刻(1888年)やゲオルグ・カイザーの三幕戯曲(1914年)にふれているが、1347年の歴史的事件そのものを解説する記述は少なく、6名の名前すら記述されていない。ネットでようやくわかるようになった。イングランドの最後の大陸領土カレーがフランスに奪還されたのは1558年1月7日のことである。

Eustache de Saint Pierre ウスタッシュ・ド・サン・ピエール,8月3日

2016年8月 2日 (火)

事典で一番最初に出てくる人名は?

Koujien080118blogikkagetu   「広辞苑」で一番最初に出てくる人名は「アーヴィング」である。ワシントン・アーヴィングはアメリカの小説家。小さな事典では、古代ギリシアの悲劇詩人アイスキュロスであることが多い。広辞苑では長音符は、すぐ上の片仮名の母音を繰り返すものとみなして、その位置に排列する。つまり「アアヴィング」とするので、先頭にくる。ふつうは長音符は無視するので、ここでも一般の事典の排列にならうこととする。創元社「西洋史辞典」では17世紀イギリス清教徒革命期の軍人ヘンリー・アイアトンが最初に掲載されている。

  いろいと調べると、世界人名では、古代エジプトの王アアウセルラー・アペピが世界人名を五十音順(アイウエオ順)で排列すると、一番最初に出てくる。

   ほかにアアヤバータ(5世紀インドの数学者)、アイアンソン(19世紀イギリスの建築家、エドワード・アイアンソン)、アイヴス(20世紀アメリカの作曲家、チャールズ・エドワード・アイヴス)、アイケ・フォン・レープゴー(13世紀ドイツの法学者)などがいる。

八月のいら蒸し

   「八月のいら蒸し」という言葉はネットで検索しても、辞書にもない。俗語であろうが、安藤隆夫『ことばの民俗学1 季節』(創拓社)に見える(26頁)。「いらいらするほど蒸し暑い」の意味であろうが、日本の夏のひどい蒸し暑さをよくあらわした面白い言葉である。盛夏の蒸し暑さをいうことわざには、ほかに「空梅雨土用蒸し(からつゆどようむし)」というのがある。

英作文1日1文

A cold climate is suitable for the growing of apples.

寒い気候はりんごの栽培に適する

魚雷艇長ケネディ中尉

Img_0001

    1943年8月2日、ソロモン諸島沖のブランケット海峡を14隻の魚雷艇といっしよに哨戒中の魚雷艇109号は、日本海軍の駆逐艦天霧(艦長・花見弘平)と衝突した。駆逐艦が魚雷艇を真っ二つにしたとき、やせた艇長、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ中尉(1917-1963)は、操縦席の壁にたたきつけられた。「殺されるとは、こんな感じか」と彼は思った。

    燃料タンクが引火して火に包まれた魚雷艇は、沈没した。13人の乗組員のうち、2名が戦死、1名が重傷を負った。生存者たちは安全地帯へ泳いで脱出しようとした。ケネディは火傷を負った乗組員の救命胴衣のひもを、歯で噛みしめながら彼を引っぱっていった。脚を負傷したマサチュセッツ州出身の乗組員が、もうこれ以上泳げない、といったとき、ケネディはどなり返した。「ボストンっ子にしちゃ、こんなところで、まったく大した恥さらし者だよ、お前は!」その男はついに頑張り通した。4時間後、11名の乗組員はプラム・プディング島にたどり着いた。彼らにとって幸運なことには、近くのコロンバンガラ島にいたオーストラリア軍の沿岸監視隊員アーサー・レジナルド・エヴァンズ中尉が、魚雷艇が撃沈された夜、海峡に炎が上がるのを見ていた。彼が近くの島の監視隊員に無線で連絡すると、109号艇が行方不明であることが判明した。彼の部下のふたりの斥候が、島に泳ぎついた生存者たちを発見し、その救助に魚雷艇が差し向けられた。救援の157号艇が現れて、6日間死の苦しみを味わった乗組員たちを収容した。食料を与えられたケネディは、「有り難う、いまヤシの実を食べたばっかりだよ」としかめ面で答えた。結局、12人10人の命を救ったケネディは、新聞で大きく報道され、太平洋戦争の英雄となった。

2016年8月 1日 (月)

英作文一日一文

 There was a violent earthquake last night.

ゆうべ強い地震があった

推敲に推敲を重ねる

   文章の字句をいろいろと練ることを「推敲」という。有名な故事に基づく。唐の詩人、賈島は、科挙の試験を受けに都に行ったとき、ろばに乗って詩を作り、「僧は押す月下の門」という句を思い浮かべた。しかし彼は、「推」の字を改めて「敲(たたく)」としようと思った。どちらにしたらよいか迷って、手を動かして「推す」しぐさと「敲く」しぐさをやってみたが、それでもまだどちらがよいか決まらなかった。思わず夢中になってしまい、都の長官の韓愈の行列に突き当たってしまった。そこで賈島は行列に突き当たってしまった理由をくわしく話した。それを聞いた韓愈が言ったことには「敲の字にしたほうがよいね」と。そして同じ詩人として気の合った2人は、仲良く馬を並べて詩を論じ合いながら行った。この故事の出典は「唐詩紀事」巻40(一説には宋時代の「苕渓漁隠叢話」)「推す」より「敲く」がなぜよいのか。月の下で音が響くから、音響的な広がりに風情が感じられるとしたのであろう。「推敲」は数ある中国故事の中でも最も有名なものの一つである。文章家には推敲はつきものである。とくに有名な作家はバルザック。コーヒーを何杯も飲みながら何度も推敲を重ねた。司馬遼太郎はカラーサインペンで推敲を重ねている。(Balzac)

Lrg_20052163_2
  バルザックの校正

Img414
 司馬遼太郎の原稿

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30