無料ブログはココログ

« もてもて男性あれこれ | トップページ | アモーレの国イタリア »

2016年7月13日 (水)

丙吉「牛の喘ぎ」

   漢の宣帝のころ。丞相の丙吉(生年不詳-紀元前55年)が外出したとき、路上で乱闘事件があり、死傷者が出るという騒ぎにぶつかった。しかし、丙吉はそ知らぬ顔をして通りすぎる。その後、また外出したとき、牛が舌を出してあえぎながら車を引いているのに会った。するとこんどはわざわざ属官を車引きのところにやって、どのくらいの距離を引いてきたのかたずねさせた。属官が不審に思って丙吉にたずねたところ、こう答えたという。「路上の乱闘を取り締まるのは長安令や京兆尹の職務である。丞相の職責は陰陽の調和をはかるところにある。それで牛の喘ぎを心配したのだ」。臣下はこれを聞くや、ことごとく感心したという。

« もてもて男性あれこれ | トップページ | アモーレの国イタリア »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もてもて男性あれこれ | トップページ | アモーレの国イタリア »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31