無料ブログはココログ

« おなじ町でも・・・見晴らしの数だけ町がある | トップページ | 日本人初メダルはテニスの熊谷一弥 »

2016年8月12日 (金)

日航ジャンボ機墜落31年

Img_0009

   昭和60年8月12日午後6時24分30秒。羽田空港を飛び立った日本航空123便大阪行きには524人の乗員乗客が搭乗していた。折りしも、お盆の帰省シーズンだった。ジャンボ機は相模湾上空で操縦不能となり、群馬県御巣鷹山山中に墜落、大破炎上。死者520人、生存者4人。単独機として世界最大の事故である。激しく揺れる機内で、ある乗客は家族への伝言を記した。「本当に今まで幸せな人生だったと感謝している」別の人は「恐・恐・恐、助けて」とゆがむ字で書き続けた。事故原因は「圧力隔壁の破損」によるとされる。

« おなじ町でも・・・見晴らしの数だけ町がある | トップページ | 日本人初メダルはテニスの熊谷一弥 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おなじ町でも・・・見晴らしの数だけ町がある | トップページ | 日本人初メダルはテニスの熊谷一弥 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31